2020年07月22日

続・何のために生きるのか?(`・ω・´)

ごきげんよう ゴ━━ヽ(`Д´)ノ━━ッ!!!


何のために生きるのか?

何のためにも生きてません

ただ、生きるために生きています

と、この前書きましたー(´∀`)ノ

まったくそのとおりです。

人生に意味などありません

人生に意味も目的も使命もありません。そこんとこをもう少し広い視野で見ればー……

意味も目的も使命もないということ、それこそに意味があり、それが目的であり使命です。ハイ。
(´∀`)

だから、もう何も考えず、

ワクワクすることをすればいいのです



こうやって書いてしまうと、「私」は
「フムフムなるほど、だったら好きなことをすればいいんだ!」
と、「私」を正当化し出します。なかなかズルいヤツなので。そこんとこに注意を払いましょう。

「私」は常に「成果」を求めます。「成果」にワクワクしていたら、それは「私」です。そこには、知性も豊かさもありません。
(´・ω・`)

でも、『誰だかわからない』さんは、あなたが想像するよりはるかに快楽主義者で、『いま』にワクワクしております。「成果」なんてどーでもいい。そして、『いま』に革新的な知性とイキイキとした豊かさをたくさん顕現させます。ただゴロンと寝転ぶだけでもワクワクしてそれをしてます。革新的な知性とイキイキとした豊かさを持って、ゴロンと寝転ぶんです!

イーロン・マスクという、何やってんのかもうわからない天才がおりますが、この人、服が着れないそうです。なんでかというと、服を着ている途中でワクワクが湧いて来てそれをやり出してしまうから、ボタンをとめられない(笑)
成功するとか失敗するとか一切考えない。批判されるとか認められるとかも一切考えない。世間から見たら天才ではあるものの、ある意味、

ただのバカ

でもあります。というか、『誰だかわからない』さんのワクワクを、そのまま素直に表現すると、

ただのバカ

になります。そうなんです。

ただのバカ

で、いいんです!(`・ω・´)


こうやって書くと、また「私」がしゃしゃり出て来て、
「フムフムなるほど、だったら何もしなくてもいいんだ!」
と、怠惰とか生気のない状態を正当化し出すので、注意をしてくださいね。


何のために生きるのか?

ただのバカ

で、あるためです! いや、

ものすごいバカ

で、あるためです!

以上、おわり。

ごきげんよう。


裏山のてっぺんから、街を眺めてみた。姫路市南部。
海の向こうの島影は家島諸島。
IMG_6255.jpg

姫路市北部。お城がめちゃくちゃチッサイ(笑)
IMG_6248.jpg
標高はスマホによると163メートルだったよ(´∀`)
posted by 笑うウリエル at 05:16| Comment(93) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

「怒り」という歓喜 (・ω・)

ごきげんよう ド━゚(∀)゚━ン


あなたには、まったく忘れてしまっていることがあります。
(´・ω・`)

それは、スピリチュアルでよく言う、「愛」や「真の平和」といったようなものではありません。また、「本当の自分」でもありません。

もちろん、それらも忘れてしまっているわけですが、それらを思い出すために、まず先に思い出すことがありますよ。なんでかというと、それが「愛」や「真の平和」、「本当の自分」を隠してしまっているからです。

あなたは、

怒ってます ヽ(`Д´)ノ

どれくらい怒っているかというと、24時間365日、

怒ってます ヽ(`Д´)ノ

怒ってないときがない。何に怒っているかと言うと、

思い通りにならない、この世界

に対して、怒ってます。つまり、ちっとも自分の思うようにコントロールできないことに対する「怒り」です。


その「怒り」は、とても幼い時には躊躇なく表現していました。小さな子供を見ていると、自分もそうだったと思い出すことができるでしょう。小さな子供は、思い通りにならないとき、すぐに泣き叫び暴れ出します。

だけど、いくら泣き叫んで暴れても、思い通りにならないものはならない。それどころか、そのような「怒り」を表現しているとき、親が登場して、
「言うことを聞きなさい!」
と、叱られたりする始末です。そこで、あなたは「怒り」をコントロールする術を覚えていかざるを得なくなりました。「怒り」は「よくない」ものになったのです。

「怒り」は抑圧すべきもの

と、決めつけてしまったのです。


発散されず押し込められた「怒り」のエネルギーは、長年、私たちの奥底で熟成して発酵していき、いろんなものに変質してしまいました。

優越感・劣等感

落胆

罪悪感

嫉妬

被害者意識

そして、

恐怖

悲しみ

などなど。発酵を通り越して腐敗し、様々な毒素をまき散らすようになってしまったわけです。
(´・ω・`)


この世界は思い通りになることなどひとつもありません。それに対して、私たちは怒りのエネルギーを発散します。思い通りにならないを体験し、その「怒り」を体験するために、わざわざこの世界を創ったわけです。それも歓びだったのです。

歓喜なのです

だけど、「怒り」は「よくない」と条件づけしてしまいました。「怒り」は抑圧してコントロールすべきものになりました。「怒り」を抑えて、無理して笑うようになりました。無理して笑うので、怒っているのか泣いているのかわからないような、変な笑顔になりました。世の中を見渡してください。そんなヘンテコな笑顔の人たちがたくさんいます。あなたも私もそんなひとり……


ネガティブなエネルギーの根源は「怒り」です。

この心の奥底を流れている「怒り」を見つけ出してください。「怒り」に気づいてください。

その荒れ狂うエネルギーを通り越すと、本当の『愛』、『平和』、そして、『自由』、『感謝』があります。

その場所では、「怒り」は歓喜のエネルギーなのです。

ごきげんよう。

キキョウ
IMG_9658.jpg

こんなに咲き乱れてるって珍しい
IMG_9647.jpg

白いヤツ。
IMG_9678.jpg

というのも、ここは明智光秀ゆかりの地
明智家は「桔梗紋」
IMG_9688.jpg
@京都府亀岡市・谷性寺
posted by 笑うウリエル at 07:27| Comment(76) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

何のために生きるのか?(`・ω・´)

ごきげんよう ( ゚Д゚)ナニカ?


「よくない」

と、自分に言うのをやめてしまうと、思考はフォーカスを失います。注目するものがなくなり、行き場を失いますね。
( ・∀・)

無職に「よくない」というから職を探す。病気に「よくない」と言うから治療しようとする。まず何かにフォーカスし「よくない」とジャッジするから、人は何かに向かって活動できます。でも、その「よくない」がなくなってしまうと、どこに向かえばいいのか、もうわかんなくなっちゃいますよ。何かをコントロールしようにも、方向性がないことにはできません。まさに路頭に迷います。

行こうとする場所がなくなる。

でも、これが「瞑想」なんですけどね。
(´∀`)


あらゆるものに「よくない」と言うのをやめてしまうと、生きる方向性を失います。すると、いったい、

何のために生きるのか?(`・ω・´)

という疑問が湧いてきます。どうなっても「よくない」ことはないんですから、もうどうなってもいい。
じゃあ、何のために生きるのでしょう?

そんなの簡単です。

ただ、生きるために生きてます

よーするに、

何のためにも生きてません(´∀`)ノ



でしょ? だって、クマは何か生きる目的を持って生きていますか? トリは幸福になろうとしていますか?
お腹がすいたら食べて、眠くなったら寝るだけです。あとは遊んでます。なんで人間だけ、

何のために生きるのか?(`・ω・´)

などという、意味があるような、ないようなことを考えるのでしょう?

子どものときオオバコの茎で引っ張り合いしませんでした? ブチって相手の茎を切ったほうが勝ち。
「ああ、負けたー! もう一回やろう!」
あの勝負にどのくらいの意味があったでしょう? 何か目的がありました? でも、なんか楽しかったですよね。
大人になってからやってること、いわゆる社会的な生存競争のようなことも、実は、あのオオバコ相撲の延長線上なんですよ。勝っても負けてもそんなに意味はありません。だって最初から目的がないんですから。


何のためにも生きてない

ただ、生きるために生きている

このことに気づいた人だけ、「生きる歓び」を知るのです。なーんにもフォーカスせず、全体として生きることの歓び。成功するためでも、幸福になるためでも、悟るためでもない。それが「歓び」
これは誰も教えてくれないヒミツです。
(´∀`)

そんなヒミツを知った人の、ちょっとしたセリフを載せておきますね。


「なんて言うかな、ほらー、
 あー、生まれて来てよかったなって
 思うことが、なんべんかあるだろ?
 そのために人間生きてんじゃねえのか」

 車寅次郎

ごきげんよう


船の上。霧の中
IMG_6289.jpg

お、晴れてきた。
IMG_6294.jpg

日が暮れる。
IMG_6303.jpg

到着したのは、夜の小樽のまち。
IMG_6306.jpg
@新日本海フェリー・「あかしあ」

しつこく
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 07:43| Comment(81) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする