2019年09月28日

見ているヤツ (・∀・)ニヤニヤ

ごきげんよう (・∀・)ニヤニヤ


ウリエルの内側に、なんかよくわかんない変化がありまして、ちょっと休憩したいです。

そこで、ちょっと基本に立ち返るというか、そう言った記事を書いておきます。


お花を観察しましょう。
お花はあなたに見られています。あなたは「見ているヤツ」です。

あなたの身体を観察しましょう。手足とか、お腹とか。
あなたの身体は、あなた自身に見られています。あなたは自分の身体を「見ているヤツ」です。

ついでに自分が何を考えているかも観察してみましょう。
「お饅頭が食べたいな」とか、「明日、買いに行かなくちゃ」とか、今、自分が考えていることも観察できますね。
あなたのそういった考え、思考は、あなたに見られています。あなたはあなたの思考を「見ているヤツ」です。

あれ?(´・ω・`)
私って自分の思考を見ることができるのね。ということは、見られているのと「見ているヤツ」と、

どっちが私???

とか、考えたことないですか? 
どっちでしょうね? 「私の思考」と言いますので、思考は「私」じゃないんでしょうね。
じゃあ、思考って何者よ???
と、なってしまいますね。


そもそも身体は肉体の目、肉眼で見ることができます。じゃあ、

思考は、なにで見てるの?(´・ω・`)

肉眼では見えないですね。
思考だけでなく、感情も観察することができますね。
「私、今、ものすごく怒ってるわ」とか、「ちょっと怒りがおさまってきたわ」とか。
感情も観察できますねぇ。
それだけでなく、欲望とか嫉妬のエネルギーなんかも観察できますよね。
「ああ、あれが欲しくてたまらない」とか「もう、こんなに嫉妬してる自分がイヤだ」とか。冷静になって自分を観察できます。

ねえ、なにで見てるの?(´・ω・`)

おまけにです。観察しているという思考、自分を観察している自分まで、観察できるではありませんか!

ねえ、なにで見てるの?(´・ω・`)

確かに「見ている」はあります。どこにあるんでしょう?

どうやって見ているんでしょうね?


それを発見するために、観察を続けてみましょう。思考や感情、心の動きの観察を。
ただ、じっと見るだけでいんですよ。なにも判断せずにね。判断してしまったら、それもまた観察してください。できますので。

実は四六時中、ただひたすら見ているヤツがいるんですよ。じっと黙ってただ見ているヤツが。
その「まなざし」に気づいてもらえたら、OKです。
どこかから見ているというものではありません。あまりにも近くで見てるので、気づきにくいだけです。めっちゃ近い(笑) 
ほとんど「私」と同化してます。反対なんですけどね。勝手に同化しているのは「私」のほうです。


「見ているヤツ」は確かに見てます。見てます、見てます!
見られている思考や感情も確かにあります。

「私」さえいなければ、スッキリしませんか?


見てます。(・∀・)ニヤニヤ

ごきげんよう。


北海道グルメ?
youkan1.jpg

IMG_6745.jpg
チョコではありません。「ようかん」です。
ひたすら甘い(笑)
posted by 笑うウリエル at 22:20| Comment(79) | このへんから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする