2020年10月21日

ウリエルのいま(・ω・)

ごきげんよう (=´∀`)人(´∀`=)


このブログを書き始めて、もう6年も経過しているわけですね。いやあ、月日の経つのは早いもんです。

初めての大きな気づきがあって、それからしばらくして、このブログをテキトーなノリで始めてしまいました。そして、書いてみなさんと交流することによって、私ウリエルはどんどん自らの内の深い所に向き合えたようです。ここに立ち寄ってくださったみなさんには感謝しかありません。結局、このブログはウリエルのためにあったのです。


そして、6年たった今の境地を、とても言葉にするのは難しいのですが、ちょっと書いてみましょうか。

まず、恐ろしいくらいに「平穏」です。「平安」というのは、こういうことだったのかと思います。
最初の気づきがあって、しばらくの間も「平安」という感覚はありました。でも、そんなものいま思い返してみても、現在の「平安」とは比べものになりません。いまは常に恐ろしいくらいの「静寂」の中にいます。

「沈黙」です(´ー`)

苦悩も至福もありません。

こう言ってしまうと、なんだかとてもつまらない世界にいるように思われるかもしれませんが、そんなことはまったくないんですよ。
(´∀`)
上手く言えませんが、何もかもが面白いんです。何がどういうふうに面白いのかなんて理由はありません。ただ、何もかもが面白い。

風に揺れる葉っぱ、汚れた服、自動車の音、怒っている人……

何もかもが面白い。ケラケラ笑う面白さではないんですが、なんというか「おもろいなぁ……」と、つぶやいてしまうような面白さですね。

何もかもが面白いので、他人に気を遣うということがなくなりました。その人が機嫌を損ねても面白いからです。失敗や成功にも関心がなくなりました。どっちも面白いからです。もちろん不安や心配事もありません。どうなっても面白いんですから。「死」ですら面白そうです。


そして、ウリエルの世界から「苦悩する人」がいなくなりました。

テレビやネットの中には「苦悩する人」はたくさんいます。が、ウリエルが直に接する人たちに、「苦悩」を抱えている人が一人もいないんです。いるのかもしれない、というか、いないってのもおかしいんですが、本当にいないんです。
(・ω・)
ウリエルを非難したり、嫌ったり、いじめたりする人もいません。いないってのもおかしいんですが、本当にいないんです。
(・ω・)
気分が悪くなるようなお客さんにも滅多に会えず、会えると逆にうれしいくらいです。もちろん、ウリエルが嫌いになるような人にも会えません。みんな好きです。ウチの親父みたいに殴ってやりたいヤツもいますが、それも好きです。愛そうなんていちいち思わなくても、最初から好きです。
(´∀`)


将来のことを考えると、本来なら不安しかないはずなのですが、なぜか不安はこれっぽっちもないです。そんなことより、将来どうなるかわからないので、いま出来ることは、いまのうちにやっておかないとと強く思います。
将来どうなっても、そのときも「面白い」ということはわかってます。裕福でも貧乏でも、健康でも病気でも「面白い」んです。
ただ、貧乏や病気になってしまうと、または年老いてしまうと、出来ないこともあるので、いま出来ることはいまやっておかないとと思うのです。それから、いましたいことも、明日はしたくなくなるかもしれません。だから、いましておこうと思います。


感謝はしません。いっさいしません。しなくても勝手に湧いて来るからです。いちいち意識しなくてもいい。
というか、まったく感謝しているという自覚がないのに、勝手に感謝していると受け取られたりします。ラクチンです。本人はただ、好きなことを言い、好きなことをやってるだけなんだけどね。身体が勝手に感謝を表現してくれているのかな?
(´・ω・`)


「善いこと」もしようと思いません。したいことをするだけです。

他人と比べることもしなくなりました。というか、比べたくても比べられないんです。比べられないのが当たり前としか思えない。どうやって比べるのかわかりません。

欲しいモノは買います。買えないものは欲しくならないです。だから、お金を貯めようと思いません。したいことをしたり、欲しいモノを得るお金は常にまわってきます。うまく言えませんが、そういうものだとわかってしまったのです。だから、お金の心配もありません。ついでに言うと貧乏になっても「面白い」のですから、心配になりようがないです。お金は使いたいことに使います。使わないと意味のないものですから。


そして、うすぼんやりですが、

これ以上、奥がない

という感覚があります(´・ω・`)

これ以上の「静寂」、「沈黙」がない。

もちろん、この世界はどんどん動いていき、そして、この世界への自分の表現は無限に続くと思います。万物流転。この世界も自分自身もどんどん変化して行くでしょう。
でも、もう自分から先を見て何かすることはないと思います。率直に言うと、ただ『いま』を生きるだけです。『いま』したいことをするだけです。「こうあるべき」なんていっさいありません。というか、「こうあるべき」と思いたくても、無理してももう思えないんです。なんで昔はそんな無理なことにエネルギーを費やしていたのかと、おかしくなります。
(・ω・)


いまはただ毎日が、今日一日が、「面白い」です。それだけでじゅうぶんで、それ以外には何もありません。

ただ「沈黙」と、その中の「面白い」しかなくなってしまいました。

「沈黙」=「歓び」

です。そんな感覚で、ずっといます。
(´ー`)


「あなたの道をまっすぐにせよ」

イエスはそう言いました。なかなか本当の意味がわかりませんでした。
だけど、いまはわかります。長々と書いた上のようなこと、これが

「まっすぐ」

なんだなと。

ごきげんよう。


ホカイドーいろいろ(゚∀゚)!
十勝牧場
IMG_5380.jpg
@北海道音更町

三国峠
IMG_5362.jpg
@北海道上士幌町

ばんえい競馬(´∀`)
IMG_5401.jpg
@北海道帯広市
posted by 笑うウリエル at 00:01| Comment(47) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

「半霊半物質」(´・ω・`)

ごきげんよう o(´^`)o ウーーー

私ウリエル、新しい境地と言うと大げさですが、どう言っていいのやら、なんか新たに視野が広がったような感覚でおります。でも、まだぼんやりしててよくわかりません。
(´・ω・`)


さて、現代は「唯物論」が大勢を占めている時代です。

・宇宙は物質でできている
・物質は原子でできている
・あらゆることには何らかの法則がある

地球も太陽も月も物質であり、それらの動きも万有引力とか慣性の法則とか、自然の法則で説明できます。こういうのが「唯物論」です。また、

・肉体が生きているから思考することができる

こんなのも「唯物論」です。さらに、

・科学技術万能主義、ビジネス至上主義
・法律、規則、競争原理、権力構造、支配者と被支配者などなど

こんなのも突き詰めると「唯物論」に乗っ取ってます。ハイ。まあ、簡単にまとめて言うと、現代の「現実世界」ということです。


いっぽう、この広い宇宙ですら、「自分の意識」の中に展開しているものという見方もあります。あらゆるものがこの「意識」の中にしか顕現していないものである。いわゆるスピリチュアルな見方です。

・「すべてが自分」
・「すべてが内側にある」
・「この世界は幻想(マーヤー)」

こういう見方ですね。自らの肉体ですら幻想です。思考も感情も幻想です。その幻想は無限に広がる「空」、または「静寂」と呼ばれるものに展開し、それを「見ているヤツ」がじっと見ています。この宇宙にあるすべての物質は実在ではなく幻想で、それは神聖な顕われです。物質だけでなく、いろんなテクノロジーやビジネス、法律や道徳、とにかくありとあらゆる事象現象が幻想で、神聖な顕われです。


「唯物論」的な見方、スピリチュアルな見方、どっちが正しいとかいうものではありません。どっちも正しいです。この相反する二つの見方が、

グシャッとひとつになったとき Σ(゚Д゚)

本当の「降参(サレンダー)」が起こります。「流れに任せる」が理解できます。ハイ。
「降参」とか「流れに任せる」って、「する」ことじゃなかったです。勝手に起こることでした。

しかし、この「グシャッとひとつになったとき Σ(゚Д゚)」が、言葉ではなかなか説明できんのですよ。
どっちつかずの宙ぶらりんのようで、しっかりとガッチリとしてるんです。曖昧なんだけどクリアって感じかな。まさに、

「半霊半物質」(´・ω・`)

としか言いようがない。
というか、あなたも私もみなさんも、もう全員、すでに、とっくに、最初から、

「半霊半物質」(´・ω・`)

なんですけどね。


この「半霊半物質」状態になっちまうと、というか、気づいてしまうと、もう「安らぎ」しかないんです。あらゆる抵抗がなくなっちゃうので。
どう転んでも大丈夫なことがわかってしまう。肉体が死んじまったところでかまわない。よくスピリチュアルな視点、非二元の感覚になることができても、すぐ現実世界に戻ってしまうなんて話をしたりしますが、そういうこともなくなります。

もう、どっちでもないので(・ω・)


何言ってるかよくわからない?

でしょうねー……

でも、これが、ここんとこのウリエルの「新しい境地」なんですけどね。

結局、何が言いたかったのかな。とにかく、今のウリエル、なにやっても「うれしい、たのしい」です。他人から見たら不愉快なことしてるかもしれませんが(笑)


「半霊半物質」(´・ω・`)

ええわー。

ごきげんよう。


南阿蘇鉄道「見晴台駅」
IMG_3471.jpg

見たことあるような気がした人もいるでしょう。
「午後の紅茶」のCMロケ地で有名なのです。
IMG_3469.jpg

「午後の紅茶」しか売ってない(゚д゚)
IMG_3476.jpg
@熊本県南阿蘇村
posted by 笑うウリエル at 23:18| Comment(38) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

夏休みでーす (´∀`)

ごきげんよう v( ̄Д ̄)v イエーイ

突然ですが、明日からお店は休みです。夏休み。

んで、お店休んで、旅に出ます(´∀`)ノ
「ごーとぅーきゃんぺーん」とやらで、どっか出かけろとお国が言うので、そうさせていただきます。

ついでに記事もお休みです。テキトーにコメント欄で雑談をしていきますので、なんでも気になったこと、質問などあればいつものように書き込んでください。


あ、みなさんに伝えたいなと感じていたことなのですが、なんかこのブログのノリに合わないような気がしてたので、今まで書いてなかったことがあります。雑談なので、この場で書いておきましょうか。
(・∀・)

コロナ禍で、世の中のいろんなことが変わり、いろんなことが起こっていますね。
ウリエルはこの一連の出来事の中で、とくに、

「対立」

に、注意を払っています。

日々、メディアから垂れ流される情報は、「対立」を煽っていることに気がついてください。我々を不安や恐怖に焦点を合わさせて、人々の心に「対立」を生むようにしているとしか思えません。
(´・ω・`)
夜の街、自粛しない若者、無能な政治、黒人を差別した人、民主主義を奪おうとする権力……
そういった何かしらの「敵」を、我々の心の中に作り、常に我々と誰かを「対立」させようとばかりしていることに、気づいておいてください。ただでさえコロナ禍で多くの人が精神的にすり減っているこのときにです。

エゴ意識である「私」は「対立」が大好きです。というのも、「対立」さえしておればエゴは満たされるからです。言い方を変えると、「対立」に意識をフォーカスしている限り、人は目覚ることはありません。


ウリエルはこのコロナ禍が世の中のいろんなことを変え、いろんな出来事を起こし、そして、多くの人を目覚めさせるような気がしてます。多くの人が目覚めて、今までよりもっと豊かで住みよい、新しい世の中になるんじゃないかな。そんな気がしてます。でも「対立」にフォーカスしていると、反対の結果に……
(´・ω・`)
目覚めるか、滅びるか、なんです。


「対立」を煽るものを見ないでください。「対立」が起こっている場所に近づかないでください。騙されないでください。
そんなことより、毎日笑ってください。もっと笑うことをしてください。

それでも心に「対立」が芽生えそうになったときは、ただ、相手を

ゆるしてください

ゆるして、ゆるして、ゆるしてしまえば、それで何も問題は起こりません。「対立」できません。それが「高い波動」とか言いうものなのだと思います。


でも、まだまだ、いろんな混乱を見るとは思います。
そんなときはハートに向かって、こうつぶやいてください。

「万事良好。想像以上にうまく行っている」

(´∀`)

ごきげんよう。


(´∀`) いろいろ。
IMG_2329.jpg

IMG_3275.jpg

IMG_3110.jpg

IMG_2131.jpg

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ <旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 22:41| Comment(101) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする