2015年04月28日

うまくいってます♪

ゴゴゴゴ━(゚(゚ω(゚ω(゚ω゚)ω゚)ω゚)゚)キゲンヨウウウ━!!!


『絶対的な真理』

みなさんはどうして、こんなもん知りたいと思ったんでしょう?
ある人は「何かが違う」という違和感のようなもの、いくら幸福を追い求めても満足いかない違和感のようなものがきっかけかもしれません。
また、ある人は生きる中での苦しみ、どん底に叩き落されたような苦しみがきっかけかもしれません。
まあ、きっかけは何であれ、「知りたい」と思ったときから、
『気づき』、『覚醒』、それから『悟り』とか言われるものへのプロセスは、もう始まっています。
というか、そのもっと前から始まっています。
その途中にウリエルのような「一瞥体験」がある人もいれば、「一瞥体験」がない人もいます。
「一瞥体験」が『絶対的な真理』ではありません。
むしろ無知、無明が深い人に「一瞥体験」が起こるだけで、
多くの人はそのような体験なしに『絶対的な真理』に近付いていくのではないかと思います。

しかし、うん。『絶対的な真理』は、特別な場所に行けばあるのではなく、
またどこかに隠れているものを、探し当てるものでもありません。
さらには、なんか偉い人に授けてもらうものでもありません。
『絶対的な真理』は、

『いま』、あなたの目の前に広がっています

ごく普通の日常の暮らしの中の『いま』にあるのです。
それなのに私たちは夢を見ていて、それに気づいていないだけなのです。
自我、マインドといわれるのもが、いつまでも夢を見ているように「雑音」を出しているだけです。

その「雑音」をただ消していくだけの作業が、『悟り』へのプロセスです。
そして、その作業というのは、瞑想したり、本を読んだり、または講演会に行ったり……

では、ありません。

俗世間から刷り込まれた「意味づけ」「条件づけ」を解きほどいていくことです。
凝り固まった「価値観」を溶かしていくことです。
そのためには真摯に人生に向き合わなければなりません。
そして様々な体験することから、ひとつひとつ学んで行かなければなりません。
結局は、

あなたの人生をちゃんと生きる

それがすべてなんです。
ですので、俗世間の中を精一杯生きてください。
俗世間で起こることを受け入れ、俗世間を流されてください。
『絶対的な真理』は禅寺や教会、はてまたセッションやリトリートにあるのではありません。


あー、それから、このブログをここまで読んでおられる方々は、もうプロセスの終盤に差し掛かっているのです。
私からはもうあれこれ言う必要のない方ばかりです。
あとは運ばれていくと思います。
残り少なくなった「意味づけ」「条件づけ」の解消ということに注目して、日々の生活を生きるだけです。
そうしていれば『恩寵』は必ずや与えられます。一度ではなく次々に与えられます。
最終的に、みなさんは人生で本当に「やりたいこと」をするようになるでしょう。
それは、真の願望であり、偽りのカケラもない「志」です。
『絶対的な真理』の中に生きるということは、そういうことです。
至福の中にいるためでもなく、聖人になるためでもありません。
ましてや周囲を思い通りにコントロールできるようになるものでもありません。
でも、『絶対的な真理』の中に生きると、

本当に「やりたいこと」に沿うように世界が展開していくはずです。

なんだか、重要なのかそうじゃないのか、とりとめのないことを書きつらねてしまいましたが、
では、今宵はこの言葉を『ハート』にしまって「黙考」してください。
意味を分析とかはしてはいけませんよ。ただしまっておくだけです。
では、ハイっ♪

想像しうる以上に、万事うまくいっている!(´∀`)

ごっきげんよーん♪

cc7.JPG
熊本のこいのぼりー
posted by 笑うウリエル at 00:09| Comment(14) | 探究の終わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

「やりたいこと」

ヽ(゚∀゚)ノ ゴッ☆きげんよー。

以前、ニサルガダッタの言葉を引用したことがありました。

「すべての苦しみは、欲望から生まれる」

まさに、その通りです。
このことに気づくことが、『目覚め』のプロセスの中で大きなウエイトを占める、そう言っても過言ではないのではないでしょうか。
そして、『目覚め』のプロセスを通して、私たちは『真実』に近付き、その途方もない『愛』に癒され、欲望を持たない清らかな者となってゆき、やがては真の自由を知るようになります。
そうなると、人はもはや『いま』を生きることだけになります。
この俗世に戻り、ただ「やりたいこと」をやる。
ただ、それだけになります。

あれ? ちょっと待って……?
「やりたいこと」って、「欲望」では?
あはは、そう思っちゃいますよね…(;´Д`)
では、「欲望」と「やりたいこと」の違いを書いてみようと思います。

……と、思いましたがー……
これ、単純なようで、非常に説明しにくいことに、いま気が付きました(;´Д`)
というのも、体験を通じて理解しないと、わからないような気がしたからです。
いちおう、私の体験から理解したものを書いてみますが、必ずしもみなさんに当てはまるものではないかもしれませんと断っておきます。

簡単に言うと、「欲望」は『いま』に不足を感じています。そして、これを『未来』に満たそうとします。
そして満たされないと、それは「苦しみ」になります。
しかし「やりたいこと」は、『いま』にしかありません。
『いま』それがしたいのです。『いま』それをしていることで、すでに満たされているのです。
将来どうなるかは別の話です。成功してもいいし、失敗してもいい。結果は知ったこっちゃありません。

そんなこと言っても、あれこれ突き詰めて考えると、なかなか線引きできないような気がしますよね。
ハイ。たぶんクッキリと線引きはできません。理屈がないもんで。その人の本人の理解に任すしかありません。
あああ、ちょっと眠くなってきたので、もうゴチャゴチャと書かずに、
もうズドンとウリエル流の理解を書いておきますね(笑)

誰かを何かをコントロールしたいのが「欲望」

で、

誰も何もコントロールできないとわかった上でやっているのが
「やりたいこと」


です。

あとはご自身の『ハート』に聞いてください…(´∀`;)

まあ、誰かを何かをコントロールできるなんていうのは、
もう、「ドえらい幻想」なんです。
この幻想が崩れていくことが『目覚め』のプロセスとも言えます。あなたは誰も何も一切コントロールできません。それが『真実』です。
だったらもう、この世のすべてのものに自由を与えてください。

そのとき、あなたは本当に自由になり「やりたいこと」ができるようになります

ごきげん……(ノД`)~ネムー

xnm.JPG
お多賀さん@滋賀県多賀町
アマテラスの親父とオカンです。
posted by 笑うウリエル at 23:58| Comment(46) | 探究の終わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

ルービックキューブ

ゴ━━(゚∀゚)━━!! きげんよう。
ちょっとパターン変えてみた♪

さて、行って戻ってきたウリエルです(笑)
戻ってくると、『真実』の見方というか感じ方が、ちょびっと変わりました。
『真実』は『真実』ですので変わることはありません。ただ、ウリエルの捉え方が変わっただけです。
なんだか『真実』が身近になったという気がします(笑)

んで、その『真実』ですが、やっぱり言葉で表現するのはたいへん難しい。というかできません。
形も色もありませんので、絵に描くことや、図で示すこともできません。
基本的に人には伝えられないものだと思います。それが『真実』(;´Д`)
それを無理して人に伝えようとするわけで、伝えるということは必然的に、どうしようもなくたいへんな作業になるわけです。
というか……

こんなもん伝えようとするヤツは、アホだと思います。

ブッダは、たぶんアホです(笑)

『真実』は言葉にできません。しかし人に伝えるとなると、その方法は言葉がメインになります。
そこで古今東西のいろんな人が、いろんな言葉を駆使して伝えようとしています。
ブッダのような恐ろしく頭の良い人が伝えようとすると、
それはもう学問と言っていいほどの理論体系になってしまうし、
たこ焼き屋ウリエルが伝えようとすると、
近所のよくしゃべるオッサンの居酒屋談義みたいになります。
本屋さんに行くといろんな人が一冊の本にまとめてくれています。
でもね、いくらでも語ろうと思えば語れるのが『真実』で、いくら語ってもズバッと核心を言えないのが『真実』です。
それを、よーく心に置いておいてください。

とっても大事なことを言いますよ(´∀`)
『真実』を理解することを『悟り』というならば、

『悟り』は万人に開かれています

誰でもわかるようになっています。
勉強が苦手な人もわかります。
文字が読めない人もわかります。
文字すら持たない文化に暮らす人にもわかります。

とってもシンプルで、あまりにも当たり前のことなんです。

ホントにもう、ブッダにひと言、言いたいよ。
オマエさんが難しく言い過ぎるから、みんな難しく考えるようになっただろーって(笑)
いや、まてよ? ブッダはもっとシンプルに伝えていたのかもしれない。
それが教団になり宗教になり大きな組織になっていくと、
みんなが簡単に悟ったら困るようになってきて、あえて難しーく言うようになったのかもしれない。
だって、昨日入信したばかりの人が、いきなり地位の高い人と同じになったらいろいろ困るもんね(笑)
あ、そういう視点で見ちゃうと、現代のこの「業界」もいろいろ穿った見方が…… ま、いっか(笑)
とにかくね『真実』は一冊の本なんかにはとてもまとめることはできないし、もし言葉でバシッといえるなら原稿用紙一枚で十分というものです。ハイ。

なんかね、行って戻ってきて思ったのは、『悟り』って、

ルービックキューブみたい

って感じました(笑)
ルービックキューブおぼえてます? そうそう、六面体の色をそろえるオモチャ。
これ理論で解き方を説明すると、ものすごいことになるでしょ?
でも、そんな理論を知らない小学生でも、わかっちゃえば六面の色をそろえれるの。
小学校のときにルービックキューブ大会みたいなこと休み時間にやってた。速い子は一分かからない。
でも、わからない子はいつまでたってもできない。
そして、わからない子は速い子に「教えてー」って、聞きに行くんだけど、速い子もうまく教えられないんだよね。
でも、いっしょにあーだこーだ言いながらやってるうちに、
「あ、そーか!」
という瞬間がわからない子にあって、わからない子もなんかできるようになっちゃう。
わかっちゃえば、とっても簡単。
あはは♪ 『悟り』とか言われてるもんも、こんなもんだよ。
もう、ものすごく簡単。おっそろしく簡単。ルービックキューブよりずっと簡単。
笑う笑う! 簡単すぎて。赤ちゃんでもわかるくらい。

だから、ぜったいに難しく考えないで。理論じゃないんですから。
それから『悟り』の「攻略法」みたいなもんもありませんから。
瞑想もヨーガも「攻略法」じゃありませんよ。
まあ、強いて「攻略法」があるとすれば、

今生きているこの体験をちゃんと生きる

というだけです。
だから、一人残らず誰も間違ってません。
瞑想もヨーガも宗教もセミナーも「攻略法」を駆使するための「練習」くらいのもんです。


まー、言葉では表現できないといいながら、
ブログですので仕方なく言葉でダラダラと続けていきます。
でも、マジメに読んでも悟れないから気楽に読んでね(´∀`)
ちなみに、ウリエルはいまだに、

ルービックキューブ、できません!

ごっきげんパンッ!

111.JPG
お岩木山に春は来てるかなー?
posted by 笑うウリエル at 06:50| Comment(48) | 探究の終わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする