2016年02月27日

神様の救いが完成するとき

ごきげん…(;゙゚'ω゚'):グフゥ-

今宵は、もしかしたら、これを読んでいただくことで、一瞬にして「絶対の幸福」を体験してしまう人がいるかもしれないという思いで書きます。本当に一瞬で、

「生まれてきてよかった!」

になります。ただ、そのときが来ている人だけしかなりません。
わからない方はまだそのときでないというだけで、それはそれでOKです。きっと、まだまだ『愛』をたくさん発見して、驚いたり、感謝の涙を流したり、素晴らしい体験が待っているということです。

キリスト教には「予定説」というものがあるのをご存知でしょうか?
ざっくりと説明すると、聖書には、神の救済にあずかる者は、あらかじめ決まっていると書かれているのです。
つまりは、救済されないグループにあらかじめ入れられていたら、もう何をしようが救われないということになります。
けっこう、酷ですよね。実際、キリスト教の中でも、カンカンガクガクの議論がなされています。
私、ウリエルも初めてこれを聞いたときは、正直、おどろきました。「神様はなぜそんなことをするのだろう? すべての人を分け隔てなく救うのが神様じゃないの???」って。
そして、この「予定説」の解説をいろいろ調べてみましたが、どれを読んでもピンと来ません。なんか無理やりなリクツばかりです。
いくら考えてもわからないので、とりあえず『ハート』に留めておきました。そして、そのまま忘れていました。
そうして月日が経った、ある日、ストンと腑に落ちたんです。
救済されると決められていようが、救済されないと決められいようが、どちらでもよいんだと。
そのとき、

「生まれてきてよかった!」

になりました。真に神様を信頼できた瞬間でした。それは、まさに「絶対の幸福」でした。


ストンと落としてくれたのは、親鸞です。

親鸞の「本願他力」です。

私たちは、多かれ少なかれ「苦しみ」から救われたいと思って探究をしているのではないでしょうか?
または『真実』を知りたいと思って探究をしているのではないでしょうか?
しかし、その「探究」をする意思、それは「自力」に他なりません。
その「救われたい」という思いすら捨ててしまえるとき、「『真実』を知りたい」という思いすら捨ててしまえるとき、人は真の「他力」を知るのです。

親鸞はこれを、また違った角度で、

「二種深信」

と、表現しています。
「オレはゼッタイに地獄に堕ちる」と悟った瞬間、「絶対の幸福」に救い上げられるのです。
永遠に救われないことが、すなわち永遠の救い。もう言葉にいいようもない、すさまじいばかりの『神の愛』であり『歓喜』なのです。
そのとき人は、ただ神とともにいることが、親鸞風に言うと、ただ阿弥陀仏とともにいることが、救われまいが地獄に堕ちようが、

「絶対の幸福」なのです。


これは思考では理解できないので、わからなければ、そのまま放っておいてください。中途半端に考えると、
「探究してもムダじゃね?」
に、なります(笑)
神様は、どこまでもどこまでも、もう気の遠くなるほど、深く深く、あなたのことを思っています。人間の理解が及ぶ範囲ではありません。
来るときが来れば、「体験」として、あなたに間違いなく与えられます。そのときまで探究し続けてくださいね。

「神様の救いが完成するとき」はありますか?
と、問われたら、私、ウリエルは自信を持って、

「あります!!!」

と、答えます。

ごきげんよう。

nazo.JPG
ビクター犬!!!@倉敷

posted by 笑うウリエル at 23:22| Comment(47) | 旅のはじめのころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

フツーのひとたち

ゴキゲヨ─ヽ(●´∀`)ノ【ハイテンション】ヽ(´∀`●)ノ─ン

「Windows 10」、さっぱり使い方がわかりません!


それはさておき、最近、スピリチュアルの世界、まあ、ぶっちゃけて言うところの「神様」が、

私、ウリエルから無くなって行ってます(゚∀゚)

どういうことかと言うと、これがうまく言えそうで言えないんです。現実世界と精神世界をミキサーにかけてしまったみたいな感じです(笑)
どっからどう見ても、現実は現実です。現実しかありません。
現実しかないので、もちろん「非二元」です(笑) 『いま』しかないですからね。
でも、現実の中に「神様」も「愛」も顕現してます。すべてが「私」で「神様」で、それが現実です。

すると、どうなるかというと……
例えば、部屋の片付けをしていたら、以前に買った「OSHO」の本が出てきました。
んで、それを、パラパラとめっくて読んでみたわけです。コレ、初めて読んだときは、その内容に驚いたもんです。わからない、理解できないところのほうが多かったですが、なんとなく『真実』が書いてあると、その文章からにじみでる「ニオイ」で感じました。あのときの衝撃はすごかったー。今でもおぼえています。
しかし、2、3日前にこの本を読むとですね、これが単なる「エッセイ」に感じたわけです。OSHOというオッサンが、思ったり感じたことを随筆っぽく書いた日記じゃん、てな具合に。
だって、日常のごくフツーの当たり前のことを、ちょっと大袈裟におもしろおかしく書いてあるだけ。そんなふうにしか読めないわけです。
うーん、「神様」の世界が、ごくフツーの当たり前の現実に、なっちゃったのかな……?
(´∀`)

そして、「スピリチュアルするぞ!」という風に、ちょっと気合が入っているブログに目を通してみたりすると、

ぜーんぜん、『真実』じゃないよ、ソレ(笑)

と、思わず吹いて笑ってしまいそうになるところも、あったりして……(笑)
「スピリチュアル」しすぎて、現実から乖離しすぎると、それはもう「スピリチュアル風味のなにか」になってしまって、『真実』の探究でも何でもないものになっているのがわかります。
まあ、それはそれでいいのかなーと、生あたたかく見ております。その人にとっては、それが『真実』なんだろうし、必要な道なのでしょうから……

逆に、「スピリチュアル」とは無縁の人たち、「探究」も何もしていない、ごくフツーの人たち、この人たちの方が、ずっとずっと、深ーい『真実』を体現して生きていらっしゃる。そういう風に感じずにはおれません。
お店に来てたこ焼きを買う間に、ちょいと交わす2、3言の会話の中に、私が気付かなかった驚くべき視点で『真実』を垣間見ている人たちのなんと多いことか!
もう、みんな悟っているとしか思えない。「そのままでいい」、「ありのままの、あなたでいなさい」と、さんざん言い聞かされていた意味がようやくわかった今日このごろ。そう、

生きているだけで、みんな悟っているんです。

私はそれを見るために、その人たちから学ぶために、この世界にいる。


あー、そうそう、もうひとつ、部屋の片づけをしていてひょっこり出てきたものがありまして。3年前の旅の記録です。
この旅の最中に、鹿児島で一人の青年に出会いましてね、彼は当時27歳のバーテンダー。自転車でおおかた一年をかけて、日本一周をしていました。ナニ人かわからないくらい日焼けしていました(笑) 薄暗い所だと白い歯しか見えないようなヤツでした。
彼が京都の家を出発したときは、ポケットに一万円札が一枚しかありませんでした。それでも旅をスタートさせてみた。若い力ってスゴイですね。それから、いろんな人に働かせてもらったり、カンパしてもらいながら、そして絵が上手な彼は、助けてもらった人に、お礼の似顔絵を描いてプレゼントして行きながら旅を続け、とうとうもうすぐ日本一周という所まで来ていました。
そんな彼が、ほざいた言葉が、そのときのウリエルの心を貫いたみたいで、思わず書き留めておいたみたいです。

「自立って、誰にも依存しないことじゃなくてー、

 自分がどれほど依存してるか自覚して、感謝することっスね」



そんな彼、東北の被災者の方に、ご飯を食べさせてもらったことが、もうどうしようもなく情けなく、嬉しく、忘れられない体験だったみたいです。
元気でまた店やってるかな?

ごきげんよう。

瀬戸内の風景・もういっちょ瀬戸大橋
simotui.JPG
@下津井港

ついでに下津井の名産は「干たこ」でござる。
tako.JPG
posted by 笑うウリエル at 23:36| Comment(14) | 旅のはじめのころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

「知性」

(ノ`□´)ノ⌒┻━┻ ごきげんよー

ちょちょいのちょいと記事を書きます♪

突然ですが、「知識」「知性」、このふたつの違いって、ご存知ですか?

とりあえず、辞書をひいてみましょう。

【知識】ある事柄について、いろいろと知ること。その知りえた内容

【知性】物事を知り、考えたり判断したりする能力

うん、よくわかんないけど、なんか違いますね。
「知識」は勉強して得たもので、「知性」は、その「知識」を使う能力と言った感じかな?
ついでに、「知恵」も調べてみました。

【知恵】物事の筋道がわかり、うまく処理して行ける能力

あ、「知性」と「知恵」は、とてもよく似ているみたいですね。


さて、何が言いたいのかというと、ここはスピリチュアルのブログですので、ズバリと行きます。

「知性」は生まれながらにして、持っているものです。

神様から与えられているものです。

あなたはあらゆる問題を解決できるのです。その問題よりはるかに優れた「知性」が、すでにあるのです。
自然の中に生きる生き物たち、彼らは「知性」を存分に活用しています。
セミの子はなぜ、地中で夜明け前がわかるのでしょうか?
ツバメはなぜ、地図もなく同じ場所に帰ってくるのでしょうか?
クマやサルはなぜ、毒キノコを食べてしまわないのでしょうか?

「知性」を持っているからです。

そして、彼らはその日、どこに行けば食べ物を得ることができるか知っています。その日、どこで眠れば最も安全かも知っています。すべて「知性」に沿って行動しているからです。


もちろん、私たち人間にも「知性」があります。しかし、残念ながら、ちょっと曇ってます。
だから生き物たちの「知性」がよくわかりません。よくわからないから「本能」なんて言葉を作って、誤魔化しています。
では、なんで「知性」が曇っているのでしょう? それは、

「知識」が詰め込まれすぎているからです。

実際、「知識」はたくさんあるのに、ちっとも「知性的」でない人、いたりします(笑)
というか、「知識」がありすぎる人ほど「非知性的」かも。
反対に、文明と言われているものから遠く離れている人々だって、なんの不自由もなく、ずーっと生きてきているわけです。彼らはとても賢い。「知識」は文明人より少ないでしょう。その代わり、「知性」がないと生きていけない環境で、ちゃんと生きているんです。
縄文人の作った土器なんか、とっても独創的で美しいと思います。「知性」を感じません?

「知性」は初めから神様から与えられたものです。あなたの内側にあります。
それに直接触れるためには、曇りの原因である「知識」を取り除く必要があります。
「知識」は「記憶」として詰め込まれています。基本的に『いま』には必要ありません。必要なときにだけ取り出して使う、ただの道具のひとつです。
でも、たくさんの「知識」を、別にいらないのに常に引っ張り出していると、明日の不安ばかりするようになるんです。明日のことなんか、いくら考えても「知識」ではわかりっこないのに……
そして、『いま』を忘れてしまいます。『いま』を失ってしまうのです。ある意味、これは「自殺」です。

「知識」は、あなたを不幸にします。


「知性」は、誰からも、どこからも学ぶことはできません。
本来のあなたに備わっている、独創的で自由なものです。あなたにしかわからないものなのです。
ゴチャゴチャと散らかったり、積み上がっている「知識」を排除するだけで、その「知性」が現れます。
「知性」は何でも知っています。どんな問題も乗り越えることができるのです。

「知性」は、あなたを幸せにします

ホントですよ。断言します。

「ファーストインスピレーション」は間違えない

「直感」、「ファーストインスピレーション」、すなわち「知性」です。
日常から「知性」を大事にしてください。そうすることによって、何かに気づきやすくなってきます。

今宵は、ちょっと毛色の違うお話でしたね。
ごきげんよう。


瀬戸内の風景
ドーンと瀬戸大橋( ̄ー ̄)
oohasi.JPG
@鷲羽山

posted by 笑うウリエル at 23:50| Comment(43) | 旅のはじめのころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする