2019年04月08日

「自己表現」 (・ω・)

ごきげんよー m9(`・ω・´)っ ソレダッ!!


あなたはこの世界に何かを表現しようとしています。そのために、わざわざこの世界まで創造したのです。

それは、「アメ玉を口に入れる」みたいなとても些細なことから、「人生の中でやるべきこと」のような、とても大きなものまで、もうわけがわからないくらい無限にあるのです。
でも、そこに分離した個人としての「私」が覆いかぶさって、いささか混乱してしまっているのが、私たちです。

ワンネスから分離した「私」は、常に承認欲求が満たされるような言動をし、常に「私」と他者を比較し、常に不快なものを取り除こうとし、常に『いま』この瞬間を「このままではいけない」と否定し、結局それによって問題ばかりを抱え込みます。
「私」が次から次へと起こす多種多様な問題を、まるでドラマを見ているように笑って見ていればそれでよいのですが、実際問題、なかなかそうもいきません。私たちは混乱し続けます。

ここはひとつ、「私」に少し大人しくしてもらって、ただ人生を流されていきたいものです。
というわけで、やはり、

「本当の自分」は、何を表現しようとしているのだろう?

という問いを、改めて投げかけてみる必要があるのではないでしょうか。


「本当の自分」は、何も分離していません。他人の眼とか評価などいっさいおかまいなしです。そもそも、その他人とやらが「本当の自分」の一部なものですから、いちいち気にする必要がないのです。

だから表現したいものも、ただ表現したいのです。「誰かのため」とか「何かのため」とか、いっさい考えません。理由がないのです。

理由がないから、問題も起こりようがないのです

このことがわかるでしょうか?(・ω・)

反対に、分離した「私」がする行動には、必ずと言って理由があります。理由があるから、問題が起こります。
そうなんです。分離から「私」から行動すると、100パーセント、

「苦しみ」になってしまうのです

これは、この世界の法則のようなものです。


バスの中で、あなたは座席に座っていました。そこに、かなり高齢に見えるヨボヨボのおじいさんが、後からバスに乗ってきました。
「おじいさんは揺れるバスの中で立ち続けるのはつらいだろう。だから、おじいさんを助けたい」
こう思って、あなたは席をおじいさんに譲ろうと立ち上がりました。すると何かしら問題が起こります。なんかよくわかんないけどそうなります。
(´・ω・`)

一方、
「おじいさん、座った方が楽だろうな」
そう思って席を立ちあがりました。すると想像もしていなかった奇跡が起こります。それはとても小さなことかもしれませんが、とにかく奇跡です。
(゚∀゚)!

このちがい、わかってもらえますか?(´∀`)

「おじいさんを助けたい」は、おじいさんと「私」、助けられる側と助ける側に分離しているからです。
「座った方が楽だろうな」は分離してません。まるで、おじいさんを自分のように見ているからです。
こんなことで、ガラッと見える世界が変わるのですよ。おもしろいでしょ?


「誰かのため」とか「何かのため」が問題を創り出すなんて、多くの人は気づいてません。だから、この世界は問題だらけ(笑)
「誰かのため」とか「何かのため」を、

飛び越えてください

ただ、あなたが『いま』やりたいと感じたことだけをすればよいのです。それに理由はありません。自分がなぜそうするかわからなくてもいいんです。わからないほうがいい。
もちろん、バスの中でおじいさんを無視しても、それがそのときのやりたいと感じたことだったら、それはそれでいいのです。それによって、あなたは何か体験し、何かを知るのですから。それもまた奇跡かもしれません。

『いま』やりたいと感じていることは、自分に正直にならないとわかりません。
善いことをする必要もなければ、役に立つことをする必要もありません。

「これがいまの素直な気持ちだ」

と、ハッキリと感じられることをやってください。頭で考えるのではなく、胸で感じること、ハートで感じることを。直接に、何も脚色することなく、まっすぐに表現するだけでいいのです。
人を好きになったら、ただ好きを表現すればいいのです。誰かに会いたくなったら、ただ会いに行けばいいのです。いちいち理由を付属させる必要なんてありません。


もちろん、「誰かのため」とか「何かのため」に行動して問題を創り、「苦しみ」を体験することも、それはそれでOKなんですよ。

それはそれで、正しく間違っているのですから。悪いことではありません。
(´∀`)


ではでは、ごきげんよう。


お花見をしよう(゚∀゚)!
IMG_5054.jpg

山口県は錦帯橋でーす。
IMG_4881.jpg

IMG_4930.jpg

IMG_4971.jpg
@山口県岩国市
posted by 笑うウリエル at 23:12| Comment(36) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする