2020年02月16日

思考はどこから?(´・ω・`)

ごきげんよう (*゜∀゜)=3!!


ふと、「ギョーザが食べたいな」と思ったとします。いや、べつにラーメンでもチャーハンでもいいんですが。

まあ、ともかく、この「ギョーザが食べたいな」というの、もちろん思考なのですが、コレ、いったいどこから湧いてきたのでしょう? これ、ちゃんと調べたことあります?
(´・ω・`)

というか、そもそも、なんでギョーザを思いついたか? その理由がありますか?

そう質問すると必ず思考は答えを探します。
「ギョーザが好きだから」とか「ギョーザをしばらく食べてなかったから」とか、いろいろ理由を見つけますが、他にも好きな食べ物もあるし、他にもしばらく食べてないものあるでしょう? その中で、なんでこの瞬間はギョーザなの?
(´・ω・`)
決定的で明確な理由は、まず見つからないと思います。ハイ。ただ、なんとなくギョーザの気分になっただけですよね。

「ギョーザが食べたいな」

さあ、これ、どこからやって来たんでしょうね?
(´・ω・`)

というかですね、この突然どこからともなく、理由もなく現れた「ギョーザが食べたいな」
これこそが、

『智慧』とか『叡智』とか『知性』

とか、言われてるものなんです。ハイ(´∀`)

『智慧』、『叡智』、『知性』なんて言うと、とても高尚で神秘的な感じがしますが、こういうことなんですよ、実は。ハイ。

そして、あなたはこの「ギョーザが食べたいな」と言う思考を実際に言葉にして発します。
「ギョーザが食べたいなぁ〜」と。
そして、さらに、材料をそろえてギョーザを作り始めたり、街に出てギョーザのお店に行ったりします。
これこそが、

『真実』を体現する

ということなんです。ハイ(´∀`)
『真実』を体現している人なんて言うと、なんか聖人っぽく思えちゃいますけど、ただこれだけのことなんですよ、実は。ハイ。


えーと、まず、このことは覚えておいて、忘れないでください。

思考は「無」から湧いてきます

「空」でも「静寂」でもいいです。とにかく、「私」が考えて発しているのではありません。だから、しゃべる言葉も思考が言葉になったものですから、「無」、「空」、「静寂」から発せらているわけです。

そのことを忘れていると、「私」の所有する「こだわり」から発してしまうんですよね。観念から発しているといってもいいです。これには「こうだから」とか、「こうあるべきだから」というような理由があります。分離した価値観が土台になっています。不思議とこうした価値観から発せられる思考や言葉は、ものごとをスムーズに運ぶことは、まずないんですよ。事態を複雑化してしまいがちですね。
(´・ω・`)

思考は「無」から湧いてきます

このことを忘れないでください。あなたは何にも頼らなくていいんです。どんな理論や信念や価値観も土台にしなくていんです。何を考えるのか、何をしゃべるのか、ただ「何もない」に任せておけばいいだけなんですよ。
ぜんぜん難しいことではありませんね。
(´∀`)

「覚者」というのは、聖人でも超人でもありません。

思考は「無」から湧いてきます

ただ、このことに気づいている人です。

そして、『真実』を体現して生きることは、ちっとも難しいことではありません。

思考は「無」から湧いてきます

ただ、このことをいつも忘れずにいるだけです。そして、恐れずに湧いてきた思考を言葉や行動に変えるだけです。


ごきげんよう。

ギョーザ食え。まず浜松@「ももたろう」
IMG_7994.jpg

宇都宮@「宇都宮餃子館」
IMG_7941.jpg

東京、蒲田の羽根つき餃子@「金春本館」
IMG_8499.jpg

そして、@「氷花餃子」
IMG_8252.jpg
ハイ(´∀`)
posted by 笑うウリエル at 22:47| Comment(77) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする