2019年08月21日

「既知のもの」との決別(・ω・)

ごきげんようヽ(* `O´ *)ノファーーァ!


夏のピークは過ぎたようですね。あっというまに今年の夏も過ぎ去って行きます。
屋外で火を使って商売している者としては助かるのですが、あらゆる生命力がみなぎる夏が去って行くというのは、どこか寂しさがあります。
(・ω・)

さて……

私たちには、生まれ持った『知性』というものが備わっています。『智慧』と言ってもよいです。『叡智』と表現されたりもします。当笑ウリ部では、もっぱら『智慧』という表現を使っております。

この『知性』、『智慧』、『叡智』は人間だけにあるものではありません。あらゆる生き物に備わっています。例えばクマやキツネは、その日どこに行けば食べ物にありつけるか、理屈抜きで知っています。サル、シカ、イノシシは、毒キノコや毒のある実を、理屈抜きで知っているので食べません。ツバメは、どちらの方向にいつ飛べばいいか理屈抜きで知っているので、同じ場所に毎年戻ってきます。
人間はこれは「本能」という言葉で片づけてしまっています。思考にはこの「リクツヌキ」が理解できないので、しかたなく「本能」という言葉でお茶を濁していますが、真実、「本能」なんてありません。

『知性』( ・∀・)ノ

です。人間は脳が発達しすぎたがゆえに、この『知性』がわからなくなってしまった、あわれな存在です。サルだったら絶対に食べない毒キノコを、わからずに食べてしまうのですから。「万物の霊長」なんて聞いてあきれます(笑)


スピリチュアルの真の目指すところ、つまり「悟り」とは、このあるにもかかわらず見失ってしまった、

『知性』( ・∀・)ノ

を、再びこの世界に表現することです。『知性』を表現して、人生のあらゆるのものに『歓び』を見つけることです。『知性』を表現すればするほど、この世界はどんどん変わって行くのです。それに終わりはありません。驚きと感動、想像をはるかに超えた体験が、永久に続いていくことを知るのです。可能性が思考の範囲をはるかに超えていることを知るのです。


しかし、その、

『知性』( ・∀・)ノ

を表現するには、少々、困難がともないます。私たちはあまりにも知識や経験にたよりすぎて、『知性』がなんなのか忘れてしまって久しいからです。忘れているので、知識や経験、つまり「既知のもの」しかたよりにできないと思い込んでいるです。

「既知のもの」、「過去のこと」、そして、

そこから発生した「こだわり」や「決めつけ」

これらだけを人生の道しるべにしているので、グルグルと同じところをまわり、ちっとも新鮮な驚き、神聖な世界に気づけませんし、世界も変化していきません。


『知性』( ・∀・)ノ

を表現するためには、「既知のもの」、「過去のこと」、そして「こだわり」や「決めつけ」に背を向けて、未知の領域に踏み込んでいかなくてはなりません。思考、それによって作られている「私」からはなれて、偏りのない世界に、ひとり立って進んでいくのです。
思考はいろんなものを幸不幸、優劣、善悪、高低の、どちらかに偏らせて世界を見てしまっています。何かを正常とし、それ以外は異常と決めつけて、世界を見ています。そんな「こだわり」すべてに、当たり前、常識、すべてに、

背を向けてください

無防備になって、なにもかも受け入れて行くのです。なにもかも肯定し、許していくのです。すべて、

「これでいいのだ」

と、受容するだけのことなのです。
あおり運転して人を殴った男だって、「何かに恐れおののいて、あんなことしてしまったんだろうな。本当はいいヤツなんだろうな」と、思って許すだけでいいのです。


私たちの可能性は無限です。思考なんていう、ちっぽけなものでは推し量れません。ほんの一瞬先に何が起こるかすら思考にはわからないのですから。
この無限の可能性に人生を開花させるのです。『知性』がそれを受け持ってくれるのです。


あなたが今まで生きてきて得た知識、経験、それらをすべて失っても、あなたはなんの不自由もなく豊かに人生を歩めるのですよ。だって、

『知性』( ・∀・)ノ

が、備わっていますから。

ごきげんよう。


なつーーー! 夏がおわるぞーーー!
IMG_6909.jpg
十和田湖@秋田県小坂町

IMG_6992.jpg
@福島県喜多方市

IMG_6731.jpg
@北海道石狩市
posted by 笑うウリエル at 08:51| Comment(34) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよーさんです。

旅してますと、最近はキャンピングカーをたくさん見ますね。
(・ω・)
キャンピングカーってものすごく高価で数百マン、1000マンを超えるものもザラなのですが、そういう高価なモノをセカンドカーとして購入できる方々は、いわゆるお金持ちなのでしょう。

でも、朝、キャンピングカーの中からモゾモゾと出てくる人たちがちょっとオモシロイ。
(´∀`)
ランニングシャツと短パンで、ボサボサ頭のおっさん。禿散らかしたりしてて、なんかヨレヨレ。
奥様もスッピンの髪ボサボサ。クシャクシャのTシャツなんかで。
日ごろはパリッとした、きれいな身なりしてるんでようけどね。

あー、お金持ちもそうでない人も、人間、寝起きはみな同じだなと。
それが妙に楽しく感じたウリエルです。ハイ。

すあまさん、
外側に振り回されるのを、
「よくないこと」
というジャッジに背を向けてください。これはこれでいんじゃないか的に思ってみてくださいな。
(´∀`)


あ、ゆかさん、
「めいほうハム」
ありがとうございましたー♪
さっそく、うちの畑のトマトとキュウリで、サンドイッチにしましたよ。

Posted by 笑うウリエル at 2019年08月21日 09:34
ねねさん、
「田中泯さん」ネタ、広がらない(笑)
ウリエルは田中泯さん知ってます。抜き差しならない「ほんまもん」感が全身からでてますよね。これぞプロ。

その「田中泯さんステキ」と感じる胸の奥のエネルギーに、「帰依」するんです。ステキと思う気持ちをステキと感じてくださいな。

そんなことをしているだけで、分離していない完全なものが生まれ始めるんですよ。
(´∀`)ノ
Posted by 笑うウリエル at 2019年08月21日 09:54
さすがウリエルさん。
こちらにコメントいただいて【ドッキリ】感がありました。
予想外で ニヤニヤしちゃいました(笑)

Posted by ゆか at 2019年08月21日 12:23
さすがウリエルさん。
こちらにコメントいただいて【ドッキリ】感がありました。
予想外で ニヤニヤしちゃいました(笑)

産まれたては きっとソノモノだったのでしょうね。
あーじゃこーじゃ生きてきて これぞ【私】って人間らしいですね(笑)

Posted by ゆか at 2019年08月21日 12:26
【コメントできませんでした】
が出てたので 何度か戻って送信したら こんな事に。。。
すみません(^_^;)
Posted by ゆか at 2019年08月21日 12:28
炎天下、パンクしたバイクをえっちらおっちら押してバイク屋さんまで。
なかなかいい運動だったぜ( ̄ー ̄)

ゆかさん、
このブログのサーバー、ちょっとアホなとこあってスンマセン。文字化けもするし。
(´-ω-`)

そう、産まれたときはソノモノです。
誰も何も嫌いでないし、誰とも何のわだかまりもなく、ただみんな好きなだけなんです。
そのソノモノに戻って行くのがスピリチュアルなのです。

ソノモノに戻っても、何にも不便はありません。知識や経験、そして思考は人生の主導権を握るものではないと知り、ただの道具になります。

私たちは、ただの道具に人生をまかせてるんですよ。スコップやノコギリにまかせるようなもんです。
(´∀`)


Posted by 笑うウリエル at 2019年08月21日 14:20
ウリエルさん、ご存じでしたか!

ええ、もう完全にどっぷりですわ。毎日お花畑です。(笑)
Posted by ねね at 2019年08月21日 18:39
今、カイヨワの「戦争論」をちょっとだけ読んでいて、この世界に生きる人間には、心の奥底に戦争や流血で高揚する性質が隠されているみたいな事が書かれてるんですが、自分自身については深く同意します。
なので、あおり運転の人はその性質が容易に出てしまう条件にあるのかなと感じていました。
許すというのとは全然違いますが、怒りは感じません。
スピリチュアルではないですね。(笑)
Posted by ねね at 2019年08月21日 19:14
すごく早寝したら、こんな時間に目が覚めてしまった。
(・ω・`)

ねねさん、
そのように自身の内面をよく見ることは、れっきとしたスピリチュアルです。
(^ω^)
「私」は年がら年中、外側を気にしています。そうではなく、外側は置いといて自分自身はどうなのか?
と、省みるだけで、スピリチュアルなのですよ。

あおり運転の男を、テレビはみんなであおってますよね(笑)
彼がやったこととまったく同じことを、出演者や視聴者がやっていることに、誰も気づかないのかな?
反撃してこないから攻撃しまくる。まったく同じじゃないですか。

そんな世の中が、なんか恐ろしいと思ったウリエルです。
(´・ω・`)

攻撃することや、正当性や正義をふりかざすことに、何らかの爽快感のようなものを感じてしまうのは、誰にでもあると思います。ウリエルにだってありますよ。
「でも、それは危ないよ。誰もが持ってる危ない感情だよ」
って、誰も指摘しないところに、なーんか、そら恐ろしさを感じているウリエルです。
(´-ω-`)
Posted by 笑うウリエル at 2019年08月22日 01:32
おはようございます(´∀`)

「既知のもの」というのは、
「こうすれば、こうなる」
という、知識や経験から学んだ思考パターンのことです。例えば「働かないと、生活に困る」てなヤツ。
人はそういった、たくさんの思考パターンを所持していて、先々を予想して困難な状態にならないように注意して生きているわけです。

これと決別しちゃうの(゚∀゚)!
「こうすればこうなる。ああすればああなる」と、思って生きているのを、

「こうすれば、どうなるだろう?」

に、すべて置き換えるんですよ(´∀`)
「働かないと生活にこまる」を、「働かないと、どうなるだろう?」に。
そんなのどうなるかわかってるだろ! というのは思考のザレゴトで、実際にそれをやってみないと、本当はどうなるかわからないんですよ。

本当にどうなるか、いちいち実行しなくてもいいんですよ。ただ、
「こうすれば、こうなる」と、当たり前のように考えている思考パターンを、
「こうすれば、どうなるだろう?」
に、置き換えるだけなんです。
ちょっと気づいたところからやってみてくださいな。
Posted by 笑うウリエル at 2019年08月23日 06:19
おはようございます^-^

アメニモマケズ、傘さしてマチカフェ

ウリエルさん、その思考パターンいただきます!

今日仕事しながらやってみよう。

みなさんよい1日を♪
Posted by すあま at 2019年08月23日 07:29
カゼニモマケズ ナツノアツサニモマケズ
たこ焼き焼いてます。
(`-ω-´)

すあまさん、
「どうなるのだろう?」
は、もう思考パターンとは言えません(´∀`)
「わからない」
のですから。既知に対して「未知」です。
(^ω^)

この未知に委ねる。これがサレンダー(降参)です。
未知だからこそ、平安であり大丈夫なんです。思考と反対になってますから。
(・∀・)ノ
思考は「わからない」は恐怖です。

そして、何も「わからない」、それは無限の可能性とも言えます。
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2019年08月23日 14:06
ウィ〜〜ッス!
既知のもの、或いは固定観念、或いは世間一般の常識……
これらのものは、ぶっ壊される為にのみ存在する。
未知なるものによって、それらが崩壊する時の快感。
それ以上の悦びはない。
そして、未知なるものが既知になった瞬間、更なる未知によってぶっ壊されるのである。
つまり、悦びが途絶える事など決してないのであ〜〜る!
Posted by コウタロ at 2019年08月23日 20:37
おはー(=゚ω゚)ノぃょぅ

コウタロ兄さん、
お芝居に取り組んでいるんでしたね( ・∀・)
順調ですか? 順調でなかったら、それは順調です(笑)

未知なる世界への船出が「生きる」ってことです。冒険ですね。
既知のもの、安全と考えているものには『知性』はありません。冒険の中に『知性』があります。冒険の中で『知性』に出会ったとき、「生きるよろこび」って何かを知ります。

「生きる」ってギャンブルです。つまりギャンブラーしか「生きるよろこび」を知らないってことです。

Posted by 笑うウリエル at 2019年08月24日 06:24
ごきげんよう(^ω^)

今日、どーでもいい用事でK氏に電話。
話の流れか、ついでか、K氏に
「人は何のために生きるのか?」
と、問うてみた(・∀・)ノ
すると返ってきた答えが、

「念のため」

…(・ω・)
こ、これは… 深いぞ、深い。即答で返ってきた。
K氏、なかなか深淵な域に達している男である。

Posted by 笑うウリエル at 2019年08月24日 21:01
ウリエルさん みなさん おはようございます。

K氏さん、すごいです!
「念のため」かぁ〜( ´∀`)
全然気づかなかった^ ^
Posted by MAKI at 2019年08月25日 05:31
K氏、深い、深すぎる!
Posted by すあま at 2019年08月25日 09:12
「どん底」の舞台は、何とか無事に終わりました。
ボクが演じた役者くずれのアル中の男は、嬉々として天国の階段を昇って行きました。
観客に向かって、
「何のために生きているんだい!?」
と叫びながら。
最終的には、ボクの中で完全に自殺を肯定していました。
最初の演技プランでは、全くそんな気はなかったのですが。
今回のドラマを終了させる為には、肯定する以外に方法はなかったです。
もし、念のために生きていたら、芝居は永遠に続いていたでしょう🎵
Posted by コウタロ at 2019年08月25日 10:14
何故、自殺をするのか?
「絶望したから」
今回の舞台では、この「既知的」発想に挑戦状を叩きつけてやりたくなりました。
黒沢明監督の「どん底」でも、名優藤原鎌足さんが演じるこの男は、完全に絶望的に死んで行きます。
素晴らしい演技でした。
でも、それに対抗してみたくなっちゃった。
この男を、大喜びで死なせてやろう。
そう決心しました。
本気でドラマを終わらせたいと思ったら、人は歓んで死ぬ。
最終的には、本当にそう思えました。
普段は、
「何のために生きるのか?」
とは考えますが、
「何のために死ぬのか?」
とは、あんまり考えません。
でも、徹底的に『死』に焦点を絞ってみますと、なんとなくオマケで『生』まで見えて来ました。
そう言う意味で今回の舞台は、やっぱり演ってみて良かったんでしょう。
Posted by コウタロ at 2019年08月25日 12:15
「何のために生きるのか?」
この問いかけには、答えが無数にあります。
だんだん大喜利みたいになってきます。
でも、
「何のために死ぬのか?」
に対しては、
「生きるため」
或いは、
「生かすため」
しか出て来ませんでした。
Posted by コウタロ at 2019年08月25日 12:59
「何のために死ぬのか?」

ほんとだ!
「生きるため」
だけになった(・∀・)

コウタロ兄さん、すげえ。ステキ。

ついでに、究極の絶望って、結局、大満足と同じだすな。
(^ω^)
Posted by 笑うウリエル at 2019年08月25日 14:16
ウリエルさん、そうなんですよ。
究極の絶望は大満足なんですよ。
その事だけは認めたくなかったんですが、今回で認めざるを得なくなってしまいました。
意外と、この既知を破るのには骨が折れました。
Posted by コウタロ at 2019年08月25日 14:28
「生きるためには死ぬしかない」
この事は、誰でも瞬時に理解出来る事なんです。
でも、なかなか理解出来ない。
或いは、理解させて貰えない。
何故か?
「生きるためには死ぬしかない」
こんな事を言うと、世間一般の常識が言語道断で真っ向から否定して来るからです。
この世界が、カチカチの無知の既知で凝り固まって出来ているからです。
例えば、この肉体は細胞がどんどん死ぬ事によって生かされている。
その事を十分に知っていてもです。
Posted by コウタロ at 2019年08月25日 16:16
永遠に死ななかったら、それはもう生きてないのと同じです。
(^ω^)

完全に満たされて、もう何もしなくていい状態と、
すべて失って、もう何もできない状態。
大満足と大絶望。
どちらも、何をしようが、もう仕方ないんですよ。どちらも、もう何をしても意味がない。

同じじゃ(・∀・)




Posted by 笑うウリエル at 2019年08月25日 17:17
生か死か。
丁か半か。
その瀬戸際なんだよね。
真に生きている状態って言うのはね。
確かにギャンブラーですにゃあ。
それ以外は、取り敢えずなんとなく生きているだけなんだよね。
人生100年時代とか何とか言っちゃったりなんかしてね。
全く、念のために生きているだけとも言えますね。
にゃるほどにゃるほど🎵
Posted by コウタロ at 2019年08月25日 18:57
おはようございます(・∀・)

中途半端に期待して生きるから辛いんだ、絶望してやる…
と思っていたらコメント欄が(笑)

「私」はやさぐれています(´・ω・`)

ちょっと気づいたこともありましたが
絶望と言いつつ、怖くて完全に手放せないものもあったり
うーむ
Posted by Medjed at 2019年08月26日 06:43
おはようございます。

野生動物は、まさに生きるか死ぬか、常にギリギリで生きてますね。

人間も、ごく一部を除いて医学や科学が発達するまではそうだったと思います。アフリカの方では、今でも6歳まで生きられない子どもが大勢いるそうです。

科学が発達して、何となく、念のために生きることが可能になったのに、その同じ科学が、大量殺戮を引き寄せてしまった。ということは、念のために生きるも、ある意味ギリギリと背中合わせなのかも。
Posted by ねね at 2019年08月26日 09:08
おはよーございます(^ω^)

人は絶対的に幸福なら、この人生というものがどんなにハッピーになろうと、不幸になろうと、絶対的に幸福なわけです。
でも、どんな人生も絶対的に幸福なら、もう別に人生を最後まで見なくていい気もしたりするわけです。
どうせ、絶対的に幸福なんでしょ?(・ω・)
って。

でも、もしかしたら、絶対的な幸福のさらに向こう側があるかもしれない。
そんなことも、ふっと思ったりするわけです。
今までに体験した歓びとは次元が異なる、もうすんげーなんかわからん歓びの世界があるかもしれないのです。

あるかどうか「わからない」
でも、もしあるのなら、やっぱり見てみたい。
だから、
「念のため」
に、今日も生きるんだな。
(´∀`)
Posted by 笑うウリエル at 2019年08月26日 11:04
あっ、そうかそうか。つきつめれば、人は不幸にはなりようがありませんね。誰ワカさんの愛にすっぽり包まれてるんですもの。誰よりも愛されているひとり子だった。

絶対的な幸福のさらに向こう側かぁ。あー、見てみたいです。

なるほど!
Posted by ねね at 2019年08月26日 15:13
🎵さらば夏よ〜 つらい恋よ〜
あなただけは〜 幸せに〜〜

プシュッ!
ゴク、ゴク、ゴク、
う〜〜ん!ダイナマ〜イト!
おつかれさんした〜〜🎵
Posted by コウタロ at 2019年08月26日 20:00
オハヨウゴザイマス。夏バテ気味(´ω`)

Medjedちゃん、
人って、どこまでも中途半端なもんではないかなと。
(^ω^)
絶望の中にも、どこか期待していたり、シアワセの絶頂でも、何かしら不安だったり。完全はありえない。チュートハンパやのぉー。
なんでかっつーと、もともと完全だからなわけで、その完全になってしまうと、もはや人生を生きる意味がないわけです。

というわけで、絶望しようにも出来ないを受け入れるしかありませんな(笑)
その「不完全さ」が、生きている意味なのですから。
不安やもどかしさ、焦りや少しの絶望感、そしてなんとなくある期待や希望、そんなものがゴチャマゼなのが人間。中途半端なのが人間。
その中途半端さをぜーんぶ受け入れてみてくださいな。
あら不思議。
「完全」(・∀・)
に、なるじゃないですか。

Posted by 笑うウリエル at 2019年08月27日 06:04
先が見えないときは、目をつむる。
溺れたときは、流される。

これでいいのだ。これが「既知のもの」との決別。

ただ、そうするには勇気が必要で。いや、それ以外の勇気は、本当の勇気じゃないんだろうな。


Posted by 笑うウリエル at 2019年08月27日 06:35
おはようございます(・∀・)

言われてみたらそうだ(笑)

受け入れられるかなぁ

ウリエルさんのコメント見てふふっとしたら、胸がちょっと開くような感じがしましたよー(・∀・)
Posted by Medjed at 2019年08月27日 06:43
未知との遭遇。
自分の中で起こる、今まで会ったことのない未知なる自分との出逢い。
それは、既知の自分を捨て去る事によってのみ起こります。
外の世界をどんだけ探し回っても、未知なるものに出会うことはないでしょう。
外の世界は、既に既知になっているものが顕現されているに過ぎません。
だから多分、いきなりETに出会ったりはしないでしょう。
多分ね。
でも、自分の中で未知なる自分と遭遇した時、瞬時に外の世界が変化している事に気付くでしょう。
その時、もしかしたらETと……
Posted by コウタロ at 2019年08月27日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]