2019年10月08日

「ブッダのほう」(・∀・)

ゴキゲンヨ―゚。+(=゚ω゚)ノ+。゚―ッ


植物の一年って、まるで人間の一生のようです。
まず小さな芽が出て、少しずつ成長していきます。そのうち、どんどん葉を茂らせて、美しい花を咲かせます。もう生命のエネルギーを力いっぱい輝かせて。そして、その力で成熟し実をたくさん実らせます。でも、やがて命のエネルギーは燃え尽き、種という形で次の世代に引き継ぎをすると、枯れてその一生を終えます。

と、言いたいところですが、

「おわってねーよ!」(゚Д゚)

ハイ。そうなんです。木、リンゴの木とかブドウの木の「木」たちは、ぜんぜん終わりではありません。次の年も同じように葉を茂らせ、花を咲かせ、実を実らせ、種を残します。毎年毎年、同じことをします。何十年も死にません。
実は、私たちも、この「木」のようなものなのです。まったく同じなのです。

私たちは「木」なのですが、葉や花や実や種を「自分」と思い込んでいる「木」なのです。葉や花や実や種は自分自身が作り上げた自分の一部なのですが、自分自身ではありません。でも、それらがあまりにも、生き生きと鮮やかに活動するので、ついつい、葉、花、実、種という集まり、一連の流れを、自分の一生だとカンチガイしてしまっている「木」なのです。


ではでは、具体的にどうカンチガイしているのか? というと、

身体や思考を「自分」だと思い込んでいるのです。

じゃあ、「木」本体は何か、ホントのホントの自分自身は何かと言うと、

「見ているヤツ」

「感じているヤツ」

「聞いているヤツ」

です。

この「3ヤツ」は、実は「ひとつ」です。その正体は、

『誰だかわからない』さん

なのです。(・∀・)ニヤニヤ



んでー……  

この「3ヤツ」のどれかになって、自分自身やこの世界を、見て聞いて感じることが、

いわゆる、「瞑想」です。

『誰だかわからない』さんと同じ視点に立ってみるということですね。
(・∀・)ニヤニヤ


というわけで、日常の生活をする中で、この「3ヤツ」のどれかになる時間を作ってください。いちばんわかりやすいと思うものからでいいです。また、知らぬ間に勝手に「3ヤツ」になってしまっているときもあります。そんな時を見逃さずに感じてください。これが、当笑ウリ部が言うところの、

「ブッダのほう」

です。(´∀`)ノ
難しい言葉で言うと「観照」になります。


私ウリエルは、ほんの短い時間、数分、いやもう数秒でもいいから、一日に何回かは「3ヤツ」のどれかになってくださいと唱えます。
テレビやスマホを見る時間を少し削ればいいだけです。もちろん長ーくできるのなら、どんどんしてくださいね。人と会話をしているときなどは、うまくできません。ひとりの時間にしてください。慣れたらどんなときにもできますけどね。

たいていの場合は、それをしたところで何も起きません。
「こんなことして、いったい何になるんだろう?」
と、疑問も湧きます。でも、それでいいのです。「気づき」は頭では考える理屈ではとても計れないものなので、何もわからなくていいのです。何のためにやっているのか意味不明でいいのです。懲りずに何回もしてくださいね。

逆に言うと、この「3ヤツ」になってないと、どんなに瞑想しても無意味です。禅の道場に行こうが、なんとかワークに行こうが、ただ座って「瞑想らしきこと」をしているだけですので(笑)
仕事の合間に、出かける途中に、家事の最中に、ほんの数秒でも「3ヤツ」になるほうが、ずーっと効果があると思います。


「3ヤツ」になるということは、『誰だかわからない』さんと同じ視点に立っているということです。そのうち、何かの拍子に「私」と『誰だかわからない』さんが「ひとつ」になるんですよ。それは「恩寵」として起こるのです。「私」の意思で起こすことはできません。ただ起こるのを待つだけです。ですので「3ヤツ」になって、その機会を増やしましょう。
一気に何もかもがドカンとわかる人もいれば、とても小さな「気づき」を積み重ねるようにして、徐々に理解が深まる人もいます。おそらくは後者のほうが多いかと思います。小さな「気づき」とは、今までまったく思いもしなかった見方や解釈です。それを「理屈が通らない」とか「非常識」だとか思わないで、大切に心のスミにでも保管してください。やがて、大きな「気づき」への貴重なパーツになりますので。コツをつかむと、小さな「気づき」も楽しいものです。


でもでも…… 残念ながら、「3ヤツ」がひとつもわからん! 
という方もおられますよね?

そんな方には、

「イエスのほう」

が、ございます。(´∀`)ノ

それについては、また次回以降。

ごきげんよう。


奥入瀬渓流
IMG_6851.jpg

IMG_6858.jpg

IMG_6869.jpg
@青森県十和田市
posted by 笑うウリエル at 23:23| Comment(32) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

木は自分の真の正体が、目には見えない強烈なエネルギーであることを知らないかもしれません。
でも木は、自分がこの世で何を表現しに来たのかを間違いなく知っています。
柿の木は必ず柿の実を実らせます。
桃の木は桃を。
桜の木はサクランボを。

人間は誰でも、自分の真の正体を何となくは知っています。
とんでもないエネルギーだと。
でも残念な事に、人間は自分が何の実を実らせれば良いのかを知らないのです。
エネルギーの使い道が分からないのです。
Posted by コウタロ at 2019年10月09日 07:03
おはよー(・∀・)ニヤニヤ

コウタロ兄さんのコメント読んで、さらにわかった。
私たちはホントは柿の木なのに、それを忘れてしまって、
「なんで桃がならないんだろう?」
「柿じゃだめんだ! やっぱ栗だ!」
とか言ってるようなもんです。でも、そりゃムリだ。
(´∀`)
自分が何を実らそうとしていたのか思い出さねばなりません。葉っぱや花にはわかりません。そのためにも木本体、3ヤツに戻らねばなりません。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月09日 07:23
3ヤツになるとき、大事なことがあります。

「何も期待しない」(´∀`)

です。
「私」は誰ワカさんが何を表現しようとしているかはわからないので、何かを期待して3ヤツになっても意味がないんです。

「何も期待しない」
が、誰ワカさんの表現に誘ってくれます。未知の世界です。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月09日 07:32
ボクはどうも、多くの人たちは誰ワカさんの指示に任せて従うことを怖がっているんじゃないかと思うんですね。
或いは無視しているのか?
みんな誰ワカさんよりも、世間の常識に従って安心しているように感じます。
まあ、気持ちは分かりますけどね。
でも多分そのままだと、どこまで行ってもモヤモヤでしょうね。
Posted by コウタロ at 2019年10月09日 07:48
誰もが幼い頃は、自分が何の木として生まれて来たかを知ってる。
例えば、自分は桜の木であると知っている。
しかし回りの大人たちは、
「柿ノ木として生きるのが正しい。みんな、そうしている!」
と教える。
それを信じてしまうんですね。
桜の木なのに、柿の実を実らせようと一生懸命なんですよね。
そのことを想うと、悲しくなります。
Posted by コウタロ at 2019年10月09日 12:02
聞いてるヤツを感じてたら 遠くから聞こえる救急車の音が。
音だけ 聞いてたら
あのサイレンは聞こえるけど 車や運転手は本当に居るんだろうか?なんて事 考えちゃった
Posted by ゆか at 2019年10月09日 13:24
ウリエルさん、みなさん、おこんばんは。

先程、車も人もほとんどいない夜道を、少し目を閉じて歩いて、
「聞いているヤツ」になってました。
コオロギとかその他何種類かの虫の声、自販機のブーンという音、
遠くで聞こえる祭りの太鼓の練習の音…。
同じステージ上で湧いては消えるような感じの、それらの音を聞いていました。
そして、わたしは歩いて動いてるんだけど、止まっていているような不思議な感覚。
何秒かの間ですけどね。じゃないと田んぼに落ちちゃうんで!
いつも何秒かしか続かないでーす(^。^)
Posted by magnet at 2019年10月09日 22:11
おはようございます(・∀・)
めちゃくちゃ早寝して早起きした。

コウタロ兄さん、
でも私たちが何の「木」かは、わざと忘れるようになってるんでしょうね、きっと。
いったいどんな花が咲いて、何の実がなるんだろう?
気づいて思い出して感動したいんだろうなー。

とか、思っていたら、
「思い出す」
って、めちゃくちゃステキな現象だなって気がしてきた。どんな小さなことでも、思い出したときってなんか感動する。
「思い出す」
なんか腰のあたりからジワーッってくる。

Posted by 笑うウリエル at 2019年10月10日 06:04
ゆかさん、
音だけでホントは車も運転手もいないほうが、不思議でおもしろいですよね。
(・∀・)
「いるかもしれないし、いないかもしれない」
そう思うと、思考はもうそれ以上動けなくなっちゃいます。その不思議な感覚に落ちてゆくようにしてみてくださいな。
「だから何?」的に意味がなにように思いますが、意味はないってけっこう大事です。

マグネっち、
どうして田んぼに落ちるまで、その感覚にひたらなかったのだ(笑)
内側に広い空間があるような感覚になりましたか?
その『静寂』に落ちて行くんですよ。田んぼに肉体が落ちるように。
次は是非、そのまま転落してください。
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月10日 06:13
おはようございます。

今、何かを思い出そうとしてボーッとしながら信号待ちしてました。
完全に別世界に入ってました。
信号が青になってるのにも気付きませんでした。
誰かの手が目の前で、グーチョキパーグーチョキパーってやってる。
ビックリして正気に戻りました。
知り合いでした。
「いやー、完全に固まってるから心配になりました。現実に戻りなしたか?」
だってさ。
ところで、何を思い出そうとしていたかも忘れちゃった。
Posted by コウタロ at 2019年10月10日 08:01
「意味がない」って、スゴイなぁ。創造的。
意味がないことって、誰ワカさんがやってることでしょ?

「なんの意味もないこと」
ってスゴイぞ。祝福としか言いようがない!
やってると、自然に「3ヤツ」が出現してくる。ならざるを得ない。

ちなみに今、ウリエルはすっごく飲みにくい体制で、なんとかコーヒーを飲めないかがんばっている最中です。


Posted by 笑うウリエル at 2019年10月10日 08:12
意味付けするから、つまらなくなるんですよね。
「食うために働く」
これ、実につまらんでしょ?
Posted by コウタロ at 2019年10月10日 08:39
>意味付けするから、つまらなくなる
ふむ。まさにその通りである。ということは、
「何のために生きるのか?」
などと問うこと自体が、そもそも「つまらない」行為ということですな。

ということで、MAKIさん、
「つまらない」
のヒントにしてください。
ウリエルは「つまらない」と「たのしい」が大接近して、グチャグチャになってきてますよー。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月10日 09:55
なんだか、はにえる氏は深刻になり過ぎていましたぞ…。
ウソ800忘れてた。。
ちょっと、ひと休み(-_-)zzzしたいから書きました。
たくさん、インナーチャイルドやら何やら居てはるけどー。。何とかなるかなー。ぼちぼち。

わたしも、ハートが開いて、色々放り込むかな♪
Posted by はにえる at 2019年10月10日 13:05
曇りなきまなこになってくると、
枯れかけたお花と、まだ咲いてるお花のハーモニーとか、(彼岸花なんですが、枯れてる花も味があるっていうか。)、

お話の中の悪役の可愛らしさとか、

なんか、分け隔てなく、いいなぁってなりました。
何かを切り捨てなくなるんかなあ。

まだ、全部ではないけども。
なんかが、調和し始めた感じします。

どうしても、普通の人してた時の名残りで、泣いたり、怒ったり、悲しんだりは、やだったけど、少し慣れてきて、そいつらも普通な感情だったのだなあってなってきたら、エネルギー的収縮が緩んできて、今の中に溶け込む感じもします。

でも、疲れたってやつは、重石みたいにドスンとしたエネルギーで、流れがないなーとも思います。
Posted by はにえる at 2019年10月10日 19:08
おはようございます。
桁違いの規模の台風が来てます(´・ω・`)
甚大な被害が予想されています。明日の午後9時に沼津に上陸予想。みなさん、特に東海、関東の方々は備えてください。

勢力が弱まることを祈るしかないなぁ……
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月11日 06:39
飽きる、疲れる、つまらない……

これらの意味不明の謎の言葉を発しているのは、いってえ誰なんでい?!

3ヤツか?
いや、3ヤツの筈がねえ。
3ヤツは一時も休まず世界を創造し続けている。
3ヤツがそれを言っちゃあ、世界はおしめえよ。

じゃあ、カラダか?
いや、カラダの筈がねえ。
カラダは生きている間、一時も休まず活動をし続けている。
カラダがそれを言っちゃあ、自殺するのとおんなじよ。

するってえと……

ココロ(私)、おめえか!
やっぱ、おめえだったんだな。
ま、おめえが言ってる事ならさほど気にすることもあるめえ。

達者でな。
あばよ🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 06:39
台風と言えば、カゼ!

カゼには向かい風と追い風があります。

ココロは追い風に押して貰っている時は大喜びします。
でも、ちょっと向かい風にやられただけですぐにメゲます。
すぐに諦めちゃいます。
しまいにゃ、
「潔く諦めろ!」
な〜んて綺麗事を言ったりします。

でもカラダは追い風が吹こうが向かい風にやられようが、絶対にめげません。
なにがなんでも最後まで生きようとします。
カラダは、超積極的で絶対に諦めません。

オレはココロです。
ココロですが、カラダにはココロを打たれます。
ココロですが、カラダに付いて生きます!
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 07:58
昨夜は不思議な体験をしました。
ちょっと体に疲れがあったので早く寝すぎて、夜中に目が覚めました。
もいちど寝ようと目を閉じると、スーッと闇に吸い込まれていくような感覚が。恐怖というより、ものすごく好奇心が起こり、
「よし、吸い込まれよう」(´∀`)ノ
と、そのままにしておきました。

するとあら不思議!?
身体がなくなったんです。どこを探してもありません。この真っ暗闇が自分だとハッキリ認識できたんです。
身体の感覚はあるんですけど、身体がない。
すごく穏やかで、気持ちよかった。

目を開けると元に戻りました。コーヒー飲んでそれから寝た。


Posted by 笑うウリエル at 2019年10月11日 08:31
みなさん、おはようございます(^o^)

連休の度に台風の心配ですね。
力が弱まってと祈ります。

ウリエルさんの不思議体験!田んぼに吸い込まれる感じですかねー?

「内側に広い空間があるような感覚」
うんうん、そんなような感覚かな。
田んぼには落ちてないけど、
今朝は弁当作りながらヤツやってたら、ウインナー焦げました(^◇^;)
Posted by magnet at 2019年10月11日 09:22
世界を創造するのはヤツに任せろ。

世界を生きるのはオレに任せろ。
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 09:42
台風を生み出しているのはヤツだ。

台風の中で生きるか死ぬかを演じているのはオレだ。
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 09:53
おはようございます。

朝から、植木鉢移動したり、ハンガーなどを片付けました。午後は、竿を下ろしたりガラスにシート貼ります。

「私」を忘れるほど、一所懸命に仕事してる時は3ヤツに近づいているのかな?

イエスの方早く読みたいです。
Posted by ねね at 2019年10月11日 10:01
どうせやるなら、手抜きでやるより一生懸命やった方が気持ち良いじゃないですか。
絶対そうですよね。
一生懸命やらないと損です。
何の深みもない話で、どーもスイマセン。
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 13:50
そういえば、催眠療法受ける時、誘導瞑想してもらってると、身体が無くなる感じがして、身体の感覚が消えて、怖くなって目あけちゃいかんけど、開けちゃいますわ(^ ^)
でもちゃんと、催眠かかって、お母さんのお腹から出てきたくなくてとか、以前出てきました。
赤ちゃんの記憶は無いけど、お腹の中から、私クスクス笑ってました。

ごはん食べながら、神秘体験について考えてたら出てきました。
そうすると、光がちらちら舞ってて、きれい✨
本当はいかんのですけども。

嵐の前の静けさだけど、スーパーのクッキーのとこと、パン売り場がいつもより断然品薄でした。
やだなー。怖い。
Posted by はにえる at 2019年10月11日 14:21
風が出てきたなぁ(´・ω・`)

はーーーーーー煮えるよ、
いろいろ考えているようだが、かなり順調に進んでいるように見受けられるぞよ。
(^ω^)
そのまま、そのまま。
ちなみに昨夜、闇の自分の中で、遠くに緑の光見えたが、ガン無視した。
あれは何だったのだろう?


あ、そうそう。
みなさん、自分自身を客観的に
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月11日 15:01
あれ?(´・ω・`)
コメントが途中で切れてる。

自分自身を客観的に見ること、あるじゃないですか。
そのときの「見ている」が、そのまま「見ているヤツ」の視線なんですよ。「見ている」だけがあって、誰かが見ているわけではない。でも、誰もいないのは落ちつかないので、テキトーに「私」が見ていることにしてるだけです。
よーく調べてみてくださいな。「見ている」主体はいないから。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月11日 17:16
主観性と客観性のバランスですね。
主観性に片寄り過ぎると歯止めが効かなくなる。
客観性に片寄り過ぎるとあまりにも物足りない。

惜しみなく溢れ出す情熱的主観性。
それを見つめる冷徹なまでの客観性。
それらを同時に兼ね備えているのがベストなんすよね。
実に魅力的なんすわ🎵

あっ!贅沢ですか?
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 19:45
悪魔のように冷徹に。
天使のように大胆に。

主観あってこその客観。
客観あってこその主観。

持ちつ持たれつ。

何だかんだ言っても、この世に生きちゃってる訳ですから。
Posted by コウタロ at 2019年10月11日 20:34
おはようございます。

お気づきでしょうか?
「私」を否定すればするほど「私」が肥大化することを。

遠慮せず明るく積極的に大胆に「私」を全面に押し出しているとき、「私」を静かに見つめる眼も大きく見開きます。
やがて「私」が、その大きく見開いた眼の中に飲み込まれて行くのが分かるでしょう。

つまり、「私」をフルに発揮するほど「無私」になっているのです。

逆に「私」を押し殺そうとすればするほど、見つめる眼もしぼんで行きます。
その結果、ますます出したくない嫌な「私」が巨大化するのです。

もっともっと大胆に「私」を愛した方が良いかも知れませんよ。
その方が「無私」になれて気持ち良いっすよ。
Posted by コウタロ at 2019年10月12日 06:53
無視すると無私になれない。
ムシだけに。
な〜〜んてなことを言っちゃったりなんかしちゃったりして!

さあ、台風にもメゲズに労働すっぞ🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月12日 07:47
おはようございます(・∀・)

最近、感謝を感じた
多分感謝だと思う

○○だから感謝とかでなくて、ただ感謝
遠くに感じたけど
範囲があんまりおっきくてびっくり
全部にとかいうレベルでなくて、なんだろただ感謝
でかすぎ
Posted by Medjed at 2019年10月12日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]