2019年06月14日

これでいいのだ ( ・∀・)

ごきげんよう☆⌒ヽ(´ε` )チュッ( ´з`)ノ⌒☆


人生って人生そのものが、まるで生き物のように流れて行っているので、私たちはその流れに沿うだけです。

けれど、私たちはいろんな考えや、いろんな感情に気を取られてしまって、その流れを見失ってしまっているのです。
まあ、見失っているだけで、ちゃんと流れて行っているのですけどね。
(´∀`)


んでー、「流れに沿う」と、どうなるのかというと、進むべき方向が自然にわかるようになります。
そうなると、もう何もコントロールしようとする必要がありません。何か決断することもありません。いちいち思い悩んで、「こうするべき」とか「こうしたほうがいい」とか、もう考えて決定しなくていいのです。ラクチンですね。

あ、これは、みなさん誰にでも、もともと備わっているものなのですよ。特別な人にしかできないことではありません。何度も言いますが、ただ思考や感情に気を取られて気づかないだけなのです。そして、そのごちゃごちゃとした思考や感情は、「私」の持つ「こだわり」から発生していますね。
(´・ω・`)


では、その「流れに沿う」感覚を思い出すにはどうしたらいいのかというと、それは、

『いま』と調和すること

なのですが、なんかよくわかんないですね。要するに、起こることすべてに、OK!と言うことです。つまり、

「これでいいのだ」( ・∀・)

です。

『いま』どんなに不安でも、「これでいいのだ」( ・∀・)

『いま』恐怖におののいていても、「これでいいのだ」( ・∀・)

『いま』どんなに腹が立っていても、「これでいいのだ」( ・∀・)

不安を感じるときは不安を感じたらいいし、恐怖を感じるときは恐怖を感じればいいし、腹が立ってしょうがないときは腹を立てていればいいのです。『ありのまま』に。

不安を感じるとき、不安を打ち消すために「これでいいのだ」と言うのではありませんよ。不安は不安であっていいのです。不安でいる自分にOK!を言うのです。
もちろん、何か「こだわり」があるから「私」は不安なわけですが、それもひっくるめて、とりあえずは、

「これでいいのだ」( ・∀・)

と、言ってみてください。「不安でいいのだ」です。

同じように、「怖くていいのだ」、「怒っていいのだ」、「しんどくていいのだ」、「病気でいいのだ」、「嫉妬していいのだ」……
『いま』に起こっている出来事、状態、それに対する自分自身の反応、すべてまるっとぜーんぶに、

「これでいいのだ」( ・∀・)

と、言ってみてください。

するとね、深いところを流れる人生の流れのようなものが、だんだん感じられるようになってきます。また、何かに対する「こだわり」が、その流れを遮るようにしていることも見えてくるでしょう。


人生の流れには、正しいも間違いもありません。善も悪も成功も失敗もない。ただ、あらゆるものを調和させる大きな深い流れです。

この世界を調える

流れです。主張する「私」が消滅して、この人生の流れによって私が生かされるようになるのです。


これはもう、新次元です。

あなたは新しい世界に生きるのです。

ごきげんよう。


渋谷だ、シブヤ。
IMG_5957.jpg

IMG_5961.jpg

IMG_5967.jpg

ハチ公たん♪
IMG_5973.jpg
@東京都渋谷区
posted by 笑うウリエル at 22:47| Comment(37) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする