2018年02月09日

問おうよ(´∀`)

ごっきげんよ━ ⊂(^ω^)⊃ ━ん

ラマナ・マハルシという、じっちゃんは、
「私は誰か?」
と、問い続けなさいと言いました。また、アジャシャンティというおっさんも、
「これは真実だろうか?」
と、問い続けなさいと言いました。

『真実』を探求する上で、自分自身に「問う」ことはとても大切です。というか、それだけしかありません。探究とは問うことです。
そして、問う上で、とっても大事なことがあります。それは、

考えて答えをださないこと


どのような考え、意見、信念も『真実』ではありません。
『真実』は広大無辺です。考えや意見、信念のような、思考の理解におさまるようなシロモノではないのです。
あなたがどんなに正しいとか、当たり前と思っていても、それは『真実』ではないのです。考えて導き出した答え、思考の範疇に収まる答えなど、とうてい『真実』にはほど遠いものなのです。


「どうして腹が立つのだろう?」
「どうして悲しいのだろう?」
「どうして好きなのだろう?」

いろいろ自分自身に問うてください。答えを見つけようとせず、ただ問い続けてください。

「わからない」に漂ってみてください。

問い続けて、「わからない」の中にどんどん入って行ってください。


私たちは正しい答えを早く出すことが、良いことで素晴らしいことだと思い込みすぎているのです。答えを導き出すために、問いがあると信じ込んでいるのです。
でも、そうではないのです。答えがでなくてもよいのです。ただ問うだけで、それはとても尊いのです。答えがなくても、いえ、答えがないからこそ、問うことは素晴らしいのです。


そして、問い続けることによって、私たちはやがて『智慧』、『叡智』に触れることができるのです。
しかし、それらは問い続けたことよって、自分が発見するのではありません。

問い続けることによって、彼方から与えられるのです

まるで雲の隙間から光が現れるように、ひらめくのです。


この世界には正解なんてありません。永遠に問い続けることができますよ。

ただ問い続けてください。

ごきげんよう。


IMG_2686.jpg
「あわしまさん」はお人形さんを供養する神社です。

IMG_2684.jpg
壮観というか、ちょっとホラーです(笑)
でも、みんな人に愛されるために作られたお人形たちですので、怪奇的なことはしませんよ。
淡島神社@和歌山県和歌山市
posted by 笑うウリエル at 23:10| Comment(16) | 新装開店後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごきげんよう(´∀`)

コウタロ兄さん、頑張ってるなあ。
結果がもしわかってしまったら、人は頑張れない。それがたとえ大成功の結果だとしても。

どうなるかわからないから生きられる。
『いま』を体験できる。
これ以上の歓びは、ありません(´∀`)

Posted by 笑うウリエル at 2018年02月10日 13:12
ウリエルさ〜〜ん、ほんまにそう思いますよ。
この先どうなるのか見当も付かずにハラハラドキドキする。
これこそが、生きる歓びなんですね。
おっ!
コメント書いてたら、役作りで面白いアイデアが!
ありがとさんです🎵
Posted by コウタロ at 2018年02月10日 18:35
ウリエルさん 皆さんこんばんは。

前の記事のMedjetさんのコメントが、ちょうど私に起きてることと同じでした。
「大事な人」が私を苦しめていた…というの、同じです。

苦しいなら「大事な人」だなんて思わずに無視してればいいのにそれをしない自分が不可解で、そんなわけのわからない理不尽な自分が許せなかったりしました。
だいぶ峠は越したけど(´Д`ι)

この強烈な苦しさは何なのか、私はどうしたいのか…とか いろいろ不思議すぎるので、ウリエルさんがおっしゃるように じっと問い続けてみます。
Posted by アリエッタ at 2018年02月10日 23:30
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

私にとって、感じきるということは、どうにもならないほど絡み合った愛憎の憎の部分、やりきれなさや悲しさや恨みを分離し浮かび上がらせ沸騰し蒸発させる作業だったと思います。まだきっと途上ですけどね。

相手が、私が期待するほど愛してくれていない事を受け入れる事が、つらくてできなかったんだなと思います。だから、ずっと期待していました。いつか、ありのままに受け入れてくれるんじゃないかと。

憎が蒸発したら、不思議なんですが、期待がなくなって心が解放されました。怖くて言えなかったNOがサラッと言えるようになったり。自然に思いやれたり。

結局60近くになって、やっと精神的な離乳を果たせたんではないかと思います。

今は、どうも命に驕っているようなので、その点について自分に問うてみようと思います。

Posted by ねね at 2018年02月11日 09:44
ごきげんよう(´∀`)

アリエッタさん、お久しぶりでーす。
「大事な人」が苦しみになるというか、
「大事な人」に何かしら期待をするから、苦しみになるんじゃないですかねー。
(・ω・)
「大事な人」だけでも、確かに苦しみになりますが、失う苦しみくらいしかないんですよね。
期待というのは、すなわちコントロールしたいという欲求ですね。「大事な人」に、何かこうあるべき、こうあるべきではないをかぶせてないでしょーか?

「大事な人」は大事でいいんですよ。
そして、その「大事な人」の『ありのまま』は奪うことができません。
どんな状態であっても、ぜーんぶOKなんですよ。
そこに気づいたら、「大事な人」はただ大事になると思います。
大事に思っても、苦しみは生まれないと思います。


Posted by 笑うウリエル at 2018年02月11日 13:53
ウリエルさん、ありがとうございます。
>失う苦しみ。

失うようなものを もっていなかったのかもしれないなぁ…とか、私はこのまま 忘れていくのかなぁ…とか、時々浮かんでは消えていきます。虚しいような 寂しいような。

相手になにがしかの期待はしてるんでしょうね。少しの期待でも残しておきたいというか。何か自分の中で特別なものとして残しておきたいのかもしれません。
私は何を大事に思っていたのか、大事にするものが欲しかっただけなのか時々、考えてしまうことがありますが、考えてもわからないのです。考え続けるのには疲れ果ててしまいました💧とりとめがなくてすみません。

Posted by アリエッタ at 2018年02月11日 17:01
こんばんにゃ(・ω・)

ねねさん、
>愛憎の憎の部分
これはとても重要なのです。率直に言うと、もう「憤怒」になるかと思います。
人は思い通りにならないとき、憤怒します。自分ではしてないと思っていても、してると思います。幼児になって思い返してみてください。してるでしょ?(笑)
(´∀`)

成長するにしたがって、憤怒を抑えることを私たちは覚えてしまったのです。その抑圧されたエネルギーが、ん十年もたまりにたまって、こりゃもー、あーた!
たいへんな「ゆがみ」になってしまったておるのです。
このことを想像してください。ね、なんか、おっそろしいことになってる気がしませんか?
(・ω・;)

みなさんもおそれずに憤怒を感じ切ってみてください。
嵐の中に踏み込んでみるんです。
それがすなわち、
「コントロールしたい欲求」
の解消なんですわ。
たまりにたまったエネルギーを出し切ったら、本当の自由を知ります。
ハイ。
Posted by 笑うウリエル at 2018年02月11日 22:26
こんばんは。

ウリエルさん
>もし今夜、死んぢまったら、
「もっと苦しみも味わっときゃ良かったなー」
これはそう思うんだけれど、全部受け入れるっていうのが出来ていないようで(´・ω・`)
でも、何かまぁいいかどっちでも…みたいな感じになってきてます。
散々苦しんだらこだわりが薄れたような。

アリエッタさん
よくよくよーくわかります。
辛いですよね、物凄く。
私は数年苦しみました。
最近、何を手に入れても本当に幸せにはなれないと思ったんです。
そう気づいたら求める気持ちが薄れました。
そういえば、私は無意識に自分に問い続けてました。
何故あの人がいいの?って。

求める気持ちが薄れた時に、こんな本に出会いました。
加島 祥造さんという方の「求めない」という本です。
「求めない」で始まる詩集です。
表紙も可愛くて、いつもはかけてもらうカバーをかけてもらいませんでした。(小学館文庫の方です)
スピ系の本も色々読みましたが、私はこの一冊だけで本はいいじゃんってなりました(笑)
私は頭も良くないので難しいのは頭が拒否するんですが、これはすぐ読みきれるし、読みながら「ふふ」ってなるのでいいです。
この方の老子の翻訳も好きです(・∀・)
Posted by Medjed at 2018年02月12日 02:10
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

ウリエルさんのコメントを読んで思わず笑ってしまいました。そうですそうです、思いっきり泣き喚いていました。あの頃は涙が出たんですよね。

ダメダメで優等生にはとうていなれず、甘える事もようしないで、抑圧を深めて行ったんだと思います。

しかも、気づいたんですが、同じパターンをつれあいにもしていたんだなと。というのは、憎が薄れてから、急にこうあって欲しいという欲が薄れてきたんです。口に出すと絶対にケンカになるので黙っていましたが、支配欲満々だったと思います。そして、見捨てられたくないという切望も。だから、腹が立っても、つくさずにはいられなかったんですね。

まだまだ、道半ばだとおもいます。本当の空気のような関係にいつかなれるかしら。
Posted by ねね at 2018年02月12日 09:27
Medjedさん
ずっとずーっと心の中だけで葛藤してきたことなので、同じようなつらさを味わった方にこうして出会えると温かい気持ちになります。紹介してくださった本、可愛いらしくて優しい表紙ですね。手元において繰り返し読んでみたいと思います。
ありがとうございます☺
Posted by アリエッタ at 2018年02月12日 10:14
おはようございますん( ・∀・)ノ

>何を手に入れても本当に幸せにはなれない
ハイ。Medjedちゃんは頭でなく、身体で、この世界で、それを体験したのですね。
「何を手に入れても本当に幸せにはなれない」
は『真実』の、どストライクな一面です。尊い気づきです。
幸せは『いま』にしかありません。

「求める」は「苦しみ」です。でも、ウリエルは、
「求める」という行為は、実はとんでもなく幸せな行為と感じます。
その結果として「手に入れる」とか、「手に入らない」があるのですが、それはどうでもいいのです。
「求める」そのものが幸福で尊い。その結果は知らん。

何かを為すために努力する。その努力がいいのです。幸福です。結果はどうなろうと知らん。結果に幸福はないから。
クジを引く時のドキドキ。このドキドキが幸福なのです。当たろうがハズレようが知らん。だって、当たってもハズレても、このドキドキはもう味わえない。
「足りない」と苦しむ。この苦しみが尊いのです。幸福です。
苦しみの中からたくさんのものが生まれる。工夫とか出会いとか。そして、足りないものを得てしまった時点で終わり。すべて終了、チーン。もう何も味わえない。

ハラハラ、ドキドキ、ワクワク、モヤモヤ、グラグラ…
こいつら以上に楽しくて面白いものないんです。みーんなどうなるか「わからない」からあるんです。
「わからない」は偉大な母ですよ。
Posted by 笑うウリエル at 2018年02月13日 07:03
憤怒とは、具体的にどうする事ですか?思いどおりにならない事に対して、怒ってもいいという事なのでしょうか?
Posted by はち at 2018年02月13日 10:00
今日は寒いな(・ω・)

はちさん、はじめまして。
思い通りにならないとき、湧き上がってくる憤怒を抑えずに感じてくださいということです。
その結果、何かを壊してしまうかもしれないし、誰かにひどい言葉をぶつけるかもしれない。
でも、それを恐れるということは、この世界を信頼していないということです。
『真実』は損得はもちろん、善悪、あらゆる道徳を超えますので、この世界に任せていいのです。
(´∀`)

スピリチュアルでよく言われるリラックスは、思考に対しては有効ですが、感情に対しては偽りにしかなりません。
スピリチュアルで大事なことは、自分に正直になること、『ありのまま』です。リラックスと言い聞かせて、感情を誤魔化すのは正直ではないですよね。

真に正直になったとき、彼方から『智慧』がやってきます。「神のみわざ」を見せられます。
この世界を信頼してみてください。
Posted by 笑うウリエル at 2018年02月13日 11:09
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

ウリエルさん、生まれなければ間違いは起きようがないですよね。間違うために生まれてきたといってもいいでしょうか?
でないと、ピントはずれどころか大間違いの努力を延々と重ねてきた私の人生、なさけなさすぎ。
Posted by ねね at 2018年02月14日 07:41
はじめまして
無愛想な私のコメントに、こんなに長い返しをして下さりありがとうございます。
やばい、涙が…
いつもなら絶対にとらない態度や言葉を相手に投げかけてしまい少し後悔してたところです。醜い自分を人に見せたくないだけだと思います。
先程のコメントを見てすごく参考になりました。あと嬉しかったです。ずっと笑ウリファンだったので^_^ いつも本当にありがとうございます。
Posted by はち at 2018年02月14日 08:28
こんばんは。
朝のコメントについて、折に触れ自分に問うてみました。
間違うために生まれたかどうかはわかりませんが、どんなアホな経験も、すべてOK、これでよしみたいな感じです。何の根拠もないんですが。情けない気持ちが少しやわらぎました。
Posted by ねね at 2018年02月14日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]