2020年10月14日

「苦しみ」という快楽 (´・ω・`)

ごきげんよう (・´ω`・)困ッタナァ…


この世の中の人間たちは、問題を作って苦しむのが大好きです。まるで、そうしないと生きていけないと思い込んでいるかのようです。いや、実際、そう思い込んでます。ハイ。
なんでそんなことをしてるんでしょう?

楽しいからです(`・ω・´)ビシッ

何が楽しいのかというと、どこかで、何かで、

「優越感」

を感じて満足している「私」 つまりはエゴがいるからです。

……(´-ω-`)


優越感を感じている「私」は人それぞれでいろんなタイプがあり、しかも巧妙に隠れていますので、よーく探してみないと見つけられません。だから、よくよく注意してみてくださいね。

嫉妬するとき、「私はアイツより偉大で素晴らしいのに!」という気持ちがないと、そもそも嫉妬が起こりません。まさに優越感。
周囲に不幸をアピールすることで、人々の注目を集めるという優越感もあったりしますね。「私は人々の注目に値する。存在価値があるのだ」と思って喜んでいる「私」がいる。
(´・ω・`)
愛する人を失った。悲しみと言うのは、感じ切ったら自然に消えます。でも「私はこんなにも愛していた。なんて立派なのだ」という優越感でいつまでも悲しめます。
「お金がない。明日が、将来が不安」と言いながら、やりくりや工夫をして日々をサバイバルしていることに優越感。「私ってがまん強くて賢い」と。
また社会の「形式美」に優越感なんかも感じてたりします。「円満な家庭」とか「定年まで勤めあげる」とかに。
「私はそこらのダメ人間ではない。立派な人だ!」
でも、そんな人は愛しているのは家族でも会社でもありません。世の中の「形式美」

てな感じに、いろいろありまする。どこにでも誰にでもありすぎて、人それぞれすぎて、とても例をあげきれません。

……(´-ω-`)


もし、あなたが今、不幸だと感じるなら、苦しいと思うなら、

「優越感」

を、感じて楽しんでいる「私」を見つけるとよいです。その優越感を捨てられないがために、あなたは苦しんでいるのですから。冷静に見ちゃうと、もう滑稽のコケコッコーで笑ってしまいます。

ブッダはこう言いました。

「人は『私はこういう人間だ』と自分で考えるその通りのものになります」

と。これは「金持ちだ」とか「幸福だ」と考えていたら、そうなると言っているのではありません。

手放せない優越感

の、通りになってるよ。と、言っているのですよ。
(´∀`)


でも、優越感を無理に手放す必要はありません。この優越感が「快楽」になっていることに気づいておけばいい。気づいていたら、次第に生き方、そして、この世界が変わって行きます。

そうやって人は次第に全体になって行くのです。

ごきげんにょー。


九州いろいろ(´∀`)
「米塚」@熊本県阿蘇市
IMG_3329.jpg
佐賀のエッフェル塔(笑)@佐賀県神埼市
IMG_3038.jpg
「志」だらけ!@鹿児島県志布志市
IMG_4025.jpg
posted by 笑うウリエル at 06:33| Comment(82) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする