2020年12月26日

「自分じゃない」Σ(゚Д゚)

ごきげんよう…… (。=`ω´=)ぇ?


「本当の自分」は何なのか?

あの、それを知覚することはできませんよ。ハイ。なんせ、思考で理解できる範囲を超えてますので。無理です、ムリムリ。
(´∀`)ノ

じゃあ、どうやってわかったの?

って、なりますよね。まあ、

なんかよくわからんけど、わかってしまった

というのが、実際のところです。そんなもんですので、もっと気楽に行きましょう、生きましょう。
こうすればいいという王道のようなもんはありません。私ウリエルの道が、他の人にあてはまるもんでもない。私ウリエルは自身の体験から、このブログで「これだよ」と指し示しているだけです。「本当の自分」そのものを語っているわけではありません。なので、テキトーでいいんです、テキトーで。
(´∀`)

ただ、思考で理解できる部分はありますよ。それは、

「これは自分じゃない」

ということ。

みなさんのイメージする「自分像」は、どれも「自分」ではありません。

「つくり話」です(゚∀゚)!

頭の中に浮かぶものすべて。いっさいがっさい。完全完熟100% まるっとまるまる作り話のUSO800!

「私はどこそこに住み、どこそこで働いている何歳の名前はなんちゃらという人間です」が、まずウソで、
不安とか、困惑とか、被害者意識だとか、喜び悲しみなどなどいろんな感情もウソ。おまけにこの身体ですらウソ。考えることすべてがウソ。ウソうそ嘘のUSO800!
さらには、この世界もウソ。目に見える世界がすべてがウソ。地球も宇宙もそんなもんウソ。時間もウソ。神様も霊界もウソ。スピリチュアルもウソ。ウソうそ嘘のUSO800!

悟りもウソ(゚∀゚)!

よって、そのUSO800からつくりだされた自分のイメージ、自分像も当然のことながらUSO800です。どれも「本当の自分」ではありません。

ウリエルが言葉で言えるのはそこまです。
朝、目が覚めて、「あー、よく寝た」なんて言っている自分(と、思っているもの)が、すでにウソです。睡眠から覚めたときが、すでに「USO800つくり話ワールド」の始まりです。本当のみなさんは「自分」と認識するもの、そしてこの現実世界と時間、

どれひとつとも関係しておりません

目に映るもの、身体に感じるもの、頭の中に浮かぶもの、

どれひとつとも関係しておりません

(´∀`)ノ


ですから、

感情を感じているとき、

ハートを感じているとき、

「見ているヤツ」になって観照しているとき、

とりあえず、

「これ、自分じゃねーよな」

って、つぶやいてみてくださいな。感情も、感情を感じている自分(だと思っているもの)も、ハートもハートを感じている自分(だと思っているもの)も、「見ているヤツ」も、

「これ、自分じゃねーよな」

そんなことしているうちに、ポロっと、ドカーンと、

「わかった!」(゚∀゚)!

だけが、彼方の岸からやってくるんですよ。
こっちからは行けません。来るのをただ待つだけです。

てなわけで、テキトーに、

ごきげんよう。


今年の初めに行った、「なら瑠璃絵」でも。
IMG_8428.jpg

IMG_8442.jpg

IMG_8418.jpg
@奈良県奈良市
posted by 笑うウリエル at 06:39| Comment(45) | 全体へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

「生きてるだけで丸儲け」(゚∀゚)

ごきげんよう ( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・)


シンプルで大事なことを言いまっせ。耳の穴かっぽじって、よぉ聞きけや。
(・∀・)ノ


例えば、美味しいもんを食べたとき、ケーキでもお酒でもええ。

うれしい満ち足りた感覚になるやろ? 

これがワテらの本質やで(・∀・)ノ

これを「歓び」って、言うとりまんねん。


ワテらは本来、うれしい満ち足りた「満足感」、「充足感」なんや。もともとがそうなんや。美味しいケーキがうれしい満ち足りた感じの原因やないねん。ええか、ここが重要やぞ。美味しいケーキから、喜びを得てるわけやない。

「歓び」を感じるために、ケーキを使っただけや

ほんまはケーキなんか、ちっとも「歓び」をくれてへんぞ。それが証拠に、その美味しいケーキを毎日食うてみ。ケーキが「歓び」をくれるんやったら、ずーっと「歓び」や。でも、そうはならんわな。すぐに飽きてうれしいも満足感もなくなる。そんで、もっと他の喜びを探すんや。ほとんどの人が、「もともとある」、

「歓び」を感じるために、ケーキをつかっただけ

ということに気づいてへんからな。気づいてへんから、他に満たしてくれるものを探して、あれが手に入ったら、これが手に入ったら、満足を得ることができると思い込んで、苦しんだり絶望しながら、闘いに闘いを続けるんや。これが、ほとんどの人の人生や。


ええか。ワテらは

「生きてる」

だけで、ものすごく、これ以上あらへんくらい満足しとる。「歓び」や。
それを確認するために、ときどき美味しいケーキを食べたり、愛する人といっしょにいたり、何かを達成したりするわけや。それだけのこっちゃで。美味しいケーキや、愛する人や、達成感が「歓び」の原因やあらへん。


ほんでや。これも大事なこっちゃ。
生きとったらそれだけで、ずーっと「歓び」なんやけど、ずーっと「歓び」しかなかったら、それが「歓び」ってわからん。だから、わざわざ「欠乏感」を作ったんやで。「欠乏感」があって、はじめて「満足感」や「充足感」がわかる。「歓び」がわかるんや。これに気づけや。生きてるだけで「歓び」なんやから、それを知るためには、生きてたら「欠乏感」もずーっとあるんや。この、なんかわからん「欠乏感」と「歓び」はワンセットや。

ほとんどの人が、この、なんかわからん「欠乏感」にしか注目しとらん。ほんで、これを埋めてくれるもんが、どっかにあるはずやと思い込んで、闘いに明け暮れとる。アホか。ちゃうねん。そうやない。

「歓び」を感じるために、

わざわざ「欠乏感」を作ったんやで

それだけや。だから、その「欠乏感」を埋めんでええんや。その「欠乏感」から逃げんでええねん。その「欠乏感」があって、ときどき、美味しいケーキや、愛する人や、達成感や、お金や、賞賛を使って、「歓び」を確認しとるだけや。ほんまは、そんなもんどれもなくても「歓び」や。「生きてる」が、もうすでに「歓び」なんや。

「生きてるだけで丸儲け」(゚∀゚)

なんや。

このことを、よぉー、頭と心に浸み込ませんかい。

ええか。

「生きてるだけで丸儲け」(゚∀゚)

を、確認するために、美味しいケーキを使っただけやぞ。

ほな、

ごきげんよう。


赤くてでっかいぜ東京タワー♪
IMG_5918.jpg
田舎のガキでも知ってるぜタワー♪
IMG_5940.jpg
電飾ピカピカおしゃれだね♪
IMG_5956.jpg
えらそに立ってる
イヤなヤツだぜ〜♪
IMG_5923.jpg
posted by 笑うウリエル at 07:02| Comment(46) | 全体へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

「思考」 (`・ω・´)

ごきげんよう。 (/ω・\)チラッ


「私」というのは、記憶の寄せ集めにすぎません。生まれてから今日まで生きてきたという、記憶の寄せ集めです。たくさんある思考の、ほんのひとつにすぎません。
(´・ω・`)

この記憶の寄せ集めにしかすぎない「私」は、

この広い世界の中の小さな一個人、この肉体が実体だという思考で、

時間というものがあって、それが連続しているという思考です。

思考なのですが、もう「信念」と言ってよいです。そして、この「信念」が脅かされると、不安や心配になります。なので、この「信念」を守り通そうとします。この「信念」の維持と継続のために、「私」は、

ものすごいエネルギーを使います(´・ω・`)

「私」が使ったはエネルギーは、また「私」自身に戻ってきて、さらにエネルギーを使う悪循環を生み出します。そうして「私」は、

エネルギーを使い果たします(´-ω-`)

ちょっと、このエネルギーの悪循環を休ませたいですね。
(´・ω・`)


そもそも、思考の一部にしか過ぎない「私」、「私」って、あくまでも思考なわけです。その思考って、どこにあるでしょうか?
頭の中? 脳ミソの中?
「あたしの考え」とか「オレの思い」とか言えますよね。つまり、思考って見ることができるわけです。どこを見てそう言っているのでしょう? または、どこで見てそう言っているのでしょう?

思考って、「意識」の中にあるでしょ?

そして、この思考の入れ物である「意識」自体は「からっぽ」でしょ?

この「からっぽだよね」が、「気づき」です。ハイ。ただ、それだけのことなんですよ。


この「からっぽ」に、ただいるだけでいいんですよ。「からっぽだー」と気づいているだけでいいんです。ただ、そこにいるだけで、いろんな理解の扉が開くんです。何もしなくてよい。何もしなくてよいので、ものすごい悪循環の中で回っていたエネルギーもお休みできます。そして、お休みできたエネルギーは、新しい方向に流れだします。

この「からっぽ」、「からっぽ」のくせにすごいんですよ。「からっぽ」の中に、ありとあらゆるものが勝手に現れるんですから。肉体も肉体があるこの世界も、いろんな思考も感情も、「からっぽ」の中に現れてます。「私」も、そんな「からっぽ」の中に現れた、ある思考のひとつです。スピリチュアルが言う「自由」や「解放」ですら、「からっぽ」の中で起こる、とあるひとつの出来事に過ぎません。

だけど「からっぽ」にいれば、すぐに何か変化が起こるわけではありません。なんせ、エネルギーは今まで休みなく「私」という「信念」の維持と継続に使われていましたから、へとへとになっております。だから、まず休んでもらわないと。本来、そのエネルギーが行きたかった方向に向かうためにも、しばらく「私」からエネルギーを離しておいてあげましょう。
(´∀`)ノ

休んで元気になったエネルギーは、やがて未知の世界へと流れだします。どこへ向かうかは、みなさんがご自身で確かめてください。
(´∀`)ノ



さて、思考には、思考にしかできない最大の仕事があります。それを、ほとんどの人が忘れているか、見失ってしまっているんですよね。
ほとんどの人が思考を「私」の維持管理、継続だけに使っています。それも必要なことで、大事っちゃー大事なわけですが、そんなの思考のできることの一部に過ぎません。

思考にしかできない最大のこと、それは、

「からっぽ」を指し示すこと

「この中に思考があるよ」という、その容器、入れ物に気づくことです。その入れ物そのものは思考することはできません。「からっぽ」です。この「からっぽ」の中に、思考が生じているのです。

これに気づくこと、見破ること。

これが、思考に与えられた、最も大事なお仕事です。

ごきげんよう。


貼るもんなくなった。長崎でも貼っとこ。
IMG_3178.jpg

IMG_3161.jpg

IMG_3176.jpg

IMG_3173.jpg
@長崎県長崎市
posted by 笑うウリエル at 05:48| Comment(19) | 全体へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする