2019年08月21日

「既知のもの」との決別(・ω・)

ごきげんようヽ(* `O´ *)ノファーーァ!


夏のピークは過ぎたようですね。あっというまに今年の夏も過ぎ去って行きます。
屋外で火を使って商売している者としては助かるのですが、あらゆる生命力がみなぎる夏が去って行くというのは、どこか寂しさがあります。
(・ω・)

さて……

私たちには、生まれ持った『知性』というものが備わっています。『智慧』と言ってもよいです。『叡智』と表現されたりもします。当笑ウリ部では、もっぱら『智慧』という表現を使っております。

この『知性』、『智慧』、『叡智』は人間だけにあるものではありません。あらゆる生き物に備わっています。例えばクマやキツネは、その日どこに行けば食べ物にありつけるか、理屈抜きで知っています。サル、シカ、イノシシは、毒キノコや毒のある実を、理屈抜きで知っているので食べません。ツバメは、どちらの方向にいつ飛べばいいか理屈抜きで知っているので、同じ場所に毎年戻ってきます。
人間はこれは「本能」という言葉で片づけてしまっています。思考にはこの「リクツヌキ」が理解できないので、しかたなく「本能」という言葉でお茶を濁していますが、真実、「本能」なんてありません。

『知性』( ・∀・)ノ

です。人間は脳が発達しすぎたがゆえに、この『知性』がわからなくなってしまった、あわれな存在です。サルだったら絶対に食べない毒キノコを、わからずに食べてしまうのですから。「万物の霊長」なんて聞いてあきれます(笑)


スピリチュアルの真の目指すところ、つまり「悟り」とは、このあるにもかかわらず見失ってしまった、

『知性』( ・∀・)ノ

を、再びこの世界に表現することです。『知性』を表現して、人生のあらゆるのものに『歓び』を見つけることです。『知性』を表現すればするほど、この世界はどんどん変わって行くのです。それに終わりはありません。驚きと感動、想像をはるかに超えた体験が、永久に続いていくことを知るのです。可能性が思考の範囲をはるかに超えていることを知るのです。


しかし、その、

『知性』( ・∀・)ノ

を表現するには、少々、困難がともないます。私たちはあまりにも知識や経験にたよりすぎて、『知性』がなんなのか忘れてしまって久しいからです。忘れているので、知識や経験、つまり「既知のもの」しかたよりにできないと思い込んでいるです。

「既知のもの」、「過去のこと」、そして、

そこから発生した「こだわり」や「決めつけ」

これらだけを人生の道しるべにしているので、グルグルと同じところをまわり、ちっとも新鮮な驚き、神聖な世界に気づけませんし、世界も変化していきません。


『知性』( ・∀・)ノ

を表現するためには、「既知のもの」、「過去のこと」、そして「こだわり」や「決めつけ」に背を向けて、未知の領域に踏み込んでいかなくてはなりません。思考、それによって作られている「私」からはなれて、偏りのない世界に、ひとり立って進んでいくのです。
思考はいろんなものを幸不幸、優劣、善悪、高低の、どちらかに偏らせて世界を見てしまっています。何かを正常とし、それ以外は異常と決めつけて、世界を見ています。そんな「こだわり」すべてに、当たり前、常識、すべてに、

背を向けてください

無防備になって、なにもかも受け入れて行くのです。なにもかも肯定し、許していくのです。すべて、

「これでいいのだ」

と、受容するだけのことなのです。
あおり運転して人を殴った男だって、「何かに恐れおののいて、あんなことしてしまったんだろうな。本当はいいヤツなんだろうな」と、思って許すだけでいいのです。


私たちの可能性は無限です。思考なんていう、ちっぽけなものでは推し量れません。ほんの一瞬先に何が起こるかすら思考にはわからないのですから。
この無限の可能性に人生を開花させるのです。『知性』がそれを受け持ってくれるのです。


あなたが今まで生きてきて得た知識、経験、それらをすべて失っても、あなたはなんの不自由もなく豊かに人生を歩めるのですよ。だって、

『知性』( ・∀・)ノ

が、備わっていますから。

ごきげんよう。


なつーーー! 夏がおわるぞーーー!
IMG_6909.jpg
十和田湖@秋田県小坂町

IMG_6992.jpg
@福島県喜多方市

IMG_6731.jpg
@北海道石狩市
posted by 笑うウリエル at 08:51| Comment(34) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする