2020年09月03日

そしてUSO800(゚∀゚)!

ごきげんよう (o´・ω・)_串


ちょっと体調を崩してしまい、いろいろご心配をおかけしました。
まあ、なんとかやってます。この異常な暑さも、だんだんマシになってくるでしょう。あともう少し、なっとかやってしのぎます。
(・∀・)

さて、暑さで頭も働かないのをいいことに、今日はちょっとよくわからないことを書いときましょう。

「気づき」とか「目覚め」とか、いわゆる「悟り」と呼ばれていることが起こっても、
「私はいない」ということに気づいても、
やっぱり、この身体も思考もあります。「私」という個人、そして、その個人が持つ人格とか個性もきっちりあります。消えてしまうことはありません。

そして、「私」という個人が存在する以上、いろんな考えや意見を持ちます。これも消えてしまうことはありません。んで、考えや意見がある以上、誰か他者とか、または自分自身と闘うこともあります。さらには、この世界と闘うこともあります。だけど、そういった「私」の考えや意見、これが最初から、

USO800(゚∀゚)!

なので、その考えや意見を信じる必要がないのです。ハイ。
というか、そもそも「私」がいないので、その「私」の考えや意見なんて、

『真実』のわけがないのです

ハイ。

どんな考えも意見も、

USO800(゚∀゚)!

になってしまうと、どんな闘いもまったく意味がありません。ボッシュートです。

私たちはありとあらゆることを思考で理解しますが、その思考が『真実』でないのです。いっさいがっさいです。『真実』の思考はありません。ということは、もう『真実』はないんです。

ありとあらゆる「私」の考えや意見が、

USO800(゚∀゚)!

まったく信じるに値しない。『真実』ではない。これほど、

自由で幸福なことってあるでしょうか?

(´∀`)ノ

「悟り」ってこういうもん、と、わかったところで、それも

USO800(゚∀゚)!

これが「自由」なんでっせ!

ごきげんよう。


ASO━(゚∀゚)━!
IMG_3309.jpg
UMA━(゚∀゚)━!
IMG_3365.jpg
USI━(゚∀゚)━!
IMG_3380.jpg

IMG_3396.jpg
阿蘇山@熊本県阿蘇市
posted by 笑うウリエル at 22:32| Comment(27) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

「わからない」(´・ω・`)

ごきげんよう (ヾノ・ω・`)ムリムリ


あるとき、これが「私」だと、今まで信じて疑うこともなかったものが壊れる。この身体や、この思考が、自分ではなかったことに気づく。それをスピリチュアルでは「気づき」とか「目覚め」と言います。

『真実』

に、気づいたのです。

「わかったぞ!」( ゚∀゚)!

思わず、そう叫びたくなってしまいます。実際に叫んじゃうかもしれません。


だけどですね……

ここで終わりじゃないんですよ。ハイ。

ひとつの「わかったぞ!」が、また新しい「わからない」の扉を開けてしまいます。
(´・ω・`)

そもそも、どうしてこの幻想の世界を体験してるんだろう?
幻想だと見抜いたのに、どうしてまだこの幻想を見続けるのだろう?
というか、幻想を見る前は何をしていたんだろう?

山のように「わからない」が出るわ出るわ……(´-ω-`)

なんだか『真実』に気づけば、そこで終わりと思っていたのに、これではまるで新たなスタートです。いったいどうなってるの? 


どうなってるのって、まあ、そういうことです。

ようやくスタート地点に立てた

ってことです。ハイ。
(´・ω・`)


あのですね、私たちは思考でしか理解することができません。その次元での「わかったぞ」なんて、ぜんぜんわかってないんですよ。所詮は思考ですから。『真実』はもっと深くて、思考が「わかったぞ」なんて結論を出せるものではないんです。
つまりは、思考が困惑して「わからない」ほうが、より『真実』に近づいているということです。「わかったぞ」で、ハイ終了とは絶対になりません。

だから探究に終わりはありません。「わかったぞ」と「わからない」の繰り返しです。ひとつの「わかったぞ」が、いくつもの新しい「わからない」を生み出します。そんなもんです。
「わかったぞ」で終わっておくとラクチンなんですよね。スッキリもする。でも、『真実』はそこで終わりではないんです。
実際にいくら「わかったぞ」があっても、分離したひとりの人間としての人生は終わらない。それはつまり、まだまだ、もーっと深い『真実』があるんだよ、ということなのです。

確かにこの世界は幻想で「私」なんていない。でも、それは『真実』の一面を切り取っただけのもの。幻想で「私」もいないんだけど、いくらいないと言っても、やはり「私」はいるし、この幻想も「現実」としてあるんです。それもまた『真実』なんです。

この相反する、ふたつの『真実』を、

「体現する」

って、どういうことなんだろう? パラドックス。

「わからない」

です。


どんどん「わからない」を見つけて、そこに入って行ってください。そうやってどんどん深く入っていくと、いつのまにか、いろんな次元で『真実』を「体現」しているようになるんですよ。

不思議なことです。ありがたいことです。

ごきげんよう。

フルーツバス停( ゚∀゚)
IMG_3144.jpg

IMG_3142.jpg

IMG_3127.jpg

IMG_3121.jpg

IMG_3146.jpg
@長崎県諫早市 国道207号線
posted by 笑うウリエル at 22:53| Comment(43) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

「感謝」(゚∀゚)

ごきげんよー(*´∀`)アハハン♪


暑いっす(゚Д゚)!

今日はこれで記事おしまい。

というわけにもいかんですね。ハイ。
ということで、なんか書きます。( ̄ー ̄)

「感謝」

です「感謝」 ハイ。


私たちが日ごろしている「感謝」という行為。これって、よーくその本質を見てみるに、はっきり言って「感謝」って、

「罪悪感」

からの行為にしか、ウリエルは思えないんです。ハイ。

何かありがたいことを誰かにしてもらった。だから、その人に何かしらの「感謝」の気持ちを伝えねばならない。もし「感謝」をしないと悪いことをしているような気持になる。無礼だ。だから「感謝」する。てな具合に。ハイ。ね、「罪悪感」でしょ?

そもそも「感謝」って、「する」ものじゃないですよ。自然に湧き起こってくるものです。なのでウリエルは、それに気づいてから「感謝する」ことをやめました。「感謝するべき」という思い、こだわりを捨ててしまったわけです。だから、どんなにありがたい行為を受けても、そのときの自然にまかせます。そのとき感謝の気持ちが起こらないのなら、感謝しません。ハイ。

だいたい、この私ウリエルも、自分自身が楽しかったりオモシロイと感じるから、他者に何か行為するわけです。他者のために「何かするべき」などと少しも思ってません。ましてや、感謝されたいからしてるわけでもない。そんなの、ただ「恩を売っている」だけなので。
だから、感謝されなくても、とくに不快には感じません。ときどき、実際にしてみたらちっとも楽しくも面白くもなかったということもありますが、それについて罪悪感も感じません。「ああ、失敗だった」で終わりです。


では、

「感謝」

って、いったい何でしょうね?

「感謝するべき」からしている感謝は、単なる「罪悪感」から逃れたいという気持ちで、「感謝」でもなんでもないです。「ニセ感謝」です。

じゃあ、本当の「感謝」って、いったい何でしょう?

いろいろな表現があるでしょうね。ウリエルはこう感じております。

「受け入れる歓び」

あらゆることを受け入れる歓びです。どんなにひどいことも、どんなにひどい人も、それが「歓び」であることに気づくことです。神性なるものだと気づくことです。これが「感謝」です。
だから、もし「感謝するべき」と思うなら、どんなことも、あらゆる起こることが「歓び」だと「気づくべき」と言えるでしょうね。

そして、さらに「感謝」って、やはり

「満たされていると知ること」

だと言えますよね。ハイ。
つまり「歓び」を知ること。


みなさんは、どうでしょうね? 

いろんな言い方出来ますよ。
みなさんの「感謝」、聞かせてください。
(´∀`)ノ

ごきげんよう。

炭鉱━(゚∀゚)━!
世界遺産「三池炭鉱 万田坑」
IMG_3271.jpg

IMG_3252.jpg
鉄塔の真下はこんな感じ。この四角い穴が地中への出入り口です。
IMG_3242.jpg
@福岡県大牟田市

こちらは三井田川鉱業所伊田坑「二本煙突」
IMG_3019.jpg
@福岡県田川市

月が〜出た出た〜 月が出た〜ヨイヨイ
(  ̄0 ̄)θ♪



<旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 23:16| Comment(51) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする