2020年08月16日

「他人の目」(゚∀。)

ごきげんよう ヽ(゚∀。)ノウェ


毎日、暑いですヽ(゚∀。)ノウェ

うちのお店でいちばん涼しいと思う所に、温度計をぶら下げているのですが、終日40℃前後です。
なので、ウリエルはマスクをしていません。マスクをしたら、おそらくすぐに熱中症になり危険だからです。
フェイスシールドもしていません。なぜなら、鉄板の熱で変形してしまい、意味をなさなくなるからです。
(`-ω-´)

このご時世、マスクもフェイスシールドもしていない飲食店なんて、とんでもないと思う人もたくさんいるでしょう。だから、そういう人はうちのお店に来なくて仕方ないと思ってやっております。それでもいいと思う人だけ来ればいい。

すると、意外とお客さんは減らない。というか、ぜんぜん減らない。今までと変わらない顔ぶれが来ます。そして、みんな店に来てマスクをはずしてしゃべりだす(笑)

つまり、こういうことなんでしょう?

ウリエルがマスクをしてないから、「この人の前ならマスクしなくても文句を言われない」と、みんな思うんでしょうね。
(´∀`)
さらに踏み込んで言うと、つまりは、多くの人が「マスクをしていないと文句を言われる」から、しているにすぎないと言っていいのではないかな。なーんだ、みんな感染防止じゃない。コロナウイルスに対する恐怖すらない。ただ、

「他人の目」

が、怖いからマスクをしているだけなんだ。ということになりますね。
(´∀`)


スピリチュアルの観点から言うと、「他人の目」を気にしている限り、真の「自由」はありません。本当は「他人」なんていないからです。「他人」どころか「私」すらいないんですから。

「本当の自分」は、

「私」を体験している存在

です。「私」を体験している意識です。それは無限で広大無辺。決して、多くの人の中のひとりのちっぽけな「私」ではありません。
だから、自分が思うことを、そのまま自由に表現して、なんら問題はないのです。

目に映るたくさんの他者、つまり、たくさんの他人の中には、そういった自分の表現と同調する人もいれば、同調しない人もいる。自分が「私」を通して自由に表現していいわけですから、他者も自由に表現していい。だから、同調しない人を、自分に同調させようとする必要はありません。というか、できないし、してしまっては、自分の自由も失うことになります。

同調する人とだけ、

同調すればいいのです(´∀`)


でも、

「他人の目」

これに恐怖していると、そもそもの「自由」を自分から放棄したことになります。すべての「自由」をです。
無限の可能性があるのに、それを最初から、いっさいを

シャットアウト

したことになります。自分からゼロにしてるんですよ。
自分の思うこと、することよりも、

「他人の意見」

を重視しているといことになりますもんね。

もっとも、自由をすべてシャットアウトした生き方を選択するのも、もちろん「自由」ですが。また、さらに、同調しない人を、無理やり同調させようと「闘う」のも「自由」ですが。
(`・ω・´)


この数か月、けっこう世界が別れてきていますな。
「他人の目」または「他人の意見」に振り回されて生きる人。
「自分の真実」をもとに生きる人。
二極化って結局そういうことか。

まあ、どっちを選ぶかというのも「自由」ですが。
(´∀`)
どっちがシアワセに「来ないで」って払いのけているか、一目瞭然なんすけどね。
(´∀`)

ごきげんよう。

サガ━(゚∀゚)━!
大魚神社の海中鳥居(´∀`)ノ
IMG_3111.jpg

となりには、海の中に沈んでいく「海中道路」
IMG_3090.jpg
@佐賀県太良町

そして、佐賀のシシリアンライス
IMG_3077.jpg
ベセルテ@佐賀市


( ゚∀゚)ノィョ―ゥ <旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 05:28| Comment(66) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

「払いのけの法則」( ゚д゚)

ごきげんよう ∠( ゚д゚)/

旅から帰ってきまして、たこ焼き屋に戻りました。
(´∀`)


さて、今までもう何度も書いてきましたが、根本的にみなさんの人生って、

想像以上にうまくいっています

そして、とっくにシアワセなので、

今さらシアワセになる必要もありません

もとからうまく行っております人生なので、その人生のジャマさえしなけりゃいいんです。ハイ。
(´∀`)


でも、なぜかジャマしちゃうんですよ。こんなの

「気に入らない」

って。(´・ω・`)

なんで「気に入らない」かと言うと、今まで生きて来て、そんなの「よくない」と教えられたからです。
んで、放っときゃ人生そのものはものすごくうまく行っているのに、わざわざ自分でそのジャマしてるんですよね。ヘンな「思い込み」で。
その「よくない」という「思い込み」を、笑ウリ部では「こだわり」と呼んでるわけです。信念とか価値観、意味づけ、条件づけって言われてるヤツ。

人生は放っておきゃうまくいきます。なーんもしなくて、それだけでシアワセなんです。うまく行かそうと操縦する必要がない。だのに、それをヘンな思い込みであーだこーだして、うまく行っているのをジャマしているのが、我々です。
本来、引き寄せる必要もないんですよ。ジャマしなければ勝手にシアワセが寄ってきますので。つまりほとんどの人が、ぜったいにシアワセでなんかいたくないと、

払いのけている

わけです。こんなシアワセ、「気に入らない!」って。これを

「払いのけの法則」

とでも、呼びましょうか(´∀`)


じゃあ、払いのけるのをやめればいいのですが、そうするとまた「やめよう」と努力してしまうんですよね。
いやいや、そんなのしなくていいんですよ。その思い込み、「こだわり」に気づけばいいのです。

人生に努力はいりません(`・ω・´)キリッ


「こだわり」は感情のエネルギーで固定されてましてね。ネガティブな感情が接着剤になって、ガシッとくっついてます。だから、まず、その感情を抑え込まずに感じる。今まで蓋をして見ないようにしていた感情ですから、ちょっとびっくりしたり、しんどくなったりもしますよ。でも、感じて感じて感じ切ってしまえば、自然に「こだわり」はポロッとはがれるんですね。
それだけのことなんですよ、スピリチュアルなんて。
(´∀`)

もう人生のジャマしないでください。シアワセを払いのけないでください。
それさえしなけりゃ、勝手に引き寄せるようになってるんですから。

目覚めも悟りもべつにいらんのですよ。それすら勝手に引き寄せますので。

ごきげんよう。


しろくま(゚∀゚)!
IMG_3848.jpg
上から見るとシロクマの顔になってるとのこと
IMG_3850.jpg

IMG_3845.jpg
「天文館むじゃき」本店@鹿児島市
posted by 笑うウリエル at 05:46| Comment(80) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

続・何のために生きるのか?(`・ω・´)

ごきげんよう ゴ━━ヽ(`Д´)ノ━━ッ!!!


何のために生きるのか?

何のためにも生きてません

ただ、生きるために生きています

と、この前書きましたー(´∀`)ノ

まったくそのとおりです。

人生に意味などありません

人生に意味も目的も使命もありません。そこんとこをもう少し広い視野で見ればー……

意味も目的も使命もないということ、それこそに意味があり、それが目的であり使命です。ハイ。
(´∀`)

だから、もう何も考えず、

ワクワクすることをすればいいのです



こうやって書いてしまうと、「私」は
「フムフムなるほど、だったら好きなことをすればいいんだ!」
と、「私」を正当化し出します。なかなかズルいヤツなので。そこんとこに注意を払いましょう。

「私」は常に「成果」を求めます。「成果」にワクワクしていたら、それは「私」です。そこには、知性も豊かさもありません。
(´・ω・`)

でも、『誰だかわからない』さんは、あなたが想像するよりはるかに快楽主義者で、『いま』にワクワクしております。「成果」なんてどーでもいい。そして、『いま』に革新的な知性とイキイキとした豊かさをたくさん顕現させます。ただゴロンと寝転ぶだけでもワクワクしてそれをしてます。革新的な知性とイキイキとした豊かさを持って、ゴロンと寝転ぶんです!

イーロン・マスクという、何やってんのかもうわからない天才がおりますが、この人、服が着れないそうです。なんでかというと、服を着ている途中でワクワクが湧いて来てそれをやり出してしまうから、ボタンをとめられない(笑)
成功するとか失敗するとか一切考えない。批判されるとか認められるとかも一切考えない。世間から見たら天才ではあるものの、ある意味、

ただのバカ

でもあります。というか、『誰だかわからない』さんのワクワクを、そのまま素直に表現すると、

ただのバカ

になります。そうなんです。

ただのバカ

で、いいんです!(`・ω・´)


こうやって書くと、また「私」がしゃしゃり出て来て、
「フムフムなるほど、だったら何もしなくてもいいんだ!」
と、怠惰とか生気のない状態を正当化し出すので、注意をしてくださいね。


何のために生きるのか?

ただのバカ

で、あるためです! いや、

ものすごいバカ

で、あるためです!

以上、おわり。

ごきげんよう。


裏山のてっぺんから、街を眺めてみた。姫路市南部。
海の向こうの島影は家島諸島。
IMG_6255.jpg

姫路市北部。お城がめちゃくちゃチッサイ(笑)
IMG_6248.jpg
標高はスマホによると163メートルだったよ(´∀`)
posted by 笑うウリエル at 05:16| Comment(93) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする