2019年11月30日

「何もしない」(・ω・)

ごきげんよう ( ̄ー ̄)bグッ!


風邪をひいてしまいましたので、身体も思考もグッタリしてます。
というわけで、今宵は軽ーくテキトーに記事を書きます。


えーと、「みじめ」について、ずいぶんとお話しましたが、よーするに世の中の人は、みんな「みじめ」なんです。あなたも私も、みーんな「みじめ」
いま「みじめ」だから、何者かに「なろう」としてるわけです。または「なるまい」としているわけです。そのことに気づいているのといないのとでは大きな違いがありますので、とりあえずは気づいていればよいのです。

では、そんな「みじめ」から解放されるにはどうしたらよいのでしょう?
私ウリエル、よい方法、知ってます。
ここでコッソリ教えてあげますね。
(´∀`)ノ

それは、

「何もしない」(・ω・)

こと。です。ハイ。


「何もしない」ってムズカシイですよね。何もしないでおこうと思うと、「何もしない」をしてしまいますので(笑)
「何もしない」は、ただ動かないことではありません。そんなことしても呼吸もしてますし、まばたきだってします。「何もしない」ではありませんよね。
そういうことではなく、「何もしない」というのは、あなたの行動の予定や計画、またはいろんな予測を、

ぜーんぶ放り投げること

です。

みなさん、一日中、けっこう細かく予定を立てて行動してるでしょ? ほとんど無意識にしてることも多いです。

何時までにこれをして、明日までにこれを仕上げて、食事は健康のためにコレとアレにして、あの人とこの人には後で問題にならないようにこんな気配りをして、来週のお出かけのために今日は出費を控えめにして……

と、

もう数えきれないくらいの行動計画を作ってませんか? 
でもね、いっけん当たり前に思える、この思考のパターン、これこそが、

「みじめ」の根源

なのです。ハイ。
その予定や行動計画のとおりに進まないと、まあ端的に言うと「みじめ」な結果になると考えているわけでしょ?
(´∀`)


というわけで、一切の予定、計画をブン投げて捨ててください。そんなことしたら、こんなことになっちゃう! という予測も、ブン投げてください。これが、

「何もしない」(・ω・)

です。ハイ。


ぜーんぶブン投げちゃったらどうなるでしょうね?
とりあえず、今から自分自身が何をするのかもわからないですね。ちょっと困惑するでしょうね。いいですよ、それで。そのまま困惑しててください。

でも、そのうち、あなたは何かやり出します。必ず何かやり出します。

それは、あなたが『いま』純粋に「表現したい」ことです。

それは、何かのためというような理由がありません。結果的に何かの役に立つかもしれませんが、そんなことはどうでもいいのです。

そして、ここからが重要です。
一切の予定、計画をブン投げて、なんかわからんけど何かし出したあなたは、なんということでしょう!
予定、計画ばかり立てて行動していた時よりずっと、

うまくいきます(゚∀゚)

これは、笑ウリ部の「極意」です。
モノは試しじゃ。だまされたと思うて、やってみなされ。
(´∀`)


そうなんです。あなたが「みじめ」と思っていた地点が、実はとんでもない

「幸福」

の地点だったのですよ。


ごきげんよう。

みたらい渓谷
IMG_7469.jpg

IMG_7437.jpg

IMG_7459.jpg
奈良県天川村

posted by 笑うウリエル at 22:31| Comment(41) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

「みじめ」2 (´;ω;`)

ごきげんよう Σ( ゚∀)ゲッ!!


肉体と思考を「私」と思っている状態では、すなわち、分離した状態では、どんな『いま』も、

「みじめ」(´;ω;`)

に、感じます。そのことを前回の記事でお話しました。
なぜそうなるかというと、分離していない状態と対極になるからです。
分離したと言うことは「二元」です。「二元」では相反するふたつの極があるから「二元」なわけです。

ということで、分離していない状態が、絶対的な幸福、無限のエネルギー、『愛』ならば、
分離した「私」は、それと必ず対極になります。相対的な幸福しかわからず、何もかもが有限で、『愛』もわかりません。ま、ひとことで言ってしまうと、みみっちくて、

「みじめ」(´;ω;`)

なヤツなんです。


この、みみっちい「私」は、絶対的な幸福、無限のエネルギー、そして『愛』とつながっていれば、まだよかったのですが、それも何かの原因で不通になってしまっております。だから混乱し、さまよってしまっているのです。
そして、さまよいながら、なんとか「みじめ」から脱しようと、常に相対的な幸福を追いかけております。しかし、相対的な幸福、つまりは頭で考えて思いつくような幸福では、ちっとも「みじめ」は消えないんです。

なんとか絶対的な幸福、無限のエネルギー、『愛』に、再びつながることはできないでしょうか?
……(´・ω・`)
……(´-ω-`)

いや、できるんですよ。ちゃんと。
……(・∀・)!

ただ、こうすればよいと頭でわかるものではありません。
まず頭、思考を使えるところだけ使いましょうか。

思考は物事を「二元」でしかとらえることができません。だから、

「みじめ」(´;ω;`)

と、感じるということは、その対極が必ずあります。「みじめ」と反対の「みじめ」でないものです。

「至福」(´∀`)

です。
んで、「二元」でない世界からみると、つまり「非二元」からみると、この相反するふたつの極は「同じ」なんでしたよね。というわけで、

「みじめ」と「至福」は同じ

なのです。ならないとおかしいというわけです。こんなもん、頭でいくら考えたところで、まず理解できません。


さて、それを理解するにはどうすればよいか?
それは。まず、『いま』

「みじめ」を感じていることを認める

です。
認めてください。ハイ。
あなたは「みじめ」を隠しています。押し込んでいるのです。なんだかんだ言って、まことに正直なところ、お金はいくらでも欲しいし、孤独はイヤだし、病気にもなりたくないし、たくさんの人に愛されたいし、他者はどうであれ自分だけは快適で不安のない生活がしたいのです。そうならないと不安で仕方ないのです。そんな欲望と恐怖でキュウキュウとしている「みじめ」なヤツなんです。その「みじめ」を、

しっかりと見つめて、感じてください

「見ているヤツ」や「感じているヤツ」がわかる方は、その視点に立ってください。わからない方も、自分自身を客観的に見てください。「みじめ」なヤツだと。

嬉しいことや楽しいことは、私たちは放っておいてもしっかり感じます。感じ切ります。
でも、不安や恐怖、醜いことが心の中に湧くと、それからすぐに気を逸らしてしまうんですよね。本を読んだり、テレビを見たり、楽しいと感じることをしたり、誰かに相談したり……
ちゃんと「みじめ」な「私」を直視して感じてないのです。「二元」の世界ではふたつの極がバランスがとれてないと、苦しみになるんです。だから、

「みじめ」(´;ω;`)

のほうも感じてください。受け入れて「祝福」してください。


すぐに何かがわかるものでもありません。でも、わかるときはすべてが一秒でわかります。それまで根気よく感じてください、とだけしか言えません。そして、「みじめ」と「至福」が同じは、言葉で説明できるものではありません。

「あ!?」

と、彼方からの「智慧」でわかります。「ちえぞう」から来ます。あるとき不意にわかります。「同じだわ」って。
そして「みじめ」と「至福」はひとつになります。

ひとつになると、あら不思議。

「至福」(´∀`)

だけになっちゃうんです。


ごきげんよう。


紅葉いろいろ
IMG_7562.jpg

IMG_7557.jpg

IMG_7442.jpg
posted by 笑うウリエル at 22:07| Comment(74) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

「みじめ」1 (´;ω;`)

ごきげんよう 癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ


「本当の自分」は、まっさらな意識であり「空」です。そして、それは、このブログで言う『誰だかわからない』さんの見る夢でもあります。だから『本当の「本当の自分」』は『誰だかわからない』さん、という言い方もできるかもしれません。

『誰だかわからない』さんは、その名の通り、誰だかわからないし、存在なのか非存在なのかすらもわかりません。
それは無限のエネルギーであり、この世界のあらゆるものを超えたものです。ちょっと、もうなんだかよくわらないです。自分なんですけど(笑)

そんな『誰だかわからない』さんが、なんか知らないけど「この世界」を創ってしまったのです。そして、これまたなんでかよくわからないけど、肉体と思考を持った個人を創り、コイツを通してこの世界を見始めました。
そんな個人としてのコイツ、コイツが「私」だと思い始めたもんで、話がたいへんややこしくなったのです。これが、

「分離」です(´・ω・`)


これを『誰だかわからない』さんが故意にそうしたのか、ウッカリそうなってしまったのか、この肉体の次元の私たちには知る由もありません。
ただ、結果的に「私」は分離してしまったので、「二元」の世界に住むことになったわけです。この肉体の次元は「二元」なのです。

「二元」ですから、当然、「私」は『誰だかわからない』さんと対極の性質を持つ存在となります。そうならざるを得ません。だって同じ性質なら分離してませんので。「二元」なのですから。
『誰だかわからない』さんは無限のエネルギーです。それは『愛』としか表現できないような、おっそろしくあたたかく、やさしいエネルギーです。ということで、「私」はその対極の、みみっちい、ちっぽけなものになりました。

「みじめ」(´;ω;`)

に、なっちゃったんだな。(´・ω・`)


ずーっと晴れで雨の日が一日もなかったら、それが晴れだと思うことすらありません。でも、一日でも雨が降れば、「晴れだ」と知ることができます。
美味しいものしか食べたことがなかったら、それが美味しいともわかりません。不味いものを食べて初めて、「美味しい」を知ることができます。
もしかしたら、『誰だかわからない』さんも自分が無限のエネルギーだと知るために、みみっちいものを創ったのかもしれません。
とにかく、「私」は有限でみみっちいエネルギー。常に恐怖から逃げ回る、迷い続ける仔羊。

「みじめ」(´;ω;`)

となってしまったんです。ハイ。


でも、本来なら『誰だかわからない』さんが、みみっちい「私」を通して、この世界を見ているのですから、この無限のエネルギーが、「本当の自分」が、いかに素晴らしいかがよくわかるのです。

が!

なんかいろいろグチャグチャやっているうちに、『誰だかわからない』さんと「私」の間が不通になってしまったのです。これは大災害、大大大災害です! おっそろしいくらいの『愛』と不通になっちゃったんだから!
結果的に、「私」だけでこの世界を見て感じているので、何をどうしようが、

「みじめ」(´;ω;`)

にしか、感じなくなってしまったのです。
ここでいち早く気が付いて、不通になっている区間の改修工事をすればよかったのですが、混乱していたのでしょうね。逆方向に「私」は走り始めてしまったのです。でも、なんせ逆方向ですから、いくら走っても走っても『愛』に戻ることができません。
「こうなれば、みじめじゃなくなる」
そう思っているのですが、いくら「みじめ」でない幸福と思えるような状態を手に入れても、「みじめ」が消えない。だから、また走る。でも、そっちじゃない。

「そっちじゃないよー! おーい、戻ってこい!!!」

って、『誰だかわからない』さんもきっと叫んでいるんだけど、その声のする方が、なんせ「みじめ」の出発点でもあるので、振り返ることもせず一目散に背中を向けて走り続ける。走って走って、もうその声も聞こえなくなってしまっている。

それが、人類です(´-ω-`)


今日はここまでにしときましょう(´∀`)

ごきげんよう。


きいろ一色だ!
IMG_7518.JPG

IMG_7554.JPG

IMG_7545.jpg
北条鉄道・網引駅@兵庫県加西市
posted by 笑うウリエル at 18:58| Comment(52) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする