2019年11月17日

思考の使い方「二元」(・ω・`)

ごきげんよう ((´∀`))ケラケラ


今日はちょっとした遊び感覚? で、出来る探究のお話です。
(´∀`)ノ

私たちの頭は、物事を「二元」でしかとらえることができません。このことは重要です。つまり「一元」、すなわち「ワンネス」は、

思考では理解できないのです(´∀`)

理解できないんですよー。だのに、けっこうみなさん「理解できない」って言いますよね(笑)
理解できなくていいんです。できないんですから。

じゃあ、わかったっていうヤツは、なんでわかったんだと言いたくなりますが、「二元じゃない」がハッキリわかるだけで、そっから先は、
「あー、なんかわかんないけど、わかる!」
みたいな感覚しかないんですよ。だから「一元」でなく「非二元」と言います。それでいいんです。ハイ。


んで、私たちは日常、「二元」で物事をとらえている。「長い」は「短い」がないと存在できません。「表」は「裏」がないと存在できません。逆もしかり。あらゆるものが二極一対になってます。
そして、この対になっているふたつの極は、

まったく「同じ」

でないと、おかしいわけです。もともと「一元」だったものを「二元」でとらえているだけですから。だから対になっているものが「同じ」でないとつり合わないと、大雑把に考えてください。つまり、いっけん正反対なのですが、実は、

その本質は「同じ」

というわけです。ハイ。


例えば、こういうことです。
「好き」と「嫌い」 いっけん正反対です。好きな人、嫌いな人、とても同じとは思えません。でも、どちらもソイツのことが
「気になって仕方ない」
わけですよね。好きは好きで気になるし、嫌いは嫌いで放っておけばよいのにソイツを気にしてしまう。ほら、本質は「同じ」ですよね。
(´∀`)

「期待」と「不安」 これなんかわかりやすいですよね。どっちもドキドキです。
「喜び」と「悲しみ」 どっちも感情のうねり、たかぶりです。
「金持ち」と「貧乏」、どっちもお金についての悩みがつきまといます(笑)

こんな感じに、対になっているふたつのものは、必ず本質は「同じ」なのです。「同じ」なのに片方だけを見ようとするから、または片方になろうとするから「苦しみ」になるんです。どっちも「同じ」だから、本当はどっちでもいいのに。
それは、「同じ」なのに、それらを「優劣」「善悪」「正誤」という、これまた「二元」で、さらにジャッジしてしまっているのが原因です。ジャッジは「二元」でないとできません。
(´・ω・`)
というわけで、どっちも「同じ」だ。本当にどっちも何も変わらない。それに気づいてしまうと「苦しみ」から解放されるというわけです。

日常の中で、いろんな出来事に出会いますよね。そして、ついついジャッジしてしまいます。そんなとき、いちど正反対のものも「同じ」なんだと思ってみてください。それから、どう「同じ」か、本質は何かを、ちょっと探ってみてください。本質が「同じ」ということに気づくと、もうジャッジできませんので、「苦しみ」になることはありません。
(・∀・)


では、少し練習してみましょうか?

「昼」と「夜」

「有頂天」と「落胆」

どうですか?(´∀`)


んでね、本質が「同じ」に気づくということは、つまり「本質が見えた」ということです。そして、その本質を知ることが、そのまま大きな気づき、目覚めにつながることがよくあります。

本質がもう悟り

みたいなやつ。

というわけで、それらの対になった奴らを並べておきますので、お暇なときに、「うーん」とうなりながら思いを馳せてみてくださいな。

「裕福」と「困窮」

「同じ」と「違う」

「幸福」と「不幸」

「楽しみ」と「苦しみ」

「生」と「死」

「ある」と「ない」

「未知」と「既知」

こんな感じかな。

「あー、なんかわかんないけど、わかる!」

で、いいんですよ。(´∀`)

ごきげんよう。

神戸ポートタワーと、
IMG_7351.jpg

夜の神戸港だす。
IMG_7364.jpg

IMG_7359.jpg
神戸メリケンパーク@神戸市中央区
posted by 笑うウリエル at 22:57| Comment(89) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする