2019年06月02日

なんでもあり!(゚∀゚)

(`・v´・ )ノ=☆・゜:*:ごきげんよっ!!


人間社会は「こうあるべき」だらけです。ルール、常識、法律、そして道徳や倫理、さらには社会通念。
そして「私」も、おおむねこれにそって、「こうあるべき」だらけです。

一方、『誰だかわからない』さんは、そんなものおかまいなし!(゚∀゚)

なんでもあり!(゚∀゚)

です。この身体を通して表現したいことを表現し、体験したいことを体験しようとします。「私」はこれをたいへん恐れています。

「そんなことをしたら、人生がメチャクチャになっちゃうよ!」

って。だから、いろんなものを「抑圧」しております。これが以前、記事に書いた「抑圧」です。


実のところ『誰だかわからない』さんは、そんなメチャクチャな大混乱を体験するつもりは、これっぽっちもないのですが、それは思考には理解できません。理解できないので、その『誰だかわからない』さんが表現する可能性がある恐ろしいことを、

「悪」
「非道徳的」
「醜い」
「惨め」

と、勝手に決めつけて「抑圧」して、ナキモノにしています。そんなもの「私」の中にはありませんよーって。
もし、そんなものがあると、とてもたいへんなことが起こってしまうかもしれない。だからないことにしよう。そう判断したのです。本当はあるのに覆いをかぶせて、隠してしまったのです。

「ナイナイ、そんなものナイよー」

と。

でも、「ある」から「ない」と言えるんですよね。最初から存在しないものは、「ない」と言うこともできないんですよ。
わかりますか?(´∀`)
例えば、お皿の上におまんじゅうがあった。しばらくするとお皿だけになっていた。このとき、
「まんじゅうがない!」
と、言えるわけです。最初からおまんじゅうがなくてお皿だけだったら、「まんじゅうがない!」って言いますか?
「ある」と認識しているから、「ない」と言えるわけです。


さて、ということはです。だいたい、ウリエルが言いたいこと、わかってきましたよね。
(´∀`)

「お金なんか欲しくない」と思っているとき、「お金が欲しい」んです。「お金が欲しい」と思っているから、「欲しくない」と思えるんです。

「あの人が許せない」と思うとき、本当は「許してもいい」という気持ちがあるから、「許したくない」と思えるんです。

「ひとりの方が気楽だ」と思うのは、「ひとりは惨めだ」と思ってるからこそなんです。

「怒っていない」と思うとき、「怒っている」んです(笑)


こんな感じで、日常で表面的に思っていること、感じていることの正反対の「思い」が、必ずあるのです。正反対の「思い」があるからこそ、今あなたはそう思うし感じるのです。

その正反対の「思い」を認めてください

ただ認めてください。潔く。これが、

「自分を愛する」

でもあります。


自分では簡単には認められないものもありますよ。でも、どんなに抵抗しても認めざるを得ないんです。必ずそうなんですから。
『誰だかわからない』さんは、その「思い」の感覚も体験したいのです。それを知ることによって、何かに気づくことがたくさんあるのです。それを「抑圧」してナキモノにしては、いつまでたっても気づくことができません。迂回はできないのです。


その「思い」を『誰だかわからない』さんは、本当に身体を通じて実行に移すかもしれません。

なんでもあり!(゚∀゚)

ですから。

でも、何も恐れる必要はありません。


誰よりもあなたは愛されていますから。


ごきげんよう。


薔薇の季節だ。
情熱の真っ赤な薔薇を♪
胸に咲かせよう♪
IMG_5831.jpg

IMG_5769.jpg

IMG_5829.jpg

IMG_5881.jpg


posted by 笑うウリエル at 23:23| Comment(32) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする