2020年07月01日

「よくない」(´・ω・`)

ごきげんよう'`,、'`,、ヾ(´∀`*)ノ '`,、'`,、

記事でも書こう……(´・ω・`)

え゛ーーー、

コントロールとは、

たった今している体験を変えようとすること

です。前回の記事で、そう書きました。

しかし、なんで、私たちはたった今している体験を変えようとするんでしょうか?
それは、とてもシンプルな理由です。私たちは、たった今している体験を、

「よくない」(´・ω・`)

と、決めつけているからです。これが「ジャッジ」です。

この決めつけ、ジャッジをやめたらどうなりますか?
例えば、仕事をしていなくても、お金がなくても、人間関係がうまくいっていなくても、健康状態が思わしくなくても、運に見放されていると感じても、それに対して、

「よくない」(´・ω・`)

と、言わなかったら?

何か問題がありますか? 

この『いま』に、何か問題がありますか? 

あるわけないですよね(笑) 当たり前です。「よくない」と言わなかったら、問題もあるはずがありません。
(´∀`)ノ


私たちは子どものころから、いろんなことを教えられたり、経験から学んだり、または社会の中で自然に刷り込まれたりして、この無限に広がる世界に「柵」をこさえてきたわけです。この「柵」の中で生きれば安心だと。そして、この「柵」から出てしまうと危険だと。んで、この「柵」からはみ出しそうになると、

「よくない」(´・ω・`)

と、決めつけ、ジャッジするわけですね。人生というものを、この「柵」の内に収めようとします。それが、

コントロール

というわけ。


ねえ、この世界は無限だよ。「柵」の外には確かに危険もあるかもしれないけど、とんでもなく素晴らしいものだってあるんだよ。それは想像もできないです。だって、経験したことのないものを想像しろなんて無理な話。未知のものは、それを見るまで想像することもできません。

そして、「柵」の外に出るのには、なーんにも準備はいらない。ただ、『いま』に

「よくない」(´・ω・`)

というのをやめるだけ。

別に「よいんだ!」と「よくない」を否定しようと力まなくてもいいですよ。ただ、「よくない」をやめて、何でも好きなことをしていればいいだけ。
「コントロールを手放す」なんて言葉にしてしまうと、なんだかとても難しいことのように感じるけれど、ただ、「よくない」という決めつけを、やめるだけのことなんです。たった今している体験に「よくない」と言わなければ、ほら、もう操縦桿から手を放しているでしょう? 操縦する必要がないのですから。
すると、何かしらの大きくて静かな流れを感じるかもしれません。川を流れる木の葉は、沈むことも、岩にぶつかって粉々になることもないんです。そんな感じの流れを。
(´∀`)

「コントロールを手放す」とは、

「よくない」(´・ω・`)

と、『いま』に向かって言わないだけ。

今すぐにでもできますよね。

ごきげんよう。


梅雨の中休み。
IMG_9579.jpg

IMG_9590.jpg

IMG_9586.jpg
@兵庫県姫路市

<旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 08:17| Comment(63) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

「コントロール」(´・ω・`)

ごきげんよう o┤,,´д`,,├o ダルゥ


え゛ーーー、記事でも書きます。
しかし、暑さにまだ身体が順応してないようで、グッタリしてます。ので、ちょっと短めに。
(*´ω`)

いきなりですが、

コントロール

です。

コントロールとは、

たった今している体験を変えようとすること

です。なので、コントロールを手放すとは、

たった今している体験を変えないこと

です。

以上。おわり。


……(´・ω・`) ちょっと短すぎるな。


スピリチュアルですら、たった今している体験を変えようと思ってやっているわけですよね。それはコントロールです。そんなのやめてください。
そもそも、たった今している体験を変えない方法なんてありません。あらゆる「どうすればいいか?」が消滅した状態が、たった今している体験を変えないってことです。

それは人間の視点から見ると、破滅的で過酷なものに感じるかもしれません。
だけど、みなさんは完全で完璧なんです。それを知り、真の自由の中にくつろぐには、それを通り抜けていかないとわかりません。


たったこの今を変える必要なんて、

いっさいありません


すべてのコントロールがなくなった状態、それはいったいどんなものなのでしょう?

わからんなりに想像してみてくださいね。

ごきげんよう。


ユリでござる。
IMG_9523.jpg

いろんな色のユリがあるもんだ。
IMG_9524.jpg

IMG_9519.jpg

IMG_9544.jpg

そういや都知事もユリだな。どーでもいいけど。
IMG_9511.jpg
@兵庫県丹波篠山市
posted by 笑うウリエル at 22:40| Comment(109) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

「変化」(´∀`)

ごっきげんよー ε=ε=┏(゚∀゚)┛ ズベッ(ノ_ _)ノ


あ゛ー、ちょっと記事でも書くかぁ……(´-ω-`)


人は常に何かを期待して生きています。
「こうなったら、いいのにな」
「もしかしたら、こうなるかもしれない」
そういった、将来への何かしらのあわーい望み、希望がまったくないと、生きていく力が湧いてきません。

と、思っています(´・ω・`)

スピリチュアルですら、現在の自分と違う自分に「変化」することを期待しているからこそ、やっているわけです。


期待と不安はコインの表裏。同じひとつのものですので、何かに期待すると、同時に、
「そうならなっかたら、どうしよう」
という不安も発生してしまいます。すると、人は「そうならない」という結果を避けるために、いろいろ奮闘し始めます。その奮闘を「生きる気力」なんて言ってるわけですが、何かに期待している以上、不安はぬぐえません。だって表裏一体ですからね。

将来に何かを期待して、それと同時に発生する不安と闘い続ける。これは世の中の多くの人が選択している生き方で、それはそれでよいと思います。ウリエルは否定しません。


ただ、一点、言っておきたいことは、

選択肢はもうひとつある

と、いうこと。それに気づいているかいないかで「生きる気力」の意味が、まるで違ったものになるのです。

んで、そのもうひとつの選択肢というのが、

期待なしで生きる

(´∀`)

それは強烈に『いま』にいなさいということ。もう将来なんてなくていいというくらいに。ありとあらゆる望みを捨てて、もう一切の「変化」を望まない。ただこの『いま』だけにいる。そういう生き方。

思考は「そんな生き方なんてしたら、たいへんなことになる!」と大騒ぎしますよ。「生きる気力」の消失じゃないか。ひどく退屈ではすまない。悲惨なことになると叫ぶでしょう。それこそ不安が爆発しますね。
(´∀`)

だけどね、「変化」なんて、期待すれば期待するほど起こらないんですよ。それは結局、習慣化したパターンをぐるぐるまわるだけ。思い返してみてください。ほとんどそうじゃありませんか?

すべての期待を落としてしまった生き方。一切の「変化」を望まない生き方。これによって本当の「変化」が起こることをあなたは知っていますか?
「変化」を望まない生き方が「変化」を起こすなんて、逆説的でいかにもスピリチュアルでしょ?
こう書いてしまうと、「変化」を期待して「変化」を望まない生き方をしてしまったりします(笑)
それじゃダメだよ。余計にややこしい。そんな期待もバッサリ捨ててくださいよ。
(´∀`)

あなたは『いま』のまま何も変わりません。そもそも変わる必要がないからです。そのまま流され、肉体が朽ち果てて消えていくだけです。そして、肉体が消えるまでの間、

良いことがあるかもしれないし、ないかもしれない。
悪いこともあるかもしれないし、ないかもしれない。

それだけです。さらに、

人として成熟するかもしれないし、しないかもしれない。

それだけです。それだけ。


期待なしで生きる

それは、この『いま』だけを生きるということ。この『いま』だけが実存で、唯一の現実。

その生き方を知ってしまうと、期待がいかに幼稚なものであるかを知るでしょう。幼稚なものだと知った上で、その選択肢をチョイスするのも、悪いことではありません。

そして、それが人としての成熟かもしれませんね。

ごきげんよう。


たまにはこんな写真も貼ってみよう(´∀`)
IMG_8970.jpg

IMG_8949.jpg

IMG_8976.jpg
津山まなびの鉄道館@岡山県津山市

これも貼っておくのだ <旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 06:30| Comment(96) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする