2019年12月26日

「まだ」 (´∀`)

ごきげんよう (*^o^)っ凵☆凵c(^-^*)

クリスマスも終わって、いよいよ年の瀬、そしてお正月ですねー。
みなさん慌ただしいと思いますので、まったりした記事を書きましょう。
(・∀・)ノ


シアワセな人のまわりには、シアワセな人が集まります。
不幸な人のまわりには、不幸な人が集まります。

こういうことって、今までの経験則でうっすら知ってますよね。
もちろん、その通りです。んで、スピリチュアル的に言っても当たり前なんです。他者は「私」の映し鏡ですから。
(´∀`)
自ずと似たもの同士は惹きあう形になります。愛されたい者同士は愛されたい者同士惹きあうし、嫉妬深い者同士や被害者意識を持つ者同士も惹きあいます。んで、往々にしてひどいことになります(笑)


んじゃ、シアワセな人って、どんな人?(´・ω・`)

それはとてもシンプル。

「愛する人」です。

「愛する人」は自分自身をとても愛し、困るほど愛が溢れまくってしまっているので、もう愛はいりません。だから、その愛を他者にまで与えてしまう人です。この世界にぶちまけまくってしまう人です。

でも、そんな人に「なろう」としてもなれませんよ。「なろう」としたら余計におかしなことになります。なる必要はありません。だって、あなたは、

もともと「愛する人」なのだから

本来が、そもそもが、「愛する人」だったのに、その上になんやかんやが覆いかぶさって、愛を閉じ込めてしまっているだけです。だから「なろう」としてもなれません。ネコはべつにネコになろうとしなくても、最初からネコなんです。それと同じ。べつにシアワセになろうとしなくても、最初からシアワセなんです。
でも、なんかの間違いで「愛されたい」と思い、それが覆いかぶさって、そこからさらに嫉妬とか被害者意識とかが派生してかぶさって、どんどんかぶさってはかぶさって、いつしか「愛する人」だったのを忘れてしまっただけ。このかぶさったものを剥いていくだけで、「愛する人」に戻れます。

でも、そのかぶさっているものは、意外にしつこくへばりついて簡単には剥がれない。古いシールみたいに。そこで、また
「これではイカン!」
と、必死に爪を立ててシールを削り取ろうとする。でも、あの昔貼ったシールって剥がれませんよね。無理に剥がそうとするとグチャグチャになっちゃう(笑) んで、もっとブサイクになりますよね。
(´∀`;)


このシールはね、気がついておくと、時が満ちて自然に剥がれおちるようになってるんですよ。だから、気づいておくだけでいいのです。
いろんなシールがあります。もう壁一面に多種多様のシールがベタ貼りしてあります。条件付け、意味づけ、価値観、信念、いわゆる「こだわり」です。
その一枚一枚を、「こんなシールがあるわ」って見ておくだけでいいんですよ。そして、そんなシールだらけの「私」の姿を見て、アホやなって、

笑えばいいんです (´∀`)

そんな「私」を丸ごと、

愛せばいいのです (´∀`)


自分自身を愛せれば、それでもうOKなんです。どんなにシールだらけでも。
自分自身に爪を立ててカリガリしては、自分を愛しているとは言えません。もちろん、つい、そんなことをしてしまうときもあったりもする。でも、それも笑って愛せばいいんですよ。
( ^ω^ )

「まだ」

だって。「まだ」シールが貼りついているよねって。

「まだ」な、まだまだな、自分を愛してください。「まだ」でいいんです。

「まだ」だって気づいたら、そのうちシールは自然に剥がれます。気づいているかいないか、それだけのことなんです。

笑って自分自身を許せたら、ほらもう、

「愛する人」

じゃないですか! シアワセな人じゃないですか!

いつのまにか、まわりにシアワセな人が集まってますよ。
このブログみたいに(笑)

ごきげんよう。

建仁寺に行ってみた。
2019-12 215.jpg

2019-12 226.jpg

2019-12 239.jpg
@京都市東山区
posted by 笑うウリエル at 09:07| Comment(86) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする