2016年03月10日

いちばん関心を持っていること

配下にするなら三成〜♪ …ごきげんよう(´・ω・`)

ゆるすぎる滋賀県のせいで、記事を書く気力がへし折られました(笑)
それでも、まあ、折れ曲がったまま記事を書きます。


では…… うん、いきなりですが、

あなたは何に、いちばん関心がありますか?

あなたが『いま』、いちばん関心を持っていることです。
『いま』といっても、「まさに今、この瞬間!」みたいな刹那的な『いま』ではなく、
「ここのところ」とか「ずっと前から」とか、あるいは「幼いころから今日まで」とかの『いま』です。

あなたが「最も価値がある」としているものです。


これは、「『真実』とは何か?」を、探究していく中で、とても大事なことです。
おそらくは、みなさん、この「最も価値がある」としているもののために、探究をしているのではないでしょうか?
「いや、その『真実』こそ、最も価値がある」って方もいないことはないでしょうが、そういう方はズバリ! 何かおかしいです(笑)
まずは、ご自身の内側をよーくよーく観察して、この、あなたが「最も価値がある」としているものを明確にしてみてください。
それが『ハート』からもたらされているものか、「自我」が作り出しているものか、どっちかわからなくてもかまいません。とりあえず『いま』わかる段階で明らかにしてみましょう。

これはもう人によって様々でしょうね。自分以外の誰にもわかりません。他人に定義してもらうことなんて、ありえません(笑)
だから自分自身をよーく観察し、よーく掘り下げて、いちばん奥と思えるところまで洞察してください。

そして、さらに、

なんで、それに「価値」を置いているのかも調べてください。

あなたが、いちばん「価値がある」と思っているから、いちばん関心を持っているのです。その「なんで?」を調べてみてください。
たぶん、すぐにはわかりません(笑)
「いや、わかった」という方は、まだそれがいちばん奥ではありません。あなたがただ当たり前と思っているだけで、実際はまったく当たり前でもないんです。
だから、『黙考』してください。『ハート』に尋ねてください。

「なんで?」を『黙考』してください。


この世界は、あなたが「最も価値がある」としているものに沿って動いていきます。だって、

あなたが世界を作り出しているのですから。

ですので、明らかにしておくに越したことはありません。いや、しておかなといけません。
いろいろ洞察するにしたがって、「最も価値がある」としていたものが、実は「自我」の作り出したウソ、マヤカシだったとわかることもあれば、本当の「わたし」の持つ揺るぎないものだったとわかることもあります。探究が進み成熟して行くうちに「最も価値がある」としていたものが、変わることだってあります。
とにかく、『いま』わかるレベルで、「最も価値がある」としていたものを明らかにしてください。

なんでこんなことを言うのかといえば、これが『真実』へのいちばんの近道だと思うからです。
というか、これから逸脱してしまっては、スピリチュアルの道は必ずと言っていいほど、「脱線」しちゃうんです。「最も価値がある」としているものが、「スピリチュアル」では迷走してしまいますよ(笑)
スピリチュアルは、あくまでも、

あなたの人生を「成就」させる道具です。

自分が『いま』向き合うべき課題に集中するためのものです。



あなたが、いちばん関心を持っていることに集中しないで、なんのための人生でしょう?
『真実』を理解したら、「もう思い残すことはない」と、死んでもいいですか?(笑)

あなたがいちばん関心を持っていること、すなわち最も「価値」を置いているもの、これって、

あなたがスピリチュアルをしている理由でもあるんですから。

時間をかけて、じっくり自分と向き合ってみてください。
ごきげんよう。

yama.jpg
どこの山かわかんない(笑)
たぶん秋田か山形。





posted by 笑うウリエル at 23:44| Comment(27) | 旅のはじめのころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
※故人の感想です

って、さりげなく入ってる!(笑)
コウタロ兄さん死んじゃってる…(;´Д`)

石田三成CMやりたい放題だなー…



Posted by 笑うウリエル at 2016年03月10日 23:56
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

一番関心を待っていることを主体にして正直に生きておりますと、どうしても神を意識せざるを得なくなりますね。

自分が単なる神の遊び道具、オモチャに過ぎないと分かってきます。

コウタロは神のオモチャです!
配下にするなら三成!
やっぱり、このCM……毒や😂
Posted by コウタロ at 2016年03月11日 05:16
ウリエルさん みなさん こんにちは^^

幼いころからずっと一番大切にしてきたであろう思いがぱっと浮かびました。
自我が作り出しているものだと思います。気付けて良かった!
よ〜く掘り下げてみます(^^)
ウリエルさん、ありがと〜(^^♪
Posted by ゆっくりん at 2016年03月11日 11:55
ウリエルさん 皆様
今日もありがとうございます^^*

わー* 今日の記事、ウリエル部最初の自分に戻りました。
私の関心はずっと”肉体の痛み”です。
出産の時にあまりの痛みに気絶しましたが生きていました。
なので人(より動物の方がなのですが)が痛みを感じているととても耐えられません。
そこかー。

三成CM なかなか強烈です***

Posted by かなう at 2016年03月11日 14:01
まいど(・ω・)

ゆっくりんさん、
ゆっくりんさんなら、もうそれが自我が作り出したものだとわかっても、
それといっしょに生きて行くしかないということが、わかると思います。
(´∀`)

例え、それがどんなにつまらない価値観でも、それによって「苦しみ」が生まれようとも、
受け入れていっしょに生きて行く。
それしかできないし、それでいい。
「煩悩具足の凡夫」
ですから。

今日は三成の歌がぐるぐる回るぜ。
Posted by 笑うウリエル at 2016年03月11日 16:41
ウリエルさん、みなさん こんばんは。

>今日は三成の歌がぐるぐる回るぜ。

取り扱い注意
「滋賀県CMの観過ぎにご注意ください!」

なんか、妙なインパクトがあるな・・・(笑)

次が楽しみでもあり、なんか恐ろしいような・・・

コウタロさん
ごめんなさい!(謝)
Posted by yoitomake at 2016年03月11日 19:00
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

ソクラテスのヨイトマちゃん、こんばんは♪
三成のCMに寄せられてるコメントが大量にあるので面白がって読んでたら、中に、
「秀吉うざっ!」
ってえのがありました。
これには超ワロタ♪
Posted by コウタロ at 2016年03月11日 19:57
コウタロさん

「ハッハッハ」そりゃ、笑うしかないね・・・

ひょっとして、滋賀県が調子こいてシリーズ化して
全国区〜〜〜ってことになったりして(笑)
Posted by yoitomake at 2016年03月11日 20:29
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

私は何に価値があるとしているのか…
ん〜。「自由な状態」??
もうちょっと、黙考してみます。

コウタロ兄さん、ヨイトマちゃん、
私はCM観てから、
「いち、ごー、ろく、ぜろ!滋賀県生まれ〜♪♪」と、平泳ぎみたいな動きが頭から離れません! ^ ^
Posted by レインボー at 2016年03月11日 20:55
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

コウタロさん、
どうせなら、見た人皆が「あの秀吉がとにかくうざい!」と言う位、うざい秀吉を演じたら(演出上制限あるでしょうけど…)明日から引っ張りだこだったかもしれませんよ ^^;
「あのうざい秀吉は誰だ!」って (笑)
Posted by AHEAD at 2016年03月12日 00:57
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

う〜ん、「うざい」ねえ……
「うざさ」の追求かあ……

もしかしたら、ボクが最も関心を寄せて、最も価値を置いているのはこの「うざさ」ってやつなのかも知れませんね。

「うざい」って、なんなんでしょう?
出そうと思って出せるもんでも無さそうですしね。
出川哲朗さんみたいに、存在そのものが「うざい」って言われる人もいますしね。
今、出川さんは、若者達に人気があり過ぎて「うざさ」が薄らいできちゃいましたけどね。

でも、表現者にとって程よい「うざさ」は必要なんですよね。
注目集めてる人って、ちょっと見方を変えると皆んな「うざい」もんなあ。
センスのある「うざさ」みたいなやつね。
「うざい」と言われてなんぼ!

では皆さん、今日も良い1日を♪
Posted by コウタロ at 2016年03月12日 05:16
オハヨーゴザイマス

昨日から、かなうさんの
「他者の痛みが耐えられない」
を、ずっと『ハート』に抱いてます。

が、わからん(´・ω・`)

まあ、当たり前。
かなうさんにしかわからないよね。
(´∀`)


でもね、それって「苦しみ」ではなく、
すんげー『愛』だよね。
Posted by 笑うウリエル at 2016年03月12日 08:36
ウリエルさん
私は「責任感」かなと思います。自分にも他のひとにもそれを要求して、それ故に苦しんでいる。エゴからなのかもしれません‥
前回の記事と合わせてハートで黙考しています。
あなたがこの世界をつくっている、というフレーズがことあるごとに浮かびます。
ウリエルさんの場合は「平等」ですか?以前の記事で読んだような。
コウタロさん
秀吉、いちばん目立ってます、存在感があります!
何か大きなオファーが舞い込みそうな予感☆
Posted by ピヨコ at 2016年03月12日 08:58
「肉体の痛み」「責任感」「平等」などなど並んでる中で、
オレだけ「うざさ」かあ……
やっぱ、このオッサンちょっとおかしいよね。
ピヨコさん、ありがとうございます。
「存在感」ってのは、アクの強さとかキャラの濃さから来てる場合が多いですね。
つまり「うざい」んです。
ああ、昨日から「うざい」に取り憑かれてるわ。
あのCMが『超うぜえ』からだな♪
Posted by コウタロ at 2016年03月12日 09:32
ウリエルさん
ありがとうございます。
人は痛みを伝えられるし、治療法も薬もあるし。
周りが絶対に放っておかないので心配していません。
なので二の次で^^; 
すみません。

道でバタバタと車に轢かれている動物の数に泣きます。
謝るしかありません。


コウタロさん
ちっともうざくありません^^
結構、良い人役より、やくざ的な悪役が似合いそう? 
Posted by かなう at 2016年03月12日 13:50
すみません。
言い方を訂正します。
人には必ず人が寄り添っているという意味です。
言い方が悪かったと反省。すみません。

私が思うより、動物もそうかもしれませんが。
車による動物の事故は人災だと感じるので。
Posted by かなう at 2016年03月12日 14:36
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

かなうさん、
ボクも、生き物が痛がったり苦しんだりしてるのを見るのは耐え難いです。
虫に危害を与えるのも嫌です。

でも、ヤクザ的な悪役は大好きです♪
Posted by コウタロ at 2016年03月12日 17:56
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

今日もこれからまた別のCM撮りなんですよ。
これもYouTubeで流れる事になってます。
いつ頃から流れる事になっているのか分かりませんが、見つけ次第お知らせしますね。
もしかしたら又ボクより先に見つける人が何人もいるかも知れませんけどね。

ネットで流れるCMは、テレビのローカルCMと違って、全国、いや全世界の人々に見てもらえるところが良いですね。

では皆さん、今日も良い1日を♪
Posted by コウタロ at 2016年03月13日 06:28
ふーむ…
「生き物たちの痛み」を『ハート』に抱き続けていると、
菜食主義になっていくことに気が付いた。
ブッダは何を見て、何を感じたんだろう?
朝飯にメザシでも食べながら感じてみよう。
(`-ω-´)

ピヨコさん、
「責任感」が苦しみを生んでいると感じているなら、おそらくは、それはエゴからきていると思いますよ。
「責任感」をいろんな角度から見てみてください。
そして、「責任感」の向こうにあるものも見てくださいね。
まあ、他者に何か求めるというのは、必ず「苦しみ」になります。他者はコントロールできないから。
他者を許せない自分がいるだけです。その許せない自分を見てください。しんどいけど(苦笑)

あ、ウリエルは「平等」大好きですね。
今、ウリエルの世界は生きとし生けるものはみな平等です。
食う側と食われる側も平等。
責任感の強い人も、責任感のぜんぜんない人も同じ。
でも、その平等も、ウリエルの「価値のあるもの」を体現するために必要なもののひとつにすぎませんでした。
私が今、最も「価値」があるとしているものは、
「奇跡を見ること」
かな。
この世界は奇跡です。
生きているだけで奇跡です。鳥が飛ぶのも奇跡だし、花が咲くのも奇跡です。
それをたくさん見ることです。
たくさんの人や生き物に会って、たくさんの景色を見ることです。
これをしたいがために、この世に生まれたと感じます。










Posted by 笑うウリエル at 2016年03月13日 07:04
しまった。やけにデカい空白を作ってしまった↑

コウタロ兄さん、

お仕事、立て続けですねー(´∀`)
今日も頑張って!
一人でも多くの人に、
UZEEEEE!
って、いわれるようにお祈りしております(笑)
役者としての「存在感」ってヤツですよね。
思いましたけど人の個性って、ぜーんぶある意味「うざい」ですよね。
Posted by 笑うウリエル at 2016年03月13日 07:13
ウリエルさん、
確かに、
もしかしたら、人間が生きている……
ただそれだけで、
UZEEEEEEEEEEEーーーー!
のかも知れまへんなあ♪
Posted by コウタロ at 2016年03月13日 08:06
ウリエルさん みなさん こんにちは^^

ウリエルさん 、ありがとうございます♪
はい!自信もって「煩悩具足の凡夫」です^^

起きることはもちろん湧き上がる感情もまったく思い通りになりません。
わかっていても何とかしようとジタバタします。
私は誰でなんなんだ?って思ったりします・・・まあ、こうやって生きていくしかないですね。
嫌じゃないです。拒否できないし・・・
でもすべて受け入れるのは難しくてやっぱり気が付くとジタバタしてます。
そのあと「これでいいんだ、結局うまくいってるね〜」って落ち着きます・・・を繰り返します(^^♪
本当にバカで健気です。

「UZEEEEE!」(笑)
確かに、生きてるだけでUZEEEEE〜ですね〜♪
うざくてOKですね。可笑しいね(^^♪
Posted by ゆっくりん at 2016年03月13日 11:17
コウタロさん
昨夜のTBS系のニュースキャスターで光成CM取り上げられてましたね!これから何が起こるのか楽しみです☆
ウリエルさん
私の責任感はエゴからきてるとの診断(+_+)ありがとうございます。
他者を許せない、という世界を自分が作っているんですかね。
アタマでは理解できつつあるのですが、それがハートに落ちないんですよね、なかなか。責任感の向こうにあるもの‥何だろう?
「すべての出来事は自分の責任と引き受ける」ことが「あなたがこの世界を作り出している」の理解に繋がるような気もします。
ウリエルさんは「平等」も超えた感じがしますが、例えば、無差別殺人の被害者と加害者というのはどう捉えるようになりますか?

ウリエルさんの旅は「奇跡を見ること」なんだと思うと、写真も感慨深いです(^^)
Posted by ピヨコ at 2016年03月13日 14:39
今日はヒマだなぁ…
(´・ω・`)

ピヨコさん、
無差別殺人の被害者と加害者ですか?
私はまだその双方の方に出会ったことがありません。だから、
「わからない」
が、いちばん『いま』の私の胸の内を表していると思います。
ただ、もし加害者と会って話す機会があるのなら、
「オレと同じだ」
と思うような気がします。

もし自分が被害者になったら?
これは想像がつきません。
でも、大切な人が被害者になってしまったら? なら想像できるかな。
私は若い頃、母を病で失いました。そのときは、本当に悲しかった。
そのときの悲しみと同じものを味わうと思います。
殺人鬼だろうが病気だろうが津波だろうが、
悲しみに差はできないと思います。


「世界は自分の責任」
というのは、間違いではないですが、その『自分』というものに注意が必要です。もちろん頭で理解している『自分』ではありません。
「与えられた世界を味わうのが自分の責任」
という視点で、世界をみてください。
難しいかな?
Posted by 笑うウリエル at 2016年03月13日 15:38
ウリエルさん、皆さん、こんばんは。

何か「UZEEEEEEーー」の解釈拡がってますね (^^;;
それは間違ってないと思いますけど、自分が言ったのは、あくまで「嫌悪感」や「何か腹立つなぁ」といった感情が伴う「ウザい」で、一般社会に置いてはやはり良くない事の方が多いと思いますけど、役者においてはプラスに働く事もあるのかなと思いましたので…。
あのコウタロ秀吉は、もう一歩で非常に「ウザい」(すみません…(^^;;)感じになるのになぁと感じましたから。
素人が好き勝手に批評してるこんなコメント自体が「ウザい」ですけど(笑)
Posted by AHEAD at 2016年03月13日 20:17
ウリエルさん、皆さん、おはようございます。

AHEちゃんが仰りたい事はよく分かりますよ。
強烈なキャラクターの事ですよね。
大阪会でお会いできたら色々とお話しできそうですね。
AHEちゃんのミュージシャン論も聞かせて下さい♪

ゆっくりんさん、
うざくてOK♪
そう思えるのは無敵です‼

ピヨコさん、
はい、色々と楽しみではあります。
でも、自分の予想ってやつは、ほぼ100%外れますからねえ。
何も期待しないで「今」やれる事に全力を尽くします、はい♪

ウリエルさんが、ピヨコさんに宛てたコメントの中の、
「自分に与えられた世界を味わう事」
これだす♪
Posted by コウタロ at 2016年03月14日 04:58
ウリエルさん、皆さん、こんにちは。

コウタロさん、そうですね。
コウタロさんが「秀吉がウザい」というコメントを見つけたと仰ってたので、逆にそんなコメで一杯になったら、このCMは全国的な反響があるという事ですし、かえって面白い展開になるのかなと思ったという程度なんですけどね (^ ^)
Posted by AHEAD at 2016年03月14日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]