2016年04月28日

『愛』A

GOKIGENYO〆(・ω・o)

『愛』が『ハート』から溢れるとき。
それは、なんの前触れもなく、ある日あるとき突然に訪れます。

想像してください。
この世界の中にあなたがいるのではなく、あなたの中に、この世界があるのです。
これが突然に起こります。いえ、突然に、最初からそうであったことに気付くのです。
あなたが知らない限り、この世界は存在することができません。「この世界がある」と、あなたが知ったから、この世界があるのです。
すると、なんということでしょう。
この世界は、ひどく無秩序のように見えて、本当は何ひとつ間違いなくピッタリ整合していたのです。
あなたが過去に犯した過ちも、あなたを苦しめる様々な出来事も、何も間違っていない。すべてが整合していないと、逆におかしいのです。
この世界のすべてが、あなたの中にあるということは、そういうことなのです。

想像してください。
あなたが今まで「私」と思っていたその身体が、実は「私」でなかったのです。
本当の「私」は、あなたが知る「この世界」のほうだったのです。本当の「私」が、身体の「私」を通して本当の「私」を見ていたのです。
すると、なんということでしょう。
「この世界」は、あなたのためにあつらえられた、あなたのための世界だったのです。

「この世界は、私のためにある!」

あなたはそう叫ぶかもしれません。
そして、あなたは、すべて許されていたことに気づきます。そして、この世界のすべてのことが、許されていたことに気づきます。
あなたが犯したどんな過ちも許されていたのです。あなたを苦しめているどんなことや、どんなものでも、存在することが許されているのです。何も間違ってはいなかったのです。
あなたは、

「この世界」から、この上もなく愛されていたのです。

そして、

「この世界」は、愛さずにはおれないものだったのです。



「そうだったんだ、そうだったんだ……!」
あなたの中から、感謝という言葉を超えた感謝が噴出します。そして、言いようのないエネルギーに包まれます。
「この世界」を愛することと、「この世界」から愛されることが、もう分けることができなくなります。
ひとつでもふたつでも多でもありません。やさしさとあたたかさを超えた、やさしくあたたかいエネルギーです。
見るものすべてが、そのエネルギーだったのです。そのエネルギーが作り出しているのです。地球も宇宙も、ぜーんぶその中にあったのです。

「もう、どこにも行かなくていい」

あなたは、あなたの元に帰ったのです。まるで迷子になっていた幼い子供が、父や母の腕に再び抱かれたときのように、途方もない安堵に包まれます。
とめどなく涙があふれます。その涙に、今までの「苦しみ」もすべて押し流されます。

そして、あなたは驚くのです。

「この世界」がこんなにも美しく、愛おしいものだったことに。

ごきげんよう。

renge.jpg
れんげ畑@兵庫県丹波市
posted by 笑うウリエル at 14:28| Comment(25) | 旅のはじめのころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい、ここで・・わかったふうなコメントを書きたいのをぐっとこらえて感じてみます・・ウリエルさん、今日の記事もありがとうございます。・・(u_u)v
Posted by mirupa at 2016年04月28日 18:27
mirupaさん

こんばんは。
はじめまして。

ナイス、コメント。
こういう意識って大事ですよね。

でも、素直に書きたいときは、ドンドン書いてくださいね。

と、自分自身にも言い聞かせています(笑)
Posted by yoitomake at 2016年04月28日 19:36
yoitomakeさん、はじめまして!・・結局いらんこと書いてみなさんコメントしにくいかもな〜と反省しておりましたが、yoitomakeさんのリアクションに救われたり。で、こうしてまたコメントを書いている矛盾。でもまあ、おっしゃる通り、素直に書きたいときはドンドン書くのがいいですね。うるさくなり過ぎたらウリエール部長がちゃんと叱ってくれそうなので安心w。ありがとうございます。・・( *_* )v
Posted by mirupa at 2016年04月28日 21:01
読んでいて、熱くなってしまいました。
何回も読み返しています。
ありがとうございます。
Posted by 打ち水 at 2016年04月28日 21:59
ウリエルさんみなさんこんばんは。

涙。・°°・(>_<)・°°・。
Posted by ちゃんくに at 2016年04月28日 22:00
ウリエルさん、皆さん、こんばんわ☆

今日は次女の家庭訪問でした。
本当は昨日の予定でしたが、土壇場でどうしても嫌になり、せっかく掃除した玄関にゴミをぶちまけている私が居ました。

いい母演じるの限界だったみたいです。
本当は極悪人なのに、たまにギャップに耐えられなくなります。
まぁ今日に変更してもらい、無事になごやかに終わったのですが。

先生が帰ったあと、何故かガレージで野良猫が死んでいるのを発見(泣)
うちのガレージでたまに子猫を産んでは勝手に育っているのですが、産まれた所に戻ってきて死んだのだなぁ…と合掌。

私が何をしても何もしなくても、世界は私に何かを教えるためにあるのですね。

皆さん、北海道良いですね〜。
高校の修学旅行以来行ってないなぁ。
あの頃は自然体で友人と笑い合えた。
今はもう駆け引きや計算ばかりでどう付き合えばいいかわかんないや(笑)

ミルパさん、私も同じです。
わかったようなわかんないような?ここに書いていいのかわかんない事ばかり書いてます。
皆さんの迷惑になってなきゃいいけど、人の為と書いて偽。人の為じゃなく自分の為に書いてます。
Posted by おみな at 2016年04月28日 22:23
おみなさん、はじめまして。
おおっ (゚o゚;;
自分も高校の修学旅行で北海道に一週間行きましたけど、それきりなんですよ。

ウリエルさん、「何ひとつ間違いなく整合している」というのは究極的にはその通りで、又、それしかあり得ないと思うのですが、これもまた現実世界で自我の都合のいいように採用してしまう危険性もありますよね。
まぁ自分の事なんですけど…(笑)
「苦しみ」があまり無くなっちゃってるんですけど、これでいいのかな?みたいな…。
Posted by AHEAD at 2016年04月28日 23:41
AHEADさん、

修学旅行といえば、北海道ですよね(断言)
キタキツネにるーるるる、クラーク博士像の下で同じポーズを取り(定番)
生きてる羊を見ながらジンギスカン(残酷)
そして霧の摩周湖は恐ろしいほど晴れていた(笑)

ガイドさんに「摩周湖が晴れていると婚期が遅れます」と言われ、焦って結婚した私を含め2人が離婚再婚繰り返し(笑)
その他友人全員がいまだ独身という(笑)

嗚呼、素晴らしい北海道の想い出!
あんな素晴らしい大地に住んでるなんて、ゆっくりんさんがうらやましい!

はい、脱線失礼しましたm(__)m
Posted by おみな at 2016年04月29日 00:19
おみなさん、自分の時代は大阪から北海道に修学旅行って、まだ贅沢感あったんですけどね。
一週間ずっと曇ってて、逆にそれが壮大感みたいな感じで今でも印象に残ってます。
友人がバスガイドさんを好きになって、又、夏休みに会いに行くみたいな、定番のアホでしたけどね (^^;;
脱線すみません…。
m(_ _)m
Posted by AHEAD at 2016年04月29日 01:49
おはようございます。

いらんことでも、書きたいときは、どんどん書いてくださいよ(´∀`)ノ

人の為とかいて「偽」
コレ、おもしろいなぁ。
あとね、我が慢心すると書いて「我慢」
「わたしはもっと恵まれるべき!」
という思いが我慢させるんです(笑)

修学旅行に広島、長崎、長崎と行ったウリエルは、
高校卒業まで、修学旅行は原爆を学ぶものと思っておりました。
北海道とか行く学校があると知り、軽いカルチャーショックを受けましたな。

北海道ではセイコーマートでソフトカツゲン。
これをしなと北海道に行った気がせん。



Posted by 笑うウリエル at 2016年04月29日 06:01
ウリエルさん、みなさん
おはようございます ^ ^

記事読んでると だんだんハートが開きます。とっても美しい表現だなぁって思いました。
「半分は わかったけど、半分は なんか わからん!」です。正解? ^ ^

ゆっくりんさん、キャラ発見したんですね♪ デッカイドー、行ってみたい♪

コウタロ兄さん、撮影、行ってらっしゃーい (^o^)/

私は ウリエルさんや、みなさんのコメント、大好きですよー!いつも ありがとうございます!
Posted by レインボー at 2016年04月29日 06:50
本日無事に猫の死体を役所の方に引き取って貰いました。休日なのに役所が来るって凄いな。
実は以前住んでたマンションでも、野良猫がこれ見よがしにうちの前で死んでて、役所は祝日だと来てくれなかったんだけどなぁ。

ウリエルさん、
我慢の慢は慢心、なるほど〜。
確かに「私はもっと大切にされるべきだ」という思いはいつもあるかも。
デヴィ夫人や叶姉妹になりたい訳じゃないんですが、たまに自分が薄汚いシンデレラのような気がして爆発します(笑)

広島、長崎、長崎ですか…
もう私だったらそれ完全にPTSD発症するレベルですよ(>_<)
うちの妹が修学旅行広島で、完全に顔から血の気引いてました。食事も喉を通らなかったみたいです。

カツゲン、飲んだことないですー。
でも、牧場の絞りたて牛乳より、自販機の缶牛乳がやたら濃厚で美味しかった記憶があります☆

レインボーさん、
でっかいどう、パニ障だと飛行機乗るのとか辛くないですか?
私離陸着陸で必ずリバースします(^_^;)
新幹線も冷や汗。
一時期、急行列車すらダメだった時があります。(今は大丈夫だぁ♪)

今日もありがとうございます☆
Posted by おみな at 2016年04月29日 15:02
ウリエルさん、みなさん、こんばんは。

今回の記事、分かりそうで分からないんですが、とてもハートに響いて何度も読み返しています。
以前聞いたことがあって心に留まっていた言葉なんですが、
「私が神を見ている目と、神が私を見ている目は、同じもの」という言葉に通じるのんかなと思いました。
Posted by magnet at 2016年04月29日 22:29
おはようございます。
GWをみなさんはいかがお過ごし?(´∀`)

マグネっち、
「分かりそうで分からない」
その感覚でいいんですよ。私も「分かるけど分からない」という感覚で、ずっとおりますので♪
「思考には分からないものが、確かにある」
という感覚かな?

「分かりそうで分からない」を分かるようにしようとしたり、分からないと判断しないで、
ただそのまま「分かりそうで分からない」に、くつろぐの。
「分かりそうで分からない」が永遠に続く「この世界」を受け入れる。あとはお任せだよ♪

ということで、レインボーさん、正解!です。
Posted by 笑うウリエル at 2016年04月30日 06:20
おみなさん、
>「私はもっと大切にされるべきだ」
うん、その思いがスピリチュアルを始めるモトですよね(笑)
でも『真実』に気付くと、その思いは勝手に薄くなっていきます。
そして、さらに奥に進むと、その思いは永遠に消えないこともわかります。

永遠に消えないのに、いつまでも努力して消そうとしたり、
「もう消えてなくなった」と無理やり思いこんだりしておかしくなっているのが、スピリチュアルだったりもします(笑)

つーか、おみなさん、なかなかおもしろいキャラですな。
お会いするのが楽しみです♪(´∀`)ノ
Posted by 笑うウリエル at 2016年04月30日 06:43
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

今、自分が体験している世界は自分の中にあって、自分だけの為に与えられたものである。
この事が実感として感じられるかどうかは、ひとまず置いときまして……
この、自分に与えられた世界をどの様に感じるか?
楽しいのか苦しいのか、嬉しいのか悲しいのか、面白いのか面白くないのか、素敵なのか馬鹿馬鹿しいのか、悲劇なのか喜劇なのか、などなど……

少なくとも、どの様に感じるかってえのは、完全に「個人」の自由である事だけは間違いないですね。
完璧に自由です。平等です。
どう捉えるかに関して言えば、本当に『自由』が与えられている様に思います。

ボク個人として申しますと、自分の人生はメッチャオモロイと思います♪

スンマセン、ソレガイイタカッタダケナンデス❤
Posted by コウタロ at 2016年04月30日 18:07
ウリエルさん、みなさん
こ・ん・ば・ん・はー♪

おみなさん、私、パニ障、かれこれ20年やってますから、最近は慣れてきて以前よりも辛さが薄らぎました。
飛行機は 分かんないけど電車とバスなら「たぶん大丈夫だぁ〜」です♪

ウリエルさん、
「もう、どこにも行かなくていい」
これが 分からないです。ハートに入れておきます♪ でもこの感覚が分かったら パニ障 なんて消えてしまいそうですね〜。

今日は娘の彼氏が遊びに来ました。
来年ぐらいに、娘と一緒に生活したいって言ってました。
なんだか私の人生転換期の様です。
このまま明け渡して流されていこう♪
Posted by レインボー at 2016年04月30日 23:11
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

レインボーさん、救われてますねえ。
もう、すっかり「おまかせモード」に入ってらっしゃるんじゃないですか?
「おまかせモード」になると、内面が自然と平和になって行きますね。
「和をもって尊しとなす」ですね!
内面が『和』になると、外側の出来事も勝手に『和』になって行くんですね!
すんばらすぃ〜なあ♪

では、ちょこっとだけ告知です。

関西ローカル番組なんですが、
関西テレビ「よ〜いドン!」の再現ドラマ。
5/4(水)森繁久彌さん役、
5/11(水)藤田まことさん役、
で出演します。
お時間ございましたら、どうぞご覧下さい!
よろしくお願いします♪

では皆さん、今日もすんばらすぃ〜1日を❤
Posted by コウタロ at 2016年05月01日 05:04
おはようございますんすん♪

レインボーさん、
「どこにも行かなくていい」
は、絶対肯定。「ええねん」です。

うまく言葉では説明できませんが、例えば病気だと「治ったらいいな」と常に思っているわけです。
「治ったらいいな」と思い続けて今日まで生きてきた。
だったら、この先もずーっと「治ったらいいな」と思いながら生きていけるじゃん。
ずーっとずーっと永遠に、何度生まれ変わっても、生まれ変わっても「治ったらいいな」……
「治ったらいいな」と永遠にいっしょにいるのも、悪くない。
というか「治ったらいいな」が「私」かな?

そんな感覚です。
Posted by 笑うウリエル at 2016年05月01日 06:49
コウタロ兄さん

人生ってオモシロイ♪
「おもしろくない」ところがオモシロイ♪
「おもしろくない」ってオモシロイの一部だったんです。
オモシロイの反対が「おもしろくない」じゃなかった。
これは、驚きとしかいいようがありません。

豊臣秀吉の次は、森繁久彌と藤田まことですか!(笑)
なんかオモシロイです。

Posted by 笑うウリエル at 2016年05月01日 07:05
ウリエルさん、
ありがとうございまスンスン♪
m(__)m

「絶対肯定」「いいねん」このヒントで なんとな〜く分かりかけました。

コウタロさん、
森繁久彌さんと藤田まことさんて、
スゲーです!!「よ〜いドン!」観られる方が羨ましいな〜。
Posted by レインボー at 2016年05月01日 09:24
ウリエルさん、
確かに、おもしろ味の中には色〜んなものが含まれていますよね。
まあ、ごく一般的な見方なんですが。

一見華やかなりし芸能界……
大先輩の偉大なる喜劇俳優に付いて改めて少し調べてみただけでも、彼らの人生の中味の殆どが「おもしろくない事」ばっかり。
多くの悲しみ苦しみで占められています。

「おもしろ味」と言う味は、おもしろくない事が大量に寄せ集まって出来ているんだなあと思いました。
Posted by コウタロ at 2016年05月01日 09:37
みなさん、おはよーございます。そうですね、そうですね!人生は毎日は今この時は「逆にオモシロイ」のも含めてオモシロイものですね。(祝)コウタロさん、おめでとうございます!!。森繁久彌さん役、藤田まことさん役の連続のご出演、ぼくもなんか嬉しくなりました。・・( *_* )v
Posted by mirupa at 2016年05月01日 09:49
mirupaさん、ありがとさん!
恐縮です。
Posted by コウタロ at 2016年05月01日 18:47
ウリエルは〜ん

何回も読みました
世界が何だか大き過ぎてわかりませんです

世界=ナベアツくらいしか浮かびませんでした

世界って見えてる世界のことでしょうか‥

ただ、既に愛されてると
信じて毎日、自身持って、楽しく、安心して
肉体の自分がいる世界を楽しめばいいのかな?

間違えてたら又教えてください、ウりさん


Posted by きらこ at 2016年05月01日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]