2016年11月13日

「思考パターン」

ごきげんよ ヒソヒソ(  ̄凵P)w ̄-)

うーん、今日は何を書きましょう……

私、ウリエルは自我、エゴというもの、すなわち「私」という意識は消滅しないと思っています。
私たちは頭の先からつま先まで煩悩で出来上がった「煩悩具足の凡夫」だからです。神がそう創ったわけで、これは仕方ありません。だって、私たちが「煩悩具足の凡夫」でないことには、神様は『愛』も『真実』も見ることが出来ないのです。救いの手も差し伸べられません。
神様が自分の姿を見るために、鏡に映っているのが「私」であるというのが、ウリエルの認識です。だから「私」は、神様と向きが反対になってます。

神様は絶対に傷つくことはありません。しかし神様と正反対になっているので、「私」は傷ついてしまうのです。
赤ちゃんから次第に「私」という意識が成長して行く上で、私たちは何度か「傷つくこと」も体験しました。
一度、傷つくことを体験すると、「もうこんな辛い思いをするのはイヤだ」と、「私」に防御壁を築きます。この防御壁が、いわゆるマインドではないでしょうか。「思考パターン」と言ってもよいと思います。
私たちは大人になって行く過程で、この「思考パターン」をどんどん増やし、強化し、複雑化させて、今に至るわけです。

例えば、何か失敗してしまったとき、「自分はダメだ!」とスパッと諦めてしまう。または「私は悪くない。アイツが犯人」と責任を転嫁する。あるいは、「もっと悪いことが起こるにちがいない」と、さらなる最悪の事態を想定しておく。はてまた、自分を「悲劇のヒロイン」に仕立て上げ、失敗に酔う。
どれも「私」が傷つくことを避けるために、「私」が自分で編み出した防御方法なのです。

その防御壁は、そのときには確かに役に立った。傷つくことからうまく回避できました。
一度、うまく行ったら人は味を占めて、何度もやってしまいます。いつしかそれは、もう無意識にやってしまうまでになる。
それが「思考パターン」というわけです。

あなたの「思考パターン」は、ホントはもう賞味期限が切れています。
今はもう、それを使わなくてもいいんです。でも、ほとんど無意識にやってしまうまでになっていますから、自分の「思考パターン」が、どんなものだったのかすら忘れてしまっているのです。
おまけに、ただの防御壁だった「思考パターン」に、「お金持ちになる法則」とか「幸せになるための十カ条」みたいな、わけのわからんエッセンスまでが上から塗りたくられて、もう何が何だかわからん状態に(笑)

それが、日常の私たちです(;´Д`)


この、もう複雑に入り組み過ぎてカオスとなった「思考パターン」、これをちょっとずつほどいて行くのも、スピリチュアルの重要な作業です。鏡に映った純粋な神様の姿に戻すのです。今はコテコテに厚化粧した上に、ヘルメットや鉄仮面までつけている。これを少しずつ剥いでいきましょう。神様に近い姿になれば、おのずと神様もわかるものなんですよ。

具体的には、何か小さなイヤなことがあったときとかに、自分がどういう「思考パターン」を築き上げて行くか、冷静になって観察しないといけません。考え出す前に観察ですね。ちょっと難しいかな?
自分が何を考えたか紙に書いて行ってみるのもいいかもしれません。その場合は頭に浮かんだことを、正直に全部書かないといけませんよ。ごまかさないように(笑)
最初は難しいけど、コツをつかむとそんなに困難な作業ではありません。ただ「私」にとって、「思考パターン」を崩されることは、かなりの恐怖を伴うことがあります。それは頭で考える「死」よりも恐ろしい「死」
だから、無理し過ぎないようにです。
「思考パターン」は、人によって様々で、しかも一人が複数を持ち、さらにそれが複雑に絡み合っていますので、一般的にこうすればいいなんて言うことが出来ません。だから、もし、こんがらがりすぎてわけが分かんなくなってると感じたら、私にでも相談してください。何の役にも立たないかもしれませんが(笑)
ま、なんかのヒントくらいは差し出せるかもしれません(・ω・)

自我、エゴ、すなわち「私」はなくなりません。
でも、「私」を神様と同じ姿にすることはできると思います。神様と同じ姿に戻すことが、私たちが生まれてきた意味かもしれません。
何かの拍子に、一瞬、同じ姿になるときがあって、それが「神秘体験」なのかもしれませんね。
でも、またすぐに新たな「思考パターン」や改造型「思考パターン」が現れるのです。だから『目覚め』を体験した人でも、それで終わりではないんです。終わったと思って何もしないでいると、「思考パターン改」が知らぬ間にどんどん覆いつくします。そのように神様に創られたのが私たちです。「煩悩具足の凡夫」ですから。そうでないと、神様は自分の姿が見えないのです。
崩しては築いて、築いては崩しの繰り返し。頭で考えると、なんとも不毛なようにも思えますが、神様はそれもまた見たいのです。そのたびに『愛』を見ることが出来るのですから。なんてすごい仕組みなんでしょう。とても人間には思い及びません。

「私」たちは鏡に映った分身です。

ごきげんよう。

udui.jpg
廃止が決まったJR三江線から宇津井駅です。
ホームは地上20メートルのところにあります。が、
エレベーターはありません@島根県邑南町

 * * *
ギョーム連絡でござる( ̄ー ̄)

「お話会 in 江戸」

来年、1月3日(火) 午後1時か2時くらいから始める予定です。
場所は「上野」です。待ってろよ西郷どん。
いつも通りの会費ナシ。自分で飲み食いした分は自腹。
ただし、「みなさんにおごりたい!」という奇特な申し出は、ありがたく頂戴(笑)
あのコウタロ兄さんが、おそらく夜まで付き合っていただけると思いますので、夕方あたりにフラリとやって来るのもアリです。もちろん途中退出もアリ。なんでもアリアリ♪
まだメールしてない方がいらっしゃれば、
uriel.bakusyou@gmail.com
まで。

あ、名古屋会は12月28日(水)
こちらもヒマな方、どうぞ(´∀`)ノ
posted by 笑うウリエル at 22:52| Comment(40) | 神様と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

「わかんない」

ごきげん ∩゚∀゚∩ ばぁーーー♪

ここのところ、なんだかクルリと一周して、またまた本来いた場所に帰ってきたような感覚になっています。
おもしろいですね、探究って。『真実』に到達するたびに、もといた場所に戻ってきます。というか、自分がそこにいるのに、そこにいるのを忘れてしまっているだけなんですよね。

でも、忘れないことには、思い出すこともできません。本当に心の底から完全に忘れてしまっているから、思い出したとき、どエライ「びっくり」があるのです。

忘れているというより、『真実』でないことを信じ切っているだけなんですよね。あまりにも頑固に信じ切っているから、それらがウソということを完全に忘れちゃっているんです。よく言う、何かに完全にのめり込んでいる状態ってヤツです。のめり込み過ぎて、のめり込んでいることすら忘れています。

のめり込むことが悪いとか、そういうことではないんですよ。何かにのめり込むことだって大切です。青春時代は、やはり勉学やスポーツ、または恋愛にのめり込んだりします。それはかけがえのない体験ですもんね。
仕事や趣味にのめり込むことだって、人生には大切です。ただ自分がのめり込んでいることに気づいていれば、なーんも問題はありません。
でも、自分がのめり込んでいることに気づいていないと、ちょっと問題が発生したりします(笑)
ほら、宗教とか政治活動とかしている方に、ときどき見られますよね。

何かを信じて疑わないということは、いわゆる分離意識です。『真実』ではありません。疑っているからこそ、信じないといけないわけですからね。これが「正しい」と思っているということは、何かを「間違い」と決めつけないことには思えません。
そして、「正しい」と信じて信じて信じすぎて、信じていることすら、もう忘れちゃっているのが、のめり込んでいる状態。こうなっちゃうと本人も何が何だかわかりません。
↑こんな人と付き合うの、けっこう疲れますよね(笑)
でも、実は私たちのほとんどが、「こんな人」なんです。そりゃ、「こんな人」が70億もいたら、もういたるところでトラブル噴出するのもしょうがないです。

では、いったい何を、私たちは信じすぎて、のめり込んでいるんでしょう? それはー……

「この世界があること」

かな?

どうして、みなさん疑問に思わないんでしょうね?
どうして、本当に「この世界」があるかどうか、確かめようとはしないんでしょうか?

ねえ、目の前に広がる「この世界」、本当にあります?
というか、「この世界」って、ぜんぶ「私」に由来してますよね。
「私」を経由しないと、「この世界」って現れてないんですよ。つまり「私」がいなかったら、「この世界」は、あるのかないのか、わかんないんです。

なんだかキモチ悪くなってきましたか?
その「わかんない」が大事なんですよ。頭はちょっと混乱するでしょうが、その「わかんない」を、たっぷり感じてくださいね。
のめり込んでいる状態から抜け出すためには、信じ切っていることが、ホントに信じていいのか「わかんない」にならないことには、抜け出せませんから。

もしかして「この世界」はウソかもしれない。そうは言っても、目の前に現実は広がっているし、「私」も存在するわけです。寝て起きれば朝が来るし、やらなきゃならないこともたくさんある。どっちがどうなのか、「わかんない」
「この世界」はあるけど、ないかもしれない。「わかんない」

本当は「わかんない」んです。


だから「わかんない」で、いいんですよ。
『真実』は、頭でわかるものではないんですから、「わかんない」がいちばん『真実』に近づいている状態です。
「この世界は幻想」と決めてかかるのも、『真実』とはちょっと離れています。

まずは「わかんない」を、たっぷり味わって受容してください。
そうしないことには「わかった」も現れませんから。断片的になっているものが、瞬時に全部つながる瞬間が来ます。


でも、「わかんない」は、すごく深い。どんなに「わかった」を重ねても続いて行きます。最終的に私たちは「わかんない」に最も安心するようになります。
「私」は「わかんない」が、キモチ悪くてしょうがないんですけどね。つまり「わかんない」に安心しているるということは、完全に明け渡しちゃったということです。「私」はもうどこにもありません。
そうなるまでに、人は「わかんない」「わかった」「わかんない」「わかった」を繰り返します。
「わかんない」にくつろいでいると、不意に「わかった」が現れて、また新たな「わかんない」が生まれます。
そうやってグルグルまわり続けるのかもしれません。

だいたい、『神様』を完璧に「わかった」なんて、おこがましいよね(笑)

ごきげんよう♪

ityou.jpg
イチョウ@兵庫県宍粟市

posted by 笑うウリエル at 15:46| Comment(27) | 神様と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

やっぱ「ええねん」

ゴキゲンヨウ “ヘ( ̄ー ̄ )オイデオイデ

「○○がイヤ」

とか、

「○○はよくない」

という思いは分離意識ですよ、というお話をしました。ということは、

「分離意識はよくない」

という思いも、分離意識です(笑)
こういうふうに、自我、エゴは常にしゃしゃり出てきますね。本当に抜け目のないヤツです。だから分離意識もあっていいし、そこから生ずる「苦しみ」も、あっていいのですよ。それも必要な体験なのですから。ただ、分離意識でない行動をすると不思議と上手く行き、分離意識から行動すると、ますます分離するというだけです。


「○○がイヤ」と「○○はよくない」を取り除いていくと、結局のところ

「ええねん」

ですよね。
この「ええねん」は人生の流れに何も逆らっていない状態ということに、気づいていましたか? なーんにも分離していません。分離意識すら「ええねん」と抱きしめてしまっているのですから。
なんだか清々しい感じがしませんか? ポジティブな気持ちになりませんか?
よくわかんなかったら、とりあえず「ええねん」という気持ちになってみてください。全肯定してみてください。すると不思議と『いま』だけになっちゃう。昨日のあんなことこんなことも「ええねん」、明日なにがあろうと「ええねん」
ほら? もう『いま』することしかなくなっちゃう。『ハート』の欲求は、この『いま』にしかないのです。この『いま』を、あなたの感じる通りに生きればいいだけなんですよ。それが『ハート』の欲求です。

もし、あなたの感じる通りに行動して、心にモヤモヤができるようなら、それは「自我、エゴの欲望」、分離意識からの行動だったということです。
「あれま、こんなところにエゴが!」
と、発見できたのですから、これまた「ええねん」なんですよ。いったい何に「こだわり」を持っているのか、じっくり調べるきっかけになったわけです。やっぱ「ええねん」ですよね。
こうやって人は、次第に人生の流れに抵抗しなくなって行くのです。そのように導かれていくのです。
もう何にも抵抗しなくなったとき、真の「自由」なんです。


『ハート』の欲求は、神様があなたという「個」を通して見たいものです。
神様はそのために、あなたの目や耳や手を創ったのですよ。そして世界を創ったのです。
でないと、神様は『愛』も『奇跡』も見れません。分離意識も見れません。見たいから、あなたという「個」を分離させたのです。だから本当のところ、分離意識を消すことなんてできません。消したらあなたは神様に戻ってしまいます。全世界が消えてなくなります(笑)
ただ、現代の多くの人があまりにも、自分の中にある分離意識を「自分の本当のやりたいこと」とか「これこそが自分の役割」とか、カンチガイしているので、ちょいとたくさん記事を書きました。

「分離意識とはどういうものか?」
これを知っているだけで、いろんなことに気づくし、いろんなことが変わります。、そもそも分離意識に気づくことそのものが、いまの『ハート』の欲求だったのかもしれませんね。ってことは、分離意識も「ええねん」です。


そして、神様はあなたを通して、何を見たいのでしょう?
最終的にはみんな同じだと思いますよ。

無条件の『愛』

これが、見たいんだと思います。これが『ハート』の欲求です。

ごきげんよう。

ta.jpg
秋です秋♪ 稲わらポコポコ。
ポコポコポコポコポコポコポコ@兵庫県加西市

posted by 笑うウリエル at 22:45| Comment(26) | 神様と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする