2019年09月02日

おもしろい(´∀`)

ごきげんようヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!


『誰だかわからない』さんは、この肉体や思考、そして湧き出る感情を通して、この世界を体験しています。それが、とても

おもしろい(´∀`)

のです。

人生には「浮き沈み」があって、浮いているときや、浮きあがる途上は楽しいのですが、反対に沈んで沈んでどん底まで到達してしまうような体験は、ちっとも楽しくありません。そんな個人としての「私」が、ちっともおもしろくないと思うのも、『誰だかわからない』さんは、

おもしろい(´∀`)

のです。どんな体験も、どう転んでも、おもしろいのです。
どう転んでもおもしろいので、今生の人生という物語がどういう結末になっても、

おもしろい(´∀`)

わけです。


さて、そのことに気づいてしまった、この物語の主人公。よーするに個人としての「私」
ここで、この「私」はひとつの疑問を持ちます。

どう転んでも、おもしろいなら、

「もう見なくていいんじゃねーか?」

どんな結末になろうと、同じなんでしょ? 見なくていいじゃんと。


はい。まったく、その通りですね。もう物語を見るのをやめてしまってもかまいません。だって、どうせ、おもしろいんですから。結末がわかっては、物語を最後まで見る意味がありません。テレビの電源を切るように、プチっと、この世界を消してしまってもいいわけです。今夜がこの世界の最後の夜でも、どうせ、おもしろいんですから。いますぐにでも、終わらせてもいい。
なのに、

この世界があるんです(´∀`)

これがもう、最大級の最大級に

おもしろい(´∀`)

んですよ。

なんつーかなぁ……

なくてもいいのに、あるんですよ。

それも完璧なかたちで。

ちょwww こんなに

おもしろい(´∀`)

ことって、もうねーや。アホらしすぎて、とんでもなくて、ステキさが×10の10乗



うーむ、すんません。これ以上、言葉にできない(´∀`)

ごきげんよう。


「終着点」 なんか郷愁と浪漫があります。
IMG_6356.jpg

ちなみに、ここは札沼線・新十津川駅
IMG_6322.jpg

なんと、一日一本しか列車が発着しません。
「始発が終電」
IMG_6324.jpg

来年の春に廃線になります。寂しいですね。
IMG_6325.jpg
@北海道新十津川町
posted by 笑うウリエル at 22:03| Comment(94) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする