2020年06月16日

「変化」(´∀`)

ごっきげんよー ε=ε=┏(゚∀゚)┛ ズベッ(ノ_ _)ノ


あ゛ー、ちょっと記事でも書くかぁ……(´-ω-`)


人は常に何かを期待して生きています。
「こうなったら、いいのにな」
「もしかしたら、こうなるかもしれない」
そういった、将来への何かしらのあわーい望み、希望がまったくないと、生きていく力が湧いてきません。

と、思っています(´・ω・`)

スピリチュアルですら、現在の自分と違う自分に「変化」することを期待しているからこそ、やっているわけです。


期待と不安はコインの表裏。同じひとつのものですので、何かに期待すると、同時に、
「そうならなっかたら、どうしよう」
という不安も発生してしまいます。すると、人は「そうならない」という結果を避けるために、いろいろ奮闘し始めます。その奮闘を「生きる気力」なんて言ってるわけですが、何かに期待している以上、不安はぬぐえません。だって表裏一体ですからね。

将来に何かを期待して、それと同時に発生する不安と闘い続ける。これは世の中の多くの人が選択している生き方で、それはそれでよいと思います。ウリエルは否定しません。


ただ、一点、言っておきたいことは、

選択肢はもうひとつある

と、いうこと。それに気づいているかいないかで「生きる気力」の意味が、まるで違ったものになるのです。

んで、そのもうひとつの選択肢というのが、

期待なしで生きる

(´∀`)

それは強烈に『いま』にいなさいということ。もう将来なんてなくていいというくらいに。ありとあらゆる望みを捨てて、もう一切の「変化」を望まない。ただこの『いま』だけにいる。そういう生き方。

思考は「そんな生き方なんてしたら、たいへんなことになる!」と大騒ぎしますよ。「生きる気力」の消失じゃないか。ひどく退屈ではすまない。悲惨なことになると叫ぶでしょう。それこそ不安が爆発しますね。
(´∀`)

だけどね、「変化」なんて、期待すれば期待するほど起こらないんですよ。それは結局、習慣化したパターンをぐるぐるまわるだけ。思い返してみてください。ほとんどそうじゃありませんか?

すべての期待を落としてしまった生き方。一切の「変化」を望まない生き方。これによって本当の「変化」が起こることをあなたは知っていますか?
「変化」を望まない生き方が「変化」を起こすなんて、逆説的でいかにもスピリチュアルでしょ?
こう書いてしまうと、「変化」を期待して「変化」を望まない生き方をしてしまったりします(笑)
それじゃダメだよ。余計にややこしい。そんな期待もバッサリ捨ててくださいよ。
(´∀`)

あなたは『いま』のまま何も変わりません。そもそも変わる必要がないからです。そのまま流され、肉体が朽ち果てて消えていくだけです。そして、肉体が消えるまでの間、

良いことがあるかもしれないし、ないかもしれない。
悪いこともあるかもしれないし、ないかもしれない。

それだけです。さらに、

人として成熟するかもしれないし、しないかもしれない。

それだけです。それだけ。


期待なしで生きる

それは、この『いま』だけを生きるということ。この『いま』だけが実存で、唯一の現実。

その生き方を知ってしまうと、期待がいかに幼稚なものであるかを知るでしょう。幼稚なものだと知った上で、その選択肢をチョイスするのも、悪いことではありません。

そして、それが人としての成熟かもしれませんね。

ごきげんよう。


たまにはこんな写真も貼ってみよう(´∀`)
IMG_8970.jpg

IMG_8949.jpg

IMG_8976.jpg
津山まなびの鉄道館@岡山県津山市

これも貼っておくのだ <旭屋光太郎チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCsazqctQrDPbYk05ik7guPA
posted by 笑うウリエル at 06:30| Comment(96) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする