2019年11月09日

「イキイキ」 (゚∀゚)

ごきげんよう(`・ω・´)ゞビシッ!!

今回は軽い話題でいきましょうヽ(´ー`)ノ


誰だって、「充実した人生」を生きたいと思っているわけです。
仲の良い家族、やりがいのある仕事、よい人間関係、ワクワクしたり夢中になること。こういったものがそろっていると、きっと「充実した人生」なんでしょうね。今まさにその状態の方は、なーんも言うことありません。そのまま今の「充実した人生」を生きて行ってください。

でも、そんな「充実した人生」を送るには、

いったいどうしたらよいのだろう? 何をすればよいのだろう?

と、思い悩んでいる方も、きっと多いのではないかな。

もっとイキイキと生きたい。でも、そうは言っても、いったいどうすりゃいいのかわからない。とりあえず、充実するんじゃないかなと、いろいろやってはみるものの、なーんかどれも充実とは程遠い……
(´・ω・`)

いったいどうすりゃいいんでしょうね?

ハイ。こうしてください。

イキイキと生きようとするのをやめてください

ウリエルが言ったから表面的にやめてみるのではなく、もう、

心の底から、やめてください

ハイ。きっぱり、ばっさり(`-ω-´)


自分がこの世界に表現しようとしていることは、ハートの奥深くから「ひらめき」としてもたらされるのです。いわゆる直感、インスピレーションですね。

よく「カンが当たる」なんて言いますけど、そうじゃないんです。ハートの内に起こる直感がこの世界を創るので、当たって当たり前なんです(笑) 当たるとかそういう問題じゃない。直感、インスピレーションがそのままこの世界と言っていい。だから、「ひらめき」をそのまま表現するだけなのです。

この「ひらめき」は思考の中にあるものではありません。肉体の脳の中にもありません。つまり「私」が取りに行けるところにはないのです。
ハートの奥深くの恩寵の領域にございます。そこには思考では推し量れない、ものすごい『智慧』がたくさんあります。ものすごく!
だからウリエルはそこを『智慧蔵』、『ちえぞう』と名付けました。
(´∀`)


「充実した人生」を見つけようと、頭で考えていろいろやってみても、おそらく、永遠に見つからず行き詰りになるでしょうね。それは外側を探し回っているだけだからです。エネルギーを外側に放出するばかりになります。
まず『ちえぞう』にアクセスしないと。エネルギーが『ちえぞう』からハートを通って外側に表現されるのが、正常な流れです。だから、外側ばかりを向いているなら、思考ばかり使っているなら、まずエネルギーを『ちえぞう』に戻さないといけませんね。


では、エネルギーを『ちえぞう』に戻すにはどうするか?

簡単です。まず、何もしないでください。「充実した人生」などにしようとしなくていいんです。何もせずただ「ひらめき」を待ってください。待ちながらハートに耳をすましてください。
これだけ(´∀`)

何も「ひらめき」がないのなら、今はそのときでないということです。それがハートからのメッセージです。
「行き詰っていなさい」と。
そうしたら、「わかった。行き詰っているよ」と、そのメッセージに同調すればよいのです。

「いろいろやっているがこれでよいのか?」
と、感じたときも、ハートに耳をすませばよいのです。何らかの「ひらめき」があればそうすればよいし、何も「ひらめき」がないのなら、そのままいろいろやっていろということです。それに同調すればよいのです。

まっすぐに、正直に

耳をすましてくださいね。外側の世界なんて放っておいていいのです。


「ひらめき」は思考を超えていますので、それは、今まで思いも寄らなかったことだったり、理屈も通っていないことが多いです。何の根拠もないので、思考で理解しようとしないでください。「これか」と、ただ「わかる」だけがあります。
そして、それはかすかな、ホントにかすかな「ワクワク」として出現したりしますので見逃さないように。そのためにも外側なんかにかまっていられませんよ。


この世界はハートから顕現してるんですよ。ハートからこの世界が創られているんです。
思考ではとても計るこのできない、ものすごい『智慧』で創られているんです。
この『智慧』に従って生きるしかイキイキと生きることはできないんですよ。

エネルギーを内側に、『ちえぞう』に戻しましょう。

だって内側が外側なんです。なんせワンネスですから。
内側から外側に向かって、これが自然な流れ。「充実した人生」を送るための種は内側にあります。

ごきげんよう。


おー、列車が来た。
IMG_7264.jpg

ガタン、ゴトン♪
IMG_7268.jpg

IMG_7269.jpg
北近畿タンゴ鉄道・由良川橋梁@京都府宮津市
posted by 笑うウリエル at 22:29| Comment(51) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする