2019年10月08日

「ブッダのほう」(・∀・)

ゴキゲンヨ―゚。+(=゚ω゚)ノ+。゚―ッ


植物の一年って、まるで人間の一生のようです。
まず小さな芽が出て、少しずつ成長していきます。そのうち、どんどん葉を茂らせて、美しい花を咲かせます。もう生命のエネルギーを力いっぱい輝かせて。そして、その力で成熟し実をたくさん実らせます。でも、やがて命のエネルギーは燃え尽き、種という形で次の世代に引き継ぎをすると、枯れてその一生を終えます。

と、言いたいところですが、

「おわってねーよ!」(゚Д゚)

ハイ。そうなんです。木、リンゴの木とかブドウの木の「木」たちは、ぜんぜん終わりではありません。次の年も同じように葉を茂らせ、花を咲かせ、実を実らせ、種を残します。毎年毎年、同じことをします。何十年も死にません。
実は、私たちも、この「木」のようなものなのです。まったく同じなのです。

私たちは「木」なのですが、葉や花や実や種を「自分」と思い込んでいる「木」なのです。葉や花や実や種は自分自身が作り上げた自分の一部なのですが、自分自身ではありません。でも、それらがあまりにも、生き生きと鮮やかに活動するので、ついつい、葉、花、実、種という集まり、一連の流れを、自分の一生だとカンチガイしてしまっている「木」なのです。


ではでは、具体的にどうカンチガイしているのか? というと、

身体や思考を「自分」だと思い込んでいるのです。

じゃあ、「木」本体は何か、ホントのホントの自分自身は何かと言うと、

「見ているヤツ」

「感じているヤツ」

「聞いているヤツ」

です。

この「3ヤツ」は、実は「ひとつ」です。その正体は、

『誰だかわからない』さん

なのです。(・∀・)ニヤニヤ



んでー……  

この「3ヤツ」のどれかになって、自分自身やこの世界を、見て聞いて感じることが、

いわゆる、「瞑想」です。

『誰だかわからない』さんと同じ視点に立ってみるということですね。
(・∀・)ニヤニヤ


というわけで、日常の生活をする中で、この「3ヤツ」のどれかになる時間を作ってください。いちばんわかりやすいと思うものからでいいです。また、知らぬ間に勝手に「3ヤツ」になってしまっているときもあります。そんな時を見逃さずに感じてください。これが、当笑ウリ部が言うところの、

「ブッダのほう」

です。(´∀`)ノ
難しい言葉で言うと「観照」になります。


私ウリエルは、ほんの短い時間、数分、いやもう数秒でもいいから、一日に何回かは「3ヤツ」のどれかになってくださいと唱えます。
テレビやスマホを見る時間を少し削ればいいだけです。もちろん長ーくできるのなら、どんどんしてくださいね。人と会話をしているときなどは、うまくできません。ひとりの時間にしてください。慣れたらどんなときにもできますけどね。

たいていの場合は、それをしたところで何も起きません。
「こんなことして、いったい何になるんだろう?」
と、疑問も湧きます。でも、それでいいのです。「気づき」は頭では考える理屈ではとても計れないものなので、何もわからなくていいのです。何のためにやっているのか意味不明でいいのです。懲りずに何回もしてくださいね。

逆に言うと、この「3ヤツ」になってないと、どんなに瞑想しても無意味です。禅の道場に行こうが、なんとかワークに行こうが、ただ座って「瞑想らしきこと」をしているだけですので(笑)
仕事の合間に、出かける途中に、家事の最中に、ほんの数秒でも「3ヤツ」になるほうが、ずーっと効果があると思います。


「3ヤツ」になるということは、『誰だかわからない』さんと同じ視点に立っているということです。そのうち、何かの拍子に「私」と『誰だかわからない』さんが「ひとつ」になるんですよ。それは「恩寵」として起こるのです。「私」の意思で起こすことはできません。ただ起こるのを待つだけです。ですので「3ヤツ」になって、その機会を増やしましょう。
一気に何もかもがドカンとわかる人もいれば、とても小さな「気づき」を積み重ねるようにして、徐々に理解が深まる人もいます。おそらくは後者のほうが多いかと思います。小さな「気づき」とは、今までまったく思いもしなかった見方や解釈です。それを「理屈が通らない」とか「非常識」だとか思わないで、大切に心のスミにでも保管してください。やがて、大きな「気づき」への貴重なパーツになりますので。コツをつかむと、小さな「気づき」も楽しいものです。


でもでも…… 残念ながら、「3ヤツ」がひとつもわからん! 
という方もおられますよね?

そんな方には、

「イエスのほう」

が、ございます。(´∀`)ノ

それについては、また次回以降。

ごきげんよう。


奥入瀬渓流
IMG_6851.jpg

IMG_6858.jpg

IMG_6869.jpg
@青森県十和田市
posted by 笑うウリエル at 23:23| Comment(32) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする