2016年05月11日

「イエスのほう」について

( -。-)スゥーーー・・・ (o>ロ<)oゴキゲンヨオオオオオ

今までつらつらといろいろ記事を書いてきましたが、
ちょっとここいらで、まとめておこうかなと思います。

まず「悟り」には、3種類あると言いました。
「マインドのさとり」・「ハートのさとり」・「ハラのさとり」です。

このブログで言う「ブッダのほう」は、一概には言えませんが、
「マインド」→「ハラ」→「ハート」
の順で進んでいくと思ってください。
「マインドのさとり」からアプローチしていくのを、「ブッダのほう」と呼んでいるわけです。主に瞑想からとっかかります。
ただ仏教では、全般的に「ハート」については、あまり多く語られておりません。
禅については教義の上では「ハート」を切り捨てています。「ハート」は非論理的ですので。
(個人レベルでは「ハートのさとり」まで達している人は多くいます)
ちなみに巷のスピリチュアルでは、
「マインド」→おわり(゚∀゚)
となっているのも、多いです(笑)


それに対して「イエスのほう」は、
「ハート」→「マインド」→「ハラ」
もしくは、
「ハート」→「ハラ」→「マインド」
となります。まず「ハート」に働きかけるアプローチを「イエスのほう」と呼んでいるわけです。
当ブログのでございます。

どちらがいいのかというと、一般的な「王道」は「ブッダのほう」でしょうね。
「ハート」は女性的で繊細ですから、「ハート」から働きかけると、男性的な「ハラ」とつながるのに時間がかかるそうです。ウリエルもそうでした。
それに、「ハート」は、禅やヨーガのように古くから確立されたものがありません。
なぜなら、「ハート」はオーダーメイドだからです。確立できないんです。それぞれの人によって違いますから、それぞれ各人が手探りでやっていかなければならない部分があります。

しかし、あえて、

ウリエルは「イエスのほう」を勧めます!

「時間がかかってもいいじゃない、そのほうが楽しいよ♪」
てな、ノリです(笑)
それだけでなく、最近、「イエスのほう」にも、何かと「いいところ」があるのに気づいてきたからです。
ひとつは「エゴ」に乗っ取られにくい。どうしても「マインドのさとり」から入ると、『気づき』が起こった時点で、「俺は悟った!」病に取りつかれやすいように思います。
「マインド」→おわり(゚∀゚)
と、なっているのは、そういうのが理由かなと。
「イエスのほう」も、そうなることがないとは言えませんが、「非二元」、「ワンネス」がわかりにくかったり、わからないまま進行して行きますので、意外となりにくい。
ずっと神様との対話が続きますから、「非二元」がわからないんです。

それと、日常生活の中で簡単に取り組めるのも利点です。瞑想やヨーガって、なかなか普段の生活に余裕がないとできないですよね。
しかし「ハート」に働きかけるのは、フッと意識が「ハート」に向かえばそれでいいわけですから、買い物中でも掃除中でも、ほんの少しの時間があればできますから。
そして、なにより、神様の『愛』に触れることは、たいへん嬉しいものです。これさえあれば、いくらでもご飯が食べられる的な、もう他には何もいらないと思える、それはそれはステキなステキなものですから。


で!
昨今、巷に多くある「ブッダのほう」、「マインドのさとり」からアプローチして行く道と、
当ブログの柱である「イエスのほう」、「ハート」に直にアプローチしていく道の、

相違点

を、きっちりと明らかにしておきます。
実はこのブログ、この点をきっちりとさせていなかった。というのも、私が探究の半ばどころか、探究を始めて間もないころにブログも始めてしまったもんですから、用語とか理解もゴチャマゼになっているんです。大いに反省すべき点です。
でも、それが最近になって、ようやくある程度スッキリとしてきたので、まだ完全ではありませんが、

ちょーーーど、200コ目の記事ですし、

明らかになっている部分だけでも書いて行こうと、決心したわけです。ハイ。
では、長くなるけど、参りまーす。

まず、『気づき』です。
『気づき』は、いわゆる「マインドのさとり」と同じ意味で使われていると考えております。
自己の不在、「私はいない」です。ただ『気づき』が気づいているというヤツです。
当ブログ「イエスのほう」につきましては、最初のうちは、

わからなくて、けっこうです!(゚∀゚)

「ハート」から『愛』がドパーッと溢れてきても、『気づき』はわかりません(笑)
だから、よく言われている「沈黙」、「静寂」もわかりません。「観照意識」もわかりません。
最初のうちどころか、ずっとわからないかもしれません。それでもいいと思います。
ウリエルもずっと後になって理解することができました。(去年の秋でっせ…笑)
正直、「これ、いる?」と、思いましたよ(笑) 
こんなもののために、みな大枚はたいてセミナー行ってるの?
という感想ですな。(´・ω・`)
でも、その代わり、

「胸のスペース」、「胸の静寂」

が、わかります。『気づき』とは視点が180度ちがうものです。
胸の内側に広大無辺な空間ができます。それはどこまで行っても真ん中のスペースです。
「胸の静寂」とありますが、「沈黙」ほど静かではありません。ウリエルの場合、まあまあ静か、くらいです(笑)
わからない方は、また、どんどん質問してくださいね(´∀`)


次に「ワンネス」・「非二元」です。
これも、きっと、

よくわかりません!(゚∀゚)

「ハート」が開くと、あなたは神様に逢います。
その神様が「本当の私」だから「ワンネス」と言えないこともないのですが、その感じ方で行くと、「ハート」の奥に進むたびに、

たくさん「ワンネス」がある感覚になるんです。

「ワンネス」がたくさんある。これ意味が分かりません(笑)
その段階に応じて、それぞれの「ワンネス」があるような感じですかね。コイツはややこしいので「ワンネス」・「非二元」も、当分、無視してもかまわないと思います。
それよりも、「二元を受容する」ことに意識を持って行ってください。

私たちは「二元」だからこそ存在してるんです。

ホントのホントに「非二元」になっちまったら、完全に神様です。ただのエネルギーです。早い話がこの世に生きておりません。
だから、この世にいる限り「二元」でいいんです。無理に「非二元」を理解しようとしたり、理解したつもりになるから、おかしい方向に行く人がいる。ウリエルは、そう思います。

この2点が、「ブッダのほう」と「イエスのほう」の最大の違いと理解しております。


「イエスのほう」に取り組むにあたって、まずやることは、

「ハート」を感じること

です。
それと、もうひとつは、目の前にある現実の肯定、受容です。

「ええねん」

です。目の前の現実を受け入れることができなくしているものが、価値観、条件付け、意味づけ、信念です。
だから、「ええねん」と素直に言えないときは、それに気づきましょうというのが「イエスのほう」の主な取り組みになります。
価値観、条件付け、意味づけ、信念を「ええねん」にしてはいけませんよ(笑)
あと、無理やり「ええねん」と言ってしまうのも、違います。素直に「ええねん」になるように、自分の内側を見つめて行かないといけません。

ウリエルは日本人は「イエスのほう」が、しっくりくる人、多いと思っています。
もちろん全員ではありません。欧米人やインド人に比べてです。
なぜなら親鸞が、「歎異抄」が、しっかり受け入れられているからです。
個人的な感覚ですが、「聖書」より「歎異抄」のほうが、「イエスのほう」の道を昇華しているようにしか思えないんです。
確かに「イエスのほう」は一切と言っていいくらい、論理的なところがありません。だから「歎異抄」も、きっちりとした訳がほとんどないのです。あなたの内側、あなたの神様との直接の対話がないと「歎異抄」は読めません。頭では理解できないものなんです。
でも、それが連綿と読み続けられている国ですから。


『真実』に触れ、光り輝く命として生きたい

この純粋な思いがあれば、『真実』があなたを自然に導いてくれます。
その「導き」で、このブログにやってきたと思われるよう、これからも精進しますね。

では、長々とすんまそん。

ごきげんよう。

hakuta.jpg
曇天も吹き飛ばすオレンジ、赤、黄色!@島根県安来市

hakuta2.jpg
もう一枚♪(´∀`)
【関連する記事】
posted by 笑うウリエル at 00:56| Comment(50) | 旅のはじめのころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

ウリエルさん、
200コ目ですか!
おめでとうございます♪

とにかく『ハート』が基本ですね!

ボクが『ハート』のエネルギーをどの様に捉えているかと言いますと、
「繊細で感受性豊かでありながら、冒険好きで自由奔放な少年」
って感じですかねえ。

基本的にボクの人生はこの「冒険好きな少年」に任せて生きて来ました。
もちろん、ボクの中には一応「理性的なオッサン」も住んでいます。
住んではいるんですが……
ただ、このオッサンは非常に影が薄い……

役者として表現している時なんかは、この「冒険好きの少年」に任せておいて全く問題はありません。
しかしこの少年、無難にしておけば良いだけのバイト先でもたまに革命を起こそうとするんです。
オッサンはハラハラしながらも、結局少年に付いてっちゃうこともある。
多分周りから「危ない奴」だと思われてるんでしょうね。

でも、今の昼間のホテルのバイト、そんな感じでかれこれ10年も続いているんですからねえ。
これ又不思議なんですね♪

では皆さん、今日もheartfulな1日を❤
Posted by コウタロ at 2016年05月11日 05:15
ウリエルさん、みなさん、おはようございます♪

200個目の記事、おめでとうございまーす♪
あらためて、このブログに出逢えたことに感謝です。
たくさんの「あ!!」を、ありがとうございます。
Posted by かよ at 2016年05月11日 07:08
200個目沢山の気づきと過程を
ありのまま書いてくださりありがとうございます
そして沢山の方々にヒントや導きをありがとうございます

とーってもわかりやすいです
情報の多い中、自分がどっちのタイプか
どっちがしっくり合うかわかりました

親鸞のページを読んで
正直、力強く男前でかっこ良すぎで衝撃でした
ウリエルさんが書いてくれなかったら
難しい漢字の偉い人くらいしか知らない人でした

ここ最近ハートにたっぷり近づくようにしています
まだまだ沢山のドアがあるようで毎回毎回
扉が開くのを逃さないようワクワクしています
多分沢山逃しています(笑)

しかし、普通の生活の中で、友人や知り合いの会話の中で
私はハートでええねんでも、言葉ではそれを正直には言わない
言えない、ところがあります
そんなときは、取りあえず、そうなんだーて笑っておく
ことにしてます
ウリエルさんはどうしてますか
Posted by きらこ at 2016年05月11日 11:42
ウリエルさん みなさん こんにちは^^

記事200コ目ですか〜!
ウリエルさん、200コすごい🎉本当にありがとうございます♪

私は「わからない」がいっぱいですが(^^)
二元に生きていることわかります。
目の前の現実を受け入れられない時は価値観に気付くチャンスってことわかります。
まあ、素直に「ええねん!」って思うのはなかなか厳しい現実もあります。
ただ少し「ワクワク」します。その価値観に気付いた時ビックリして笑えるからかな。
Posted by ゆっくりん at 2016年05月11日 12:33
ウリエルさん、みなさん、こんにちは。

>ホントのホントに「非二元」になっちまったら、完全に神様です。ただのエネルギーです。早い話がこの世に生きておりません。

 このくだり、個人的に非常にナットクです。というか中国の仙人は大まじめにこれを目指した存在であり、ワタクシ功夫マニアの究極の目標もこれなので。
 私なりに整理すると、
マインド→とにかく『悟り』という概念を理解したい。宇宙と生命の本質、秘密を知りたい!(ヨーガ・仏教系)
ハラ→『悟り』なんてどうだってええねん! とにかくこの世を成り立たせている大いなる力と一体化して不滅の存在になるんじゃ!(道教、仙人系。クンダリニー・ヨーガ等)
ハート→神のはからいを受け入れ、合一して味わう至福の境地。これこそ救いであり、生命と世界の本質も見えてきます。(イエス・スーフィー系。ラージャ・ヨーガ等)
 こうしてみると、やはりマインドとハラは『智慧』と『生命力』の両極端に偏っています。ハートはストレートに『神』を求めるぶん遠回りだけど、いちばん本質に近い気がしますね。
 とはいえ世界の究極の姿が一つである以上、どのアプローチからでもいずれ真実に辿り着くと信じていますが。
Posted by 功夫マニア at 2016年05月11日 13:42
いやっほーい(゚∀゚)ノ
ななななんかわかった。わけわかんないと思うけど聞いてくれ♪

この前の串カツ会の「ジュピター」と、一昨日のきらこさんの書き込みがスポーンとつながって、たった今のゆっくりんさんの書き込みで、パーンとモヤモヤが晴れちゃった。

とっても簡単な話なんだ(´∀`)
「イエスのほう」は、ノーメソッドなんだ。
だから本にも、講演会にも、ワークにも、リトリートにも、セッションにも、アシュラムにも、教団にも、
「でけまへんねん!」(笑)
ぶっちゃけて言うと、これでメシが食えんのだ。

あはは、それで今までゴチャマゼになってたんだわ。
アジャシャンティもエックハルトもOSHOも、ゴチャマゼだ。
スピリチュアルしてると、どうしても『気づき』がからんでくる。『気づき』にはメソッドがある。
でも、これ、後回しでも、ぜんぜんOKなの。本当は。

わかった、わかったよ。
つーことで、笑ウリ部、スッキリ新装開店します!
きらこさん、ゆっくりんさんだけでなく、みーんな、ありがとう。
これに気づくために、今までブログしてたのかな。


Posted by 笑うウリエル at 2016年05月11日 14:38
ブログ200コ突破おめでとうございます!そして、ありがとうございます(^o^)

私はマインドでの悟りに疲れ果て「自愛が足りないのでは」との思いから、ウリエルさんのブログに辿り着いたのでした。
今は「マインドの限界」を「ハート」が受けとめてくれているような感じです。
ウリエルさんのブログへと導かれたのも「すべては神の采配」と「ハート・マインド・ハラ」で理解できたら‥それが私の悟りなのかな、と。
Posted by ピヨコ at 2016年05月11日 14:51
ウリエルさん、皆さん、こんにちは。

ウリエルさんのコメントには、これと言った詳細が書かれていないにも関わらず……
何かピンと来るものがあります!

「イエスのほう」にはメソッドが無い、そしてこの間の串カツ屋でいきなり流れてきた「ジュピター」……

何か来ましたねえ、来ましたよ♪
なんだか妙に胸騒ぎがしますねえ♪

皆さん、マジで楽しみです❤
Posted by コウタロ at 2016年05月11日 15:20
ウリエルさん、皆さん、こんにちは。

ウリエルさん、200コ目の記事ありがとうございます (^^)
>私たちは「二元」だからこそ存在してるんです。

これですね!ずっと感じてた事です。
いくら「ワンネス」とか「非二元」を探求しても、「わかる」という事自体が「二元」ですからね。まぁうまく言えないですけど…(・_・;
要するに、何かそんな事はどうでもよくなっちゃったんですよね。
「ハラ」の「静寂」というのは捨てがたいですが…。

価値感、意味づけ、信念を「ええねん」にしてはいけない!というのは、結構これは難しいですね。
『ハート』に従ってるから「ええねん」と思いながら、実は信念に従ってるだけという事もありますからね (笑)
(「こういう生き方をしよう!」とかは大体そんな感じかと…)
Posted by AHEAD at 2016年05月11日 17:28
こんばんにょ ε-(´ω`●)

功夫マニアさん、
三つのさとり、なんて上手にまとめてあるんでしょう。すごいです。
でも、究極の目標が仙人になっちゃうことなんですか!?
わたしゃ、とてもそこまでできません。それは死んでからでいいです(笑)
とりあえず、この命で「私」を生きます。
(´∀`)

AHEADさん、
「ハラ」は「静寂」というより「在る」です。
ウリエルの感覚では「静寂」は「マインド」です。
ほら、「ハラが据わる」って言うじゃないですか。
「どっからでも、かかってこんかい!」
という感じ。あのとき「ハラ」にいるんですよ。
あのマグマのようなエネルギーの中に、くつろぐことができるんです。








Posted by 笑うウリエル at 2016年05月11日 21:57
ピヨコさん、
疲れ果てちゃってますかー…
あのね、「マインドのさとり」って、集中力がいると思うんです。だから疲れちゃう。
この集中力がいるってのが、クセモノなんです。
でも苦しみにあえでいるとき、そんなもんに集中できるほど、誰もが強くない。というか、精神的に参っている所に、追い打ちをかけるようなもんです。
苦しんでいるときにリラックスしろったって、できねーもんはできねー(笑)

できねーもんはできねーで、いいんです。
『気づき』なんて、たっぷり時間と気力体力の余裕のある人が、探究したらよろしい。
だいいち、『気づき』では苦しみから離れることはできますが、根本の解決にはなりません。
苦しいときに現われてほしいのは、フツーに「神様」ですもんね(笑)

あ、松山の会、よろしくお願いしますね♪
他にも来る人いないかなー。

Posted by 笑うウリエル at 2016年05月11日 22:16
みなさーん、こんばんは。

ウリエルさん、
200コもの記事!スゲー!です。
深夜に記事を書かれるのも大変でしょうに、いつも本当にありがとうございます。
新装開店?楽しみにしておりますので、これからもよろしくお願いします(^人^)
で、「胸のスペース」、いまだに分かりません。
「胸のスペース」と「胸の静寂」は同じなんでしょうか?


Posted by magnet at 2016年05月11日 22:21
コウタロ兄さん、
そう、なんかわかんないけど、ビヨーンとつながりまして。

「Every day I listen to my heart
 ひとりじゃない♪」

「ひとりじゃない」
これも『真実』なんです。私たちは神様とひとときも離れてない。絶対に離れることができないんです。
コレコレ。忘れてた(笑)
これをもっと大切に伝えなければ。
『ハート』コースなのに。ほんと、なにやってんだろ、オレ(笑)

あ、きらこさん、質問してくれてますね。すっ飛ばしてました(笑)
>そんなときは、取りあえず、そうなんだーて笑っておくことにしてます
私も、ヘラヘラ笑っておくことにしてます。
(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

でも、不思議と困ったこと言う人が、私の世界から減少して行っております。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月11日 22:35
マグネっち、うん、同じだよ。
ねえ、いつになったらわかってくれるのさ(笑)
広島人の粘り強さを、こんなとこに発揮しないでよ(笑)
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月11日 22:39
ウリエルさん、なるほどです。
「ハラ」をきちんと理解出来てる訳ではないですが、どっしり感というか、「在る」の方が近い感じですね。
「不安」「緊張」「恐れ」などが湧いてくる時って、よく言ったもので「浮き足立った」状態だと思うのですが、「ハラ」に下りて行けば、そういったエネルギーも心地良くなる事があります (^^)
これが上手い具合に『ハート』に溶けた時に「至福感」にまで変化するのですかね?(^^;;
Posted by AHEAD at 2016年05月11日 22:45
ウリエルさん
皆さん今晩は

バーは相変わらず厳しいのですが、正念でないと仕事に
ならないので、よい修行です。

ところで、ハートに死に物狂いで集中したら、自然と
ハラにも気が入り、マインドの思考を吹き飛ばすような気
がします。今、そんな感じでやってまーす
Posted by ぴょんた at 2016年05月11日 23:26
ウリエルさん
ご指摘のとおり、私は「気づき」と「神様」は同じかと思って探求してました。
で、「悟れない!」と二重に苦しんでました。悟るために山奥まで行ったりしたけど、今まで心からリラックスしたことないです。

松山の会、「いのちの電話」みたいになってしまったらスミマセン(+_+)
Posted by ピヨコ at 2016年05月11日 23:42
ウリエルさん、記事が200コ目なんですね!すご〜い!
本当に ありがとうございます!!

お陰様で「ハート」を感じる事ができるようになりました。^ ^
「ハラ」は分からないです。
これからは「ハート」の奥の神様、本当の私、ともっとコミュケーションをとりながらやって行こう♪と思います♪

私は間違いなくウリエルさんのブログに導かれたんだと思っています。
ありがとうございます m(__)m
Posted by レインボー at 2016年05月12日 00:39
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

う〜ん♪なんという清々しい夜明け前なんでございましょうか♪
今朝は、寝起き状態からバッチリ「ハート」に繋がってるのがわかります。
多分「ハート」から「ハラ」へと筒抜けになってるような気もします。
勝手にそうなってますね。
こんな良い感じって、まあ、滅多にあるもんじゃござんせんよ。

この世界の出来事に「偶然」とか「タマタマ」なんてものは無いんですね。
全て起こるべくして起こっているんですね。
その事が理屈では無く解ります。

この世界は『奇跡』が寄せ集まって出来ているんですね。
隅から隅まで、ぜ、ぜ、全〜〜〜部『奇跡』なんですね♪

なぜ今朝はこんなに絶好調なんでしょう?

笑ウリ部が新装開店される事!
そして「イエスのほう」はノーメソッドである事!

メソッドがない!

これが何より素晴らしいんですよ♪
だってアタシャ「method」が苦手なんだもの。
「method」とか「study」とか「lesson」とかがヤダなの!
何にもしなくても何とかなるのが一番好きなだけなの!

では皆さん、今日もno methodな1日を❤
Posted by コウタロ at 2016年05月12日 05:17
はじめまして
200回もの記事をありがとうございます。
かなり前のほうから拝読しておりました。
いつも、お伺いしたいことがあるのですが、
具体的に言葉として、文章としてでてきませんでしたので、
読むだけにとどめておりました。
200回を記念して書き込ませていただきます。
ハートの悟りに非常に興味をもっています。
もしかしたら、自分は半分ほど体験したことがあるのかもしれないというところからの興味です。
これからも記事を楽しみにしています。
Posted by ドンファン at 2016年05月12日 07:04
´ω`)ノオハヨォ

ぴょんたさん、
お仕事、がんばってるみたいですねー(*´∀`)
つーか、ぴょんたさんは「死にもの狂い」が大好きなんですね。
『ハート』に死にもの狂いで入って行くなんて、聞いたことねえ!(笑)
もちろん、それでOKなんです。なんも間違ってません!
ぴょんたさんの神様は、熱い神様なんです。

Posted by 笑うウリエル at 2016年05月12日 07:08
ウリエルさん 皆様
今日もありがとうございます*

記事200コ目おめでとうございます♪
そしてウリエルさん いつも心よりありがとうございます*
ウリエルさんの文章って分かりやすくてすんなり入ってきます。

最近は”どっちでもいいよ”になってきました。
決断力のない”どっちでもいいよ”ではないのですが、決断力がなくてもどっちでもいいよって感じです。
Posted by かなう at 2016年05月12日 12:25

あはは、、私は侍ですから。。

特に私はハートとマインドに壁が多いので、
そのぐらい集中しないとハートがすぐ閉じてしまう。

人それぞれですね(^^)

Posted by ぴょんた at 2016年05月12日 16:02
ドンファンさん、はじめまして。
なんか質問してみたいことがあったら、なんでも聞いてください。
私ウリエルの視点でしか答えられませんが、何かヒントになるかもです。
これからもよろしくお願いします。

ピヨコさん、
オモシロイです(´∀`)
昔の探究者が山奥に入るのは「すべてを捨てるため」
でも、今の人は「何かを期待して」山奥に行っちゃう(笑)
そりゃ、悟れるわけがない。
いえいえ、ピヨコさんを責めているんじゃありません。
ピヨコさんに何かを「期待させる」人がいることや、「期待させる」土壌があることに問題があるんです。

「いのちの電話」で、大いにけっこうですよん♪
そのために松山に行きたくなっているのかもしれません。
神様のお遊びです。


Posted by 笑うウリエル at 2016年05月12日 17:04
かなうさん、
「どっちでもいいよ」は真髄でございます!
どっちかに偏るから、苦しみになります。
「どっちでもいいよ」は結果の放棄であり、すべての受容!
ムテキングです。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月12日 17:08
ウリエルさん、皆さん、こんにちは。

ウリエルさん、今さらながらの質問で恐縮ですが、『ハート』って「神様」(とりあえずそう呼ぶとして…)や「魂」と繋がる通路みたいなものだと思いますが、「ハラ」も「大いなる力」と一体となった(もしくは繋がった)ような感覚があり、この「大いなる力」と「神様」は別物という感覚ですよね?
例えば、エックハルトやアジャとかは、『ハート』と「ハラ」がごっちゃになったような感じで、とにかく「大いなる存在」と繋がる事を説いてるように思いますが(多分「ハラ」という表現は出てきませんが…)只単に、このお二人は一緒くたにしてるだけの話ですかね?
もしくは『ハート』と表現しながら、「ハラ」の方の事を伝えてるような気もしますが…(^^;;
Posted by AHEAD at 2016年05月12日 17:30
AHEADさん、
私の感覚では「ハート」と「ハラ」は別ですねー。つながっている感覚はあります。
結局、「二元」なんです。それが逆説的に整合します。
「神様」がいるのも『真実』だし、
神様もなにもない、ただ「在る」のも『真実』です。

「ににふに」ってヤツ。ご存知ですか?
「ふたつだけどふたつじゃない」
これを頭で「ひとつ」と考えてしまうと、そこで思考停止してしまう。

ににふに、ににふに( ・∀・)ノ

で、進んでみてください。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月12日 18:09
ウリエルさん、
う〜ん、分かったような分からんような感じですが… ^^; とにかくありがとうございます m(_ _)m
まぁ『ハート』と「ハラ」、感覚が全く別物ですものね…。
「ハラ」も「大いなる存在」との一体感、繋がりがあるような気がしますが、神様もなにもない、ただ「在る」の方が近い感覚なのでしょうか…。
ににふに了解です!(^^)
Posted by AHEAD at 2016年05月12日 19:11
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

昨日、
偉大なる舞台演出家、
蜷川幸雄さんが亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

ボクが高校生で、役者で生きて行こうと決心した頃、既に蜷川さんは「斬新で物凄い演出家」としてデビューされておられました。
それからずっと数々の名舞台を何十年も演出して来られた訳です。

側から見ていると「半端ねえ充実した人生」だったように思われます。
いわゆる偉大な方が亡くなられた時は、いつもそう思います。

でも、大事な事は……
御本人が亡くなられる直前に自分の人生を振り返ってどう思うか、なんですよね。

……御本人にしか解らない。

こっちは勝手に想像して、
「凄い人生だなあ!」
な〜んて言ってるだけですね。

さて、
どうまとめて良いやら解らなくなりましたが……

表面的に「偉大」だったか「偉大」でなかったかは置いといて、
自分が亡くなる時には、人生を振り返って、

「うん、OK♪」

この一言だけは言いたいなあ♪

では皆さん、今日もOK!❤
Posted by コウタロ at 2016年05月13日 05:04
AHEADさん、
>分かったような分からんような感じですが…
その感じです♪
私はその感覚が、いちばん『真実』を理解していると思うんです。思考できっちり理解できるものではないんですから。

『ハート』は神様に出会います。私たちは『神の子』です。
「ハラ」は、なにもない、ただ「在る」です。『空』です。
これも「ふたつであって、ふたつでない」です。

コウタロ兄さん
きっとコウタロ兄さんも「うん、OK♪」ですよ。
というか、「うん、OK♪」って言えないと、死ねないと思うんです(笑)
神様の作る物語ですから、途中でプツンと切れるはずがない。必ずハッピーエンドで終わります。
「うん、OK♪」じゃないっぽい人も、たくさんいるように見えますが、それは神様の演出です。
だって、その演出がないと、自分が「うん、OK♪」なのがわかんない。
「ににふに♪」です。

あ、「ににふに」って、漢字で書くと「而二不二」
仏教用語です。
この解説をいろんな人がしてますが、「なるほど!」とちゃんと解説しているのがありません。
よーするに、
「私たちは二元だからこそ存在してる」
ってコトです。
喜怒哀楽を感じたり、わかるとわからないがあったりするのも、ぜーんぶ「二元」だからです。


Posted by 笑うウリエル at 2016年05月13日 06:09
ウリエルさん、
「ににふに♪」ですか。
少なくとも、この二元世界については「うん、OK♪」と言いたいです。
よくぞこの二元世界をお創りになられたなと感じます。

今日も素晴らしく良い天気ですね。
でも、雨や嵐の日が無かったら、誰も今日が「良い天気!」だなんて思いません。

心の中を観察しておりますと「幸せ感」よりも「な〜んとなく不幸せ」な感じが漂ってる場合の方が圧倒的に多いです。
ですがこの「な〜んとなく不幸せ感」が漂ってくれているおかげで、ほんの些細な好ましい出来事があっただけで、
「うわ〜ラッキー、めっちゃハッピー♪」
と思える。

この二元世界に生かして頂いている事に心の底から感謝します♪
「ににふにOK♪」です❤
Posted by コウタロ at 2016年05月13日 09:00
(´∀`)
「なーんとなく不幸せ」
SUGEEEEE!!
ですよね(笑)

それにしても「ににふに」って、なんとなく発音したら、かわいい感じですねー。

ににふにふにふにふふにににー♪
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月13日 09:37
「ににふに君」というゆるキャラを作りたいですね。
ネフプク君が嫉妬しちゃうかな?
Posted by コウタロ at 2016年05月13日 10:04
スンマセン、
ネクプフ君でしたね。
え、ネプクフじゃないですよね?
ゴメンなさい、わからなくなっちゃった。
おめえはどんだけ笑ウリ部にいるんだなんて言わないでね♪
Posted by コウタロ at 2016年05月13日 10:19
あー、ネクプフの弟、
アイツの名前
「ニニフニ」
に、しようっと♪

コウタロ兄さん、ありがとうございます。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月13日 10:22
ウリエルさん、皆さん、
こんにちは ^ ^

「ににふにちゃん♪」可愛いですね♪
ににふに って言葉、初めて聞きました。仏教の言葉なんですね。

私達は二元だからこそ存在している…
なるほど〜。

昨日、自分の奥のほーにあった、とっても強力な、信念に気づきました〜。
でも気づいただけで無くならないだろうな〜と。それも「うん、OK♪」?
奥のほーは、なかなか気づきにくいですね (−_−;)
Posted by レインボー at 2016年05月13日 12:28
ウリエルさん、ありがとうございます。
「ハラ」に下りてる時の繋がり感は微妙に『ハート』も少し開いてるのかもしれません…。
まぁそのあたりよくわかりませんが、それも「ににふに」なのでOKですね (^^)
コウタロさん、笑ウリ部住み込みご苦労様です。
コウタロさんの発信はいつもスピというより自己啓発ですけど (^^;; 毎朝ヤル気出させてもらってまぁっす!
Posted by AHEAD at 2016年05月13日 13:20
ウリエルさん みなさん こんにちは^^

ににふにちゃん♪ うんうん、可愛い〜!
やわらかい感じがしますね〜(^^)

午前中少し外に出たらやわらかい風が気持ちよかったです。
今日は25度くらいになるようです(@_@。

今日は、身体(自分というより全ての)が愛しいと思って
そしたら価値観もこだわりも愛しくなって、あってよかったと思いました。
あってよかったどころかないと困るって思ったら
な〜んにもいらなくて、まぁ持ってたっていいよね〜って感じになりました。
よくわからないですね(^^;)「生きている」だけです。で、全部OKになりました♪
Posted by ゆっくりん at 2016年05月13日 13:47
レインボーさん、
強力な信念に気づきましたか?
その強力な信念のおかげで、いろんな「苦しみ」があります。
でも、それでいいんです(´∀`)

これからもきっと、この強力な信念のせいで、あーだこーだする。でも、それも
「悪くない」
だって、その「苦しみ」おかげで「歓び」がわかるから。
そいつがないことには、「歓び」もわからないから。

ににふにちゃんです♪
「永遠の苦しみ」即「永遠の歓び」
です。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月13日 13:53
ウリエルさん、みなさん、こんにちは^^

コウタロさん
僕も「な〜んとなく不幸せ」な感じが圧倒的に多いです。
圧倒的に多いので、たまにしんどくなります^^;
コウタロさんはしんどくなりませんか?^^
もし、しんどくなった時はどうしてますか?

ウリエルさん
この「な〜んとなく不幸せ」な感じは「幸せ」を感じるための初期設定みたいなものなんでしょうか?
僕の場合、ハートを意識すればするほど、
この「な〜んとなく不幸せ」な感じに気付いてしまってフォーカスしてしまいます。

この「な〜んとなく不幸せ」な感じは、信念や価値観からくるものなのかなぁって思って、
ハートに聞いたりもするのですが、分からないままです。

この閉じたハートの感覚は放っておいてもいいですか?
やはり、ハートが開いた感覚になったときに、ハートを意識することを続けたほうがいいでしょうか?

過去記事などで言ってもらってることかもしれませんが、新装開店ということもあって
改めて質問させてもらいました^^
本当にたくさんの記事。いつもありがとうございます。

Posted by ポリンス at 2016年05月13日 15:18
わーお!
バイトが一段落したからブログ開いたら、
ボリンスちゃんじゃああ〜りませんか!

ポリンスちゃん、又変なこと言ってるなあ。
「な〜んとなく不幸せ感」でしんどくなる訳ねえでしょ。
この感じは、実にしょうもない事でいきなり「超幸せ感」に転じるものなんだからね!

も〜う!
ポリンスちゃんは、串カツ会に来ねえから、そう言う訳のわかんねえことを言ってんの!
「二度漬けあかんで〜!アホ!」とか言ってグダグダ飲んでるところで【ジュピター』が流れて来たら、全てが理解できるのよ♪
Posted by コウタロ at 2016年05月13日 16:01
ほんと、私はたとえ近所の銭湯に行くときでさえ「悟れるかも」と期待し、結局、湯船で考えすぎてのぼせてしまう。
それは、自分の胸の中にいつも今までもずっと「あるもの」なのに‥「ハートを開く」なのですね。

ウリエルさんの「神様のお遊び」というくだりに、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」が浮かびました♪
Posted by ピヨコ at 2016年05月13日 16:10
ポリンス君(´∀`)
お久しぶりですねー。

その「なーんとなく不幸せ」を受容すると、いろんな気づきがあるんですよ。
「なーんとなく不幸せ」と、一生いっしょにやって行くことを受け入れるんですね。
「これもオレ」いや「これがオレ」というふうに。

受け入れられないなら、それは価値観や信念があるから。価値観や信念が「なーんとなく不幸せ」を作り出しているわけではありません。

とても簡単なんですが、言葉にはできないです。
・すべて与えられた『いま』
・神の作り出す物語
・ににふに
このあたりが、「あっ!」の間に、ピタッと整合するんです。ほんの一瞬に。

するとね、ゆっくりんさんの言うように、
ぜーんぶ「ないと困る」になっちゅう(笑)
だから、とりあえずは
「なーんとなく不幸せ」
を受容する方向で取り組んでみてください。
大丈夫。そいつといっしょに今日まで生きてきたわけだから、これからも生きて行けます。
また記事にできたらしてみますね。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月13日 16:17
ああ〜ウリエルさん、
ネクプフ君にそっくりの弟がいましたねえ。
そうか、新たにゆるキャラ作る必要なかったんだ!
名前もまだついてなかったんですね。
良かった良かった「ににふにちゃん」♪

そう言えば……
AHEちゃんもお久っすね。
串カツ会、とりあえず来りゃ良かったのになあ。
あのゴチャゴチャコテコテの新世界の串カツ屋……
至る所で、
「アホんだら!」「ボケ〜!」「いてもたろか〜!」てな言葉が飛び交う。
そんな中で、全く不釣り合いな『ジュピター』が流れて来てご覧なさいな。
それこそ、脳天かち割られた感じ!
ドカ〜ン!!!と来ましたよ♪
Posted by コウタロ at 2016年05月13日 16:43
コウタロさん、ありがとうございます (^^)
つい先日、ごくフツーの居酒屋チェーンに入ったつもりが、なんと串カツオンリー店だったんですよ (゚o゚;;
完全に気分は焼き鳥でしたので、迷惑なシンクロニシティでしたが、これぞ『ジュピター!』ですね (笑)
Posted by AHEAD at 2016年05月13日 17:46
こんにちはー

ポリンスさん、お久しぶりです♪
その、「なんとなく不幸せ」
この世に生まれたときの初期設定かも…
「なんとなく不幸せ」がないと、
「なんとかしなくちゃ」って思わないしね。
いつまでたっても
「なんとなく不幸せ」がなくならないことに気がつくと、
「なんとかしなくちゃ」がいらないことがわかります。

「なんとなく不幸せ」で、
そのままでOKなんです。
Posted by かよ at 2016年05月13日 18:58
ウリエルさん、ありがとうございます。「悪くない」ですね。(*^_^*)

ハート?身体?全体?で「苦しみ」と「歓び」のエネルギーが混ぜ合わさってキョーレツな感覚になりました。

そして、「いま」この感覚を味わう為に全てが揃っている…。なんか分からないけれど、神様が壮大な仕掛けをして私に体験させているみたいです。

ポリンスさん、お久しぶり♪
功夫マニアさん、クンダリーニの文字に反応しました♪最近気になってまーす。
ピヨコさん、銭湯の話、ふふふ♪
松山には、マチュピチュがあるらしいですね〜♪
Posted by レインボー at 2016年05月13日 22:21
200個目の記事おめでとうございます!
いつもお世話になってます。
有難うございます。

最近不安と心配のお二方が不在です。
怒りやら嬉しいやら悲しいやらはあるんですけど…
何だろう。
そのお二方はいなくても困ってはいないのですが(笑)

これからもウリエルさんの記事楽しみにしています!
Posted by Medjed at 2016年05月13日 23:02
コウタロさん
ありがとうございます^^
コウタロさんのハイテンションのコメント読んでたら、
しんどくなってるのがアホらしく思えてきました^^
串カツ会は行きたかったんですけどね〜
またいつかコウタロさんにも、皆さんにも会えると嬉しいです^^

ウリエルさん
お久しぶりです^^

>受け入れられないなら、それは価値観や信念があるから。
価値観や信念が「なーんとなく不幸せ」を作り出しているわけではありません。

ここ、「あっ!」ってなりました。
ずっと勘違いしてたかもしれません
ちゃんと記事にも書いてありますね^^;
「ににふに」も「ふにふに」って読んでたし><

わかりました^^
「なーんとなく不幸せ」を受容する方向で取り組んでみますね。
ありがとうございます。

かよさん、お久しぶりです^^
そうですよね、、
この「なんとなく不幸せ」があったから
このブログにも出会えました^^

でも昔からこの「なんとなく不幸せ」に興味を持ちすぎて、そこばかり見ていたのかもしれません。
今それに気付きました。
やっぱり無意識に「なんとなく不幸せ」をなくそうとしてましたね^^:

かよさんのコメントでも、取り組む方向が見えてきた気がします。
ありがとうございます^^

あ、レインボーさん、お久しぶりです^^
Posted by ポリンス at 2016年05月13日 23:26
おはようごぜぇますだ
過去記事を読んで自主学習しております。

>「ハート」から『愛』がドパーッと溢れてきても、『気づき』はわかりません(笑)
だから、よく言われている「沈黙」、「静寂」もわかりません。「観照意識」もわかりません。

☆「静寂」ってすごくあこがれていたけど、
あと「観照意識」も今一つわからなかったけど、
ずっとわかるようにならなければならないと思い込んでいました。
この記事を読んでやっと整理されてきました。


>「胸のスペース」、「胸の静寂」
が、わかります。『気づき』とは視点が180度ちがうものです。
胸の内側に広大無辺な空間ができます。それはどこまで行っても真ん中のスペースです。

☆まだわかっておりませんようですm(__)m




>「ハート」を感じること
目の前にある現実の肯定、受容


ラジャ ('◇')ゞ








Posted by Chie at 2020年07月13日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]