2020年01月14日

「本当の自分」

ごきげんよう (o尸'▽')o尸゛<


えっと、突然ですが、筆に墨をつけて、半紙に字を書きましょう。遅めの書き初めですな。
なんの字でもよいのですが、まあ、「ぽ」と書いたとしましょうか。
白い半紙に黒い墨で

「ぽ」(゚∀゚)

んで、書いたらその字を私たちは見ますよね。「ぽ」を見ます。そのとき、白い半紙だから黒い字が見えるわけです。当たり前ですね。でも、ちょっと考えてみてください。私たちは本当に「ぽ」を見ているのでしょうか?
よくよく考えてみると、見ているのは半紙です。半紙の上の白と黒のコントラストを見ているだけなんですよね。「ぽ」なんてもんは見てないのです。そもそも「ぽ」ってなんやねん……?
(´・ω・`)

さらにもっと考えると、半紙の上に墨が乗っかっただけで、半紙自体は何も変化していないのです。確かに墨が染み込んで、もう元の真っ白な半紙に戻すことはできませんが、半紙が「ぽ」になったわけではない。半紙は半紙。
だのに、私たちの眼は「ぽ」しか見なくなる。おもしろいと思いませんか?
(´∀`)

実は、これとよく似たことが、日常のあらゆるシーンで起こっているわけです。
例えば静かな部屋の中で音楽を流します。シーンとしている部屋で、ピっとプレーヤーのボタンを押すと音楽が流れ出しますよね。

これ、半紙の上に墨が乗っかったのと同じなんですよ。

シーンの中に音楽があるわけです。

まずシーンがあるから音楽が聴けるわけです。音楽が流れ出したから、シーンがなくなったわけではないんです。
「ぽ」と書いたから、半紙が変化したり消えたわけではないのと同じ。シーンという空間は変わらずあります。

そのシーンのほう、わかりますか?(゚∀゚)

流れる音の背景というか、その音のある空間は、静寂そのものだということ、それを感じ取れますか?
半紙の中に「ぽ」があるように、シーンの中に音がある。半紙は見えます。同じように、シーンが聞こえますか?

どう?

聞こえるかな?(´・ω・`)

聞こえるというとおかしいけど、まったく音のない世界があるから、音が聞こえてるわけです。その、まったく音のない世界があるというのがわかるかな? 

あるのよ。ないとおかしい(´・ω・`)

実は、あらゆる音は、静寂の中にあるから聞こえているわけです。白と黒のコントラストのように。この静寂、シーンを感じ取る、わかるということが、スピリチュアルではとっても重要なんですわ。
この世界は二元ですよね。あらゆるものが陽と陰のコントラストになってるわけです。「ににふに」です。それを見抜くというか、感じ取るテクニックを取得すると、なかなか面白いことがたくさんあるんですよ。とても有用なんです。

もうちょっと考察してみましょうか。

例えば、手をつねってみましょう。

「痛い!」

と、なりますよね。これもね、まず「まったく痛くない自分、なにも起こっていない自分」がいるから、「痛い!」がわかるわけです。そして、「痛い!」と感じているときも、「まったく痛くない自分、なにも起こっていない自分」が居続けているから、「痛い!」がわかるんですよ。「まったく痛くない自分、なにも起こっていない自分」は半紙と同じです。

消えてません

ずーっと居続けています。その「まったく痛くない自分、なにも起こっていない自分」が「痛い!」と同時に存在していることがわかりますか?

同様に、冷たいとか、美味しいとか、かゆいとか、身体で感じるありとあらゆることすべて、

「なーんも感じてない自分」

が、まず存在していないと何も感じれないわけです。そして、さらに言うと、冷たいとか、美味しいとか、かゆいとか、何か身体に感じないと、

「なーんも感じてない自分」

も、わからないんです。同時に存在して、コントラストですから。

感情もそうですよ。怒っているとか、ウキウキしているとか、落ち込んでいるとか理解できるのは、

「なーんも感じてない自分」

が、ずっと存在していて、コントラストになっているから、怒っているとか、ウキウキしているとか、落ち込んでいるとか理解できるんですよ。その、

「なーんも感じてない自分」

のほう、わかりますか?

わかるかなぁ……?

わからん……?(´・ω・`)

わかった人、手を挙げてぇーーー!!!


ごきげんよう。


日光東照宮に行ってみた(・ω・)
IMG_7946.jpg

なかなかのド迫力!
IMG_7968.jpg

でも、三猿はなかなかの小ささ(笑)
IMG_7952.jpg
@栃木県日光市
posted by 笑うウリエル at 22:40| Comment(71) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする