2017年11月11日

完璧な肉体

ごきげんよーo<(  ゚Д゚)つ┌iii┐ ケーキ クエ

今日は何を書きましょう。ここのところ書くことが思いつきません(´・ω・`)

ちょっと軽ーい感じで行きましょうか。こんな視点で見たら、「おや?」と、何かを感じてくれる人がいるかもしれません。

えーと、『いま』です。『いまここ』

本当は『いま』しかありません。「永遠の『いま』」です。もうイヤと言うほど目にしたフレーズでしょうね(笑)

ハイ。それでですね、

肉体はいつだって『いま』にいますよー。

『いま』以外のどこにもいたことがありません。そうですよね!
うん、肉体はこの『いま』にいて、この『人生』を余すことなく体験しております。


あー、でもー……
肉体はバリバリ『いま』を体験しているのですが、肉体以外の残りの部分のあなた、あなたの「こころ」とでも言っておきましょうか。そう、あなたの「こころ」だけが、

『いま』にいないのですよ(笑)

そして、リアルな人生ではなく、

「作り話」を体験してますね(笑)

「どこかに行けばシアワセがある、悟りがある」みたいな「空想のアドベンチャー物語」を体験しております。ですよね?


肉体クンは、きっとこう言っているでしょう。
「おい、何やってんだ。いいかげんに戻ってこいよ」
でも、あなたの「こころ」は、
「いやー、だって、『いま』って居心地悪くね? つまんなくね? あまりいたくないんだよなー」
と、言っているのに気づいてくださいね。
(・ω・)

肉体: 「おまえバカか? 『いま』以外のどこに行けるんだよ!?」
あなた:「まあ、そういうなって。物語のほうが楽しいじゃないか」
(・ω・)


そうなんです。実はあなた、つまり「私」にとって、

『いま』は居心地が悪いんです。

だから、あなたは架空の物語を作って楽しんでます。「天国」を探し続ける物語。でも、天国はここにずーっとあるんだけどね。だいたい、ここ以外のどこにも行けないんだし(笑)


ねえ、一度、やってみましょうよ。一度くらいちゃんと、あなたの肉体になってくださいよ。
自分の肉体ですよ。

完璧に肉体になってくださいな!

すると、なんかわかるかもしれませんよ(´∀`)

ごきげんよ。

IMG_2392.jpg
男木島のアート作品@香川県高松市


ogijima.jpg
男木島はとっても小さな島で、

neko.jpg
そして、ネコの島です。
posted by 笑うウリエル at 22:43| Comment(48) | 新装開店後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

自分の肉体になりきる、かあ…。

すべての感覚を解放するってことかなあ。

痛いところはいっぱいあるなあ、年だし。

猫の後ろのカラフルな板塀がおもしろーい!
Posted by PANDA at 2017年11月11日 23:36
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

まず、先に体験するのはカラダ君ですから。
ココロ君は、その後に付いて行くだけです。
とにかく、カラダ君がやって見せてくれる。
それを見てココロ君はお勉強をしている。
カラダ君が先輩でココロ君は後輩です。
先に産まれたのもカラダ君ですから。
ココロ君はいつも、
「ちい〜っす!」
と、挨拶していれば良いのです🎵
Posted by コウタロ at 2017年11月12日 09:26
ごきげんよう。
ヨーするに、
「こころ」と「肉体」が調和してない、というか、一体となってないんだな。
それが混乱の元なんだな(・ω・)

では、みなさん、また後ほど。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月12日 17:37
ウリエルさん、こころと肉体の調和がとれないのは、やはり、こころに原因があると思います。
肉体は素直です。
こころは肉体の素直さを見習うべきだと思います。
時々感じるのは、肉体はちゃんと今に対応しているのに、こころはそれが出来ずに肉体の足を引っ張っていると言うことです。
妙に肉体が疲労感を感じるのは、こころのせいだと感じます。
だから、困難な仕事を無我夢中でやっている時は、こころと肉体が一体になっている訳で、終わってみればスカッとして疲労感もほとんど感じないんだと思います。
Posted by コウタロ at 2017年11月12日 20:33
おはようございます(・ω・)

ふむ。「こころ」と「肉体」が完全に調和したとき、「中庸」になる。ワンネス♪

PANDAさん
>すべての感覚を解放するってことかなあ
言葉で言い表すのは難しいですね(´∀`)
「『いま』にすべてを投げ出す」そんな感じかも。

禅で言う『身心一如』ですね。

コウタロ兄さん、
そう『身心一如』です。『心身』じゃなく『身心』になっとります。日頃よく使うのは「心身」のほうなんですけど。
あえて『身心』としたのは、やっぱりカラダ君が先と言いたかったんでしょうね。

カラダ君とココロ君が一体となるって、ココロ君とあらゆるモノが一体となるってことだと思います。
花や木や石ころとも一体になっちゃいますよ。オモシロイです。


Posted by 笑うウリエル at 2017年11月13日 06:57
ねねさん、
なにか「こだわり」が深いところに取り残されたままになっているような感じ、よくわかります。
でも、自然に出てくるのを待つしかないです。コントロールできませんから(笑)

「取り残されている」って意識しておいてください。やがてあらわになりますよ。
「待ちます」と宣言して、真摯に待ってみてください。それがいちばん強力です。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月13日 07:04
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

身心一如って、ココロの事を忘れている状態じゃないかと思うのです。
なんせ、1人っきりの時はココロを相手にしていないとけないから辛いのです。
外の世界で揉みくちゃにされて、ココロどころではない時が最も身心一如な感じがします。
Posted by コウタロ at 2017年11月13日 07:30
コウタロ兄さん。

まさに我を忘れる、程一心不乱の時、如法ですよ。
独りの時も、我を忘れる程集中してれば、心身一如なん
ですが、私という、ココロを相手にしてしまい、知を用いてしまう、すると思考が無限に作用してココロと体が離れてしまい、分離してまうのですね。
Posted by ぴょんた at 2017年11月13日 10:45
ごきげんよう(´∀`)

「思いやり」とか「無償の愛」とかって、誰でも、

『無私』

なもんだと知っているわけです。
でもコウタロ兄さんの言う、揉みくちゃにされて、ココロどころではない状態、これが「思いやり」で「愛」の状態と気づいている人は少ない(笑)
だって、まさに『無私』だもんね(・ω・)ノ
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月13日 12:43
ぴょんたさん、以前はこんなこと無かったんですが、最近は1人で分離しているときが非常に辛いです。
孫悟空の頭の輪っかが締め付けられるように辛いです。
Posted by コウタロ at 2017年11月13日 12:51
ウリエルさん、妙なことに気づいてしまった為により一層分離が辛かとですたい!
Posted by コウタロ at 2017年11月13日 12:55
ああー、コウタロ兄さん、
この際ですから、頭の輪っかに締め上げられて、頭蓋骨粉砕してください。
(・ω・)

なーに。それでも世界は終わりませんから。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月13日 13:24
ウリエルさん、皆さん、こんにちは。

コウタロさん、
分離している時がそんなに辛くて仕方がないという事でしたら、コウタロさんの仰る「分離してない時」って何かを無我夢中でやってる時(『今』にいる時?)という事のようですので、「歩行禅」とか「立禅」を学んでみればいいのではないでしょうか?
(ですよね?ぴょんたさん (^^; )
Posted by AHEAD at 2017年11月13日 14:16
今日は売れんなー(´・ω・`)
こういうとき、ものすごく、「『いま』を変えたい」というのが噴き上がってくるね。まさにコントロールやねぇ。

ハートの奥に漬物石みたいなもんがある。感じてみよう。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月13日 15:04
皆さんこんにちは。

コウタロ兄さん、しんどそうですね。夜明け前なのかもしれませんね。陰ながら応援しています。

ウリエルさん、今日2度胸のつまりを感じました。増幅しようとしましたができませんでした。楽は楽なんですが、エゴピーちゃんが気づかれないようにガードを固くしてるんじゃないかと思います。

何となく感じたのは、ションボリねねちゃんが「親に貢献しない私」はダメ人間だ。そうしないときっとみんなに責められると思ってるらしいということです。

同居ですが、自分の心の健康の為に、できることは全部自分たちでやってもらっています。そうするのにひと悶着ありましたが、今では両親ともとっても元気に毎日やっています。お互いに苦手な部分は補いあい助け合って暮らしています。

自分は子供たちに、のびのびと自分の人生を生きてほしいと思ってるんですけどねぇ。
なかなか自分を解き放つのは難しいですね。
Posted by ねね at 2017年11月13日 15:10
ウリエルさん、皆さん、お疲れ様です。
今日も労働が終わってスカッとしてます。
バカがつくほどクソ真面目にボロクソに働いております。
その状態をしばらく続けておりますと、ある種のゾーンに入ることが出来るのを発見したのです。
プチ身心一如とでも呼んでおきましょう🎵
Posted by コウタロ at 2017年11月13日 17:53
コウタロ兄さん


独りでいるとき辛いのは、自身と向き合ってる証拠ですよ。AHEADさんのいうように常に禅であればそれでいいのですが、なかなかシャバでは難しいのが実状です。


さてそこで、意識の意をもちいるのが正念なんですね。
この意は我を用いるわけなんで、常に分離してますが、
しかし念を押さえるにはしがないこってして。

私は上丹田に意識を集中させてます。
ここの至福は雑念や思考を消す効果があります。

ハートやハラでは決して消えない思考も、です。
禅修行ではこの上丹田が無意識に作動するため、コツを
得た修行者は無意識に心身一如となり、それを突き破れば、悟るようです。

しかし悟ってもなお残る思考が癖ついており、突破後も
この癖が落ちるまで、丹を練ると、悟りすら落ちて大悟します。それほどにエゴピーは根強く人間を支配しているということでしょーね(笑)
Posted by ぴょんた at 2017年11月13日 18:32
ウリエルさん、キーワードは罪悪感だと思います。

人に責められるのではなく、自分で自分を裁いているんです。

これを消すのは・・・・容易じゃなさそうですね。どうやってションボリねねちゃんを慰めてあげればいいんだろう。
Posted by ねね at 2017年11月13日 19:43
ぴょんたさん、ありがとうございます。
上丹田の至福というのは、ハートやハラでも消えない思考までをも消す効果があるのですか…。
「上丹田の至福恐るべし」ですね (^^;
「歩行禅」「立禅」とか言いましたけど、禅の変化形である今流行りのマインドフルネスとかならシャバでも気軽に結構使えるかなと思ったのですけどね (^^;
只、コウタロさんは又、いつものスルーで全く興味ないようです…。
キャッチボールしたくて結構受けやすい球投げたつもりなんですけど…
まぁキャッチボールもまともに出来ないお人に野球の奥義(気づき)を語られても、妙に説得力がない感じですけどね (-_-;)
Posted by AHEAD at 2017年11月13日 21:15
ふーむ…(・ω・)

なるほど。イエスが荒野で40日間、何をしとったかわかったな。

あ、みなさまの話の腰を折っちました。すんません。
内側の漬物石をどかす作業が始まりまして。

ちょいと黙想いたします。剣を与えられました。
自らを切り倒せということですな。

今夜はこのへんで。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月13日 21:37
AHEADさん こんにちは

上丹田の至福は、以下の条件がそろった時に発動します。

眉間の奥の力を抜く、
呼吸
思考や雑念の低下

逆に、思考や雑念が少なくなると上丹田の至福が働く
パターンもあり、禅寺の切り口は主に無念無心から上丹田の発動 →如法 みたいですね。ちなみに上丹田という概念は曹洞宗ではありません。わたしが勝手にいってるだけす(笑)

シャバでの修行では注意点があります。

それは意識的に力を抜き、意識的に呼吸をすること。

やはり視覚聴覚触覚など、やかましいシャバでは意識が外側に囚われやすいため。呼吸と力を抜き、内面の気を高めることにより、内側に意識を向ける工夫が必要ですね。
Posted by ぴょんた at 2017年11月13日 22:53
┌iii┐(^○^) ケーキクッタ♪♪♪

皆さん、こんばんは♪
空いた時間に、離れていくココロを肉体に戻す練習をしてました。
するとココロがとっても静かになって心地よかったです。ほんの数分でしたけど^ ^

私は、ゾーンとか分からないんですけど、一度は無我夢中で何かに没頭してゾーンに入るという体験がしてみたいです。^ ^

ウリエルさん、漬物石は結構重そうですね。
私はハートというか、ハラの奥にどーんと、隕石があります。私も探ってみようと思います。ただの胃もたれだったりして。。( ̄∇ ̄)
Posted by レインボー at 2017年11月14日 01:07
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

AHEADさん、ごめんなさい。
興味はメッチャあります。
まず、早朝に試してから何らかのコメントを書こうと思っておりました。
で、ぴょんたさん、
先ほどから、眉間の辺りに集中しておりました。
そこに集中していると、思考が消えますね。
ハートを意識している時とは全然違いますね。
ハートに意識を持って行くと、ハートの感情を思考が分析し始めるのかも知れません。
眉間を意識すると、逆にハートが思考そのものを見つめている感じになります。
見つめると消える。
「見つめる」ってのは、物凄いパワーがありますね。
改めて、そう感じました🎵

Posted by コウタロ at 2017年11月14日 05:04
おはようございます。
レインボーさん、漬物石、コレ重いわ。埋まってるし。
(`-ω-´)

でも、おそらくコントロールの欲求ができる最後のコントロール。
「私」が「私」にできる最後のこと。
ジックリ行きますか。イエスでも40日かかってるんだもんなー。

「人はパンのみにて生くるにあらず」

漬物石がどいたとき、これの本当の意味を体験するんだろうと思う。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月14日 07:01
皆さんおはようございます。

ぴょんたさんにお聞きしたいのですが。
急ぎませんので、お手すきの折に教えていただけるでしょうか。

私は集中が大事な時に眉間に意識を置き呼吸を整えて、作業そのものになるようにしています。
気にかかることがあっても、そうするとスムーズに事が運びます。
でも、集中をやめると蓋が開いたというかんじで様々なとらわれが出てきます。

ぴょんたさんはリラックスしている時も上丹田に意識を置いていらっしゃいますか?
あと、エゴピーそのものを小さくする方法も上丹田を使ってできるのでしょうか?
Posted by ねね at 2017年11月14日 09:18
荒野の40日間となってしまったウリエルです。
(・ω・)

みなさん、ねねさん、ちょっと待ってくださいね。
その間、ぴょんたさんにまかせよう(´∀`)ノ

不思議な感覚です。自分に絶縁状を叩きつけてる感じ。
自分で自分の腕を切り落とすような痛みもあります。

どうなってしまうのでしょうか?
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月14日 11:21
皆さんこんにちはー


コウタロ兄さん
私も今、実践(^3^)/中です。色々やってみてください。
私も、昔から色々やりつくして今があります。
結論からいうと思考は、無我夢中の時か至福の中でしか
消えませんでした。また、無我夢中の時、至福の時でも、
その状態を計ろうとしたり、今だ、一瞬だと認識した瞬間に意識は煩悩ゾーンに戻ってしまいます。


ねねさん

ねねさん無意識に昔からそうしてらっしゃるんですか?
もしそうだとしたら非常に興味深いです。
私は上丹田に着目し始めたのは最近のことです。
おっしゃる通り、非常に仕事がスムーズにいくんです。眉間の奥に意識を集中すると明らかに仕事面で有用だと確信に至ってます。

実は昔から座禅するときは無意識に眉間の奥の力を抜いて
まどろみの至福に浸る癖がありましたので、昔から無意識に上丹田の至福に浸ってたみたいですね。

この至福は脳波的にはシータ波に相当すると思います。
以前にも書いたのですが、さらにその至福が長く続き、思考が風のない水面のような状態になったとき、ジンワリと自分では無自覚の思考形態や囚われがこの至福により溶けた感覚がありました。無念無心だと思っていたのに、実はまだあったのかという感じです。


その瞬間、凄まじい至福のエネルギーがハラから上昇してビックリした時があります。あの時もその状態を計ろうと探りを入れた瞬間にその上昇は消えてしまいました。とにかく我を挟むとゾーンから抜けてしまうんでしょうね(笑)

というわけで、最近は如何なる時も、上丹田に意識を集中してます。なるべくですが(* ̄∇ ̄*)
また、エゴピーがこれにより小さくなるかどうかですが、ハートを意識したら常にハートを感じるようになったように、同じく上丹田から至福が常に溢れるまで集中すれば、恐らく相当エゴピーは小さくなるとゆうか弱まるでしょうね。

禅的に説明すると如法、今、一瞬の状態。(上丹田の至福が溢れる状態)に腰をかけずに、今を練る。即今で只只ありつづける。すると、今、一瞬の縁によって一大事因縁が生じ悟りを得る。ってな感じで、エゴピーを小さくするにはその無念無心の状態を3週間程継続させた上で、さらに老師がいう一大事因縁なる何か?が起こらない限り、何も変わらないと私は思います。と、いうのは、エゴピーは完全に消失しない限り、小さくなっても意識を解いた瞬間に元に戻るだけですので。
そのあたりは悪しからず(* ̄∇ ̄*)
Posted by ぴょんた at 2017年11月14日 11:57
ぴょんたさん、早々とありがとうございました。

ついでにうかがってもいいですか?

至福のエネルギーは何かにたとえるならどんな感じなんでしょう?

私は無意識というより仕事モードに切り替える時に眉間のあたりに気合を込めるという感じなんです。そうすると、集中できるだけでなく、なにかトラブルがあっても冷静に対処できるんです。

ミニ座禅を3年ほど体験しましたが、姿勢と呼吸を整えるだけで精いっぱいでした。解いた時に、何とも言えない爽快感がありましたが、座禅中に何か感じた経験はありません。

なので、至福がどんなものかちょっと興味があるんですよ。
Posted by ねね at 2017年11月14日 13:22
えーと、Medjedちゃん、いるかな?
(・ω・)

なるほど、「あまのじゃくな私」わかったよ。
ミゾオチというかヘソのあたりだな。

Medjedちゃん.こんな深いところまで来てたのか。怒りと恐怖の嵐を通り抜けんとわからんな。

たぶん、コイツが消えたら、「私」も存在しなくなる。
引っこ抜けるかな。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月14日 13:47
皆さん、こんにちは。

コウタロさん、ここはいつものスルーで行ってもらわないと調子狂っちゃいますやん (笑)

ぴょんたさん、
>エゴピーを小さくするにはその無念無心の状態を3週間程継続させた上で、さらに老師がいう一大事因縁なる何か?が起こらない限り、何も変わらないと私は思います
って…(汗) 無茶苦茶ハードル高いですね(まぁそらそうでしょうけど…)シャバで生きながらこんな事可能なのかと (^^;

>と、いうのは、エゴピーは完全に消失しない限り、小さくなっても意識を解いた瞬間に元に戻るだけですので。
あ、これはウリエルさんも言ってましたね。
ここがスピマスターと言われてる人達でさえ、陥りやすい罠なんでしょうね。
Posted by AHEAD at 2017年11月14日 16:09
ねねさん


至福についてですが、禅では全くこの点には触れません。
また、様々な神秘体験も魔境といって切り捨てます。
禅では「 今 」以外は全て切り捨てますので、その点を踏まえた上で私の至福論を参照なさってください。
おそらく、そこは修行者のもっとも陥るワナかと推測してます。


まず、下丹田の至福ですが(笑)

私は二回あります。
下丹田が、微細に振動し始めて、気持ちよくなり性的オルガズムを感じて次第に全身が気持ちよーくなりました。
ともかく気持ち良いんです。これは寝ながら呼吸法を実践しているときで、性的オルガズムの極致ともいう感じです。2度目は、同じく微細に丹田が振動し始めて、下丹田がまた気持ちよくなった瞬間、その波動が上丹田を突き抜けて、神の無限の愛に包まれました。これは以前書いたので割愛します。


次に中丹田、ハートですが、これはハートに倒れる程集中していた時ですね。ハートからフワッと至福が広まったり、ハートを取り出して温泉につかるような、とにかく気持ち良いとしかいいよーがないです。またハートのエネルギーがブワッと広がったりして、主に愛の至福って感じです。このエネルギーの広がりと共にハートの気の感覚は強くなりました。


そして上丹田。ここの至福は二つあります。まず誰もが体験している、朝、起きようか寝ようかのまどろみのなか、気持ちいーまだ寝ていたい。というシータ波とアルファ波の間のまどろみの至福。とにかく気持ちよくてたまらんあれです。私が禅ではまってるのはこの安らぎと安心感の至福ですが、このラインにいても、おそらく救われないでしょう。一時の気休めに過ぎないのですが、しかし凄く癒されます。
もう1つは覚醒した今、一瞬の至福です。
この至福は天上界の至福ともよべて、この世の全ての物欲、性欲、を凌駕しています。如何なる金や美女があっても全く影響を受けることはないほど至福のレベルは高いと思います。

この上丹田の覚醒時の至福がおそらく上位かと思いますが、これは完全に今にある時だけに感じる状態でしょうね。今、一瞬が先です。至福に囚われると、至福は遠ざかります。


AHEADさん

おっしゃる通りシャバでは難しいと思います。
一年くらい自由があれば、最高なんですけどね。
でも人生とは闘いながら武器を拾っていくべきで、シャバこそ最上位の修行の場だと思ってます(o⌒∇⌒o)
Posted by ぴょんた at 2017年11月14日 18:45
ウリエルさん、皆さん、お疲れ様です。

今日も感じましたが、やはりシャバではハートがものを言うような気がしますね。
どうしたって凹んでしまいそうな状況でも、ハートの奥から明るい方へ明るい方へと仕向けてくれるエネルギーが湧いてきます。
思わずステップ踏んでしまいたくなるようなエネルギーが。
ボクはいつもこのエネルギーに救われてきたように感じるのです。
ありがとう🎵
Posted by コウタロ at 2017年11月14日 19:46
ぴょんたさん、
詳細な説明をありがとうございました。
お手数おかけしました。
確かに一つ間違うと魔境ですね。幸か不幸か呼吸だけでいっぱいいっぱいなので、その心配はなさそうです。(笑い)
朝のまどろみは確かに至福です。脳波がかかわっているんですか。

この世は本当に修行の場ですね。今週数えで還暦になるので、残り時間の少なさを実感しています。呆けちゃうかもしれないし。

アホな私を憐れんで、神様がこちらへ導いてくださったのかもしれません。ひとりでは、どうにもなりませんでした。
ぴょんたさんや皆さんのコメントが大変参考になっています。ありがとうございます。
Posted by ねね at 2017年11月14日 20:27
おはようございます(・∀・)
おりますよー。

深いのですか、自分ではよく分からないです(´・ω・`)
でも、そうなんだぁー(・∀・)ふふってエゴピーが喜んでます(笑)
単純だなぁ(´・ω・`)

でも私は何もわかっておりません。
相変わらず分離してます。
恐怖や怒りは物凄かったですけどね(´・ω・`)
今も失う恐怖にまみれております。
というか、私は近々大事なモノを失う事になるだろうという事はわかります。
多分決定です。

この先の人生がどうなるのかわかりませんが、今までとガラッと変わるだろうなと。
近々とは書きましたが、いつになるかはわかりません。
正しいのか間違いなのかは問題ではないです。
というか、一つしか経験出来ない以上、全部正しくて全部間違っているのだなと。
私なりに感じたのは、対になる物をくっつけるとなくなるんだなーって事です。

どちらを失うかはわからないけど、自分の気持ちにまっすぐ生きていきたいですね。
Posted by Medjed at 2017年11月15日 08:16
おはようございます。
荒野の40日、ちょと一服( ´∀`)=3 フゥ

おー、話がいろんな方向で盛り上がってますな。
ぴょんたさんは私とまたガラッと違った視点なので、いろいろオモシロイですよ。ありがとうございます。

Medjedちゃん、
人生はいつだってまっすぐだよ。それに従うしかないです。何もかもが間違ってないから。
大丈夫だよ( ゚∀゚)ノ

恐怖と怒りと突き抜けたら、あまのじゃく通り越して「破壊的な私」がいたよ。
(´・ω・`)
アジャシャンティがこんなこと言ってたよ。
憤怒を前にして大半の人が引き返す。通り抜ける人はごくわずか。そして、憤怒を通り抜けると破壊的な何かがあるのに気づく。ここでまた多くの人が引き返す。内側で起こっていることを見たくないから。ここを通り抜ける探究者は本当にわずかしかいない。

通り抜けようと思ってる。エゴピーができる最後のことだと思うから。

>対になる物をくっつけるとなくなるんだなー

ポイントはそれ。それを「中庸」って言うんだよ。
ひっくり返して言うと、エゴピーと対になってるものがないと、エゴピーそのものが分離できないってこと。
つまりエゴピーが「お金が欲しい」と思っているら、かならず「ド貧乏になってやる」側がいるってことなんだよ。自分の内側に。

昨日わかったのは、そこまで。




Posted by 笑うウリエル at 2017年11月15日 09:39
うん、深ーいところに

「いっそのこと不幸になったほうがラク」

みたいな感覚がある。そいつがエゴピーの対だよ。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月15日 09:56
何度も記事とコメント読み返しています。

ウリエルさんとは、色々感じ方が似ていて面白いです(・∀・)
漬物石とか、自分に絶縁状とか。
私もそんな事を感じてました。

破壊的な何かも感じてました。
何もかもぶち壊したくなるような。
破壊してそしてまた再構築…なのかしら。
私は異常なのか??って思ったけど、そうでもないようなので安心です(笑)

どちらを失うかわからないと言ったけど、どちらも失うかもしれないという事に気づいてしまったー!
でも今は恐怖は感じないです。
しーんとしてますねぇ。
でも今までしーんと嵐を繰り返してるのでわからないですが。
来るものは仕方ないので諦めよう(´・ω・`)
Posted by Medjed at 2017年11月15日 10:07
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

自分の中にある気持ちは全て対になっている。
「金持ちになってやる」があれば「ど貧乏になってやる」がある。
「とことん探究したい」があれば「これ以上探究したくない」がある。
そして、それらの対になっている気持ちをミックスさせると常に、
「お任せします」になる。
そして最後に、「お任せします」と「お任せしたくないです」をミックスすると、
「勝手にして下さい」
になる。
Posted by コウタロ at 2017年11月15日 10:08
「勝手にして下さい」いいなー
壁際に寝がえりうって♪

エゴピーの対のヤツを、「サタン」って言ったんじゃないかな。イエスは。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月15日 10:35
ウリエルさん、皆さん、こんにちは。

なんだか難しそうなお話ですね。
通ずれば窮すという言葉を思い出します。

ぴょんたさんにまたまた質問させて下さい。
座禅を解いたあと、脳みそを冷たい水でジャブジャブ洗ったようなサッパリ感があったんですが、これはどのような機序なんでしょうか?ほんの15分くらいの座禅なんですが、屈託やモヤモヤ感が静まって非常にリフレッシュしました。
お寺という空間が作用することがあるんでしょうか?

Posted by ねね at 2017年11月15日 11:41

ねねさん

確かに寺で組むとちょっと違いますよね。
法が働いているというのはあると思います。

ただ、ねねさんの場合は、無意識に上丹田に集中する
癖があるので集中すると、禅寺や場所は関係なく雑念が
静まる作用が強いかもですね(^^)

その集中、如何なる時でもしていれば、常に禅をしているのも同じです。何事も一心不乱に只していれば、即禅となります。
Posted by ぴょんた at 2017年11月15日 15:52
ぴょんたさん、

お忙しいのに何度も質問に答えて下さりありがとうございました。
参考になりました。

探求とバランス良く組み合わせるといいかもしれませんね。
Posted by ねね at 2017年11月15日 19:04
しーんとしてると言ったけど、そのすぐ後にまた恐怖を煽る出来事が(´・ω・`)

スパルタ、ほんとスパルタ(笑)
Posted by Medjed at 2017年11月15日 22:29
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

エゴピーの対がサタン!
どう言う事なのか気になっていたんですが、今寝起きにフッと気づきました。
エゴピーが強ければ強いほどサタンも強力であると言うことですね。
つまり、エゴピーが自分を防御するエネルギーだとすると、サタンは自分を破壊しようとするエネルギー。
防御すれば破壊される!
自分の中で戦争が起こる?!
こえ〜〜〜〜っ!

無防備が何故素晴らしいかがハッキリ見えて来ましたよ🎵
Posted by コウタロ at 2017年11月16日 02:45
おっはよーございますーーー

Medjedちゃん
それも『恩寵』です(笑)(´∀`;)
なんかねぇ『恩寵』って、「キラキラしてて感動の涙が溢れるステキな体験」みたいに語られるけど、それ、スピ業者が広めたイメージです(笑)

神様に叩き切られて気づいたり、消滅させられる「こだわり」もある。不動明王さんとか妙見さんとか、怖い顔して剣持ってるし。
そんな『荒々しい恩寵』も、ステキな体験なのです。荒々しいヤツのほうが、一気に「こだわり」が吹っ飛んで、手っ取り早いとも言えます。大事なことは感動の涙ではなく、「こだわり」が消えることですから。

コウタロ兄さん、
私もまだハッキリとした理解を得てないので、なーんとも言えませんが、
ずっと綱引きしてたみたいに感じません? 防御と破壊が。
ヤジロベーみたいにプランプランしてるような。快楽と苦悩と言ってもいいかな。

私自身、スピリチュルアルしながら、ヤジロベーのバランスを取り続けていただけのような気がします。
「もういいや。エイッ」て、この「私」というヤジロベーを指でピンと飛ばしちゃえばいいだけよね。
そう強く感じるようになってきたのです。
Posted by 笑うウリエル at 2017年11月16日 07:52
今日は(・∀・)

スパルタ過ぎて落ち着く暇がない(´・ω・`)
感情の波がすごいー。
たまに飴と鞭な時もありますねぇ(笑)

昨日はひったすら感じて感じて感じまくりましたよ(´・ω・`)
ただただ苦しかったですね。
そのお陰か?今日はちょっと大事な事に気づけましたよ。
あめちゃんもらえたようです(・∀・)
Posted by Medjed at 2017年11月16日 11:38
ウリエルさん、
おそらく自分の中で綱引きをしているのであろうと想像は出来ます。
ただ、具体的に何を綱引きしているのか?
そして、自分と言うヤジロベエをどうやって弾き飛ばせばよいのか?
その辺がさっぱり分かりません。
ですので、ボクの場合は一先ず外の世界で起こって来る出来事に無抵抗を貫いて行くしかないと感じています。
幸い、このところやたらと攻められる事が多発しております。
ある意味、チャンスだと感じております。
Posted by コウタロ at 2017年11月16日 13:21
皆さん、こんばんは。

自己防衛のエゴピーとベクトルが逆の自己破壊があるんですか。

うーん、よくわかりません。

エゴに飲み込まれると、結果として心が崩壊したり、大切な人間関係や居場所を破壊してしまうというならわかりますが。

あ、自己防衛をやめた結果、今までの人生を敢えて破壊して仕切りなおすってのもありますね。

いずれにしてもこの肉体が滅ぶと私のエゴピーの出る幕はなくなっちゃいますね。
けなげに頑張ってるエゴピーちゃんにヨシヨシしたくなりました。
Posted by ねね at 2017年11月16日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]