2019年10月30日

「正体不明」(゚д゚)

ごきげんよう ヘ(゚д゚)ノ ?


あなたは誰ですか?(゚д゚)

いきなりですが、そう尋ねられると、あなたは名前や出身地や職業を言いますよね。
でも、あなたがそうやって答えられるものは、あなたが生まれたときからあるものではありません。生まれてから後に、親や社会から与えられたものです。

もし!(゚д゚)
生まれてすぐに、本当にすぐに、あなたが生まれた病院で取り違えられていたとしたら?
または、何かたいへんな事情で、本当の親でない人に引き取られて育てられたていたとしたら?
現在あなたが「私」だと思っているものは、まったくのウソッパチになってしまいます。
でも、確かに自分自身はいますよね?

そいつは誰だい?(゚д゚)


仮に、たいへんな事情で生まれてすぐに、あなたが現在両親だと思っている人とは違う人たちに引き取られて育てられたとしましょう。それも違う国、違う文化の人に。そこで育てられたら、名前も出身地も違って根本的に違う人物になってしまっていたでしょうね。それでも、自分自身っていますよね?

その「私」は名前も出身地も現在の「私」とは違います。食糧事情も違っているから体形も違うかもしれない。もちろん、考えることも現在の「私」とはまったく違って、性格も違うものになっているかもしれない。それでも自分自身っていますよね?

そいつは誰だい?(゚д゚)

あなたという存在、命ある生きている人間、身体を持った人間という生命体。そういう自分自身という存在は間違いなくある。仮にまったく違う国のまったく違う文化で育ったとしても、本来の自分自身というものが間違いなくある。はてまた人間でなくオオカミに育てられたとしても、自分自身というものは確実にある。

そいつは誰だい?(゚д゚)

そいつは名前もなく、出身地もなく、性格もなく、あらゆる信念や価値観もない、まっしろな自分自身ですよね。まっさらでまっしろな自分自身。あなたのベースになってるはずです。そのベースに、成長していく過程で、親から社会からいろんなものが後付けされて人格が形成されて、現在の自分自身になっているということは理解できますよね。
では、そのいろいろ後付けされる前の自分自身って、どんなヤツなんでしょう?

ただ存在する、ただ「ある」としか言いようのない自分自身。ちょっと感じてみてください。
(´・ω・`)

何がありますか……? 

何もありませんか……?

そして、

それに気づいているのは誰だい?(゚д゚)


あなたがどこの誰でも、オオカミに育てられたとしても、熱いものを触ると熱いし、冷たいものを触ると冷たい。ケガをすると痛いし、お腹がいっぱいになると嬉しいんです。その体験しているヤツ、

そいつは誰だい?(゚д゚)

そして、

それに気づいているのは誰だい?(゚д゚)


正体不明!(゚д゚)

ごきげんよう。

玉川温泉
tama.jpg
「大噴」98度、pH1.05強酸性

IMG_6939.jpg

IMG_6949.jpg
@秋田県仙北市
posted by 笑うウリエル at 06:24| Comment(71) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

「いっぷく」(´∀`)

ごきげんよう( ´ー`)フゥー...


「悟り」、「真実」というのは、こちらからどこかに行くものではありません。努力して得るものでもありません。なんせ、

『いまここ』に、ずっとあるものですから


それは「恩寵」として気づかされます。ただ、それだけです。私たちができることは、「ブッダのほう」と「イエスのほう」をして、あとは恩寵を、気づかされるのを待つだけです。待つだけなんですよ。根を詰めて何かをわかろうとしても、

それはムダなのです(´・ω・`)

だって思考ではわからないのですから。


というわけで、

無理のない努力を(´∀`)ノ

です。
「ブッダのほう」、「イエスのほう」、わかる範囲、出来る範囲でしてください。あとはなるべくリラックスする時間を多くね。いっぷく、いっぷく。

私ウリエルの経験では、何もしていないとき、または、何かに集中しているときに、不意に恩寵はやってきます。
「わからない」と思っていたことが、何日かたった後に、予期せぬ時に、不意に「わかる」になるんです。そんなもんです。
恩寵はいつもここにあったのに、それにオープンになってなかっただけなのですね。



「汝自身を知れ」

という言葉があります。私たちは自分自身が何を考えて、何を感じているか、実はよくわかっていないのです。混乱しているんですよ。
だから、『いま』のこの「私」がどんなヤツなのかを、客観的に見て感じてください。できるだけ深く。それが「ブッダのほう」であり、「イエスのほう」なのです。
客観的に見て感じたら、あとはオマカセ。放っておいて、ただ待っていてくださいね。何かに「恐怖」を感じていて、それを「正直」に認めたら、「恐怖がある」と認めたら、あとは放っておいてリラックス。あまり過度の努力はしないよう。ましてや「恐怖」を消そうとか、なにかわかろうとかなんかしなくていいですよ。
とにかく、

お気楽に(´∀`)ノ


というわけで、今回の記事も、こういうお気楽な内容だけにしときます。

リラックス、リラックス♪

あと、好きなことでもやってくださいね。

ごきげんよう。


国営明石海峡公園
IMG_7121.jpg

IMG_7095.jpg

IMG_7102.jpg
@兵庫県淡路市
posted by 笑うウリエル at 22:50| Comment(51) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

「正直」 (^ω^)

ご (ノ・∀・)ノ =====きげんよ


「正直」、ショージキというのは、

人にとって最大のチャレンジです!

他人に対してウソをつかないとか、そういうことではありません。

自分自身に「正直」であること

です。


人は自分自身に『いま』起こっていることを、徹底的にと言っていいくらい見ようとしませんし、変えようとします。なぜなら「私」とは、そういうものだからです。

怒りや恐怖があっても抑え込んだり、他人より劣っていると感じても認めなかったりします。
また、醜い欲望を「ない」と思い込んだり、何もしたくない怠惰な気持ちを自己批判したりもしますね。
さらに、気分が落ち込んだ時は、気持ちを前向きに盛り上げようとしたり、それから、「わからない」のに、わかっていると思ったり……
もう、この瞬間にも、必ずと言っていいほど自分をいくつも「あざむいて」いるんですよ。

そして、スピリチュアルを少しでもかじった人は、そういう自分の欠陥と思えるような部分がなくなれば、『ありのまま』の自分になると思ったりします。でも、そうではありませんよ。

欠陥だらけの『いま』が『ありのまま』です

どんなに欠陥だらけでも、『いま』の現実の自分が『ありのまま』です。

欠陥だらけで完璧なのです

ですよね。完璧になろうとしていたら、それは『ありのまま』を避けようとしています。『いま』のままで、何も変えようとしていない状態が『ありのまま』です。

この『いま』の「私」はどんなヤツなのか? 

それを「正直」に、とことん「正直」に見ようとしてください。


人生というものは、「私」の意思とは無関係に流れて行っています。「私」が人生と思っているものは、実は「ニセ人生」なんですよ。
この「ニセ人生」が「USO800!」だと見抜いて、本来の人生に同調していくためには、自分自身に完全に「正直」になることが、どうしても欠かせません。しかし、なかなか簡単じゃないんですけどね。なんせ「正直」なフリまでしてしまうのが「私」です。これはなかなか、困難なチャレンジなんです。
(´・ω・`)

欠陥や無知を無くそうとする労力を、是非とも「正直」なほうに振り向けてください。たじろいてしまいますが、勇気を出して!

ちなみに、「正直」でないときって、何か動揺したような感情になって現れるんですよ。
だから、なぜか腹が立ったときとか、変な汗がでるような感情、不快な感情を感じたら、何かしら自分をあざむいているんだなと思ってもらえればいいです。


人にとっての最大のチャレンジ、

「正直」

この挑戦に乗るか避けるかは、あなたしだい!

ごきげんよう。

IMG_6911.jpg

IMG_6890.jpg
十和田湖@秋田県小坂町
posted by 笑うウリエル at 19:36| Comment(40) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする