2019年11月21日

「みじめ」1 (´;ω;`)

ごきげんよう 癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ


「本当の自分」は、まっさらな意識であり「空」です。そして、それは、このブログで言う『誰だかわからない』さんの見る夢でもあります。だから『本当の「本当の自分」』は『誰だかわからない』さん、という言い方もできるかもしれません。

『誰だかわからない』さんは、その名の通り、誰だかわからないし、存在なのか非存在なのかすらもわかりません。
それは無限のエネルギーであり、この世界のあらゆるものを超えたものです。ちょっと、もうなんだかよくわらないです。自分なんですけど(笑)

そんな『誰だかわからない』さんが、なんか知らないけど「この世界」を創ってしまったのです。そして、これまたなんでかよくわからないけど、肉体と思考を持った個人を創り、コイツを通してこの世界を見始めました。
そんな個人としてのコイツ、コイツが「私」だと思い始めたもんで、話がたいへんややこしくなったのです。これが、

「分離」です(´・ω・`)


これを『誰だかわからない』さんが故意にそうしたのか、ウッカリそうなってしまったのか、この肉体の次元の私たちには知る由もありません。
ただ、結果的に「私」は分離してしまったので、「二元」の世界に住むことになったわけです。この肉体の次元は「二元」なのです。

「二元」ですから、当然、「私」は『誰だかわからない』さんと対極の性質を持つ存在となります。そうならざるを得ません。だって同じ性質なら分離してませんので。「二元」なのですから。
『誰だかわからない』さんは無限のエネルギーです。それは『愛』としか表現できないような、おっそろしくあたたかく、やさしいエネルギーです。ということで、「私」はその対極の、みみっちい、ちっぽけなものになりました。

「みじめ」(´;ω;`)

に、なっちゃったんだな。(´・ω・`)


ずーっと晴れで雨の日が一日もなかったら、それが晴れだと思うことすらありません。でも、一日でも雨が降れば、「晴れだ」と知ることができます。
美味しいものしか食べたことがなかったら、それが美味しいともわかりません。不味いものを食べて初めて、「美味しい」を知ることができます。
もしかしたら、『誰だかわからない』さんも自分が無限のエネルギーだと知るために、みみっちいものを創ったのかもしれません。
とにかく、「私」は有限でみみっちいエネルギー。常に恐怖から逃げ回る、迷い続ける仔羊。

「みじめ」(´;ω;`)

となってしまったんです。ハイ。


でも、本来なら『誰だかわからない』さんが、みみっちい「私」を通して、この世界を見ているのですから、この無限のエネルギーが、「本当の自分」が、いかに素晴らしいかがよくわかるのです。

が!

なんかいろいろグチャグチャやっているうちに、『誰だかわからない』さんと「私」の間が不通になってしまったのです。これは大災害、大大大災害です! おっそろしいくらいの『愛』と不通になっちゃったんだから!
結果的に、「私」だけでこの世界を見て感じているので、何をどうしようが、

「みじめ」(´;ω;`)

にしか、感じなくなってしまったのです。
ここでいち早く気が付いて、不通になっている区間の改修工事をすればよかったのですが、混乱していたのでしょうね。逆方向に「私」は走り始めてしまったのです。でも、なんせ逆方向ですから、いくら走っても走っても『愛』に戻ることができません。
「こうなれば、みじめじゃなくなる」
そう思っているのですが、いくら「みじめ」でない幸福と思えるような状態を手に入れても、「みじめ」が消えない。だから、また走る。でも、そっちじゃない。

「そっちじゃないよー! おーい、戻ってこい!!!」

って、『誰だかわからない』さんもきっと叫んでいるんだけど、その声のする方が、なんせ「みじめ」の出発点でもあるので、振り返ることもせず一目散に背中を向けて走り続ける。走って走って、もうその声も聞こえなくなってしまっている。

それが、人類です(´-ω-`)


今日はここまでにしときましょう(´∀`)

ごきげんよう。


きいろ一色だ!
IMG_7518.JPG

IMG_7554.JPG

IMG_7545.jpg
北条鉄道・網引駅@兵庫県加西市
posted by 笑うウリエル at 18:58| Comment(52) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする