2020年09月26日

「半霊半物質」(´・ω・`)

ごきげんよう o(´^`)o ウーーー

私ウリエル、新しい境地と言うと大げさですが、どう言っていいのやら、なんか新たに視野が広がったような感覚でおります。でも、まだぼんやりしててよくわかりません。
(´・ω・`)


さて、現代は「唯物論」が大勢を占めている時代です。

・宇宙は物質でできている
・物質は原子でできている
・あらゆることには何らかの法則がある

地球も太陽も月も物質であり、それらの動きも万有引力とか慣性の法則とか、自然の法則で説明できます。こういうのが「唯物論」です。また、

・肉体が生きているから思考することができる

こんなのも「唯物論」です。さらに、

・科学技術万能主義、ビジネス至上主義
・法律、規則、競争原理、権力構造、支配者と被支配者などなど

こんなのも突き詰めると「唯物論」に乗っ取ってます。ハイ。まあ、簡単にまとめて言うと、現代の「現実世界」ということです。


いっぽう、この広い宇宙ですら、「自分の意識」の中に展開しているものという見方もあります。あらゆるものがこの「意識」の中にしか顕現していないものである。いわゆるスピリチュアルな見方です。

・「すべてが自分」
・「すべてが内側にある」
・「この世界は幻想(マーヤー)」

こういう見方ですね。自らの肉体ですら幻想です。思考も感情も幻想です。その幻想は無限に広がる「空」、または「静寂」と呼ばれるものに展開し、それを「見ているヤツ」がじっと見ています。この宇宙にあるすべての物質は実在ではなく幻想で、それは神聖な顕われです。物質だけでなく、いろんなテクノロジーやビジネス、法律や道徳、とにかくありとあらゆる事象現象が幻想で、神聖な顕われです。


「唯物論」的な見方、スピリチュアルな見方、どっちが正しいとかいうものではありません。どっちも正しいです。この相反する二つの見方が、

グシャッとひとつになったとき Σ(゚Д゚)

本当の「降参(サレンダー)」が起こります。「流れに任せる」が理解できます。ハイ。
「降参」とか「流れに任せる」って、「する」ことじゃなかったです。勝手に起こることでした。

しかし、この「グシャッとひとつになったとき Σ(゚Д゚)」が、言葉ではなかなか説明できんのですよ。
どっちつかずの宙ぶらりんのようで、しっかりとガッチリとしてるんです。曖昧なんだけどクリアって感じかな。まさに、

「半霊半物質」(´・ω・`)

としか言いようがない。
というか、あなたも私もみなさんも、もう全員、すでに、とっくに、最初から、

「半霊半物質」(´・ω・`)

なんですけどね。


この「半霊半物質」状態になっちまうと、というか、気づいてしまうと、もう「安らぎ」しかないんです。あらゆる抵抗がなくなっちゃうので。
どう転んでも大丈夫なことがわかってしまう。肉体が死んじまったところでかまわない。よくスピリチュアルな視点、非二元の感覚になることができても、すぐ現実世界に戻ってしまうなんて話をしたりしますが、そういうこともなくなります。

もう、どっちでもないので(・ω・)


何言ってるかよくわからない?

でしょうねー……

でも、これが、ここんとこのウリエルの「新しい境地」なんですけどね。

結局、何が言いたかったのかな。とにかく、今のウリエル、なにやっても「うれしい、たのしい」です。他人から見たら不愉快なことしてるかもしれませんが(笑)


「半霊半物質」(´・ω・`)

ええわー。

ごきげんよう。


南阿蘇鉄道「見晴台駅」
IMG_3471.jpg

見たことあるような気がした人もいるでしょう。
「午後の紅茶」のCMロケ地で有名なのです。
IMG_3469.jpg

「午後の紅茶」しか売ってない(゚д゚)
IMG_3476.jpg
@熊本県南阿蘇村
posted by 笑うウリエル at 23:18| Comment(38) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

「何も頼らない」(´∀`)

ごきげんよう C=C= C= C=(ノ´∇)ノ

「新しい生活様式」の3になります。
みなさんがスピリチュアルや悟りというものに取り組んでおられるのも、結局はこういう生き方をするためなんです。
「これが『真実』を体現するということですよん♪」
ってこと、書きます(´∀`)ノ

ほとんどの人が何かに頼って生きています。

「本当に頼りになるのはお金」
「本当に頼りになるのはあの人」
「本当に頼りになるのは家族」

こんなフレーズよく聞きます。ええ、それらのモノや人たちはけっこう頼りになります。でも、いつも頼りにしてると裏切られることもありますよね。ハイ。盲目的に頼りにしていると痛い目に合います。

そんなもん頼りにしてはいけません

外側の世界、目に映っている世界のものは、すべて諸行無常。永遠に変わらず存在するものではありません。というか、永遠どころか思っていた以上に簡単に変わってしまいますよね。そんなもん、最初から頼りになるわけがなかったのです


そこで、一部の人は、こう考えるようになります。

「本当に頼りになるのは自分だけだ」

自分自身が身に付けてきた生きる技術や知恵、それから夢や希望、そして信念。これしか頼りにならんというわけです。
強い人ですね。でも、ウリエルに言わせれば、

それがいちばん頼りにならん

そう思うのですが(笑)
ま、ウリエル自身を鑑みてですけどね(´∀`)


目に映る世界のものも、自分自身も頼れない。
そこで、一部の人は、目に見えないものを頼り出します。

神様、ご先祖、霊的存在、なんかよくわからない超能力的なもの、そして、スピリチュアル……

なんかこれを頼りにする時点で、もうダメな気もしますが、はたして実際はどうかというと、

やっぱり完全にダメです!

そんな何だかわからないものに自分自身の人生をゆだねてしまっては、「生きる」ことの権限放棄ですよ、ハイ。頼るというより、もうすがってしまっています。スピリチュアルやってて言うのもなんですが、いちばん頼っちゃいけないもんですよ(笑)


シンプルな『真実』を言います。

この世にも、あの世にも、前世にも来世にも、宇宙のどこにも、自分の内側のどこにも、

頼れるものなどありません!

何も頼れないのです。すべては変わり行きます。変わり行くのもは頼れません。頼ったところで、いつまでも味方はしてくれないです。必ず手のひらを返されますよ。

唯一変わらないものは「無」かな。
でも、なんせ「無」なので頼りようにも頼れません。だって無いんだもん。


なんかこう言うと、すごく不安になったり、寂しくなったりするでしょう?
でも、ここにものすごいヒミツがあるんです。何も頼れないと知ること、何も頼ることができないと気づき生きていくこと。これが執着しない生き方であり、他力本願と言われる生き方なんです。流されるままに生きるということ。「流されるままに生きる」ということにすら、頼らずに生きるんですよ。「これさえあれば大丈夫」、「これをしておけば安心」というのものを、一切合切を捨て去ってしまうのです。


頼れるものなんてない。

よりどころなんてない。

本当にそう思って生きてみたときにだけ、

すべてがうまくいく

それを体験できるのですよ。これがヒミツ。そこには「わからない」に対する信頼だけがあります。


もしかしたら、唯一、頼っていいものは、

「わからない」

だけかもしれませんね。それすら「わからない」ですが。

ごきげんよう。


桜島━(゚∀゚)━!
IMG_3988.jpg

IMG_3859.jpg

IMG_3983.jpg
桜島にある長渕剛
IMG_3827.jpg
@桜島

<旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 06:52| Comment(46) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

「新しい生活様式」2(´∀`)

ごきげんよう ポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン


私ウリエルが勝手に提唱する

「新しい生活様式」その2(´∀`)

です。
今まで同じようなことを何度も言っており、繰り返しになるのですが。

私たちは常に、元気で明るくあるべき、前向きな気持ちでいるべきだと、無意識にプレッシャーをかけているんですよね。プレッシャーをかけている対象は「私」です。「私」が「私」にかけています。
(´・ω・`)

「いつまでも悲しい顔してちゃいけない」

「これくらいのことで怒っちゃいけない」

「苦しい時こそ笑わなくちゃいけない」

こんな感じにね。(´-ω-`)

そういうネガティブな気分になる出来事に出くわしたとき、本当に無意識に、もう反射的に、
「この感情はよくない」
「あってはならない」
「悪」
と、ジャッジします。そして、それを抑えたり変えたり消そうとしたりします。反射的に無意識にやっちゃってますから、よく注意して自分自身を観察してみてくださいな。
(・ω・)

というわけで、今回提唱する「新しい生活様式」2は、湧き上がってくる感情を

ジャッジしない

そのままにしておく。それだけです。ハイ。

つまりは、今まで言って来た「ネガティブな感情を感じ切る」とか、または『ありのまま』、『あるがまま』と同じです。ハイ。
(・ω・)

困ったことが起こった。たぶん大半の人が、それを早く解決しなければと反射的に思って、何か考えたり行動したりします。「困ったこと」を「よくない」とジャッジしたわけですね。
そこをですね、「困った」から進まないでください。ただ、困ってくださいな。「おお、私は困ってるよー」って、困ったまんまでいてください。

落ち込んだら落ち込んだまま。元気なんて出さなくてよろしい。

後ろ向きで悲観的なことばかりが頭をめぐるときは、気のすむまで頭ん中をめぐらしておいてください。無理に前向きになる必要はないです。というか、無理に前向きにしようとすると、

最悪に近い結果しか生みません

(`・ω・´)キリッ

不安なら、めいいっぱい不安に。怖いなら、とことん怖がって。

病気すら治そうとしなくてもいいんですよ。むしろ「病気のジャマするな」
そんなふうにナイチンゲールも言ってたりするのです。


「いつもハッピーであるべき」これが、私たちを苦しめる最大級の「こだわり」です。

ハッピーである必要なんてありません

だって、本来はなーんもしなくても、無限にハッピーなんですから。

ごきげんよう。


高千穂。天安河原
IMG_3627.jpg
ここで八百万の神様たちが相談したそうな。
IMG_3624.jpg

IMG_3616.jpg
@宮崎県高千穂町

おまけ。宮崎と言えばチキン南蛮
IMG_3708.jpg
「おぐら」@宮崎県延岡市
posted by 笑うウリエル at 22:03| Comment(29) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする