2019年04月25日

思い通りの世界 (゚∀゚)!

(@・`ω´・)ノゴキゲンヨ――――ゥ★


複雑に見えるこの世界も、本当はものすごくシンプルです。

「他人」は「私」の映し鏡です。他人に見えても本当は「私」なんです。

この超シンプルなことを、人はたいがい忘れてます。

例えば、あなたが「愛されよう」とすると、相手もあなたから「愛されよう」とします。鏡に映っているのですから。
でも、これでは愛の奪い合いが起こりますね。
(´・ω・`)

あなたが相手をコントロールしようとすると、相手もあなたをコントロールします。

あなたが正義を主張すると、相手も正義を主張します。

あなたが相手を所有すると、あなたも相手の所有物になります。

あなたが許さなければ、相手もあなたを許しません。

シンプルでしょ?
(´∀`)

反対に、
あなたが思いやれば、相手もあなたを思いやってくれるでしょう。

あなたが相手に自由を与えたら、あなたも自由になります。

あなたが許せば、相手も許してくれるでしょう。

あなたがその人を愛すれば、相手もあなたを愛するでしょう。


でもこんなこと、今さら言われなくても、知ってますよね。
(´∀`)
子供のときから、言い聞かされていたはずです。たった何回かその通りにならなかったので、「正直者はバカを見る」とか思い、ものすごくソンをした気分になってしまって、忘れてしまっただけです。

でも、その通りにならなっかたのではないのですよ。実はあなたが本当に「正直者」でなかったのです。許したフリ、思いやったフリ、自由を与えたフリ、愛したフリをしただけなんですもん。しょうがないですよ(笑)
だから、

「正直者」になってください。

「愛されたい」が湧いてきてしょうがないなら、しょうがないです。無理して「愛する」をしてもダメです。それが「正直者」です。
それよりも「どうして?」と内側に、その原因を見つけてください。「愛されたい」が湧いてきて仕方ない理由を。その理由が見つかるまで、相手もあなたから愛を奪うことをやめません。

本当は許せないのに、許したフリをしても意味がありません。それでは相手も許してくれません。どうしてそんなに許せないのか? なぜ? その根本を見ないとね。

所有欲がとまらないのは、本当は何を欲しているのかを発見するまで止まりませんし、
「私が正しい」と思う気持ちがなくせないのは、何を恐れているのか発見するまでなくせません。どこまでも、どこまでも、自分に「正直者」になって。


この世界はとてもシンプルです。

あなたが自分自身に対して、

完全なる「正直者」であるならば

すべてが、あなたの思い通りの世界に、すでになっているのですよ。

「正直者」はバカは見ません。

ごきげんよう。


IMG_5252.jpg


IMG_5245.jpg

ふぃ
IMG_5260.jpg


IMG_5265.jpg
ネモフィラ(´∀`)ノ @大阪市舞洲
posted by 笑うウリエル at 21:14| Comment(72) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする