2020年11月15日

「ゼニカネ」(`・ω・´)

ごきげんよう ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?

スピリチュアルの探究をしていて、とても奇妙で厄介に感じるものがあります。
それは、ズバリ、

「お金」 ヘ(゚д゚)ノ

です。

私たちは、ある程度ものごころがついたころから、お金はとても大事なものだと教え込まれすぎてしまっていますよね。今の世の中、何をするにもお金が必要で、お金がないと何もできない。まるで、お金は何でもできる神様のような扱いを受けています。

そう、この現代の日本という国に生きていると、まさに、

「お金は神様」ヘ(゚д゚)ノ

なのです。お金なんて人間が勝手に作り出した概念にすぎないのに、あたかも、お金はこの世界で最も価値があり信頼できるものと、みなが思っているのですから。神社や教会にいる神様は、生活を少しも楽にはしてくれませんが、お金は確実に生活を楽にしてくれます。実際、神様より信頼できますよね。この国に生きる人々は、みな、もう、

「お金教」

という宗教の信者です。これを「拝金主義」とも言います。私たち日本人は程度の差こそあれ、

全員が「拝金主義」

なのです。これをまず、自覚する必要があります。

世界中の人が「拝金主義」なのかというと、そうでもありません。例えばお隣の中国の人々はお金をあまり信用していません。政府が変わればそんなもん紙屑になる、消えてなくなるということをよく知っています。だから手にしたお金はなるべくモノに変えます。その結果、爆買いなんてします。でも、私たち日本人は一万円札が、ある日突然、福沢諭吉の肖像入りのただの紙になるなんて、あまり想像して生きていませんよね。大事にしまい込みます。そのぶん、中国人より「拝金主義」の度合いが強いと思います。
物価が上がるということは、福沢諭吉の肖像入りの紙の価値が下がったわけです。でも、そういうふうには思いません。一万円は一万円で絶対的に一万円の価値がある。そう固く信じ切っています。それくらい私たちは「拝金主義」なのですが、誰もそれをそれほど自覚していません。そもそも、あなたの財布の中にある一万円は、だれかが一万円を借金した、ただの借用書にすぎないのですが、そんなことも思うことすらありません。日本国中のあらゆる人々、企業、政府が借金を返済したら、あなたの一万円も消えてなくなるものなんですよ。経済は「信用創造」でなりたっていますから。
(´∀`)

さて、なんでこんなお話をするのかというと、この無意識の「拝金主義」が、スピリチュアルの内側深くに入ること、そして深い気づきに達することを、ものすごく妨害するからです。「目覚め」た言とわれている人たちでも、かなり妨害されて、おかしな方向に走っていることをよく目にしますね。お金に所有されちゃって、お金から自由になってない。「まずお金ありき」という視点に囚われの身となっていたりする。
(´・ω・`)

そもそも、「私」という幻想は、この世界の中の小っぽけな分離した個人であるというカンチガイは、

「所有」

という概念でできあがっています。私たちは何も持たずに生まれてきた。そして何も持たずに死んで去って行く。この肉体ですら置いて去って行きます。最初から何も「所有」していません。
だけど、何かを「私のもの」と思うことで、他人との区別ができます。そこに分離が起こります。そして「私のもの」を最も強く象徴的に感じさせてくれるのが、この国では「お金」なんです。全員が「拝金主義」ですから。
スコップなら誰かが貸してと言ってきたら、「いいよー自由に使って」と言えるのに、お金を貸してくれと言われたら、「いいよー自由に使って」と二つ返事できませんよね。
(´∀`)

「私」という分離は、何かを「所有」しているという誤解で出来上がっています。そして日本人はもっとも「所有」を強く思うのが「お金」です。「拝金主義」の国ですから。もう超ザックリと超乱暴に言うと、

「私」=「お金」ヘ(゚д゚)ノ

だよ。(´∀`)


「本当の自分」は、何も所有していません。この身体、思考ですら所有なんてしていません。なーんにも持ってません。お金も一円も持ってません。一円も持ってないけど、

使うことができるのです

この世界で様々な体験をするために、なーんにも持ってないけど、いろんなものを、あらゆるものを、

使うことができるのです

すごいでしょ?
これを信頼できないのなら、気づいても浅い気づき、気づかなかったほうがよかった程度の気づきにとどまってしまいます。


もし、今、あなたの手元にいくらかのお金があるなら、それを

「歓び」に使いなさい

楽しいことや、うれしいことに使いなさい。

この世界を体験するために必要なものは、常に与えられています。それを信頼しなさい。当たり前です。体験するためにこの世界を創ったのですから。この世界を体験するために「まずお金ありき」なんて、愚かな考えは今すぐ捨てなさい。この身体や思考ですら「私のもの」ではないんですよ。それをしっかり感じてみてください。どうして「私のお金」なんてものが存在しましょうか?

人生を「歓び」に使うのです

浪費せよと言っているのではないですよ。逆に言うと、『いま』ここで「歓び」に使う分しか、「お金」はやってきません。「歓び」以外に使っちゃわないようにね(笑)


「私」は「拝金主義」なのだと、まず自覚してみてくださいね。もし、そう自覚して、内側になんらかの抵抗があったら、それをじっと感じてみてください。
「お金」から自由にならないと、真の自由は見ることはできません。みなさんのお金に対する思いを聞きたいな。
(´ω`)

「お金」は一円も持ってないんです。たくさん持ってると思ってても、それ自体が夢にすぎないんです。持ってないと思ってても、それも夢です。
貯金も借金も、あらゆるものが消えてなくなります。現れては消えるがままにしておくしかありません。

ごきげんよう。


筑後川昇開橋
国鉄佐賀線の廃線跡です。でもシンボルとして残されています。
IMG_3071.jpg

船が通るとき橋が上がるの。
IMG_3055.jpg

係りのおっちゃん、ヒマだったみたいで上げてくれた(´∀`)
IMG_3058.JPG
@佐賀県佐賀市
posted by 笑うウリエル at 06:36| Comment(44) | 全体へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貯金をするのが「よろこび」だという人は、それはそれでいいんです。
借金を減らすのが「よろこび」だという人も、それはそれでいい。
(´ω`)

ただ、それらが本当の「歓び」であることは、ほとんどないと思います。お金は外側にあるもので、使わないと意味を成しません。そういう意味で浪費家の方がまだいくらか「歓び」に近いことをしています。たとえそれがお酒やギャンブルでも。まあ、それも、本当の「歓び」かと言うと、そうだという人はほとんどいないと思いますが。

あなたのハートから湧いて来る、ワクワクに使えばいいんです。それが常識外れでもかまいません。そして、ハートの奥深くに入って行くほど、その使い方も変わって行きます。その変容もまた「歓び」なのです。
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月15日 07:57
おはようございます 。
ギョッお金だヘ(゚д゚)ノ
お金の思い出が、ザクザク蘇ります、、、、、

ひとまず、ユキチさんと、ノグチさんがお財布に居たから、机に置いてみました(・∀・)

買い物して、一円でも、お釣り間違われたらヤダから、やっぱ拝金主義なんかなあ。。と、思いました。

しかし、全然違うけど、
ウリエルさんに付いてた、旅の神様が、はにに、乗り移ったんやろか、、、、(@_@)と、時々思います。頻繁に動いてる、、、、
時々、何が何だか、分からなくなる時有ります、、、、。
何がなんだか、分からないなりに、まあ、なんとかなってる、、、、か、、、(@_@)
へ、ん、なのーーーーー、、、、、、、、、

Posted by ハニエル at 2020年11月15日 08:37
ハニエルよ、お釣り間違ってたら嫌だな。我々は「拝金主義」だ。
お釣りが多くて怒り狂う人はほとんどいない。
(^ω^)

ウリエルの親父は退院しても、しばらく人の手を借りないとダメだ。
だから、ウリエルの旅の神が乗り移ったかもな。
( ^∀^)
ウリエルはしばらく遠くに行けないから、ハニエルが代わりに行って、話を聞かせくれー。
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月15日 08:54
お金って、難しいなぁ
っていうか・・・こわい…無意識にこわい

買い物したときにおつりが100円以上足りなかったらいかん!!
即申し出る!!

いっぽう、私、お金に関する考え方がどうもほかの人たちと違うようでもあるのです・・・
宝くじ買うくらいなら100均でおもちゃ買って楽しんだほうがいいって思うし、
(特に他の人と違うな〜とよく思うのは)お金が欲しいって思わないんです。(怒られそうだけど)
使い方がよくわからないからか?無くなるのが怖いから使わないのか?
いつも知らないまに貯金通帳にお金がたまっていくんです。(やな奴って思われるかな・・・)
それなのに、どんなに預金金額が増えても、無くなるのはとっても恐怖なんです。(うん、ここは一緒だと思う)
今回の生ではお金ではなく他の克服する課題を持ってきたので、お金で苦労することはなかったけど、それでも無意識にお金を失う恐怖があります。

お金に関しては全然ダメなので、結局お金の管理は一切合切主人がしています。(自営業ということもありますが)


そういえば・・・
お金から自由になるにはどうしたらいいか・・・と以前考えたことがあった

お金がないとなぜ不自由なのか

お金がないと食べていけない=肉体を維持できない。

これを解決しないと自由にはなれない・・・

と思っていた時に「不食」の人たちがいることを知った。

これだ!
食べなくても生きられるようになれば、お金がなくても生きていける。

ということで一日一食から始めた。

もともと食べることに興味がなく、子供のころは苦痛でもあったので、難なくできると思っていたのに。

それなのに、いざ始めてみると、「食べる」ということが楽しみになってしまった!!

いまではコーヒーとパンを食べるのが喜びになってしもた。(今は一日2食です。)

使って入れる、使って入れる
「お金は天下のまわりもの」と思えることが自由なんでしょうね。




>例えばお隣の中国の人々はお金をあまり信用していません。政府が変わればそんなもん紙屑になる、消えてなくなるということをよく知っています。だから手にしたお金はなるべくモノに変えます。

中国人はとにかくマンションを貯金代わりに買います。
実はうちのお嫁さんは中国人なのですよ。


>この無意識の「拝金主義」が、スピリチュアルの内側深くに入ること、そして深い気づきに達することを、ものすごく妨害するからです。

これですこれ!!
ずっと書きたかった!!

最近はどいつもこいつもスピでお金とりやがって(失礼いたしました。)

ウリエルさんと香港さんだけだよ。今でも無料でブログ配信してくれているのは。
そしてお二人に共通するのが、トータルに偏りなく語ってくれていること。
そして、愛の領域までいっておられること。
ウリエルさんと同じように香港さんもよく「愛があふれて止まらない」と言ってるなぁ〜


今日は息子たちに手伝ってもらって本格的に納戸の片づけをします。

アルバムはそのままとっておくことにしましたよ〜〜
Posted by Chie at 2020年11月15日 09:10
おはようございます。

私がいいなと思ってる政治家さんも同じような事おっしゃってました。「信用創造」の話とか。

いや、本当に「私」の拝金主義は根深いですわ。犬や猫が病気になるとしみじみ思いました。効果の高いと思われる治療は我が家ではとても継続的に受けることはできません。まぁ、本犬本猫にとっては、どーでもいい話ですね。(笑)

父はいまだ熱が治まらず、風邪以外の病気かもしれないので、明日近所の市民病院に連れて行こうと思います。超高齢なので、本人の意向に添うようにできたらいいなと思います。

私、十数年前に慢性疲労症候群のようになって微熱が2ヶ月続いた経験がありますが、なんか様子が似てるなぁと思います。勝手に補中益気湯飲んだら回復しました。
Posted by ねね at 2020年11月15日 09:16
かけるかな(´・ω・`)
このブログ、調子悪すぎ。
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月15日 09:49
書けた(^ω^)

Chieさん、「お金とりやがって」が、すでに「拝金主義」です。
(´∀`)
もしかしたら、「私」が巧妙に「拝金主義」を隠しているかもしれんです。なんせ、なくなることに恐怖を感じてますから。よーく、ショージキに、内側を探索してください。

私ウリエルも以前は、お金をとるスピリチュアルに不信感があったし、お金がなくなる恐怖もありましたよ。
でも、それも、いつのまにかどこかに行ってしまいました。
(・∀・)
今はお金をとるスピも、それはそれでいいという感覚です。
手元にあるお金も、なくなったらなくなったで、また面白いかなーくらい。

お金からの自由は、

あってもなくてもどっちでもいい(´∀`)

と、知ることです。

実際、あってもなくても、この世界はめちゃくちゃおもしろい。
(^ω^)
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月15日 09:55
国債バブルがはじけたら、リアルにお金に価値がなくなるので、ちょっと楽しみな気もします。

モノに変えるのも違うし、やっぱり「歓び」ですね。
Posted by GEN at 2020年11月15日 12:40
こんにちは(^^)
今日こちらは暖かい1日でした。
ウリエルさんの風邪気味は治ったのかな?
ねねさんも、めまいはいかがですか?

お金のことを考えると、若い頃はどんだけ見栄のために浪費していたか、と思います。
洋服や装飾品や化粧品など、今思うとなんてもったいない!
あ、その「もったいない」が拝金主義か…。
今は吉川晃司さん関係にお金を使う時、倹約家の夫に対して後ろめたさがあったんですが、
最近、夫は夫でカッコいい自転車を購入し、嬉々としてサイクリングに行くようになり、
夫婦それぞれに、よろこびを満喫しているのかもしれません。
でも、お金を使う後ろめたさは完全には消えてないなあ。
ということは、夫に対してじゃないってことかな?
やっぱりお金を失う恐怖なんでしょうね。
Posted by magnet at 2020年11月15日 16:07
magnetさん、ありがとうございます。

めまいは回ったり回らなかったりですが、先日よりはずっといいです。

私は母に、ちょっとでも時間があったらお金を稼いで家に入れるべきとずっと言われ続けていて、無視してたのですが、専業主婦であることに一抹の後ろめたさは感じていました。しかも動物まみれだし。

でも、貧乏ですが、時間に余裕があったからこそ、色々学んだり感じたりできて良かったなぁと思います。何よりも大好きな動物たちの世話がたくさんできました。

つれあいは定年が近いし、糖尿病の息子がいるので、対処しないといけない事はありますが、不安でいっぱいになることは今のところありません。
Posted by ねね at 2020年11月15日 17:40
ウリエルさん、ありがとうございます。
今、お皿を洗っていて、ふと「なんで私、お金を欲しいと思わないんだろう・・・」って考えてたら、小さいときに親戚のおばさんにお年玉をねだっていた時のことを思い出しました。
あの時のこざかしい自分が嫌だったんだ。
お金を欲しがる自分が嫌だったみたいです。


今日の片づけは三分の二くらいでした。
まだ家のなかがグチャグチャです。
でもなんかすっきりした!!




Posted by Chie at 2020年11月15日 22:27
おはようございます。
うん、仏壇ジャマだ。ミニタイプに変えよう。お金がかかるけど、まあ、しゃーない。
( ´ー`)
いや、もう「実はクリスチャンだった」ことにして、仏壇捨てちまおうかな。ミニでもジャマはジャマだ。


さて、お金に対するものの見方や接し方は、人それぞれです。そして、誰もが何らかの「こだわり」を無意識に持っている。この無意識の部分を暴いて見ることが、スピリチュアル的な深みに行くためにも役に立つんです。
みんな、何かしら「拝金主義」なところが必ずあるわけです。資本主義の国ですから。だけど、それを抑え込んでいる。

本当は一円も持ってない(´∀`)

これを体現して、この世界を生きて行くほど「自由」なことはありません。お金はただ現れては消えていくだけ。「稼ぐ」から解放されるわけです。人生が「人生ゲーム」になるわけです。

GENさん、
お金の価値って、そもそも幻想ですよね。この現実世界も「マーヤ」幻想ですが、そのマーヤの中のさらなる幻想。
木や鉄、食べ物などいろんな物質も「マーヤ」だけど、現実世界の中には確かに「ある」
だけど「お金」は現実世界の中にも「ない」ものです。マーヤの中のマーヤ。だって動物たちはそんなものなくても生きていけるのですから。動物たちはお金に価値がないことを知っている(笑)

お金の価値がなくなったら、きっとみんなものすごく自由で豊かになると思いますよ。
私も楽しみです。
 
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月16日 05:53
マグネッち、親父の病気のせいで、ウリエルの風邪のこと忘れてた。
(゜д゜)
「もったいない」はね、使ったお金に言う言葉じゃないんだよ。まだ使えたり食べられたりするものを、無駄にしてしまうときに「もったいない」だ。
(´∀`)
だから、お金も使わないと「もったいない」と言えるよ。お金は使うための道具にすぎないからね。

若い女の子がおしゃれにお金を使うことは、ちっとも「もったいない」じゃないよ。『いま』楽しいと思うことにお金を使うことは、ぜーんぜん「もったいない」じゃないんだよ。それが有意義とは思えないことに使ったとしてもね。「意味ねえことに、カネ使っちまった」という、とても有意義な体験だ(笑)
かといって無理に使う必要もない。使い道がなかったら、何か使いたい時まで取って置ける便利な道具だ。

そしてね、「歓び」にはお金はいくら使ってもいい。「歓び」のために使っている限りお金はなくならないし、「歓び」に使うために必要なお金は常にある。
だから、お金が無くなって生きていけないことなんて、起こりえない。絶対に無くならないものだから。
だって、世界中のすべての人が、未だに

一円ももったことがない(´∀`)

のだから。


Posted by 笑うウリエル at 2020年11月16日 06:18
Chieさん、
では、その「こざかしさ」がなんであるのか探究してみてください。たぶん昇華せずに残っていると思いますよ。
(´∀`)ノ
お菓子なら「ちょーだい」って言えるのに、お金はストレートに「ちょーだい」って言えない。こざかしいことしないといけなかった。
「なんで?」(´・ω・`)?
て、なります。なんで?


みなさん、お金って幻想の中の幻想ですから、どうやって見てもいいんですよ。でも、ほとんどの人がある決まった見方、それも独りよがりの決めつけで見ています。
人生って長ーいのに、ずっと同じ視点で見て、同じ態度をとり続けるのってつまらなくないですかね?
(´∀`)
お金がただの道具のときもあれば、命より大事なときもあっていい。幻想の中の幻想なのですから、見方を少し変えるだけで、お金はいろんなふうに七変化します。
ねねさんも、働かなかったからお金を稼がなかったという見方もできますが、お金を払ってないけど「時間を買っていた」という見方もできるでしょ? ただで「時間」をゲットしてたんですよ!
(゚∀゚)!

「まずお金ありき」これが、ほとんどの人に植え付けられている観念です。国とか政府とかは国民にそう植え付けるのが簡単に手っ取り早いからです。税金で支配しやすくなるから。それだけ。

まず手始めに、この見方をやめてみませんか?
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月16日 06:52
おはようございます。

私もそう思います。

当時反抗期まっただなかの子供たちに、甲斐性なしのダメ親と責められたのはこたえました。そっちのほうの後ろめたさの方が大きいです。
ちょうど義父が進行ガンになり、ゴミ屋敷に借金地獄も発覚し、どう転ぶかわからないので自分が楽な方を選んでしまいました。

とりあえず飢え死にさせず、大学まで奨学金本人返済ですが卒業させられたのでギリギリセーフかな。
Posted by ねね at 2020年11月16日 09:02
あ、半分ウソが入ってる。(笑)

当時の職場が例の困った宗教の信者さんの会社だったので、義父を理由に、これ幸いに退職し、そのままズルズルでした。
Posted by ねね at 2020年11月16日 09:24
こんにちは。

親父はどうも白血病らしいです。
今まで人も羨むお元気じいさんでしたが。

人生いろいろありますね。
Posted by ねね at 2020年11月16日 14:33
おはようございます。
いや、昨日はここのところの疲れでグッタリしてました。
(ヽ´ω`)グッタリ

ねねさん、そうですか。
それも運命です。内側にある『愛』にすべておまかせしてください。こう言うと、なんか難しいですね。ようするに、ただ愛するだけです。この世界はおそろしいくらいシンプルです。
( ´ー`)
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月17日 06:01
おはようございます。

父は言葉のキャッチボールが苦手で、すぐ怒鳴り、しかも難聴なので、「和気あいあいな対話」を経験したことがありません。けれど芯が優しく私の動物好きは、間違いなく父から受け継いだものです。お金儲けが苦手なところも。

家の中からふっといなくなったら、いい所ばかり思い出します。

緩和ケア中心の治療をお願いしました。
Posted by ねね at 2020年11月17日 06:21
さて、「ゼニカネ」です(・ω・)ノ

お金は人生を進めて行く主燃料ではないんですよ。あくまでも人生を面白くするために、人生の横にいるユカイなヤツなんです。ただユカイすぎて振り回されますけどね。だからと言って、コイツに人生を歩ませてはいけません。あくまでもコイツはコバンザメで、本体ではありませんから。そのことに気づくのが重要です。
(´∀`)

ただ、そのコバンザメのくせして偉そうにしているヤツへの接し方が百人百様なので、コイツがコバンザメだということに、こうやったら気づきますよというマニュアルがありません。だからややこしくなるんですけど。
(´・ω・`)
まあ、正直になるしかないですよね。誰もが「お金が欲しい」と「お金を失いたくない」という気持ちをもっているはずですので、それを正直に認めて許す。
「お金はいらない」なんてのも「欲しい」の裏返しにすぎないわけです。本当にいらないのなら、「いらない」とも思うことがないので。

お金に対する思いって、結局はエゴ意識です。すべて「私」が勝手に抱いているエゴ。すべて間違いで『真実』などありません。
それを認めて許して行くうちに、なんかが変わってきます。何も考えずに人にお金あげちゃったり、人のお金使っちゃったりね(笑)
お金に関する抵抗がなくなるんです。
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月17日 06:30
あ、それからね(・ω・)

お金も愛してあげてください。コバンザメなんですけど。この世界に顕現する仲間です。花や山や空といった、この世界にあるものたちと同じ仲間です。
あ、でも、愛したからといって、たくさん増えませんよ(笑)

この世界、外側にあるものは、すべて「歓び」を表現する道具で、それは神秘なのです。お金も「歓び」を表現する立派な道具です。手元にやってきては出て行きます。道具ですので借りることもできます。面白い道具です。

「歓び」は増幅します。だから「歓び」に使っている間は、お金もイキイキとダイナミックに動きます。お金をただ増やすことに意味はありません。減ってしまうことにも意味はありません。

一円ももったことがない(´∀`)

ということは、この世界にあるすべてのお金は、「私のもの」ということでもあるんですよ。
増えようも減りようもありません。


Posted by 笑うウリエル at 2020年11月17日 07:02
昨日
さて、これをコメントしようと思ったらねねさんのお父様の白血病で手が止まってしまいました。
すべて愛のためにあらわれているんですね。(ヒカリ君の歌を思い出しました)うちの父も感情的ですぐ怒る人でした。

ウリエルさんの「仏壇捨てたろ」の件、散歩中もずっと思い出して笑っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
(昨日貼り付けようとしたコメントです)
>その「こざかしさ」がなんであるのか探究してみてください。たぶん昇華せずに残っていると思いますよ。

もう一つ思い出しました。
その「こざかしい自分」のもうひとつ前の記憶なのかな・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<兄のお月謝使っちゃいました事件>
保育園のころからカギっ子だった私ですが、母が自分がいないときでもお金に困らないように、大きな袋に小銭をいっぱい入れて、いつも柱にぶら下げてありました。

ある時、兄の塾に行くカバンの中に月謝は入っていて、それは「小銭」ではなくて「紙」でした。珍しかったのか使ってみたくて近くの文具屋さんに行ったけど、特にほしいものがなくて、たしか、、ペンを一本買ったような気がします。
そしたらおつりがいっぱ〜〜い帰ってきてしまって、「どおしよ〜〜」となり
自分のバック(小さな女の子がみんな持っている自分専用の小物入れ)に隠しました。
夜になって、月謝がなくなったことで、大騒ぎになり、父が怒って私のおもちゃやいろいろなものを探し始めました。わたしは大泣きしながらダメダメ〜〜と叫んでいたと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この盗人Chieがいままでずっと私の中にいました。
こうして、今思い出してみると、そんなたいそうなことではないような気がして簡単に許せるのですが、こうして思い出すまでは無意識の中で大泥棒の盗人Chieとして存在していたようです。



ここまで書いて、昨日出た粗大ごみをゴミテーションに持っていったのですが、みなやることは同じなのか、、、ものすごい行列でした。待っているときに、どんどん過去の記憶が出てきました。
このさい記憶の掃除もしちゃいます。

あんなかわいいものではありませんでした。まだまだ出てきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<裏のアパートの鉢植えを自分ちの庭に植えちゃいました事件>(小学校の低学年のころ)

<スーパーのチョコレート盗んじゃいました事件>(小学校4年の時)
そのあと、学校の校庭ですごい罪悪感を感じていた時のことを覚えています。返そうにも食べちまったチョコレートどうやって返す・・・?
お金を返す・・・?どうやって?
チョコの上にお金を置いといたような記憶があるようなないような・・・

<アルバイト先の商品持って帰ってきちゃいました事件(万引きともいう)>(中学3年の時)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出てきました出てきました。
こーーーんな大泥棒を私はずっと隠して持っていたのでした。
(それ以来盗みはしていないようです。。。)

それじゃぁ、自分のことを認めることも好きになることもできるわけないわ

ずっと大罪を犯したように思っていたけど、、こうやって書き出してみると、、、なんか大したことないような気がしてきた・・・おいおい!
Posted by Chie at 2020年11月17日 07:25
Chie さん、いいなぁ。私もやってみたかった。台所のバナナ盗み食いが精いっぱい。(笑)

うちはおもちゃ屋さんで、万引きされ放題だったので、反動形成というか、値切る事すらようしません。罪悪感バリバリ。

「そこをなんとか、もうひとつ。」ってやってみたいけど、できんわー。ましてや、何も考えず人のお金使うなんて。

犬猫保護関係へのAmazon欲しい物リストには手持ち少なくても「はいどうぞー。」ってできるんだけどねー。あ、でも自分で稼いだお金じゃないから、ちゃっかり人のお金使ってるわね。
Posted by ねね at 2020年11月17日 08:39
ねねさんち、おもちゃ屋さんだったんですか!
大丈夫です、安心してください。
おもちゃは盗んだことないので! ( ̄ー ̄) キリッ!
Posted by Chie at 2020年11月17日 15:50
ワハハハハッ!ヾ(*´∀`)ノ

私ムダにマジメなんですよ。恐れバリバリですよねー。

お金そのものよりお金にひっついた人の想念を恐れている気がします。触らぬ神に祟りなし的に。遺産をめぐる骨肉の争い聞くと、ビンボーでよかったと思いますもの。(でも本当はお金がほしい。)

Chie さんの朝一のコメント読んで、肩の力抜けましたわ。ひさしぶりにバナナケーキ焼きたくなっちゃった。ダイエット中なのに。(笑)

Posted by ねね at 2020年11月17日 17:01
おはようございます(´∀`)
昨日も(ヽ´ω`)グッタリでした。体力落ちたな。

>お金そのものよりお金にひっついた人の想念

そうそう、コレなんです。お金は何もしてません。Chieさんが無意識にこわいというのも、この「お金にひっついた人の想念」がこわいわけです。
(´∀`)
世の中、「お金教」という宗教ですから。宗教って真面目な信者さんほど強烈な想念を持っていて、ときには凶暴になりますよね。世の中の人々全員が「お金教」の真面目な信者さんなのです。

この「お金にひっついた人の想念」を落とすことも、スピリチュアル的には大切なことです。あらゆる想念が深い『真実』を知ることのジャマをしますから。
お金に関しては、人それぞれが無意識に様々な想念を持っていて、しかも一人の人がたくさんの想念を持っています。それにひとつずつ気づいていくしかないですね。

ハッキリ言いまして、いちばん最後まで残るのが、
「お金に対する思い」
と、思っておいていいですよ。あらゆるものを手放して行っても、最後まで「お金」はこびりつきます。これくらいぐっさりと深くまで突き刺さってるんですよ、お金に対する想念って。



Posted by 笑うウリエル at 2020年11月18日 06:40
おはようございます

電子マネーという道具を使って、朝のコーヒー一杯☕
GoToという政策?で、旅を満喫(*^^*)

不思議。
Posted by すあま at 2020年11月18日 06:49
この世界で「歓び」を体現するために、必要なものは常に与えられています。この視点で生きることはとても重要です。これをストレートに体現しているのは幼な子です。
イエスも言いました。
「心をいれかえて幼な子のようにならなければ,天国にはいることはできないであろう」
(´∀`)
幼な子はお金が何かよく知りません。

喉から手が出るほど欲しいと思ったときは、正直に「欲しい」を表現すればいいんです。
無くなったらイヤだこわい、払うのイヤだ。という恐怖があるなら、その恐怖を素直に感じればいいんです。
全員がお金に対していろんな思いを持っているのに、それを隠さなければならないような気になっているのがおかしい。
そうやって正直になって行くうちに、知らず知らずのうちに深淵な場所にたどり着くんですよ。
(・∀・)

お金はいくらあっても意味がない。
お金がなくなって生きていけないなんてことはない。

そのうち自然にそうなって行きます。幸不幸、豊かさ、そして「歓び」に、お金はあまり関係ないよね、そうなります。

そして、「ちょうどよい」量のお金は常にあるんですよ。
(´∀`)

Posted by 笑うウリエル at 2020年11月18日 07:07
おはようございます。

なるほどなるほど。正直に感情を味わえばいいんですね。このせこい感情を。(笑)

お金もそうだけど、「土地」への執念も凄いですよねー。1センチ侵入してるとかなんとかで、ご近所の皆さん神経とがらせてますもの。お疲れ様なことです。

家もお隣がかなり入り込んできてると親が気分害してますが、お寺の借地なので、私的にはのんびりしたものですわ。最期、更地にして返さなきゃいけないですけどね。

Posted by ねね at 2020年11月18日 07:39
2のないひとつ、ワンネスです。2も3もないので1もありません。でも言葉と言うのは不便で「ひとつ」としかいいようがない。だから無理やり

「不二一元」

という言葉を作った。

右も左もない真ん中で、上も下もない真ん中。これも言葉にできない。だから、

「中庸」

ってな、言葉を作った。

お金は「ある」しかないんです。「ない」はない。
「ない」のない「ある」という言葉を作らにゃいかんです。誰か作ってよ。いや、あるのかな?
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月18日 07:42
金運があるって、収支がぴったり一致していることだと思います。

全員、金運いいですね。

もっというならば、お天道様が決済してくれるので、
安心して、出し入れすればいいんでしょうね。
Posted by GEN at 2020年11月18日 10:40
こんばんは。
書きたいことは何だか思いつかないけど、、
まあまあ元気です(・∀・)_🍁
Posted by ハニエル at 2020年11月18日 18:09
こんばんは

お金に基づいた行動
お金に基づかない行動

たいてい基づいてます(・・;)
Posted by すあま at 2020年11月18日 19:50
行動以前に、思考が、でした。
Posted by すあま at 2020年11月18日 20:09
おはようございます。
親父が退院してきた。思ったよりしっかりしてるぞ。フツーにうれしい。シンプルに「うれしい」
(´∀`)ノ

GENさん、
「収支がぴったり一致している」のが金運かあ。
その視点はいいですねー♪ ウリエルも気づかなかったです。
(・∀・)
その通りです。一致しないはずがないですよね。全員、金運がいいです。
(´∀`)

ウリエルは、だんだんとお金のこと忘れて行っています。忘れていても勝手に回っているようなので。
思考はお金なくなったとか騒いでいるときもあるみたいですが、なんかわからんけど実はなくなってない。

お金は何かをするために「ある」
お金のために何かをするなんてことは、とくにないです。


Posted by 笑うウリエル at 2020年11月19日 05:24
おはようございます。

ウリエルさん、よかったですねー。

うちは母が、苦労したからでしょうが、「金、金、金、」で80歳過ぎまで来てしまいました。その姿を見て、私は「金に使われるのはまっぴらごめん。雨露しのげて毎日ご飯が食べれればOK」となりました。

そんな私を見て娘は、子供に恥ずかしい思いをさせないためにはお金を稼がねばとなりました。子供のために見栄えの良い家や家具を整え、海外旅行にも連れて行っています。私はその点に関しては全くダメ親です。

さて、孫たちはどういう選択をするのかな?
Posted by ねね at 2020年11月19日 06:48
使えるお金が多いときもありゃ、少ないときもある。ただそれだけ。お金は内側から顕現しているものです。この世界の一員です。
( ・∀・)

とてもシンプルです。
何かで失敗したとき、人のせいばかりにする人は嫌われます。こんなこと子供のときから知ってます。だのに、たくさんの人が、「お金のせい」にしてますよね。そりゃ、お金に嫌われますよ。

レスポンスです。反応、応答です。
「今日使えるのは100円でーす」
と、この世界が言うのなら、
「OK、今日は100円ね!」
と、それをありがたく使えばいい。どう使うのかも、身体に任せておけばいい。
「100円じゃ不安」とか言うからおかしくなるんです。


Posted by 笑うウリエル at 2020年11月19日 07:12
それから、反対もあるよ。レスポンス。

「今日は美味しいものを食べなよ」
と、この世界が言うなら、
「OK! 美味しいものね!」
と、ありがたく食べればいい。それが100円でも一万円でも気にせず食べればいい。
「100円しかねーよ」とか言う前に、とにかく食えばいいんだな。「100円じゃ食えねーに決まってるだろ」とか言う前に、まず食おうとしてみるべし。



Posted by 笑うウリエル at 2020年11月19日 07:24
あ、すあまさん、
お金に基づく思考が、まず出てくるのね。
(・∀・)

それ、「やりくり」というゲームが大好きなんです。毎日、真剣勝負したい。
(´∀`)
「やりくり」も、野球とかボクシングとか将棋やマージャン、そういった勝負の世界の一競技です(笑)
すあまさんは勝負師なんです(笑)
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月19日 07:30
ウリエルさん、よかったでした。
普通、(の日常)がいちばんいいですよね。なんでもないものが。

お金のことを考えずにいると普通に必要なだけあるのに、節約しようとすると不足が生じることをここ一年で体験しました。

去年仕事を辞めて、自分の収入が無くなった途端に(生活費に自分の収入は一切あててないにも関わらす)
毎月の生活費が赤字になりました。
今までなら好きなものを買いたいだけ買っていても残るときもあるのに、(自分が働いているときは打ち出の小づちでも持っているような気でいたからだろうと思います。)
なぜか???(打ち出の小づちが無くなった途端に)毎月赤字!!
不思議です。
さらに「節約しなくっちゃ」と思えば思うほど、足りなくなる。

それがどこかで「無くなってももういいや」って思ったのか、以前のようにお金のことを考えなくなったら、今は毎月結構のこっています。

ふと、「おつりで500円玉がでたら瓶に貯めよ」と思って、ジャムの瓶を洗って入れていたら、なんか嬉しくなって、そうするとさらにたまるんです。
500円玉どころが一万円札も瓶の中に入ってくるんです。
ホントに不思議です。

時間も同じで、いつも時間に追われる仕事だったので、時間との格闘でしたが、焦れば焦るほど時計の針が早く進むんです。
おもしろいほど。



ねねさん、うちも母は9人兄弟でほしいものが自由に自分のものにならない経験をして育ったからなのでしょう。
しっかり働いてお金のある自由を手に入れるのが幸せだと思ったみたいです。
そんな母を見ていて、あんな朝から晩まで働くのは嫌だ!
私は主婦になってのんびり暮らしたいと思いました。
しかし、「お金の面で自立してない」というのが、いざとなったときに自分を自由にしてあげられないという事態になりました。(今となっては、だからよかったと思いますが)
ホントに良かったと思います。
この「自由」って自我を満たすための自由だったんでしょうね。



Posted by Chie at 2020年11月19日 09:18
「自由」って、人それぞれ基準がありますよね。
お金に不自由しないとか、自分の時間がたくさんあるとか、他者に行動を制約されないとか。
(´・ω・`)
しかしね、どんな「自由」に対するどんな概念やイメージも、それを持った時点で「不自由」になりますよ。

真の「自由」って、これが「自由」と当てはめることすらできないくらい「自由」です。つまり、

「べつに不自由でかまわん」(・∀・)

これが「自由」です。
Posted by 笑うウリエル at 2020年11月19日 09:54
< べつに不自由でかまわん

それサイコーですね。

あるがまま、起きるがままに抵抗しないで、流されていくだけだとすっごく楽です。

今回の事も、私はもちろん、父にとっても母にとっても一生を終える前に経験すべき事なんだろうなとふと思いました。そうしたらスッキリです。

折々におそらく色んな感情が湧いてくるでしょう。しっかり感じようと思います。
Posted by ねね at 2020年11月19日 10:40
みなさんこんばんは。ウリエルさんこんばんは(^^)

いえ、やりくりなんてしてないです
ざっくりです(笑)

でも仕事も、買い物も、心からではなく常にお金に換算するクセが、いつのまにかついてしまっていました。以前は違いましたが。

でも、好きな事に使うときは、金銭感覚がズレて平気で使ってしまうので、浪費しているようで、そのときだけまともになっているのでしょうか。
Posted by すあま at 2020年11月19日 17:58
こんばんは(・∀・)

ウリエルさんお父さん退院されたのですね、よかった(・∀・)

できたらゆっくり休んでくださいね
Posted by Medjed at 2020年11月19日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]