2020年05月31日

ひとつになること (゚∀゚)

ごきげんよう (・囚・)リラックマ


前回の記事で、自分自身の中で葛藤が起こったとき、

「葛藤が自分」

なのだと書きました。

私たちは常に「本当の自分」で、「本当の自分」でなかったことなどありません。「本当の自分」は、常に幸福で、自由で、歓びに満ちています。
ただ、そのことを忘れて、『いま』この瞬間、

何かのフリをしているだけです

(´・ω・`)


「葛藤」になったら、葛藤はよくないし不快だ。優柔不断だ。決断しなければならない。そう思って『いま』この瞬間の葛藤をやめて、「決断する人」のフリをします。
「落胆」になったら、いつまでも落ち込んではいけない、元気出さなきゃ。そう思って「元気な人」のフリをします。
「軽蔑」になったら、軽蔑はよくない。高慢だ。そう思って「愛する人」のフリをします。
「嫉妬」になったら、嫉妬はよくない、ミジメだ。そう思ってまた「愛する人」のフリをします。

そうやって、私たちはもう四六時中、ほとんど無意識に『いま』を否定して、何かのフリをしてしまう。ちっとも「本当の自分」でいてません。
(´・ω・`)

でも、いくら何かのフリをしていても、「本当の自分」は常に存在しています。つまり、何かのフリをしていると、「本当の自分」から「分離」していというわけです。「分離」とはそういうことです。

「本当の自分」を知るには、この分離をやめればよいだけです。何かのフリをただやめるだけ。「本当の自分」に「なろう」とするなんて、ものすごくトンチンカンなんですよ。もうすでにそうなんですから、なれません。
(´∀`)

「嫉妬」を感じたら、正直に「私はいま『嫉妬』だ!」と宣言すればよいのです。そのとき「本当の自分」は「嫉妬」なのですから。
次の瞬間には「罪悪感」になるかもしれません。そしたら「私はいま『罪悪感』だ!」と宣言すればよいのです。

「不安」
「恐怖」
「悲しみ」
「嫌悪感」
「葛藤」
「迷い」
「守銭奴」
「興奮」
「怒り」
「執着」
「渇望」
「性欲」

瞬間から瞬間へ、「本当の自分」は様々なものに変化していきます。その瞬間の『いま』の「本当の自分」に正直に、とことん正直になればよいのです。「私はいま『○○』だ!」と宣言すること。それが、

ひとつになること (゚∀゚)

これが、真の幸福、自由、歓びへの第一歩。

「本当の自分」とひとつになると、そこに「ヒミツの扉」があるのです。長い間、フリばかりしていたのいで、開けられることのなかった扉。その「ヒミツの扉」の向こうには、体験すべき素晴らしい世界があるのに、あなたが閉ざしてしまったので、まだその世界をあなたは見てません。扉はもう錆びているかもしれません。でも、必ず開きます。扉を開ける鍵は、『いま』この瞬間の「本当の自分」と、

ひとつになること (゚∀゚)

とってもシンプルで、簡単です(´∀`)


イエスは言いました。

「真理はあなたたちを自由にする」

『いま』この瞬間の真理はなんですか?

「本当の自分」は何ですか?

ごきげんよう。


大阪には渡船があります。
橋がデカすぎて歩行者や自転車が渡るのがたいへんだから。かといって小さな橋を架けると、今度は船が通れません。
落合上渡船(´∀`)
IMG_9461.jpg

向こう岸まで2分足らずの船旅
IMG_9463.jpg

こちらは落合下渡船
IMG_9472.jpg
ちなみに無料です。
@大阪市大正区←→西成区

あ、この動画、貼っとかなきゃ(´∀`)
https://www.youtube.com/watch?v=fBr3OoCwSVA
posted by 笑うウリエル at 06:18| Comment(129) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする