2018年04月16日

「感情」・1

ごきげん( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )よう……

いわゆる一瞥体験のようなもので、瞬間的に、「意識」なくしては、この世界は存在しないと気づいても、すべてが「意識」という無限の空間の中にあると気づいても、

この「私」というヤツは存在し続けます (´・ω・`)

分離した状態はまだまだ続くのです。この「私」というヤツがいるかぎり、真の「自由」にはなれません。
だから『真実』に気づいてからも、まだまだ「私」を落としていく作業を続けるわけです。
反対に、「私」を落としていく作業を続けていくと、やがては『真実』を知ることになります。だから一瞥体験などなくてもいいのです。この「私」という檻から自由になることが、夢から目覚めるということなのです。

んで、この「私」というヤツ、これ実は単なるイメージなのです。あなたが「私」と思っているものなんて、ただの思考パターンとか、「こだわり」の寄せ集めに過ぎないんですよ。いろんな思考が、

「感情」

で、固定されているだけなのです。
だから「私」というイメージを解体するには、まずは固定している「感情」をゆるめて行く必要があります。そこで、

感情を感じきってください

と、ウリエルはよく言うわけです。

ひとつ注意です。感じ切るのは、ネガティブなものだけにしてくだい。不快なエネルギーですね。
悲しみ、不安、怒り、淋しさ、むなしさ、恐怖……
こういった感情を自分の内に見つけたら、なるべく増幅させるようにして、その感情を目一杯感じるのです。
頭でアレコレ考えず、ただ身体の感覚をしっかり感じてください。胸の中に何か爆発しそうなエネルギーがあるとか、後頭部がキリキリと痛むとか、みぞおちのあたりがズドンと重いとか……
人によって現れる身体の感覚はそれぞれです。自分の肉体に出てくる反応に、注意深くなってください。
ネガティブな感情の95パーセントくらいは、「私」の「こだわり」がもとになっているものです。だから、とりあえず見つけたら、どんどん感じてください。
向き合って感じ始めるだけで、何かしらの変化がでてくるものです。


なぜ、ネガティブな感情だけにしてくださいと言うのかと言うと、それらの感情は長年、抑圧し続けていたからです。
たとえば「ガッカリ」という、落胆する感情を感じても、
「ガッカリしていてはダメ。元気出さなきゃ!」
とか、もう反射的にその感情を打ち消すように、パターン化された思考があるのです。
大きな失敗をして、「シマッタ!」と、冷たい汗が噴き出すような身体の感覚を感じていても、
「いや、ぜったいに大丈夫! なんとか乗り切れるはず!」
とか、即座にその恐怖心を思考でかき消すような術を、私たちはいつのまにか身に付けてしまっているのです。
そんな思考パターンの寄せ集めが「私」なんですよね。「私」は長い間ため続けた負の感情のカタマリみたいなもんなんですよ。恐怖心の寄せ集めでもあります。
もう、そんな恐怖心を世界に放出するのはやめましょう。トラブルが次から次に生まれるだけです。


感情を感じ切って、解放することによって、あなたは変化を見つけることでしょう。
それはとても小さなことかもしれません。でも、どんなに小さなことでも、それは「私」には想像もできなかったことなのです。長年、「私」という鎧に阻まれて、今までこの世界に表現されていなかった『真実』なのです。それが鎧のスキマから、少しだけ外に出てきたのです。


この世界に、あってはならないものなど存在しません。
ネガティブな感情も、大事なこの世界の仲間です。
言うならばそれは、あなたが本当に感じたいこと、表現したいことへ導いて行く、案内人でもあるのです。
本当に大事な大事な仲間です。抑圧せず、大切に感じてください。

ごきげんよう。
IMG_2769.jpg
水芭蕉@六甲山・兵庫県神戸市
posted by 笑うウリエル at 22:50| Comment(28) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

「意識・いしき・イシキ」

ごきげ… (・ω・`)≡(´・ω・) んんん?

今から書くお話は、少しわかりにくいと思います。というのも、うまく言葉で表現する自信がないので(笑)
ま、それでも、なんとか言葉にしてみます。


さて、みなさん、「意識」ってなんでしょうか?
(´・ω・`)

私ウリエルは、この世界を知覚している心、というか、この世界を知覚している「空間」ととらえています。そう、「意識」はこの空間です。この『いま』のこの空間です。
そして「意識」がないと、この世界にはなにもありません。もしも「意識不明」の状態になったら、あなたは何も知覚できませんよね。何も見ることができないし、聞くこともできません。笑ったり泣いたりもできませんし、考えることもできません。あらゆる体験が一切できなくなります。
つまり「意識」って、

あらゆる体験をしている、この空間

と、言えます。

思考を使って、ものごとを予測したり分析したり判断したりするのも、この「意識」の中で起こっています。そのとき、あなたは思考を使って考える体験をしているわけです。
感情を表現するのも、この「意識」の中です。怒り、悲しみ、喜び、あなたは喜怒哀楽いろいろな感情を、この「意識」の中で体験します。
また肉体に直接感じる感触、心地よさや、不快感、痛みも、この「意識」の中で体験しています。
あなたの心の動き、欲求、恐怖、嫉妬、不安…… も、「意識」の中で起こり、それを体験します。

「意識」

なんとなく理解してもらえましたか?


ところで「思考」という脳ミソを使って考える行為があります。これは「意識」ではありません。混同してしまいがちですが、脳ミソというコンピューターの中で起こっている肉体の現象です。そうです、思考は脳ミソという肉体がないと動かないのです。つまり「思考」は肉体に属しています。「思考」は「意識」ではありません。

そして、この肉体は「意識」とは別物です。

なぜなら、「意識不明」になったら、あなたは肉体があるのかないのかさえわからないのです。肉体があっても「意識」がなかったら、あなたに世界はありません。眠っているのか死んでいるのかもわからないのです。存在しているのかいないのかもわかりません。
逆に肉体がなくなっても、「意識」があったら、あなたは存在するのです。世界があります。それを幽霊とか、はてまた浮遊霊と呼ぶのか、天使と呼ぶのかは知りませんが、たしかにあなたは存在するのです。
ザックリ言うと、

「意識」=あなた

なのです。
よいですか?(´∀`)ノ 
肉体があなたではないのです。「意識」があなたなのです。肉体があれこれとやることを、あなたは「意識」の中で体験しているのだけなのです。

すると、はて……
勘違いしていたことに気づきませんか?

肉体の中に「意識」はないんです。

「意識」の中に肉体があるんです。

あなたの名前、性別、生年月日は、すべて肉体に属しているものですよね。あなた個人としてあらゆる情報は、経歴とか容姿とか、すべて肉体に属しているものですよね。肉体がないと存在できません。それは「意識」とは関係のないものです。つまり、それは、

あなたではありません! Σ(゚Д゚)

肉体がないと存在できないものは、ぜーんぶ肉体に返してください。あなたは肉体や肉体に属している部品のようなものを、「これが私」と思い込んでいるだけなのです。


少し、違う視点から……
もし、あなたが肉体を失い幽霊になったとしましょう。それでも「意識」の中であなたは幽霊としての体験をしますね。そこには記憶や性格があるかもしれません。でも記憶や性格は、霊か魂かなんかわからないけど、そういった「私」と認識している何かに属しているわけです。そういう記憶や性格を持つ「私」も、「意識」の中で体験するわけです。
そうなんです。「私」も「意識」の中でしか体験できないのです。「意識不明」になったら「私」も体験できません。「私」が存在するかどうかも確認できないのです。当たり前のことなのです。

つーまーり━(゚∀゚)━!

「意識」は「私」ではないんです!

大事なことなので、もう一度いいます。

「意識」は「私」ではありません!!!

そして、

「意識」=あなた

なのです!

以上!(´∀`)ノ

ごきげんよう。

IMG_1702.jpg
なんという花か、わかりません(笑)

IMG_1703.jpg
@兵庫県加西市
posted by 笑うウリエル at 23:21| Comment(26) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

「私」の土台

ごきげんよう! ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

突然ですが、今宵は『恐怖と不安』についてです。

スピリチュアルの教えを学び、真摯に探究をしている人であっても、
ほぼ間違いなく全員が、「私」がなくなることなんて

最大のタブー

なのです。ハイ。
だから、「私」は「私」を存続させるためになんだってします。恐怖や不安を感じるのも、実は

「私」を存続させるため

だということに、気づいておいてください。


人はいろんなことやものに恐怖や不安を感じます。貧困とか孤独とか病気とか死とか、軽蔑されることとか、失うこととか……
そして、そういった恐怖や不安を感じて、
「恐怖、不安を感じる私」
を作り出します。これが自己イメージです。
なんでそんなことをするのかというと、「私」を存続させるためです。「私」がなくなることなど、あってはならないのです。タブーです。ぶっちゃけ、この肉体がなくなっても「私」さえあればよいのです。
ですので、「恐怖と不安」を感じることで、
「あー、やっぱり○○に恐怖している私、不安がってる私がいるじゃん♪」
って、安心しているのです。

そう、私たちって、実は、

恐怖や不安に安住しているんですよ(´∀`)

おかしいですよね。でも、そうなんです。

仮に、まったく恐怖も不安もなくなったしまったら、みなさんすぐさま、新しい恐怖と不安を探し出してきますよ。私自身もそうでしたし、そういった人もたくさん見ました。人ってそういうものなんです。ものすごく恐怖と不安がスキ。ないと困るんです。「私」の土台みたいなもんですから。なくなったら「私」が存続できなるなる大切なエネルギー源なのです。だからウソでもいいから恐怖と不安を生み出し続けます。これが私たちです。

あ、「ウソでもいいから」と、書きましたが、実は「本当の恐怖」とか、「本当の不安」なんてありません。したがって、恐怖や不安って、ぜーんぶ「私」の

つくり話です(´∀`)ノ

ウソしかありません。ぜーんぶ、USO800でーす♪
「私」が「私」であるために、わざわざ作ったものでしかないんですよ。「私」って、そうやってできてます。この仕組みを知っておいてください。


では、いまある恐怖や不安をどうすればいいのか?
これはどうしようもありませんねー。「私」が手放すはずがありませんから。まあ、消滅させようとして、余計に大きくしていくのが関の山です。どうしましょう? うーん……
まあ、

抱き寄せて、いっしょに毎晩寝てください。

すると、身体のどこかに痛みとか、違和感がでると思いますので、じっくり感じてみてください。
不眠症になる? あー、ならない、ならない (ヾノ・∀・`)ナイナイ
そういった状態になるのは、恐怖や不安を消そうとするからです。抱き寄せている限りなりませんよ。その自分の内にある恐怖や不安を、ケガをしたイヌやネコのように思ってくださいな。やさしく抱きしめてください。するとね、恐怖や不安の質感というか感触に、なにかしらの変化が生まれてきますから。


「私」を作っているものは、ほとんどが恐怖と不安です。
最終的には「私」が消える恐怖、この「意識」が消える恐怖に行きつきます。最大のタブーです。でも、その「私」が、USO800なのです。
その先には何があるのか? それは、あなたにしかわかりません。

ごきげんよう。

桜、いろいろ(´∀`)ノ
IMG_0670.jpg

IMG_0673.jpg

IMG_2745.jpg

posted by 笑うウリエル at 22:26| Comment(32) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする