2019年06月27日

「死」 (`-ω-´)

ごきげんよぅ…(´・ω:;.: (´:;.::. :::;.. ….


実はここのところ、やや体調を崩していたのですが、昨日はじっくり休んで、ずいぶん回復しました。暑くなってきましたので、みなさんも肉体は大事にしてください。
(´∀`)ノ


さて、今日は「わかる」について書こうと思います。そのために「死」というテーマを選んでみました。「死」についてあれこれ語るのでは、ありまへん。
(´・ω・`)
ウリエルは「死」とか臨死体験とかについては滅多に語りません。なぜなら、他者の「死」と自分の「死」とでは、そこに関連するものがないと感じているからです。他者の死を自分の死に当てはめることはできないのです。

ま、それはおいといて……(・ω・)

『真実』はどのようにして「わかる」のかというと、これは、頭で理解できないところで「わかる」のです。逆に言うと、理論や理屈で簡単に説明がつくものは、

『真実』ではありません

肉体の次元、現実世界の次元では、理論や理屈で説明がつけば『真実』です。1+1=2です。
しかし、現実世界を超えたワンネスと呼ばれる次元では、1+1=2とは言い切れません。なんつっても「ワンネス」なんだから、1+1=1かもしれない。あ、そうだ! 1+1=1じゃないか! なんか説明できないけど、それで間違ってないよね! と、確信的なものを直感で感じる。
精神世界の次元では、そんなふうに「わかる」のです。
(・ω・)

あ、1+1=1が『真実』かどうかは知りませんよ。例えです、たとえ。でも、あなたが直感的に「そうだ!」と感じたら、『真実』です。
(´∀`)


さて、それでは理論を超えて、直感的に何かをわかってもらいましょう。

人は「失うこと」を恐れます(`-ω-´)
うん、「失うこと」は恐怖ですよね。お金、最愛の人、健康、信用、生きる道…… どれも失いたくないものばかりです。
じゃ、なんで「失うこと」は怖いのかしら? じっくり考えてみてください。
すると、「失うこと」そのものより、「失ったあと」が怖いんですよね。「失ったあと」がどうなるかわからないから怖いんですよね。
お金、最愛の人、健康、信用、生きる道、どれも失っても人生が続いて行くわけです。終わりません。その続いて行く先の人生がどうなるかわからない、今よりも生きづらいものになりそうだ。だから、怖い。そういうことですね。
(´・ω・`)ノ

しかし、今よりも確実に生きづらくなるかと言うと、それもわかんないわけです。そうですよね?
みなさん、いろんなものを今までに失ってきたでしょう? でも、どんどん生きづらくなる一方だったかと言うと、そうでもないですよね。むしろ、失ったけど、結果的にかえってよくなった、てなこともたくさんあったですよね。
(´∀`)

そうは言っても、確実に結果的によくなるかどうかも「わからない」です。先のことは本当にわかりませんから。
つまり、この「わからない」が怖いんです。そうですよね。失った後の人生が確実にわかったら、「失うこと」は恐怖にならないです。


ハイ。それではです。「死」です。(`-ω-´)

単純に言うと、「死」も「失うこと」です。肉体やこの人生を失います。

なんで人は「死」を恐れるのか? 

「わからない」からです。

ここでは「死」そのものへの恐怖について語っています。死の直前の肉体的苦痛への恐怖は、それは生きているときの苦しみなので、厳密に言うと「死」の恐怖ではありません。


「死」の何が「わからない」のか? 死んだらどうなるのかが「わからない」のです。

人生を失うのがなぜ怖いのか? 失ったらどうなるか「わからない」からです。

ということは?

失ったあとがあるってことです

それをあなたは知っているから、怖いんです。

ごきげんよう。


IMG_6134.jpg
なんじゃアレは?

IMG_6125.jpg

IMG_6129.jpg
口の中に入ってみた。
難波八坂神社@大阪市浪速区


posted by 笑うウリエル at 16:29| Comment(51) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

価値あるもの  (゚∀゚)!

+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ゴキゲンヨウ


朝から日が暮れるまで、言いようのない、

+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚至福 

に、包まれた一日でした。
おかげで、記事に書こうとしていたこと、忘れた。
(´∀`)

どんな感じかと言うと、言いようがないので言えません(笑)
こんなに全体的で、こんにハートが開放的で、こんなにただただ、

「この世界って、ステキ!」(゚∀゚)!

としか言いようがない感覚は、未だかつてなかったように思います。
未だかつてなかったので、「こりゃ、ええわー」」と、引っ張り出して大いに感じた次第です。

完璧です。この世界は自分が創っているので、完璧でないはずがないのです。それが、ありありと感じ取れます。
(´∀`)


そして、次のことが明確に理解できました。それは、この世界の外側にあるものは、すべて、

無価値です (゚∀゚)!

たとえ、それが、

どんなに貴重な、かけがえのないことであろうと、
どんなに世の中に役立つことであっても、
どんなに自分の将来のためになることであっても、
どんなに愛する人であっても、すべて、

無価値です (゚∀゚)!

外側にある以上、己の肉体であっても、

無価値です (゚∀゚)!

どんなに美しくても、強くても無価値は無価値なのです。
唯一、価値のあるものは、内側です。

開かれたハートです(´∀`)


無防備で、純真無垢な開かれたハートです。


だから、どんなに『しょうもないこと』でもあっても、内側から、ハートから、それがおもしろい、してみたいという衝動が湧き上がって来たなら、何を差し置いてでも、

真っ先にするべきです (゚∀゚)!

この現実世界では、または思考では、到底「無価値」と考えられることなら、なおのこと急いでするべきです。
「こんなくだらいことしているヒマなんてあるのか?」
と、思うことすら許されません。肉体や思考も、すべてのエネルギーをそれに注ぐのです。

誰にも評価もされない、誰にも理解されない、誰も喜ばないし誰に役にも立たない、その上、自分自身のためにもぜんぜんならない。

それでいいんです。

それがしたいんです。

まずしてください。なりふりかまわずしてください。変な人と思われてもいいし、変な人と思われたらまだマシくらいのことでも、まずしてみてください。


純粋にそれをしたとき、あなたは内側に

輝く光 (゚∀゚)!

を、見ることができるはずです。

これが、あなたの世界を光り輝かせるのです。

ごきげんよう。


東京の真ん中、世田谷区にこんなところが (゚∀゚)!
IMG_5994.jpg

IMG_6012.jpg

IMG_5993.jpg
等々力渓谷@東京都世田谷区
posted by 笑うウリエル at 22:35| Comment(32) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

これでいいのだ ( ・∀・)

ごきげんよう☆⌒ヽ(´ε` )チュッ( ´з`)ノ⌒☆


人生って人生そのものが、まるで生き物のように流れて行っているので、私たちはその流れに沿うだけです。

けれど、私たちはいろんな考えや、いろんな感情に気を取られてしまって、その流れを見失ってしまっているのです。
まあ、見失っているだけで、ちゃんと流れて行っているのですけどね。
(´∀`)


んでー、「流れに沿う」と、どうなるのかというと、進むべき方向が自然にわかるようになります。
そうなると、もう何もコントロールしようとする必要がありません。何か決断することもありません。いちいち思い悩んで、「こうするべき」とか「こうしたほうがいい」とか、もう考えて決定しなくていいのです。ラクチンですね。

あ、これは、みなさん誰にでも、もともと備わっているものなのですよ。特別な人にしかできないことではありません。何度も言いますが、ただ思考や感情に気を取られて気づかないだけなのです。そして、そのごちゃごちゃとした思考や感情は、「私」の持つ「こだわり」から発生していますね。
(´・ω・`)


では、その「流れに沿う」感覚を思い出すにはどうしたらいいのかというと、それは、

『いま』と調和すること

なのですが、なんかよくわかんないですね。要するに、起こることすべてに、OK!と言うことです。つまり、

「これでいいのだ」( ・∀・)

です。

『いま』どんなに不安でも、「これでいいのだ」( ・∀・)

『いま』恐怖におののいていても、「これでいいのだ」( ・∀・)

『いま』どんなに腹が立っていても、「これでいいのだ」( ・∀・)

不安を感じるときは不安を感じたらいいし、恐怖を感じるときは恐怖を感じればいいし、腹が立ってしょうがないときは腹を立てていればいいのです。『ありのまま』に。

不安を感じるとき、不安を打ち消すために「これでいいのだ」と言うのではありませんよ。不安は不安であっていいのです。不安でいる自分にOK!を言うのです。
もちろん、何か「こだわり」があるから「私」は不安なわけですが、それもひっくるめて、とりあえずは、

「これでいいのだ」( ・∀・)

と、言ってみてください。「不安でいいのだ」です。

同じように、「怖くていいのだ」、「怒っていいのだ」、「しんどくていいのだ」、「病気でいいのだ」、「嫉妬していいのだ」……
『いま』に起こっている出来事、状態、それに対する自分自身の反応、すべてまるっとぜーんぶに、

「これでいいのだ」( ・∀・)

と、言ってみてください。

するとね、深いところを流れる人生の流れのようなものが、だんだん感じられるようになってきます。また、何かに対する「こだわり」が、その流れを遮るようにしていることも見えてくるでしょう。


人生の流れには、正しいも間違いもありません。善も悪も成功も失敗もない。ただ、あらゆるものを調和させる大きな深い流れです。

この世界を調える

流れです。主張する「私」が消滅して、この人生の流れによって私が生かされるようになるのです。


これはもう、新次元です。

あなたは新しい世界に生きるのです。

ごきげんよう。


渋谷だ、シブヤ。
IMG_5957.jpg

IMG_5961.jpg

IMG_5967.jpg

ハチ公たん♪
IMG_5973.jpg
@東京都渋谷区
posted by 笑うウリエル at 22:47| Comment(37) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする