2019年10月02日

感じているヤツ (・∀・)ニヤニヤ

ごきげんよう。( ̄▼ ̄)ノ


まだ少し蒸し暑いですが、吹く風はもうすっかり秋です。

秋風って、もちろんなのですが、秋にしか感じることができません。涼しさといっしょに稲穂の香りや、野焼きの煙の匂い、どこかでサンマを焼く匂いなんかも運んできて、秋だなーとしみじみできます。そして、どういうわけか少ししんみりとした気持ちになったりします。ずっと変わらないですね。毎年毎年、同じように感じます。

毎年、同じように感じる?(´・ω・`)

ねえ、みなさん、これって、少しどこかおかしいと思いませんか?

子供の頃に感じていた秋風と変わりませんよね。ずっと変わりませんよね? 

秋風だけでなく、お風呂の気持ちよさ、冷たい水の感触、ごはんのおいしさ、そよ風、花の香り、朝の空気……
子供のときから、その「きもちよさ」みたいなものは、まったく変わってないですよね?

まったく変わってないですよね?(´・ω・`)

なんで?(´・ω・`)
肉体は歳をとっているし、いろんな人生経験もしました。「きもちよさ」の感覚も少しは変化してもいいではありませんか。でも、

まったく変わってないですよね?(´・ω・`)


ここで、ちょっと注意して感じてください。次の文章をよく読んで、それを実際に感じてください。
秋風やその他のもの、外側のものが変わっていないから、変わらず同じように感じるのではないんですよ。あなたの肉体とは別に、

「感じているヤツ」がいて、

その「感じているヤツ」が、

ずっと変わってないんですよ


どう? これ以上、うまく表現する文章力がウリエルにはありません。なんかわかります?

「感じているヤツ」(・∀・)ニヤニヤ

いませんか? あなたの肉体とは別に。


そして、「感じてるヤツ」は、あなたが少年や少女のときから、ずっと歳をとってないのがわかりますか?
少年少女のときから、ずっと変わらず同じように秋風の「きもちよさ」を感じているのですよ。

これは、どうやっても理屈で説明できません。ただ「感じているヤツ」は永遠なんです。それをくみ取って、ただ永遠だと「わかる」だけがあるんです。
わかるまで何度も「感じているヤツ」に意識を向けてください。これ以上は説明できません。

「感じているヤツ」には時間がないんです!


ずっと変わってないんです。(・∀・)ニヤニヤ

永遠なんです。(・∀・)ニヤニヤ


そして、「感じてるヤツ」は、

「見ているヤツ」と同一です。

(・∀・)ニヤニヤ

ごきげんよう。


会津磐梯山は〜♪
IMG_7006.jpg

で、この地方の名物はソースカツ丼。というわけで、
「磐梯カツ丼」なるものを注文。
すると……

MEGA盛り、キタコレ!
IMG_7008.jpg
分厚いトンカツが三枚くらい磐梯山のようにのってたぜ…
@福島県磐梯町「十文字屋」
posted by 笑うウリエル at 16:50| Comment(72) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(´Д`)

感じてるやつ、なんも年取ってないのか〜。
肉体はびっくりする年齢になったのに(;^_^A

某バンドのリーダーが24歳グラドルとデキ婚のニュースを見てて、
「男はいいよな、出産のタイムリミットないもん」って思ってた(笑)

元彼が「俺達性別逆だったら何の問題もなかったよね」って言ってたの思い出した。


ウリエルさんの心境の変化につられて、
人生嘘っぱちならマジでどーでも良くなってきた。

父のことも、「ええい、どーにでもなれ!」ってほったらかしてる感じ。

しかも父も、「ええい、どーにでもしてくれ!抗がん剤も大好きや〜!」って再入院に腹くくってるし( ̄▽ ̄;)

いつもの私なら何かに熱中して気持ちを分散して乗り越えるんだが、
何にもやる気が起きなくて、
風呂場の入り口に足の薬指挟んで骨折した為、文字通り身動き取れなくなった(^_^;)

誰ワカさんは私が痛い目見るの、おもしろくてたまらんのだろーな。
喜んで頂けて幸いです(笑)

この「どーでもいい」「どーにでもしてくれ」って感じにしばらくとどまってみます☆
Posted by おみな at 2019年10月02日 17:25
あー、でもどーでもいいやーって、
ゴロンって転がって天井見てたら、秋風が爽やかだし布団の感触がカラッとしてて気持ちいいなぁ〜いい季節だなぁ〜うわぁ幸せだなぁ〜うひゃひゃひゃこりゃたまらん!ってなってきた(* ̄∇ ̄*)ニヤニヤ

Posted by おみな at 2019年10月02日 17:41
これあれだわ、
子供の頃おばあちゃん家に従兄弟同士で泊まって、お布団気持ちいい〜ってみんなでゴロゴロしてたあの感じ、

なーんかくすぐったいような、キューンって甘酸っぱいあの感じ、

みんなでキャーキャーはしゃいで、襖や障子に穴開けちゃったあのワクワクの感じ、

わぁ〜、あの頃から私全然変わってない〜(T-T)
Posted by おみな at 2019年10月02日 18:05
ヤツシリーズですね。
大好きです!
ちょうど今、ラジオCM録りが終わったところで、もう一度自分の中のヤツらを感じ直してみました。

ウリエルさんのご意見通り、見ているヤツと感じているヤツは確かにいます。
それと、肉体を使って「表現してるヤツ」がいます。
こいつも、ずっと永遠にいるヤツです。
肉体の変化に伴って変化しているかのように思いますが、子供の頃と同じヤツです。
何も変わっていません。

3人のヤツがいる。
分担作業をしているかのように感じる。
でも実は「ひとつ」ですね。
Posted by コウタロ at 2019年10月02日 18:24
見ているヤツって、わかりづらかったです

感じているヤツならわかるかも。

見ているヤツ、きいているヤツ、感じているヤツ
全部同じヤツですよね?

おみなさん、肉体はともかく、お元気そう(^-^)
嬉しいです

なぜかこの記事の前の記事読んで涙がでました。
昔から、ひとがなかないところで泣きます。
ひとが、泣くところで泣かない(笑)

Posted by すあま at 2019年10月02日 19:25
私はハードに居るやつが知りたいです⁉
ハートだ。

なんか問題無いなーってしてたら、誰ワカさんか神さまが、「あるよん。」て、なりました。
人間だー✨
人間的なやつになったり、少し空というか、ビーイング、これが、本当の自分かな?になります。
少し、皆んな私になります。
大体ハート少し、人間少し、空少し、皆んな私少し。
の、ローテーションですな。なんか、ちょっと違う気もするけど、まいっか。
Posted by はにえる at 2019年10月02日 19:39
CM録りしている最中に改めて感じましたが、バラバラに分離しているヤツらがやはり「ひとつ」に合体しました。
「ひとつ」になって表現してました。
ボクの場合は、適度な緊張感の中で表現する際に「見ているヤツ」「感じているヤツ」「表現しているヤツ」が合体するようです。
子供の頃のごっこ遊びで感じていたのと同じでした。
多分、子供の時に「ひとつ」になる方法を見つけてしまったんだと思います。
Posted by コウタロ at 2019年10月02日 19:48
特に感動も思いつかないなぁって思って、ま、そのうちかなってしてたら、

「ほらよ!」って、誰ワカさんか、神さまがくれた感動を。

めっちゃ人間な感じ久しぶりで、わあ、感動✨
(あ、泣いたんですけども、ストーリーで。)
人間したー。万歳🙌

人間っていいな♪悲しいと痛いけども。
なんか、人間でした♪やったね。

Posted by はにえる at 2019年10月02日 20:04
うん、確かにその通りだと思います。

現代人が感動しにくくなってしまった理由とは?

人間をやめちゃったからです。

感動するのは人間の特権なんです。
その人間をやめちゃったんです。

そりゃ、感動するはずがないよな。
メッチャ納得しました🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月02日 21:03
さすが、すあま大明神様!
かたじけない、ははぁ〜っm(_ _)m

きっと心の中では真実に気づいてるから涙が出るんだね(T-T)

でも気づいちゃったら仕事や日常に支障が出るから感じないようにしてるだけなのかも。

私も全然わかんないんだけど、意味不明に泣いちゃうことあるある。
「こんなとこで泣かないで!」って、めっちゃ怒られるんだけど💦

骨折したら父への罪悪感がなくなって、
レントゲン見て、「よっしゃ、ちゃんとバチ当たった!」ってガッツポーズ取ってる自分
がいた。

ギブスしてもらった足を見て、笑いが止まらない(変態)

これで何もできなくなった、
ってことは、
何もしなくてもいいってことだわ( ̄▽ ̄;)

Posted by おみな at 2019年10月02日 21:13
とにかく私が大成功するか大失敗するかなんかより、誰ワカさんがおもろいかおもんないかが最重要な気がするので、鼻ザリガニでも熱々おでんでも熱湯風呂でも何でも喜んでやらせて頂きます(。-人-。)
Posted by おみな at 2019年10月02日 21:51
エンヤー♪
コメント欄の流れ早えーよ。でも、なかなか良い感じ。みなが感じたことを感じたまんま表現する。これぞ佐藤さん。いや、サットサン。

ああ、おみなちゃまがウリエルの文章力のなさを、すべてカバーしてくれた。
ヽ(゚∀゚)ノ
感じているヤツ、ぜんぜん年取ってないでしょ!?
そんなふうに感じているヤツを意識しながら、
「あの頃から私全然変わってない」
これに気づいたら、なぜか感動して涙が出るのです。なんで感動するのかはウリエルにもわかりません。それはコウタロ博士にがんばって解明してもらうしかありません。
でも、とっても大切でかけがえのないものなんです。失ってないんです。ずっとあったんです。

で、足の指骨折て……(´-ω-`)
しかも「よっしゃ、ちゃんとバチ当たった!」て。
骨折でなく屈折してないか? 不幸の安心感、オソルベシ。不幸大好きだよアンタ。


すあまさん、
前の記事て、「このブログの説明」ですよね…?
泣くとこあるかな…? どこで泣いたんだろう? 

人間っておもしろいなぁ。おもしろいも人間の特権ですよね。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月02日 22:25
今日いろいろ出てくる(_ _).。o○慌しい。

ウリエルさん、誰ワカさんって機嫌有りますかね?

見てるやつわからないなー、ってしてたら、あれ?そういえば、昔から怒ってる時とかヒートアップそれ以上しないように、グーと静止する力があって、見張ってるヤツならいたなーー。
見てるってより、見張っていた。

怒ってないときも、私がしたいことを、見張ってるヤツがそれはダメ!って、中々させてもらえないことあって、ギャーってなった事あった。
あれ、誰ワカさんだったんかー。
知らないから、きつかったよー。

今の誰ワカさんは、ほらよ!って色々教えてくれるきがします。
でも、私がしたいことも、誰ワカさんのお許しがないと、出来ない気するな。なんだか。

やっぱ、誰ワカさんもノリノリな日もあれば、手抜きな日もあるんかなぁ。

今日飛ばし過ぎで、明日が心配だー。
おじゃましました。
そうだ、
カツ丼の山、美味しそう。
それと、
おみなさん、お大事にです✨

Posted by はにえる at 2019年10月02日 22:35
こんばんは(^。^)
おみなさん、骨折って…。
大丈夫ですか?無理せずなんもしないで、お大事にね。
ライブはもう終わってるんですか?
Posted by magnet at 2019年10月03日 00:39
おはようございます。

はにえるさんのコメントに物凄く興味が湧きました。

「見張ってるヤツ」かあ〜〜。

つまり、こう言う事ですよね。
ありのままに外の世界に向かって表現することに対して、ストップをかけているヤツがいる。
そいつは誰か?

整理してみます。
ありのままに「見ているヤツ」がいる。
ありのままに「感じているヤツ」がいる」
ここまでは、誰でも素直に正直に実行出来ます。

問題は次です。

ありのままに見てありのままに感じた事をありのままに「表現するヤツ」がありのままに表現しようとしたら、
「やめとけ!」
と言うヤツがいる。

だから、ウソの表現をしてしまう。
分かりますね。
確かに、そんなヤツがいます。

でもそれは、誰ワカさんではないですね。
少なくとも、誰ワカさんが最初に分離した、
「見ているヤツ」
「感じているヤツ」
「表現するヤツ」
と同一ではないでしょう。

じゃあ、一体誰なんだ?

簡単に「エゴ」と言ってしまって良いのでしょうか?

すぐに答えは出せませんね。
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 05:01
おはようございます。

おみなちゃん、ひさしぶり。骨折痛そ〜!大事にしてくださいね。
お父さんも開き直られて良かったね。

違うかもしれないけど、すあまさんが泣いたポイントがわかるかも。私も人と感覚がずれてるから。ウリエルさんの心映えのすばらしさに感動したんじゃないですか?

コウタロ兄さん、表現をストップさせる要素のひとつに思いやりってありませんか?もちろん、それも相手が傷つくのを見たくないって自己保存からくるものかもしれないけど。それだけじゃなくて。
思ったことを全て表現したら、カラダでいうと、膠原病とかリウマチのような自己免疫疾患みたいな状態になるんじゃないでしょうか?
相手は実は自分って知ってるからじゃないでしょうか?
Posted by ねね at 2019年10月03日 05:57
ねねさん、話が「思いやり」に逸れてしまうと又どんどん複雑怪奇な方向を向いてしまうので、やめときます。

問題は、はにえるさんが言う、
「見張ってるヤツ」
とは誰か?
これです。

「見張ってるヤツ」を、他の言い方に変えてみましょう。
「守ってるヤツ」
「ありのままに表現するのを嫌うヤツ」
「無難を好むヤツ」
「無防備で生きるのを止めるヤツ」
等々、色々あります。

さて、こんなヤツが最初からいましたか?

つまり、誰ワカさんが最初に、
「見ているヤツ」
「感じているヤツ」
「表現するヤツ」
に分離した時点で存在していましたか?

そこですよ。
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 07:08
おはようございます

あ、泣いたのではなく勝手に涙が出ました

感動もしてません(笑)

だから謎です。

magnetさんのように旦那様のオナラに感動した事例もありますから(笑)
Posted by すあま at 2019年10月03日 07:29
あー、なるほど。

自分の事は忘れてしまいましたが、6歳4歳2歳の孫を観察していると、徐々に形成されていってるのがわかります。赤ちゃんの時は全くの「無防備そのもの」ですね。

3歳すぎ、4歳ぐらいには、自己防衛の心が育ってきてるように思います。あと、褒められると気持ちいいとか。特に幼稚園に通うようになってから、その傾向が強まってきたように思います。ずっと自宅で過ごしている子と比較できないの何とも言えませんが。
Posted by ねね at 2019年10月03日 07:34
すあまさん、そうなんですね!

旦那さんのオナラに感動も謎ですね。(笑)
Posted by ねね at 2019年10月03日 07:36
出来れば、自分の中を覗き込んで調べてみる必要があります。

幼い頃に遡れば遡るほど「見張ってるヤツ」の影は薄くなりますよね?
小さい子どもの頃は、本当に純粋に見て、感じて、表現していたはずです。

その、影が薄かったはずの「見張ってるヤツ」は、今はどうですか?
ありとあらゆる表現に対して制限をかけてくるとは思いませんか?

例えば、ここでコメントを書くだけでもいちいち指示しませんか?
「そんなこと書いたら嫌われるぞ!」
「その書き方はなんだ?バカにされたいのか!」
「もっと無難に無難に!」
とかね。

自分の中はほとんどこの「見張ってるヤツ」に占領されてしまったかのようです。
幼い頃とは逆に、
「見ているヤツ」
「感じているヤツ」
「表現するヤツ」
こいつらの影が、すっかり薄くなってしまったのです。
ありのままなんて何処へやら?

さあ、この「見張ってるヤツ」とは誰か?
あんたは誰なのよ?
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 08:21
おっしゃるとおりだと思います。

「受け入れてもらいたい私」「傷つきたくない私」「見捨てられたくない私」ではないでしょうか?
Posted by ねね at 2019年10月03日 08:50
朝寝朝酒朝湯が大好きで♪
それで身上潰したハァモットモダーモットモダ♪

ブログのお手入れ終わった(´∀`)

すあまさん、
あー、感じているヤツが何かを感じてるのに、
「ガン無視」
したのね(笑)
感じているヤツといっしょにいろいろ感じてください。
「ずーっと変わってない」ことに気づいけたら、それでいいです。ここはステキな世界って感じますよ。

はにえるよ、
誰ワカさんに機嫌かあるかはわかんない。でも、なんかあるような気がするねー。ノリノリな日もあれば手抜きな日もあるもんね。あったほうが楽しいね。
(´∀`)

「見張ってるヤツ」かぁ。いまコウタロ兄さんが絶賛探究中!
(・∀・ )
はにえるの内側ってのは、ウリエルからは見えないから、なんとも言えないよー。
単純に言うと、誰ワカさんは見張る必要がない。藤子不二雄先生がのび太を見張る必要ないもん。
なんか「見ているヤツ」と「見張っているヤツ」が重なってよくわかんなくなってるんだと思うよ。「見てるヤツ」のときもあれば「見張ってるヤツ」のときもある。

その「ブレーキ」を感じてみて。ブレーキがかかり出したときの胸とか、はにえるなら腕かな? そのへんに感じるエネルギーみたなものを。
なんか必死なんだと思うよ、そのエネルギー。
感じて気づいてあげることができたら、解放される。

ちなみに、メガ盛りのカツ丼は美味しかったけど、食いきれなかったよ。
知らずに注文してしまったんだな。直前にセブンの揚げ鶏食ったことを死ぬほど後悔した。
(´-ω-`)

Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 08:54
コウタロさん、あつい!ビックリしたー。

いや、コウタロさんが熱くなるの予感出来なくて💦火つけちまった。

まあまあまあ。バッタや空でも見て落ち着いてくだせえ。ウリエルさんしか鎮火できない気もするけど。

わたしの書きかたが、あれだったかもです。
説明不足だ、しまった。ネーミングもあれだったかしら、黒くてブラックホールみたいなエネルギーだから、見張ってるヤツにしちゃいましたが。
ハートあたりにいたから、魂と思ってましたよ。

書いた後さいきん、怒った時、怒るがままだったなーって不思議だったんですよー。
でも、マインドは頭に有り少し、見てた気します。
こんなに怒って大丈夫かな?って焦ってました。

あいつが、見てるやつかなー。成る程ー。存在感薄く、頭ら辺にあったな。

きっと、見てるヤツからアプローチしてる人の参考になったですねー。
わたしも、少し分かりましたよ。
ありがとうございました(^^)v

Posted by はにえる at 2019年10月03日 09:04
あ、見張ってるヤツ、コウタロさんが探究してくれていたのか(_ _).。o○
有り難や。

頭つかって、疲れたから、ウリエルさんのお返事については、後々、検討してみます。


ありがとう、ウリエルさん、コウタロさん。

Posted by はにえる at 2019年10月03日 09:12
コウタロ兄さん、大事な事だから、私も勝手に参加させてね。コウタロ兄さんのコメントを参考にして勝手にやりますから。

「恐れと不信」だと思います。相手の事やコミュニティーを心から信じられたら、のびのび自分を表現できますもの。

又、世間では「大人」は「調和」を大切にするべしというのが暗黙の了解ではないでしょうか。
Posted by ねね at 2019年10月03日 09:18
その「見張ってるやつ」にストップかけられちゃってる感じするから、ライブ13日だったんだけど出るのやめちゃったよ〜ん(笑)

折れたのは手の指じゃなくて足の指だよね?って突っ込まれたけど(;^_^A

何でだろ〜?
ちょっとやってみたらできちゃった!って、
恨まれるから?妬まれるから?嫉妬されるから?

子供の頃からずーっと思ってた。
目立っちゃダメ!注目集めちゃダメ!
大成功なんかしちゃダメ!ダメ!
殺されちゃうよ〜!って💦

だから仕事も恋も趣味も大成功しそうになったら、全部途中で投げ出してきた。
それでも戻ってくるものは戻ってくるし、
やらされてるものはやらされてる(笑)

でも、一体誰に?
母かな?妹かな?
自分が1番!って思ってる人かな?
こいつさえいなければって不機嫌になってる人かな?

確かにどこにでもいる。
私が何か発言する前から全否定してくる人、噛みつこうと待ち構えてる人、
消えろ!って念を送ってくる人、
私が「こいつ好かん」を発動する前にみんな勝手に自滅しちゃうけど。

私は一体何を怖がってるの?
私の不幸に安心してるやつは誰やねん?
びびってんじゃねぇぞ(-ω-)←びびってる
Posted by おみな at 2019年10月03日 09:31
ねねさん、
「不信」はややこしいから、無視したほうがいいよ。
(^ω^)

「恐れ」

だけを見てください。

はにえるちゃんは、ものすごく繊細な、本人しかわからない微細な感覚をほじくっているから、ああいう表現になっちゃう。それでいいんだけど、ねねさんの見ているところとはちょっと違うので。
「恐れ」
すべての出発点がそこなんです。それが土台。
その「恐れ」を克服しようとしたり、迂回したりして誰もが日々生きてるわけです。
その「恐れ」の方に向かって、どんどん入って行ってください。
たぶんミルフューユみたいに何重
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 10:31
しまった。途中で指がふれてしまった。

何重にもなってます。
どんどん奥へ奥へ行ってください。
ほぼ、ねねさんがお孫さんたちの年の頃まで遡ってしまいます。
(・∀・)ノ

つまり、その頃から見張っているヤツがいるんです。「私」が作ったんですけど。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 10:34
ご飯食べながら考えてたら、
そっかーってなりました。
昨日、そろそろ読まなきゃなーって出してきた本の題名に、自己防衛と有りました。ヒェー。見張ってる奴のお話や。
パラパラ見たら、幼少期って載ってた。失笑。
わたし、どんだけもインナーチャイルドと向き合いまくってるけど、まだ、ボスがいるのだ。

見張ってる奴が、気づかれて、それまたそこで、自己防衛しちゃいかんから、できる範囲で励みます。

ウリエルさんがお話ししてるみたいに、
ゴッチャにしてしまう、アレもあるんかなー。
そっかー。
なんか、分かりかけてる気もします。
そっかー。
ブレーキかー。
うーん。
やっぱり、見張ってるヤツを誰ワカさんと思ってたんかもー。
あははは。すごい、エネルギーがあるから。
時々魂の時もあった気するけど。

あー、自己防衛だから、コウタロさんの文読んでも、最初よく分からなかったんだー。
再度読んだら、怖かったー。

インナーチャイルドに向き合うのも、すぐできなかったから、時間かかるかもしれないです。
昨日ヤケに、コメント書くなーと思ったら、
山が見つかったー。ヒェー。
逃げたいなぁ。あははは。
Posted by はにえる at 2019年10月03日 10:36
ウリエルさん、ありがとうございます。

脳神経の軸索が発達して認識力が増したからかなと思いましたが。成長とともに次から次へと未知のものが出てきますものね。ご近所のおばちゃんだって初めて見る人だったし。

仕事の合間に、少しずつさかのぼってみますね。
Posted by ねね at 2019年10月03日 10:55
エエ感じで進んでますやんか🎵

恐れによる自己防衛が「見張ってるヤツ」と言うことですね。

ありのままに見て、感じて、表現するのを妨げているヤツですね。

さて、いかがでしょう?
こいつに占領されてしまって、ありのままに表現出来なくなってしまっている現状をどのようにお考えですか?

そこなんですよ。

「見張ってるヤツ」に占領されているからって、別に不自由なんか全然感じていらっしゃらない方が多いんじゃござんせんか?
むしろ、無難に生きられて安心安心だとお思いになってらっしゃるのでは?

実際、普通に生きていく上では何の問題もないと思います。

「見張ってるヤツ」に問題意識を持っているのは、表現者たちなんです。
画家、音楽家、ダンサー、作家、漫画家、芸人、役者……

彼らは、ありのままを表現するために、日々「見張ってるヤツ」と格闘しているのです。
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 11:44
感じてるヤツを感じようと 風に吹かれてみたけれど なんだかシックリこなかった(^_^;)
お昼ご飯を食べて〈うまっ!美味しい〉と感じるヤツ!これは食べ物が代わろうが味が変わろうが ずっと同じでした 歳とってない!!
これかな?
Posted by ゆか at 2019年10月03日 12:52
ゆかさん、それです(^ω^)
歳とってないでしょ?
一回わかったらもっとわかるようになります。美味いもん食べないと感じれないと、ずっと食べてないといけないので困ります(笑)
他にも感じてみてくださいね。
(・∀・)ノ
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 13:19
エンヤーーーーーー会津磐梯山は♪( ´θ`)
誰も乗ってこないけど歌うのだ。
うん、エエ感じで進んでますよ、サトーさん。

おみなちゃま、
ずっと幻想と闘ってたんですね。
幻想と闘ってる。それはつらい(´;ω;`)
だって倒せないもん。最初からいない敵だから。

全否定する人や、噛みつこうと待ち構えている人や、「死ねばいいのに」って思い続いてる人とか、確かにこの世界に存在する。
でも、もうおみなちゃまには関係ないよ。
子供の頃は近くにいたかもしれない。そのときにおみなちゃまは武装した。
「不幸を装う」
そうすれば襲撃されない。そういうイージスシステムを内側に作っちゃったんだな。
「守る」

でも、もうその防衛システムは古くなりすぎて使えないの。しかも敵がいないのに延々と動いてる。意味なく。

ただ防衛システムの撤去は思考にはできない。ぜんぜん違う道具が必要。それは
「感じる」
その防衛システムが動いている様子や、動かしている胸の奥のエネルギーのようなものを、ただ感じるだけ。
じーっと感じるだけ(・ω・)ノ
すると、やがて錆びたボルトが緩み始める。そのうちゴトンと落っこちる。

根っこには「ひとりぼっち」に対する恐怖があるんだな。仲間はずれ、笑い者、つまはじき。いやな言葉でしょ?
それを克服しようと孤軍奮闘してきたヤツがいる。
そろそろ、ソイツの任務を解いてあげないといけない。




Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 14:57
誰のココロの中にも、ヨコイさんやオノダさんがいるんすね。
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 15:21
よっこいしょーいち! ふるっ!(笑)

コウタロ兄さん、そうです。
いない敵と闘っているんです。みんな。
逆に言うと本当は「敵がいない」と知るのが怖いのです。

「味方もいない」ということなので。

それ、大いなるカンチガイなんですけど。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 15:32
敵がいないと「生きてる感」もなくなっちゃうんだな。
それも誤解なんだけど。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 16:06
幻想システムの構築に深く関与しているのは、幼いころにあっては親、時には教師ではないかな。

実際は親の恐怖をうつされただけだったりして。これは、深く思い当たりました。
幼い時は身を守る術がないから、守ってもらわねばなりません。そうすると、相手の機嫌をうかがうのは重要ですが、私はそれが苦手でした。代わりに見つけたのは役に立つ存在になることです。


恐怖をうつした人と大切な味方が同じ人だとしたら笑い話ですね。とんだ茶番です。しかもフィクション。ひとり芝居です。

ひとりぼっちになった後の方が生きやすくなるのは少し経験しました。失う恐怖がないのは気楽です。
Posted by ねね at 2019年10月03日 16:49
気楽だけど、活気がなくなったように感じます。でも、だんぜんこっちのほうが快適です。
そして、恐怖をうつした人はただの人でした。
Posted by ねね at 2019年10月03日 16:55
おっきな山、見てるヤツvs見張ってるヤツ

なんか違う気もするけど、

見張ってるヤツvs 本当の自分かな?は、ボチボチ頑張ります。何だか疲れちまったよ、おいちゃんは。
宿題溜まってく感じ…。こないだの、誰ワカさんと、私の相互関係もあるのだ。

かつ丼あした、食べれたら食べよー♪あんま肉、食べない方が健康だから最近食べてなかった。
残しちゃったの悔やまれますね(_ _).。o○

こんとんじょのいこ。
Posted by はにえる at 2019年10月03日 16:59
なるべく小さな幸せとなるべく小さな不幸を〜♪

誰も居ないのに勝手に作動する古い防御システムか、

コウタロさん、私も「アマデウス」知ってる。
天才モーツァルトに嫉妬して殺意を抱く作曲家サリエリ。

結局モーツァルトも調子ぶっこいてたら、お父さんに怒られる!ってずっと亡霊に怯え、
最後はショック死して、町の共同墓地に凡人の遺体と一緒に投げ込まれるんだよね。
あのシーン、ショックだったなぁ(´Д`)

私の中にモーツァルトとサリエリ2人居る。
全知全能になったつもりで調子ぶっこいてる自分と、それを調子ぶっこいてんじゃねぇよ!って叩く自分、

このポンコツ防御システムを「アマデウス」と名付けよう(-ω-)
Posted by おみな at 2019年10月03日 18:55
「仲間外れ」で思い出すのは、
ウリエルさんも背が高いからあるあるかも?だけど、

私もぶっちぎりで背が高かったから、
友達の家の庭にあるブランコに「壊れるからあんたはダメ!」って乗せてもらえなかったりとか、

運動会の練習中いきなり先生に殴られて、「あんたは目立つからぼーっとしてちゃダメ!」って怒鳴られたりとか、

祖母の家で紅白歌合戦ごっこをしてて、こたつに1人ずつ上がって唄ってたら、やっぱり私だけ「足が折れるからあんたはダメ!」って引きずり下ろされたりしたからなぁ。

いやマジで理不尽に仲間外れにされること多かったから、あの頃構築されたシステムだな、「アマデウス」(;´д`)
Posted by おみな at 2019年10月03日 20:11
こたつの足折っちゃダメだから、ステージ上がっちゃダメ!って自分の足の薬指折っちゃう防御システム、しょーもな〜しょーもな〜( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Posted by おみな at 2019年10月03日 20:29
あれ?(´・ω・`)
「アマデウス」になってる。
「よっこいしょーいち」にしようと思ってたのに。
まあ、エエ感じですね(^ω^)

問題はポンコツ防衛システム「アマデウス」を、あたかも自分だと思ってしまっているところです。「アマデウス」はあくまでも防衛装備品であって、おみなちゃま本体じゃない。
おみなちゃま本体は、お布団の上でコロコロ気持ちよく転がったり、華やかなものをステキに感じたりしているほう。「感じているヤツ」が喜んでいる方です。

それを「調子に乗ってる」とかチャチャ入れてくるヤツがいる。それも「アマデウス」だと思いますよ。

「アマデウス」のどす黒いエネルギーを感じながら、
「感じているヤツ」にもたまには意識を向けてください。同時にはムリなので片方ずつね。
ま、「アマデウス」も悪気はないのです。ただ忠実に、その老体にムチ打って、いまだに作動しているだけです。
そろそろ休ましてあげたいですねー。
(・∀・)


誰ワカさんは、わざとこの世界を理不尽にしたと思いますよ。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 20:34
自分の中にいるモーツァルトとサリエル。
外に向かって思いっきり表現するとしたら、どっちを出したい?
オレはモーツァルト!
サリエルはしんどい。
でも芝居の役だったら、どっちも演りたいけどね🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 20:43
ゴメン、サリエリね🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 20:45
サリエリとウリエルさんをミックスしちゃった。
あと、はにえるさんもいるんだよね。
ややこしいわい!
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 20:48
ねねさん、
親子の間に強い結びつきがあるから、恐怖も感染るんですよ。これも『愛』
(^ω^)
すごい仕組みです。

あ、活気なくなります。というか、その活気が「ニセ活気」なんですよ。
ホントの「生きる」は、それじゃないんです。
活気がなくなったらわかりましす。
「ガチ活気」
(`・ω・´)
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月03日 20:56
オレも活気出ないすわ。
子どもの時からずっと活気が出ません。
腑抜けヤロウです。
でも、なんでか知らんけど、追い詰められると出るんです。
変な活気が。
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 21:06
オレしょっちゅう言われるんですよ。
「影薄くするの上手いなあ」
とか、
「どうやったら、そんな風に存在感を無くせるんですか?」
とか、
「普段、わざとオーラ消してるでしょ?」
とか、
「コウタロさんを通して向こうの景色が見えますね」
とかね。
別になんもしてません。
ほっときゃ、こんなもんです。
Posted by コウタロ at 2019年10月03日 21:28
コウタロ兄さんは猫科ですか?存在感があっては獲物がとれませんよね。普段は静かで、狩りの時だけアドレナリンバリバリじゃないですか。(笑)


恐怖がうつるについて、気になることが。

赤ん坊のころに、両親の判断ミスで風邪をひどくこじらせ、小児喘息になってしまったらしいんです。見ていられないほど苦しんだとか。全く覚えていませんが、親子の癒着はそこから始まったんじゃないかと思います。元は愛だったんでしょうが。あと、持続する死の恐怖も。

いつまでも親離れできず、離れようとすると親の方がしつように縋り付いてくる。ものすごく不健全な関係でした。

最終的に突き放してしまいましたが、まだまだ処理できていない感情を自覚しています。
反面教師にはさせてもらっています。実際とても参考になっています。
Posted by ねね at 2019年10月03日 22:30
おはよー(・∀・)ニヤニヤ

「感じてるヤツ」は歳をとりません。変わるということがないんです。つまり、傷つくこともありません。なので自己防衛なんてことも、しようとも思ってません。

肉体は自己防衛します。「痛み」という自己防衛システムを持ってます。血が出たり骨が折れても痛くなくてニコニコしてたら肉体が壊れます。「痛み」を避けるように生きたら安全になってます。だから「痛み」は「恐れ」です。

それとゴッチャにしてますよね。

Posted by 笑うウリエル at 2019年10月04日 06:36
「活気」って、「明るく元気で生き生きと!」
みたいな固定されたイメージがあるけど、そうじゃないですよね?
(・∀・)ニヤニヤ

いろんな生き物がいるように、いろんな人がいるじゃないですか。
マグロにみたいに泳ぎ続ける生き物もいれば、カレイみたいにじーっと海底にへばりついてる生き物もいる。カレイは活気がないのか? 

静かにじーっとしている活気だってあります。
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月04日 07:06
おはようございます。

なんか不思議なんですが、親から助けてもらったことが思い出されます。なにもしてないのに。へんなの。
Posted by ねね at 2019年10月04日 07:28
ほにえるよ、(・∀・)
たぶん、「見張っているヤツ」が、はがれかけてるカサブタみたいになってるのよ。ピロピロって。
放っておきゃ、そのうちはがれると思うよ。
(´∀`)

ま、好きな本でも読んでなさい。導きにまかせて。
Posted by 笑うウリエル at 2019年10月04日 08:43
ウリエルさん みなさん こんにちは。

足の指ちょっとぶつけただけで、ものすごい痛いのに、骨折っておみなさん相当痛かっただろうな(>_<)

私、小さいときから「あ〜ぁ、つまんないな、この世はつまんないなー」と絶望なのか虚しさがハンパありませんでした。
赤ちゃんの記憶もありまして、赤ちゃんって泣いてるだけのようで、考えてる思考は大人と一緒ですね。
「この痛みどうやって伝えよう。でもなー、伝えようないしなー」
「行きたくないな。誰か断ってくれないかなー」
「痛くないけど、ここは泣いた方がいいか」
とか。
何か冷めてるというか、虚しいというか。
今でも朝起きたときにズーンと気分が重くなるのと、小さい頃から感じてる虚しさが、同じだなあって気付きました。なんなんだろう。
今、ものすごく、小さい頃の絶望感が襲ってきてます。感じてみます。何か、暗い話しですいません( ̄∇ ̄)
Posted by MAKI at 2019年10月04日 10:06
ずっと頭の片隅にあった死の恐怖は、最近はとりあえずおさまっています。直面したらどうかわかりませんが。

非常に迷い苦しんでた時に、長男に言ってしまった事も思い出されました。とても胸が痛いです。

縁を切られたことは少しも恨みに思ってはいません。いつも心の中でエールを送っています。
Posted by ねね at 2019年10月04日 10:08
こんとんじょのいこ(・ω・`)

MAKIさん、
その感覚は興味深いです。赤ちゃんの記憶はないですが、ウリエルもなんとも言いようのない虚しさを、子供のときよく感じました。
私ウリエルも、もう一回ほじくり出して感じてみますわ。
(・∀・)
結局、満たされてる感も虚無感も同じなんでしょう。
それがどう同じと理解できるのか?
ちょっと楽しみ(^ω^)

Posted by 笑うウリエル at 2019年10月04日 14:06
MAKIさんって不思議な人だなぁ〜(°∀°)

人のことは、そうやって自分の痛みとして感じたり思いやれるのに、自分の痛みになると冷めてたり虚しかったりするんだ💦

みんな人のことより自分の痛みを「見て!知って!わかって!」って競争して言ってくるもんだよ〜(;^_^A

でもありがとう♪
うちの母なんか「唾つけてりゃ治るよ!そんなことより私の話を聞いて〜」って不幸合戦が始まるから(笑)

MAKIさんみたいな共感してくれるお母さんに育てられてるお子さんは幸せだなぁ☆

Posted by おみな at 2019年10月04日 14:32
ほにえる…。

ウリエルさんありがとうございます。
導きにまかせて、本読んだりしました。
見張ってるヤツの件と距離置いても、探してる、あはは。かさぶたかー。ふむふむ。

幸楽ってコメント欄に見つけてから、こんとんじょのいこ、たまに言いたくなってて、笑。やっと言えた。
えなりくんのモノマネですよ♪
こんとんじょのいこって言うと、えなりくんが、
簡単じゃないかって言ってるふうになる✨
めっちゃ久しぶりに思い出した。笑
Posted by はにえる at 2019年10月04日 16:40
どってしょうごのいじょのいこ……

ホンマや!
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 18:01
はにえるさん、この一発芸、いただいてもよろしいでしょうか?
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 18:04
どうぞ〜(^^)v

昔テレビでやってたって書いたつもりが書いてなかった、失笑
Posted by はにえる at 2019年10月04日 18:28
あ、テレビでやってたんすか?
知らんかった。
でもメッチャ気に入ったので、今家に帰ってきてネコに向かって何度も言ってます🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 18:35
これ、ちょっと声を高めにして小さく呟くように言うと、メッチャ似てるなあ。
ウヒャヒャヒャヒャ〜〜!
楽し過ぎる〜〜!
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 18:46
楽しくて、良かったです(^^)v笑
Posted by はにえる at 2019年10月04日 19:17
ついでに、このタイミングで謎が解けましたよ。
「見張ってるヤツ」なんてものは存在しておりません。。
「見ているヤツ」にカサブタがひっついて視界が悪くなってるだけですよ。
カサブタが落っこちると、正常な「見ているヤツ」に戻ります。
間違いないです。
目から鱗が落ちる、みたいなもんです。
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 19:40
それでね、カサブタを落とす方法はメッチャ簡単ですよ。

アホのままでよい。

それだけです。

カサブタが何で出来ているかと言いますと、
「賢くなければならない!」
この考えです。
こいつで出来ているのです。
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 20:06
ウリエルさんが言ってる意味が、少し理解出来ましたよ。
なんだかホッとしました🎵
Posted by コウタロ at 2019年10月04日 20:11
そっか、アホになればいいのか。

これからまたさらに病院と家との往復で、さらに過酷な現実と向き合わないといけないから、アホになるしかないなとは思ってたけど。

ポンコツ防御装置「アマデウス」から見張ってるサリエリを消せば、モーツァルトだけになるね。

天才モーツァルトだって音楽家じゃなきゃただの遊び人のアホだ。
Posted by おみな at 2019年10月04日 21:04
小原庄助さん なんで身上つーぶしたー♪

ごきげんよう(・ω・)
なんか、えなりクンからすごい展開になってますなー。

小原庄助さんだって、朝寝朝酒朝湯しまくりで身上つぶした、ただのアホなおっさんなんですが、そんな井戸端会議の悪口レベルの話が、歌になり、盆踊りで踊られ、レコードになり全国に広がり、100年以上も歌われるなんて!
アホの代名詞として、もはや偉人と言っていいレベルです。
小原庄助さんも、こんなことになるとは思ってもなかったろうなぁ…

アホはすごいのです!

何が言いたいのか、自分でもよくわからなくなったので、寝ます。
(´・ω・`)


Posted by 笑うウリエル at 2019年10月04日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]