2020年08月27日

「わからない」(´・ω・`)

ごきげんよう (ヾノ・ω・`)ムリムリ


あるとき、これが「私」だと、今まで信じて疑うこともなかったものが壊れる。この身体や、この思考が、自分ではなかったことに気づく。それをスピリチュアルでは「気づき」とか「目覚め」と言います。

『真実』

に、気づいたのです。

「わかったぞ!」( ゚∀゚)!

思わず、そう叫びたくなってしまいます。実際に叫んじゃうかもしれません。


だけどですね……

ここで終わりじゃないんですよ。ハイ。

ひとつの「わかったぞ!」が、また新しい「わからない」の扉を開けてしまいます。
(´・ω・`)

そもそも、どうしてこの幻想の世界を体験してるんだろう?
幻想だと見抜いたのに、どうしてまだこの幻想を見続けるのだろう?
というか、幻想を見る前は何をしていたんだろう?

山のように「わからない」が出るわ出るわ……(´-ω-`)

なんだか『真実』に気づけば、そこで終わりと思っていたのに、これではまるで新たなスタートです。いったいどうなってるの? 


どうなってるのって、まあ、そういうことです。

ようやくスタート地点に立てた

ってことです。ハイ。
(´・ω・`)


あのですね、私たちは思考でしか理解することができません。その次元での「わかったぞ」なんて、ぜんぜんわかってないんですよ。所詮は思考ですから。『真実』はもっと深くて、思考が「わかったぞ」なんて結論を出せるものではないんです。
つまりは、思考が困惑して「わからない」ほうが、より『真実』に近づいているということです。「わかったぞ」で、ハイ終了とは絶対になりません。

だから探究に終わりはありません。「わかったぞ」と「わからない」の繰り返しです。ひとつの「わかったぞ」が、いくつもの新しい「わからない」を生み出します。そんなもんです。
「わかったぞ」で終わっておくとラクチンなんですよね。スッキリもする。でも、『真実』はそこで終わりではないんです。
実際にいくら「わかったぞ」があっても、分離したひとりの人間としての人生は終わらない。それはつまり、まだまだ、もーっと深い『真実』があるんだよ、ということなのです。

確かにこの世界は幻想で「私」なんていない。でも、それは『真実』の一面を切り取っただけのもの。幻想で「私」もいないんだけど、いくらいないと言っても、やはり「私」はいるし、この幻想も「現実」としてあるんです。それもまた『真実』なんです。

この相反する、ふたつの『真実』を、

「体現する」

って、どういうことなんだろう? パラドックス。

「わからない」

です。


どんどん「わからない」を見つけて、そこに入って行ってください。そうやってどんどん深く入っていくと、いつのまにか、いろんな次元で『真実』を「体現」しているようになるんですよ。

不思議なことです。ありがたいことです。

ごきげんよう。

フルーツバス停( ゚∀゚)
IMG_3144.jpg

IMG_3142.jpg

IMG_3127.jpg

IMG_3121.jpg

IMG_3146.jpg
@長崎県諫早市 国道207号線
posted by 笑うウリエル at 22:53| Comment(43) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

「感謝」(゚∀゚)

ごきげんよー(*´∀`)アハハン♪


暑いっす(゚Д゚)!

今日はこれで記事おしまい。

というわけにもいかんですね。ハイ。
ということで、なんか書きます。( ̄ー ̄)

「感謝」

です「感謝」 ハイ。


私たちが日ごろしている「感謝」という行為。これって、よーくその本質を見てみるに、はっきり言って「感謝」って、

「罪悪感」

からの行為にしか、ウリエルは思えないんです。ハイ。

何かありがたいことを誰かにしてもらった。だから、その人に何かしらの「感謝」の気持ちを伝えねばならない。もし「感謝」をしないと悪いことをしているような気持になる。無礼だ。だから「感謝」する。てな具合に。ハイ。ね、「罪悪感」でしょ?

そもそも「感謝」って、「する」ものじゃないですよ。自然に湧き起こってくるものです。なのでウリエルは、それに気づいてから「感謝する」ことをやめました。「感謝するべき」という思い、こだわりを捨ててしまったわけです。だから、どんなにありがたい行為を受けても、そのときの自然にまかせます。そのとき感謝の気持ちが起こらないのなら、感謝しません。ハイ。

だいたい、この私ウリエルも、自分自身が楽しかったりオモシロイと感じるから、他者に何か行為するわけです。他者のために「何かするべき」などと少しも思ってません。ましてや、感謝されたいからしてるわけでもない。そんなの、ただ「恩を売っている」だけなので。
だから、感謝されなくても、とくに不快には感じません。ときどき、実際にしてみたらちっとも楽しくも面白くもなかったということもありますが、それについて罪悪感も感じません。「ああ、失敗だった」で終わりです。


では、

「感謝」

って、いったい何でしょうね?

「感謝するべき」からしている感謝は、単なる「罪悪感」から逃れたいという気持ちで、「感謝」でもなんでもないです。「ニセ感謝」です。

じゃあ、本当の「感謝」って、いったい何でしょう?

いろいろな表現があるでしょうね。ウリエルはこう感じております。

「受け入れる歓び」

あらゆることを受け入れる歓びです。どんなにひどいことも、どんなにひどい人も、それが「歓び」であることに気づくことです。神性なるものだと気づくことです。これが「感謝」です。
だから、もし「感謝するべき」と思うなら、どんなことも、あらゆる起こることが「歓び」だと「気づくべき」と言えるでしょうね。

そして、さらに「感謝」って、やはり

「満たされていると知ること」

だと言えますよね。ハイ。
つまり「歓び」を知ること。


みなさんは、どうでしょうね? 

いろんな言い方出来ますよ。
みなさんの「感謝」、聞かせてください。
(´∀`)ノ

ごきげんよう。

炭鉱━(゚∀゚)━!
世界遺産「三池炭鉱 万田坑」
IMG_3271.jpg

IMG_3252.jpg
鉄塔の真下はこんな感じ。この四角い穴が地中への出入り口です。
IMG_3242.jpg
@福岡県大牟田市

こちらは三井田川鉱業所伊田坑「二本煙突」
IMG_3019.jpg
@福岡県田川市

月が〜出た出た〜 月が出た〜ヨイヨイ
(  ̄0 ̄)θ♪



<旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 23:16| Comment(51) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

「他人の目」(゚∀。)

ごきげんよう ヽ(゚∀。)ノウェ


毎日、暑いですヽ(゚∀。)ノウェ

うちのお店でいちばん涼しいと思う所に、温度計をぶら下げているのですが、終日40℃前後です。
なので、ウリエルはマスクをしていません。マスクをしたら、おそらくすぐに熱中症になり危険だからです。
フェイスシールドもしていません。なぜなら、鉄板の熱で変形してしまい、意味をなさなくなるからです。
(`-ω-´)

このご時世、マスクもフェイスシールドもしていない飲食店なんて、とんでもないと思う人もたくさんいるでしょう。だから、そういう人はうちのお店に来なくて仕方ないと思ってやっております。それでもいいと思う人だけ来ればいい。

すると、意外とお客さんは減らない。というか、ぜんぜん減らない。今までと変わらない顔ぶれが来ます。そして、みんな店に来てマスクをはずしてしゃべりだす(笑)

つまり、こういうことなんでしょう?

ウリエルがマスクをしてないから、「この人の前ならマスクしなくても文句を言われない」と、みんな思うんでしょうね。
(´∀`)
さらに踏み込んで言うと、つまりは、多くの人が「マスクをしていないと文句を言われる」から、しているにすぎないと言っていいのではないかな。なーんだ、みんな感染防止じゃない。コロナウイルスに対する恐怖すらない。ただ、

「他人の目」

が、怖いからマスクをしているだけなんだ。ということになりますね。
(´∀`)


スピリチュアルの観点から言うと、「他人の目」を気にしている限り、真の「自由」はありません。本当は「他人」なんていないからです。「他人」どころか「私」すらいないんですから。

「本当の自分」は、

「私」を体験している存在

です。「私」を体験している意識です。それは無限で広大無辺。決して、多くの人の中のひとりのちっぽけな「私」ではありません。
だから、自分が思うことを、そのまま自由に表現して、なんら問題はないのです。

目に映るたくさんの他者、つまり、たくさんの他人の中には、そういった自分の表現と同調する人もいれば、同調しない人もいる。自分が「私」を通して自由に表現していいわけですから、他者も自由に表現していい。だから、同調しない人を、自分に同調させようとする必要はありません。というか、できないし、してしまっては、自分の自由も失うことになります。

同調する人とだけ、

同調すればいいのです(´∀`)


でも、

「他人の目」

これに恐怖していると、そもそもの「自由」を自分から放棄したことになります。すべての「自由」をです。
無限の可能性があるのに、それを最初から、いっさいを

シャットアウト

したことになります。自分からゼロにしてるんですよ。
自分の思うこと、することよりも、

「他人の意見」

を重視しているといことになりますもんね。

もっとも、自由をすべてシャットアウトした生き方を選択するのも、もちろん「自由」ですが。また、さらに、同調しない人を、無理やり同調させようと「闘う」のも「自由」ですが。
(`・ω・´)


この数か月、けっこう世界が別れてきていますな。
「他人の目」または「他人の意見」に振り回されて生きる人。
「自分の真実」をもとに生きる人。
二極化って結局そういうことか。

まあ、どっちを選ぶかというのも「自由」ですが。
(´∀`)
どっちがシアワセに「来ないで」って払いのけているか、一目瞭然なんすけどね。
(´∀`)

ごきげんよう。

サガ━(゚∀゚)━!
大魚神社の海中鳥居(´∀`)ノ
IMG_3111.jpg

となりには、海の中に沈んでいく「海中道路」
IMG_3090.jpg
@佐賀県太良町

そして、佐賀のシシリアンライス
IMG_3077.jpg
ベセルテ@佐賀市


( ゚∀゚)ノィョ―ゥ <旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 05:28| Comment(66) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする