2019年09月25日

「ひとりぼっち」 (-ω-)

.+:。∩(・ω・)∩゚.+ごきげんよう


突然ですが、今回は「孤独」です。

話が飛ぶように見える当ブログですが、ブログ主が思いつきで人生を歩んでますので、まあ仕方ないと思ってください。でも、飛んでるようで、飛んでないと本人は思ってるよー♪
(´∀`)ノ


「独生独死 独去独来」

ブッダの言葉です。
「生まれてきたときも独り、死んでいくときも独り、来たときも独りなら、去るときも独り」という意味です。
つまり、

人は誰でも孤独なんです

ハイ。
人は孤独なのだ。ブッダはそう言ったのです。家族がいても、恋人がいても、仲間がたくさんいても、しょせん、人はひとりぼっちなのです。


孤独はとても心細いです。不安です。寂しくて冷たい感じがします。だから、誰かにわかってもらいたい、愛されたいと思います。
でも、結局はわかってもらえません。愛されているという感覚もいっときはあっても、やがては壊れます。
だって、あなたが他者が思っていることを完全に理解できないのですから、他者も当然、あなたの思っていることを完全に理解できないのです。だから、

「独生独死 独去独来」

なのです。
どんなに孤独を避けようとしてもできません。ブッダはそう言ったのです。
この世界は孤独地獄です。
(´;ω;`)


「誰かにわかってもらいたい」は、言い換えると「承認欲求」です。でも、この世界は孤独地獄なので、それが完全に満たされることはありません。いっときは満たされても、すぐに消えます。どんなに頑張っても無理です。この、どんなに頑張っても無理ということに、誰もが薄々気づいてはいるんだけど、気づいていないフリをしています。それを認めたら孤独地獄に生きることになるからです。それはとても恐ろしいからです。だから、「承認欲求」は人間なら誰でも持っているとされています。

この孤独地獄を避けるために、人はありとあらゆることをします。人類の活動の大半は、この孤独地獄から脱出しようする行為じゃないかと思うほどです。行為だけでなく、「起こること」も引き寄せているように感じます。スピリチュアルだって、きっかけはこの孤独地獄からの脱出が目的なんですよ。つきつめると、そうなるはずです。
人は、

「独生独死 独去独来」

が、イヤなんです。でも、この世界は、

「独生独死 独去独来」

なのです。避けることも、克服することも不可能です。

んでね、ここで気づいて欲しいんですよ。そもそも、なんで孤独は「苦しみ」なのか?
なんで孤独は心細くて、不安で、寂しく冷たいのか?

なんで?(´・ω・`)

あ、もしかして、これが、なんかカンチガイじゃね?

あの、世の人々に真の幸福を説いて回ったブッダが、「独生独死 独去独来」って言ってんだから、そもそも、それが幸福なんじゃね?

つぅーことは、オレたち、

逆なことずっとやってきたんじゃね?

そんなふうに思ってみませんか?(´・ω・`)


そうですよ。答えを言うと、全世界の人が

逆なことやってるんですよ!

真の幸福は「独生独死 独去独来」の向こう側です。「独生独死 独去独来」を完全に受け入れて、それの本当の意味を知ったときにわかるのですよ!
すべての人は「独生独死 独去独来」なのです。
ここで思考をジャンプ!

つまり、そもそも、

孤独が存在しないのです(´∀`)


これに気づくと、あら不思議!
この世界、全宇宙があなたの内側にございます。
そして、

この世界は『愛』の顕われです

ごきげんよう。


ホカイドーいろいろ3
IMG_6508.jpg

IMG_6482.JPG

IMG_6698.jpg

IMG_6802.jpg
posted by 笑うウリエル at 06:19| Comment(90) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

Oshoのお話しにも出てきたように、孤独感はこの世に蔓延する病気だと思います。
おそらく「私」がエゴに占領されてしまっているんじゃないかと感じました。
「私」は『ひとつ』が分離したまんまの状態で純粋無垢です。
単独性そのものです。
分離はしていますが、しっかりと『ひとつ』と繋がっています。
決して孤独ではありません。
「私」が孤独であると感じさせているのは、エゴと言う名の寄生虫或いはエイリアンのせいだと思います。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 07:06
ブッダの言葉は、難解でネガティブで訳のわからんものではありませんよね。
誰もが理解出来る、健全で単純明快な言葉です。
ちょっと拍子抜けしてしまうぐらいです。
ブッダの人柄の良さが滲み出ていますよね。
確かにブッダは、人は一人で生まれてきて一人で死ぬと仰いました。
でも、
「だから孤独だ」
とは仰っていません。
そうではなくブッダは、
「だから世の中の雑音は気にしないで、一人サイの角のようにしっかりと歩め」
と仰ったのです。
ね?
コケたでしょ?
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 07:49
ですよね。
ブッダは、カワイく明快に表現し過ぎなのかも知れませんね。
人々は難解なものを求めてますから。
分かりやすいものを相手にしないんですよね。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 08:22
うん、コウタロ兄さん、
サイの角なんですよね! サイじゃなくて「サイの角」
(´∀`)ノ
サイの角は一本だけですが孤独じゃありません。サイ本体とずっといっしょだから。というか、そもそも孤独とも思わんでしょうね。2本、3本とあることがない
(ちなみにアフリカのサイは角2本ですが、ややこしいのでインドのサイだけを見ましょう)

「向こうのサイの角といっしょになりたいー!」
って思っても、絶対ムリです。
その「向こうのサイの角といっしょになりたいー!」って思い続けているのが人間なのよ、ってオチです。

ブッダ、かわいい(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月25日 08:25
あ、コウタロ兄さん、すんません。
ちょっとコメント書きなおしたので(ブログ主の特権)、コメント入れ替わっちまいました(笑)

そもそもずっと一本(ひとり)なんです。
ずっと晴れで雨の日が一日もなかったら、それを「晴れ」とも思わない。ただ青い頭上に広がる空間を見るだけです。

ずっと「ひとり」で「ふたり」や「さんにん」がない。
すると、「ひとり」というのもわかるはずがないんです。

「ひとり」なんてないんです。

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月25日 08:37
ブッダはみんなから愛される、カワイくて人柄の良い素敵なオッサンだった。
誰もが理解出来るように、自然界の生き物を例えにして真実を説いて回った。
だが、ブッダの時代から何百年も経ってから、ナーガルジュナと言う名のメッチャ頭の良い小賢しいクソ坊主が、ブッダの教えを無茶苦茶難解なものにしやがったんだ!
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 08:40
おはようございます(*^^*)
サイの角の説明 めっちゃ わかりやすくて スッキリしました♪

そして最近 わからないなーって事が 本当はわかってるんだよねー
ってなってます(*^^*)
それでか 私も職場のわからない人がある日突然別人みたいに変わりました ビックリです(*^^*)
Posted by ゆか at 2019年09月25日 09:09
ウリエルさん みなさん おはようございます。

ねねさん、ありがとうございます(*^_^*)

彼女の言動・行動・服装、逐一気になって仕方がなかったのが、結局どーでもよくなりました笑

あっ、ホントだ。ずーっと、ひとりだから、ひとりじゃないんだ!
Posted by MAKI at 2019年09月25日 09:40
ゆかさん、
>わからないなーって事が 本当はわかってるんだよねー
そうそう(´∀`)
それに気づいてしまったら、もう
ニセ無明人 m9( ・ω・) ドーン!
です(笑)

それについて言葉で書こうと思ったら、ナーガルジュナ級の難解さになりますので、ここではそっとしておきましょう。コウタロ兄さんに叱られます。
ただ(・∀・)ニヤニヤ しておいてください。

サイの角=肉体を持った個人
サイ本体=誰ワカさん

です。サイの角は歩けませんので(笑)
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月25日 09:42
おはようございます。

完璧に宇宙を動かす誰ワカさんが、わざわざ孤独感を感じるような存在形態に人を作ったということは・・・。

ものすごーく暑い日に、汗かきながら食べるかき氷の美味しさのような体験がしたかったからじゃないかなと思います。

なにしろサドでマゾなので。

自分でも何言ってるかわかりませぬ。💦
Posted by ねね at 2019年09月25日 11:27
ブッダは、とにかく気にするなと仰っております。
世の中に蔓延する雑音(エゴの声)は気にするなと。
USO800は気にするなと。
人の悪口陰口は気にするなと。
悪口を言われていない人なんか一人もいないんだからと。
誰かに死後の世界はあるのかと問われたときも、
「そんな事は気にしなはんな。死んでから考えなはれ」
と。
とにかく、何も気にするなと。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 12:54
孤独か…。
alone ぼくらはー トゥルルールルルルルー
m9♪( ´θ`)
(孤独を英語にしたら、懐メロが出た)
Posted by はにえる at 2019年09月25日 13:32
ウリエルさん、

私に次のステージが来たら、
父にも次のステージが来ました(T-T)

なんとなく嫌な予感がしてたんだ〜。
父の癌再発してました(>_<)

私がギターだライブだ!って浮かれてたからかなぁって、
なんかまたゲスに生きることへの罪悪感が出てきた(泣)

母と妹もまた介護を巡って喧嘩を始めたし、
それとこれとは関係ないってわかってるけど、私の幸せと家族の不幸を何かと結びつけてしまう(。´Д⊂)

また「私がなんとかしなきゃ」が出てきた。
「家族を救いたい」責任感の強い長女の私だ。
こいつを引っこ抜きたい( ;∀;)


Posted by おみな at 2019年09月25日 13:44
あんまりややこしく考えずに、おみなさんがどうしたいのかだけの問題だと思うんですけどね。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 15:27
ごきげんよう(^ω^)
はにえるよ、
ルルルー♪ で、ゴマかした?(´・ω・`)
早く本買って、感想書いてね。
面白そうだったら、ウリエルも読むから。

ねねさん、
うん、言いたいことは、すごくわかります(笑)
でも、そこまで細かく分離させんでも。
その説明だと、誰ワカさんの正体は、「美味しい」になります。
自分が美味しいなんだけど、ずっと美味しいしかないのでわかんない。
だから、わざわざクッソ暑いとか、冷たい氷とか作ったんですよ。
(^ω^)

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月25日 16:06
それは心配ですね。

いくら真面目に生きたって、老病死は避けられないと思うよ。

まずは、心を落ち着けて。

お父さんの希望を聞きつつ、コウタロ兄さんのおっしゃるように、自分がどうしたいのか、何ができるかを明らかにしていくのがいいんじゃないかな。
Posted by ねね at 2019年09月25日 16:15
あ、ウリエルさん登場。

秋口にはよくあるのですが、心が沈みがちで、孤独や虚無を感じます。それが、瞼を閉じた瞬間にきれいさっぱり消えちゃうんです。おだやかな波に漂ってるような安らいだ気持ちになります。訳わかりませんわ。
Posted by ねね at 2019年09月25日 16:29
あああー、おみなちゃま、
たぶん全員「あるある」って言ったとおもうよ。
「幸福になったら、なーんかしら不幸も来る」←コレ

コレ、なーんだろうね。「シアワセになる罪悪感」みたいなやつ。「不幸の安心感」と言ってもいいかな。

それにギターと父上のガンは関係ないんだけど、つなげたくなるよねー。なんでや?
一見、幸不幸の二元論で説明できそうだけど、それとはまったく違う。それは関係ない。
むしろ「引き寄せ」かな。「不幸の安心感」がトラブルを引き寄せてるかな。
ウリエルもよくわかんない。いっしょに探究ですな。

ギターと父上はつながってないけど、
「不幸の安心感」と「私がなんとかしなきゃ」はつながってるよね。「生きてる感」
結局、それが大好きなんだ。大好きなのは、まちがいなく「私」
そこまでは、わかるんだけどね。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月25日 16:58
こんばんは。

おみなちゃん、ぎゅ〜ぎゅ〜ぎゅ〜

しあわせになる罪悪感、不幸になる安心感…何度も感じました。
昨日、あ〜そっか、私はどん底にいきたかったのかと思った。
どん底は安心。
不幸だって思っても視点を変えるとしあわせになるものね。
私の人生は、どんな時もヨロコビがあったんだ。

ウリエルさん
承認欲求はあるけど、孤独がわからない。

Posted by ゆっくりん at 2019年09月25日 18:05
根っこがゲスじゃないのに、
「ゲスの生き方をしてやる〜〜!」
と、どんだけ叫んでみたところで土台無理なんですよ。
だって、ゲスじゃないんだもん。
一方、正真正銘のゲスは、自分がゲスだなんてカケラも思ってないんですよね。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 18:23
私は、むつかしいことはわからないし、間違ってるかもしれないけど、他者の幸不幸は最終的にはその人に帰すると思います。

仮にお前のせいで不幸になった、薄情者と言われたとしても、それは事実ではないと思います。自分が長いことそうやってきたので。

なので、物理的な手助けはするかもしれないけど、その人が自ら苦しみに向き合う機会を親切に取り除かんでもいいと思います。

おみなちゃんは、堂々と幸せを感じてもいいんだよ。
Posted by ねね at 2019年09月25日 18:43
こんばんは。

絶対おみなさんのせいじゃありません。根拠は?
と聞かれたら私は「おみなさんのせいじゃないと知っている」からです!
後は、お父様がいい方向に治療されたら大丈夫です( ´ ▽ ` )
Posted by MAKI at 2019年09月25日 18:50
私もおみなちゃんのせいではない
に一票!!

Posted by ゆか at 2019年09月25日 19:28
「全部お前のせいだ!」
と言われてみるのも、決して悪い体験じゃないと思いますよ。
その時の自分のココロの反応で、ほんまもんのゲスかニセゲスかが判明しますから。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 19:50
みんな「あるある」なんだね。

「ひとりじゃない」

みんな暖かくてありがたくて涙出てきた。

こんな状況でも、愛の中にいる。

今後何が起ころうと、ずっと愛の中にいる。

やっぱり愛しかない、全部愛しかないんだ。
Posted by おみな at 2019年09月25日 20:45
もし、
「そうだよ。それがどうかした?」
とココロが言ったら、あなたは全くゲスではありません。
エゴに侵されていない純粋な「私」です。
エゴは必ず綺麗事をぬかします🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 20:47
世の中のほとんどがゲスなんだよね。
おみなさんは、世にも珍しいゲスじゃない人なんですよ。
だって、ゲスになりたがってるんだもん。
Posted by コウタロ at 2019年09月25日 21:08
ゆっくりんさん、
ウリエルも孤独わかんない。以前は感じてたはずだけど、今はわかんない。
だって、孤独なんてないんだから。
「ひとりじゃない♪」(^ω^)

「不幸の安心感」
コレ、なんなんだろう?
ずーっと前から、なんなんだろーなぁと感じてみてみるんだけど、まだわかんない。
たしかにどん底の方が「生きてる感」があって面白い。不幸がまったく無くなると、味気ない人生になるよね。
でもねー、なんだろう? なんかどこか、気づいてないことがある気がして仕方なくて。
だって「私」がいなくても、この世界はあって、こんなに豊かなんだよ。
「生きてる感」がなくても、この世界は豊かでキラキラしてるんじゃないかなーって思う。

まだ、わかんない。
わかんないから、きっとわかってるんだ。
(´∀`)

というわけで、おみなちゃま、
この世界を創造しているのは自分。誰ワカさんと「私」の協業。つまり、

「ぜーんぶオマエのせいやー」( ゚д゚)

って言ってみる!
ウリエルはゲスいので(^ω^)

もっとも、お父上がガンになったのが、本当に不幸なことなのか、それはずーっと先になってみないとわからない。


Posted by 笑うウリエル at 2019年09月25日 21:17
うたた寝してしまった。深夜に考える。
私は純粋ではないので、「シアワセになる罪悪感」「不幸の安心感」の一部は、妬み深い人、恨みを抱いた人に支配されている(支配されてると思い込んでる)と生じるのではないかと思います。

その人から愛される、もしくは攻撃されないためには、不幸であることは必須条件ですから。

でも、不幸な事がおきるとアドレナリンがほとばしって活力がうまれるような気がします。脳がある種の快感を感じてるような。ピンチはチャンスに変換できますしね。
Posted by ねね at 2019年09月26日 01:48
おはようございます。

今目の前で起こっていることは善かれ悪しかれ全部「私」のせいで起こっている。
全て「私」の責任である。
この様に感じるのってメッチャ心地よいです。
スッキリします。
病み付きになります。
ガチで『ひとり』を実感出来ます。
もう二度と誰かのせいになんかしてやるもんか🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月26日 06:23
おはようございます。

結局、「生きてる感」なんだよな。
おみなちゃまは家族の不幸だし、ゆっくりんさんは病気だし、ウリエルは「金がねぇ」だな(笑)
金がねぇなら、もっと深夜まで頑張るとかすりゃぁいいのに、しないもん(笑)

この「生きてる感」が好きでたまらない。不幸に知恵と工夫で対峙するのがおもしろくってしょうがない。別の角度から見たら、それも幸福だったりしてなおさらおもしろい。

なるべく小さな幸せと
なるべく小さな不幸せ
なるべくたくさん集めよう♪

そうだよな。そんな気持ちわかるよ。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 06:40
ねねさん、逆です。
「不幸の安心感」を感じるために、わざわざ、妬み深い人、恨みを抱いた人を「私」がチョイスしているというか、創造しているのです。もっと細かく言うと、本当は妬み深い人、恨みを抱いた人でないやさしい人を、わざわざそういうフィルターを通して、妬み深い人、恨みを抱いた人に見ているのです。
(´∀`)ノ

おみなちゃま、
「病床の父に、このライブを!」
で、いいんじゃね?
見事な台本になるよ。みんな大好きなヤツ。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 06:49
大好き大好きみんな大好き!
筋書きの王道!
お茶の間の華!
これで視聴率30%は稼げるな!
Posted by コウタロ at 2019年09月26日 07:21
おはようございます。

相手が親である場合、赤子にはチョイスはできないのではないでしょうか?虐待死する子供のように。

でも、「自分」が創造、選択したのだとは思います。人生をよりオモロクするために。そして、「妬む人、恨む人も実は愛でできている」を驚きをもって気づき、味わい喜ぶために。

そういう意味ですべては自己責任ということができると思います。
Posted by ねね at 2019年09月26日 07:57
ねねさん、
それは、言いにくいですがエゴの「よく使う手」なんですよ。
ねねさん自身の問題なので、ねねさんが赤子のときに虐待死してないのなら、考える必要がないんです。
あくまでも、もう徹底的に、ねねさんから見た他人とねねさん関係しかないので。

「私以外の人はどうなってるんだろう?」
と、思った時点でエゴの戦術にだまされて丸め込まれたと思ってください。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 08:13
幼い孫を観察していると、はじめからフィルターを持っているようには見えないんですよ。まっさらです。

成長の過程で「私」を守ろうと身に着けていくものだと思います。もちろん、認識不足によるカンチガイはあると思います。

「かもめ食堂」みたいな穏やかな映画もほのぼのしてよいけれど、山あり谷ありだったり、手に汗握る映画もオモロイですね。
Posted by ねね at 2019年09月26日 08:18
あ、すでにウリエルさんのコメントが。

>あくまでも、もう徹底的に、ねねさんから見た他人とねねさん関係しかないので

私の人生においては、まさにそのとおりだと思います。
Posted by ねね at 2019年09月26日 08:22
あ、字が抜けてる。
とっても大事なことなので、もう一回書いとこ。

「ねねさんから見た他人とねねさんとの関係しかない」

ねねさんから見た虐待する親と、ねねさんから見た虐待される赤子しかいないんです。
赤子が親をどうみてるか、ねねさんは知りようがない。
知ることができたらイヤでしょ?(笑) それはつまり、ねねさんが他人をどう見ているかも、他人に知られるということですから。

でも、実際にそんなことはありえません。なぜなら、ねねさん以外は誰一人として存在していないからです。
でも、エゴは絶対に存在していると思い込ませるために、「赤子が親をどう見ているか」なんて、ねねさんに思わせるんですよ。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 08:23
ねねさん以外は誰一人として存在していない。

だから、

孤独なんて、最初からないんです。

ついでにいうと、そのねねさんもいないんですけど(笑)

マジで「ひとりじゃない〜♪」
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 08:32
おっしゃっている意味はわかります。

私の人生には、私しかいません。
Posted by ねね at 2019年09月26日 08:33
起きてる時でも瞼を閉じると私の感情が消えちゃいます。不思議ですね。
Posted by ねね at 2019年09月26日 08:35
何にもしたくない(-_-)zzz
昨日動きすぎたか…。
シンクロが多いとちょっと恐怖感が出てきました。誰ワカさん、怖いよー。

ウリエルさん!
ちょっと何言ってるか一瞬分からなかったです。笑。
ラメッシの本、まだ出てないですよーー。
ボケツッコミかな。
Posted by はにえる at 2019年09月26日 09:58
こんにちは

ウリエルさん、ありがとう。
「病気」について考えさせられる人生です。
母が次々と病気して親戚がみんな「困ったな」「かわいそうだな」って言ってた。私もそう思うようになった。世の中もそうだしね。
でも これね、疑ってる。
私は治療中の病気と治療法がない先天性の進行性の病気がある。不便なこと一人で出来ないこと出来なくなっていくこと けっこうある。でも、病気もこの世にあっていいからあるよね。特に先天性の病気は生まれた時からともに生きているわけです。
困ったこと、よくないこと じゃないと思うの(願望?)

走りたい、踊りたい、そんで最近はスクラムも組んでみたい!
でもそれをしている人を見るとワクワクするからいいか〜(^.^)

なるべく小さな幸せと〜♪
Posted by ゆっくりん at 2019年09月26日 11:38
あ!困ったり悲しんだりはしていいね。ありのままに。
Posted by ゆっくりん at 2019年09月26日 12:18
ゆっくりんさん、
ウリエルは気がついちゃったんだ。これをたまに人に話すけど、なかなかみんなわかってくれなくて。
(´・ω・`)

ゆっくりんさんの身体が思うように動いて、悩みや苦しみがすべてなくなって、ただただシアワセな日々が続いたら?

それはもう寝たきりで何もできない人と同じなんだよ。
終身刑の囚人と同じなんだよ。

なーんの苦しみもない人生って、絶望するしかないんだよ。だって、もう真剣に生きなくていんだから。真剣に生きなくていいから、きっと何をしても楽しくないよ。あらゆることが、
「やってもいいし、やらなくてもいい」
になるんだから。もう「走りたい、踊りたい」って思うことすらない。走ってもいいし走らなくてもいいんだから。こんなに悲しくて辛いことはないと思う。

すべてが歓びだった『誰だかわからない』さんが、この世界を創り、苦しみを創った意味がちょっとわかる気がする、今日この頃です。

スクラムはねー、やめといたほうがいいと思う(笑)

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 12:32
逆に言うとね、
寝たきりでもう考えることもできなくなったら、

『誰だかわからない』さんに戻ってるんだよ。

ただの歓びの世界に。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 12:43
なんでもできると、なんにもできないは同じ。
なんでもできるは、もう何をしても意味がないってこと。なんでもできちゃうんだから。つまり、なんにもできないのと変わんない。
大満足は大絶望だよ。

「これはできて、あれはできない」

これがこの世界にいる理由なんだよ。これが楽しいし、「生きてる感」なんだよ。

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月26日 13:17
ウリエルさん、そうなんだね!
これでいいのだ。ええねん。すべてうまくいっている。
いつも ありがとう(^o^)
Posted by ゆっくりん at 2019年09月26日 17:25
みなさん、こんにちは(^o^)

私以外の人は…と考えるのは、エゴの戦術なんだ!ははーん!

それから、ゆっくりんさんのコメントからのウリエルさんのお話、
ここにきて、今なんかスッと入ってきました。
みんなそれぞれの、いろんな事があってこその「生きてる感」。
おみなさんも、これこそLIVEということですね。
Posted by magnet at 2019年09月26日 17:39
アクシデントがない人生なんて、生きてるとは言えないぜ。
ガッツだぜ!!!!!
Posted by コウタロ at 2019年09月26日 21:23
ウリエルさん
2枚目3枚目の写真の はてしない土地は何の土地ですか?
畑?庭?(笑)
北海道はでっかいどー ですねー(*^^*)
Posted by ゆか at 2019年09月26日 23:03
おはようございま(・∀・)スンスンスーン

ゆかさん、
2枚目は牧草地で、3枚目はただの自然のままの原野です。サロベツ湿原。
でっかいどーは北海道です (゚∀゚)ノ

マグネッち、
スッと入ってきたかや?(´∀`)
んでだ、ここからなのだ。ココカラ。
誰ワカさんは「私」という肉体や思考を創って、この世界を創って人生を創って、その中でいろんな抵抗を創って葛藤をさせて「生きてる感」を楽しんでいるわけ。
つまり、この「生きてる感」が、

USO800!(´∀`)ノ

なのさ。
この「生きてる感」がなくなると、誰ワカさん、つまり『愛』だけになっちまうって、お笑い以外の何ものでもないでしょ?

絶望と歓びが、そもそも「同じ」ってことだったんだよ。

オレたちは絶望から逃れたいがために、人生を歓びに満たすためにいろいろ奮闘してきた。スピリチュアルもそうだよね。これがUSO800!だったってわけ。
ゆっくりんさんの病気が進行していくのは、絶望に向かって進んでいるように見える。でも『愛』に向かって、歓びにむかって進んでいってるとも言えるのさ。だって、絶望と歓びが同じものだったんだもん。

笑うしかねー。

ホントに笑うしかねー

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 06:00
おはようございます。

ウリエルさん、「どん底」のテーマがまさに「それ」なんです。
ゴーリキーは物凄い劇作者です。
もしかしたら、誰ワカさんがゴーリキーに書かせたのかも知れません。
ボクが演った役者崩れのアル中の男は「それ」を知って首をくくりました。
絶望と愛の区別がつかなくなったのです。
少なくとも、ボクはそのように解釈してます。
戯曲「どん底」は、自分が関わるべくして関わったんでしょう。
タイミング的にもドンピシャだったんだと思います。
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 06:49
20世紀初頭のロシアのモスクワ座。
とても人間業とは思えない作品が産み出されています。
作家はチェーホフ、ゴーリキー。
演出家はスタニスラフスキー。
神の集団です。
今、当時の作品を上演する為には「それ」が理解出来なかったら絶対に無理だと思います。
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 07:04
おはようございます。

コウタロ兄さんのその洞察は、生得的なものですか?「お前は随分変わった子だね。」って言われていらっしゃいました?それとも人生の途上で印象に残る体験をされたのですか?

おそらくほとんどの役者さんは、有名な方であっても絶望のみを演じていらっしゃるように思うのですが。

私にとってのUFOのように、ありありと体験してしまうと誰がどんなに否定しようとゆるぎないものになります。それがないと「わからない」を完全に受け入れなければジャンプできないように私には思われます。そのジャンプは思考停止(よくない意味での)とどのように違うと思われますか?

Posted by ねね at 2019年09月27日 07:41
真実は、絶望と歓びは同じ。
そうなんだと感じます。
でも、変にまとめるとアレなんですが……
この世では、真の歓びを感じるためには一度絶望を乗り越える必要があるんてすね。
大震災と言う大絶望が起こる。
でも、普段は孤独で引きこもりがちだった若者たちが外に出てきて協力し合って救援活動を行う。
「ひとつ」になる。
「一人じゃないよ『ひとつ』だよ🎵」
みんなが大好きなヤツです。
この世は捨てたもんではないのです🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 07:49
絶望と歓びが同じって気づいっちゃったら、「私」することなくて困惑しちゃうの。
「ちょっとまてよ、マジで自由じゃねーか」
って(笑)
だって、大金持ちになって月旅行するのも、アル中のクズになって首くくるのも同じだもん。何やっていいかわかんないよ。

ガチでお任せする以外に、もう仕方ない。

「私」の物語、完全終了。

おい、このブログどーするよ。

というのが、ウリエルの「私」の喫緊のテーマです。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 07:50
流れだけあって、私はいないに、エネルギーシフト中だ。全てはわたしか?分からんけど。
空間が自分は分からなくて、エネルギーの流れがあるだけ的な。
アジャが言ってた、鳥の鳴き声が自分だったってこれかなぁ、たぶん。
ワンネスに一歩入りました。
えー、めんどくさそう。慣れるまで。
ま、大丈夫かな。GO。
Posted by はにえる at 2019年09月27日 07:59
ねねさん、
その「ありありと」が、最初からUSO800!(゚∀゚)なんだな、コレが。

「わからない」に漂えば、思考停止ではありません。停止しようがありません。思考停止というのは「決めつけ」です。だから、「ありありと体験した」というのは思考停止です。
「ゆるぎないもの」はぜんぶUSO800!です。「ゆるぐもの」もUSO800!です(笑)

コウタロ兄さん、
絶望と愛の区別がつかなくなっちゃって、もう首くくっていいんだけど、なんか知らんけど、とくに自殺する気にもなりません(笑)

というか、めっちゃおかしいです。
「この世は捨てたもんじゃない」
ですって!? みんなそう思って生きているなら、みんな最初から悟ってます。みんな「生きてる感」がUSO800!って知ってます。

チキショー、おまえら全員グルだったのかー!
だまされたー!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 08:06
ウリエルさん、オレはガチでお任せしてからが真の物語の始まりだと思ってます。
半端ねえしぶとさなんです。
でなきゃ役者なんてやってられませんよ🎵

ねねさん、
「お前は変わった子だねえ」
ってか?
ギャハハハハ!
ねねさんオモロイ🎵
オレ、急いでコメントするとワケわかんなくなりますので、ゆっくり話しましょうね。
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 08:08
いちいち首くくらんでよろしい!
「どん底」は物凄い本ですが一応芝居です。
役者が首をくくらなかったら幕が降りないんです。
大絶望は大満足!
やったぜ!
首くくってる場合やおまへん🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 08:18
ねねさんは小さい頃に、人間は死ぬんだと聞かされてどう感じましたか?
多分、大なり小なりの絶望を味わったんじゃないでしょうか?
その時、回りの大人たちを見て変に思いませんでしたか?
どうせ死んで何にも無くなっちゃうのに、なんでこの人たちはニコニコして生きてるんだろうって?
「あんたたちは、みんな騙されてるぞ!どうせ死んじゃうんだぞ!」
と、叫びたくなりませんでしたか?
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 08:49
ええーっ、ありありがUSO800?ひえーっ、そんなふうに思ったこと1度もなかったです。

「わからない」に漂うと、受け入れるの区別がわかりませぬ。抽象的な表現超苦手なんです。


コウタロ兄さん、ごめんなさい。送信してから、「なんか失礼な聞き方だったかも。」って思いました。💦

あ、あのね、もう絶望なんてもんじゃなかったです。毎晩オイオイないてました。で、「お前は変わった子だねえ」ってかんじであしらわれてましたよ。
年取ってヨレヨレになって死んでいくのに生きてる意味なんかあるのかと思っていました。ただ、皆騙されているんだの発想はなかったです。自分だけが変と思っていました。
Posted by ねね at 2019年09月27日 09:32
ちょ、コレ、マジヤバ。
「生きてる感」がなくなったら、スカスカやん。今まではそう思ってた。

違う。

「生きてる感」がなくなったら、

「生きてる」

に、なるんや!


あ、ちなみにウリエル、子供にときに人は必ず死ぬと知って、
「そんなん困るわ。オレだけになるやん。誰がご飯作ってくれるん?」
と、思いましたとさ。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 10:25
みんなそれぞれの理解の仕方があってオモロイです。
キャラが色濃く出てますよね。
そうか、ねねさんとオレは微妙な違いこそあれ、絶望したと言う意味では同類ですね。
「お前は変わった子だね」
と言われたのは、ねねさんだったのか。
ボクの絶望感はかなり長引きました。
少年時代はほぼ絶望してました。
高校生になって、役者をやって生きていこうと決心する頃辺りまでです。
どうせ死ぬんだったら、本気でやりたいことをやらなかったら何の意味も無いと思いました。
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 11:38
生きてる感は「ニセ生きてる」ですよね。
子供の頃は大人を見ると「ニセ生きてる」しか感じませんでした。
やっぱオレも変わった子だねえ🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 11:53
私も、ずーーーっと絶望していました。将来の夢もなかったし、フツーの人が難なくできることがムツカシイことにきづいちゃったので余計に。

子どもが3人できてからは、毎日の生活で手いっぱいで絶望してる余裕がなかったです。(笑)
Posted by ねね at 2019年09月27日 13:20
ウリエルさんオモロイ。
Posted by ねね at 2019年09月27日 13:22
ねねさんが言ってる事よくわかります。
普通の人が難なく出来ることが難しい。
ホンマや!
絶望してる間がないほど忙しいのが有り難い。
ホンマや!
やっと大人の気持ちが理解出き始めた今日この頃なのだ🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 15:12
誰ワカさん、めっちゃオレらしいわ。

当たり前やな。オレやもん

何が無限のエネルギーや。でも確かに無限のエネルギーや。
何が愛や。でも確かに愛や。
でも、ただのオレやねん(´・ω・`)

上記のことを言葉にしたいのですが、言葉にしたら上記のようになりました。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 15:38
ついでに言うと、
誰ワカさん、全知全能やけど、

めっちゃアホ

でも、ある。
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 15:59
(笑)(笑)(笑)
Posted by ねね at 2019年09月27日 16:19
モーツァルトタイプですね。
天才作曲家なんだけど、ケタケタ笑いながら女性のお尻をさわりまくるみたいな。
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 18:19
もう30年以上前の映画なんですが「アマデウス」ってのがありましてね。
天才モーツァルトをそんな感じに表現していました。
スゴくオモシロかったんです。
映画見ながら、この役演りたいなあって思いました。
ウリエルさんの誰ワカさんについてのコメントで、すぐにそれを思い出しました。
Posted by コウタロ at 2019年09月27日 20:39
>ケタケタ笑いながら女性のお尻をさわりまくるみたいな

何やってんだ、誰ワカ。
というか、オレか(´・ω・`)

(・∀・)ニヤニヤ
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月27日 21:13
おはようございます。

この世がUSO800である事はわかります。
でも、只のデタラメと言う意味ではありませんよね?
創造されたものと言う意味でUSO800なんですよね。
真にリアルなものではありませんよと言う意味でUSO800なんですね。
ブッダは勿論その事を見抜いていました。
でも晩年のブッダは頻繁に、
「この世は素晴らしい🎵」
と呟いておられたそうです。
素晴らしいUSO800なんですね。
Posted by コウタロ at 2019年09月28日 05:01
おはようございます。
なんか焦点がボケるというか、なくなってしまったようにも思える感があります。
(・ω・)

USO800、ひとことでコレがウソとかアレがウソと言えるものでなく、ま、言っちゃうとあらゆる思考がウソです。
どれも真実ではないというのが真実(笑)

この肉体がこの世界の主人公というのもウソ。実はこの世界の主人公ではない。
そんな視点にもなれます。
するとなんということでしょう!

なんともラブ&ピース(^ω^)

コレがほんとの「私はいない」ね。
ほほう。ガチで滅私奉公だや。

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月28日 06:31
「創造する歓び」
と、
「全てがアホらしい」。
全ての人間のココロは、この両極端の想いで構成されています。
大抵の人は、この両極が上手い具合に中和されていて無難に過ごせるように出来ています。
そして、この両極の差が極端に激しい人の事を天才と呼ぶのかも知れません。
Posted by コウタロ at 2019年09月28日 06:52
>「創造する歓び」
誰ワカさん(オレ)はこれを何億回も味わっていて、
「何回やっても同じだってまだわかんねーのか」
「いいかげんに、なんかちがうことでもしろよ」
と、誰ワカさん(オレ)にツッコミ入れたウリエルです。

Posted by 笑うウリエル at 2019年09月28日 07:05
無理ですよ!
USO800は最高のおもちゃです。
もっともっとUSO800を使って遊びましょうよ。
ウリエルさん、あそびまちょ🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月28日 07:14
肝心なことを忘れちゃいけません。
遊びたがっているのはオレ達じゃありません。
誰ワカさんです。
誰ワカさんは、どこまでも遊んでいたいのです。
ツッコミを入れたいのはオレ達の方ですよ、
「もうエエわ!」
って。
でも、それを言ってしまったが為に何億回も輪廻させられていると思いませんか?
いつも、人生の途中で遊びを放棄してしまったのではありませんか?
諦めずに最後の最後まで全力で遊んでみましょうよ。
そしたら、もしかしてもしかですよ🎵
Posted by コウタロ at 2019年09月28日 07:57
コウタロ兄さん!そうだ。(゚∀゚)
誰ワカ(オレ)が途中で飽きてやめてると思う。
「最後までキッチリしない。途中で飽きて、なんかグダグダ」
これは、まさにオレ中のオレだもん。

いやぁ、シューゆーことだったのか!
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月28日 08:31
最後まで遊びを諦めない。
これ、人生最大の難関かも知れないんですよ。
いつも、ここで失敗しちゃった気がするんですよね。
Posted by コウタロ at 2019年09月28日 08:47
ごきげんよう(^ω^)

コウタロ兄さん、
結局、どーなってるのかわかりませんね。
(´∀`)
わからんばっかりです。
「未知の世界」
へ、丸腰でふらふら進んで行くしかない。わからん、わからん。

あ、はにえる忘れてた。
(・ω・)
はにえるも未知の世界へGO!
だにゃ。何が出るかは「お楽しみ」
(^ω^)
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月28日 14:41
ウリエルさん みなさん こんにちは。

昼寝から目覚めたところです^ ^
前に、寝ているときは「私」はどこにいるのかってコメントしましたが、

今日昼寝でヘンテコな夢をみているときも、夢うつつのような中途半端に目覚めてるときも、起きているときも結局意識ってずーっとありますよね?もしや夢も現実もみんな一緒なんじゃないかとふと思っちゃったんですけど?
でも、夢を憶えてない人もいるんですよね。なんかへんちくりんなこと書いちゃいました
(><)
Posted by MAKI at 2019年09月28日 15:58
こんにちは

MAKIさん、私は夢覚えてるタイプです。
今朝もへんちくりんな夢を見ながら目覚めました(笑)
夢の中に『私』はいました。
それから起きて昼間過ごして
今スマホ触ってる『私』がいます
夢うつつの間も場面設定やらは(徐々に変わっているのか)まったく違うけど、
『私』はいます。
結局、のび太がマンガの中で夢を見てるってことですよね。
私はまだ、
『あなたが現実だと思っているものは全て
実は誰かが創っている物語なんだよ』
という衝撃的で信じがたい情報を、そのウソのような話を信じたいけど、全く体感?できないでいる状態です。
そんな信じがたい話は放っておいて普通に生きれば
いいんですけど、気になってしょうがなくて
ブログや本を読んでます。
話逸れました(笑)

Posted by すあま at 2019年09月28日 17:27
MAKIさん、
そうですね。夢と現実ってわけなくてもいいですよね。
(^ω^)
ぜんぶ夢でぜんぶ現実。ぜんぶ「起こること」
夢を憶えていないことはもちろん、現実でも忘れちゃって思い出せないこと、ありますもんね。

すあまさん、
この現実世界の方も「誰かの夢じゃない」と証明できません。
(^ω^)
現実だー! と、信じるしかないです。
現実だと信じ切っているので、のび太と同じだと言われても、信じがたいです。
(´・ω・`)

ちなみに信じるは疑ってないとできません。気になってしょうがないのは、実は疑っているからです(笑)

さて、それは置いといて、
寝ているときの夢は、どうやって見てますか?
目は閉じていますよね?
なんの目でみてるんでしょうね?
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月28日 18:02
ほんとだ、ウリエルさん。
見るって何の目で見てるんだろう!?

MAKIさんわかる?
Posted by すあま at 2019年09月28日 18:50
その夢をみている目、というか、ただ
「みている」
わけですよね。

それとまったく同じ目、同じ「みている」が、だった今、まさに今、すあまさんを見てませんか?
Posted by 笑うウリエル at 2019年09月28日 19:01
ウリエルさん みなさん こんばんは。

すあまさん、ありがとうございます^_^

ホントだ!
なんの目で見てるんだろう( ゚д゚)

めっちゃ、今、うぉ〜とかワォとか不思議な気分になってます( ´∀`)
Posted by MAKI at 2019年09月28日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]