2019年02月27日

スゴイな……!(゚∀゚)

ごきげんよう (*>∀<)o(酒)クゥーッ!!”


この私は、この広い世界の中に存在する、「小さな小さなポツンとした、たったひとりの人間」です。

と、

思い込んでます(゚∀゚)!


物心がつくかつかないかというころにやっちまった、このちょっとしたミステイク。以来、何十年も、

思い込んでます(゚∀゚)!

何十年も思い込み続けて続けて続けまくったので、これを解きほどくのは簡単ではありません。逆に言うと、ここまで思い込ませた自分、ちょっとスゴイ(笑)


「小さな小さなポツンとした、たったひとりの人間」と思い込んじまった以上、この世界は危険だらけで敵だらけになってしまいました。そこで、あなたは共に生きる「なかま」が必要だと思いました。「なかま」がいないと、この世界は不安だらけなのです。桃太郎だってサル、イヌ、キジという「なかま」がいます。そこで発生したのが、

「承認欲求」

なわけです。

「なかま」は、「なかま」だとお互い認め合わないと、「なかま」になりません。サル、イヌ、キジを「なかま」とこっちが思っても、サル、イヌ、キジから「キミは俺たちのなかまだ」と認められないことには、「なかま」になれないのです。だから認められるということが、生きる上で必要不可欠になってしまいました。

が! しかし、これって、

思い込み(゚∀゚)!

な、わけです。ハイ。


「なかま」を得るには便利な道具がありました。そう、キビダンゴです。お金や権力です。さらに「鬼を退治する」という、崇高な目標をもった魅力的な人間像も「なかま」を得るのに有効です。だからキビダンゴをたくさん持つことに奮闘するようになったり、魅力的な人間になろうと日夜努力するようになりました。
中には「なかま」を得ることに疲れて諦める人もいました。そんな人は人間以外の「なかま」を求めました。「通帳の残高」とかね(笑) ペットや人形という人もいますよ。

これが人間社会です……(^ω^;)

「小さな小さなポツンとした、たったひとりの人間」という小さなミステイク。そこを出発点に、この世界の中でどう生きていくのかを考えて考えて考え抜いて、それなりに生きる道を見つけて、それぞれが奮闘しながら毎日を生きているこの世界って、

なんか、スゴクね……?

これがぜーんぶ思い込みって、どんだけスゴイねん……?

ここまで徹底的に思い込ませた「自分」、スゴクね!?


でもね、この「思い込み」が解けないと、人は自由にもシアワセにもなれないんですよ。決してなれません。だって、「なかま」になんて何の力もないんですから。ただの幻想なんですから。キビダンゴにも「通帳の残高」にも、一切、なーんの力もございません!
(´・ω・`)
ただ何十年も思い込み続けているので、簡単にゃー解けんのも事実です。

本当は「なかま」など最初から存在しません。言い方は変ですが「なかまじゃないもの」が存在しないので、「なかま」もいないんです。だって、「小さな小さなポツンとした、たったひとりの人間」じゃないんですから。

…… じゃあ、何?

それ、

忘れちまってる(゚∀゚)!


ここまで完璧に忘れさせた、この想像力、いや「創造力」、スゴイよ。

本当の自分なのか、神様なのか、大いなるものなのか、なんのかわかんないけど、とにかく、

SUGEEEEEEEEEEEEE!!(゚∀゚)

と、

まずは思ってみましょうか。

感動しますか? 感謝の気持ち湧いてきます?

来ない? まあいいか……


この世界は幻想で、「本当の自分」が創造したものにすぎません。これは知識として頭に入れることはできます。ただ、それを実体験として体験するのはことがなかなかできません。何十年もの強固な思い込みがあるからです。
この強固な思い込みの上に知識を覆いかぶせても、混乱が深まるばかりなんですよ。知識を覆いかぶせるのはやめましょう。それより、

「なんかわからんけど、なんかすごい!」

こんな感覚が、きっとどこかにあるはずなんです。その感覚を探して見つけてください。

そして、そのとき、内側にがあるのを感じてください。

感じて、その力に、

「ありがとう」

と、感謝を捧げてみてください。
その力はハートの奥の方から湧いて来てませんか?


まあ、今までずーっとやってきた思い込みの逆です。
何十年かやったら、思い込みもとけるんじゃね?(笑)

ごきげんよう。

ハート石(´∀`)ノ
IMG_4581 (1).jpg

この中にあります。
IMG_4570.jpg

近くに眼鏡橋もあります。
IMG_4558.jpg
@長崎県長崎市
posted by 笑うウリエル at 09:00| Comment(104) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする