2019年02月07日

他人の眼 (;゚д゚)

ゴキゲンヨー!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)ゴキゲンヨー!!

ケガは日に日によくなっています。身体って大したもんです。ハイ。
(´∀`)


さて、このブログではここのところ、「感情を感じること」、「身体を感じること」を、ことさら言うようになっております。ハイ。
みなさま、この「感情を感じること」、「身体を感じること」に、少しは慣れてきたでしょうか? 意識してみると、今まで本当に無関心でいすぎたと思いませんか?
(´・ω・`)
さあ、それをふまえて、ここからは、さらに核心に迫っていきたいと思います。


「私」は常に、何者かに「なろう」としています。今のままの状態でいることを良しとしていません。
そして、その「なろう」としている何者かは、

他人の眼から見てどういう人物か

では、ありませんか?(´・ω・`)

例えば、「仕事のできる人間になろう」と思ったとします。しかし、何ができたら「仕事のできる人間」なのか、その基準ってとっても曖昧です。
曖昧な以上、本人が勝手に決めればよいのです。これができたら「仕事ができる人間」だと。例え誰にも評価されなくても、これだけできれば「仕事ができる人間」だと、自分で決めればよいのです。

が!(゚∀゚)

そんなわけには行きませんよね。誰にも評価されない「仕事のできる人間」なんて、

あ、り、え、ま、せーん! よね(笑)

結局のところ、自分がなろうとしている「仕事のできる人間」というのは、

「他人の眼」

に、委ねられるわけです。他人から「キミは仕事が出るね!」と評価されないことには、「仕事のできる人間」になったことになりません。


「総理大臣になろう」と思ったとします。「総理大臣」も自分で勝手に決めればよいのです。腕立て伏せを100回出来たら総理大臣とか、信号に引っかからずに家まで帰れたら総理大臣とか、自分で勝手に決めて、総理大臣になればよいのです。
でもそれでは、「私」は到底納得しません。やはり、誰かから認証され、多くの人から「あなたは総理大臣だ」と言われないことには、「総理大臣になった」と言えないわけです。

「他人の眼」

が、どうしても必要なわけです。


「お金持ちになろう」、「美人になろう」、「優しい人になろう」、「有名になろう」、「大人物になろう」、「人格者になろう」、「覚者になろう」、「シアワセになろう」……
これらはすべて、明確な基準がありません。どれも自分で勝手に決めてなればよいのです。さらに、どれも今この瞬間に、自分で勝手に決めてすぐになれます。なってください。
(´∀`)ノ

...... なんか、なった気がしませんよね。

「他人の眼」

が、ないですからね。

でも、これって悲劇を通り越して、喜劇だと思いません?
あなたが「なろう」としているものが「他人」に委ねられているわけですよ。つまり、あなたがどんなにがんばろうと関係ないとも言えますよね。だって、目指す人物になったかならないか、決定権は「他人」にあるわけですから。こんなトンチンカンなことってあります? どうしてこんな当たり前のことに気づかないで、日々、何者かに「なろう」と努力しているのでしょう?


トンチンカンな努力はやめましょう。
(・ω・)
とりあえず、あなたが「なろう」としている何者かに、今ここでなってください。


はい! なりました!


...... (´・ω・`)


そんな顔すんなよ......(笑)


なんか「納得できない」という、モヤーっとしたエネルギーが、胸のあたりに湧いてきたりしましたか?
では、それを感じてください。

今宵はここまで。

ごきげんよう。

引き続き、大塚美術館から。
IMG_4321.jpg

大接近どころか、絵を触ってもよいのだ♪
IMG_4322.jpg

だから、いろいろ遊べる。
IMG_4316.jpg

楽しいところです(´∀`)ノ
IMG_4293.jpg
posted by 笑うウリエル at 00:19| Comment(65) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする