2019年06月08日

なんでもあり!(゚∀゚) PART2

ゴ━━(# ゚Д゚)━━ッ!きげんよう


私たちは、この『いま』に何が起こるのか、予め知ることなどできません。まったく予測不能です。
例えそれが、この肉体や思考がすることであっても、予測できないのです。「私」は肉体や思考をコントロールしているように思っていますが、そんなのまったくの思い込みにすぎません。

街中を歩いていて、コーヒーの香ばしい良い匂いがどこからともなく流れてきた。そのとき、
「コーヒーが飲みたいな!」(゚∀゚)
と、思った。そんなの予測していましたか? してませんよね。
(´∀`)
コントロールできていると思っている思考ですら、「私」の思惑とは無関係に、勝手にどんどん活動して行っているのです。

そう、この『いま』に起こることは、すべて、

『真実』が表現する「起こること」

なのです。あなたの肉体や思考の動きですら、そうなのです。

『誰だかわからない』さんの意志

と言ってもいいかな(´∀`)


すべての「起こることが」、『誰だかわからない』さんの意志による「起こるべきこと」ならば、あなたはもう何も心配する必要がありません。ただ、この『いま』を体験すればよいのです。『誰だかわからない』さんの創る物語、世界は完璧です。あなたはただ、素直に正直に『いま』の本心を表現すればよいのです。

前の記事でも書いたように、『誰だかわからない』さんの表現は、

なんでもあり!(゚∀゚)

です。「こうあるべき」とか「こうあるべきではない」なんて、一切おかまいなしです。
例えそれが、優しくなくても、穏やかでなくても、表現したいのです。体験したいのです。この『いま』に、それを起こしたいのです。

だから、どんなときも、いついかなる『いま』も、あなたは、

ただ本心を表現すればよいのです

そして、それを

体験すればよいのです


そんなことをすれば人間関係が壊れるとか、信頼を失うとか、「私」はとにかく心配しますが、

心配いりません!(゚∀゚)

人間関係が壊れるのなら、人間関係が壊れることに価値があるのです。信頼を失うのならば、信頼を失うことに意味があるのです。
そういう「私」が考えつくようなことを、はるかに超えた素晴らしいことが起こってくるのですよ。『誰だかわからない』さんのストーリーは、なーんも間違ってません。完璧ですので。

本心が怒っているなら、怒ればよいのです。怒りを表現してください。

本心が迷っているなら、迷えばよいのです。「迷っている」を体験してください。

本心が困っているなら、困ればよいのです。何かが見つかるまで困ればよいのです。

何も取り繕う必要はありません。怒っているのに怒ってないと思うのは、自分を偽るということです。
迷ったり困ったりしているのに強がるから、余計に混迷するのです。
本心を表現しないから、偽りの自分ばかりを伝えているから、あなたのまわりには、本心を語ってくれない人ばかりが集まるのです。


ただ本心を表現すればよいのです

そこには「こうあるべき」とか「こうあるべきではない」とか、ありません。

あなたはしたいと感じたことをすればいいし、言いたいと思ったことを言えばいいし、会いたいと思った人に会いに行けばいいのです。

失敗するとか、嫌われるとか、断られるとかは問題ではないのです。そうなったときは、そうなることに価値があり、意味があるのです。


「こうあるべき」とか「こうあるべきではない」とかが、取り外された、純粋な本心からの表現に従うと、この『いま』ってヤツは本当に、

何が起きるかわかりません!(゚∀゚)

これこそが、まさに「無限の可能性」なのです。

そして、私たちはこの「無限の可能性」に、身を投げ出すことができます。

これこそが、まさに「ゆだねる」なのです。

まさに『ありのまま』なのです。


ごきげんよう。


初夏の花木いろいろ(´∀`)
IMG_5811.jpg

IMG_5808.jpg

IMG_5285.jpg

IMG_5537.jpg

posted by 笑うウリエル at 22:26| Comment(55) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする