2018年12月27日

自己愛(´∀`*)

ごきげんよー (/ω・\)チラッ

昨日は風邪で一日寝てました。おかげで、ずいぶんよくなりました。
今年の風邪は、ひいてんだかひいてないのかよくわかんない、中途半端な症状が続くようなので、思い切って休養をとってください。


さて、むかしむかし、ブッダは言いました。

「自分を愛せよ」

世界中のどこを探しても、自分ほど愛するに値する者はいない。


唐突に「自分を愛せよ」なんて言われると、現代の私たちは、エゴイストとかナルシストを連想してしまい、なんだか良くないことのように思ってしまいます。まさに「自己チュー」ですね。自分を愛するより、他人を愛するほうが清らかで美しいと思ってしまいます。もちろん、ブッダも自己チューになれと言っているわけではありません。
では、ブッダの「自分を愛せよ」とは、どういう意味なのでしょう?
(´・ω・`)

ところで、「自己チュー」な人を、私たちは好意的には見ません。これはなんででしょう? じっくり調べてみたことがありますか?
どっかの会社のいちばん偉い、除夜の鐘みたいなゴーンという人は、ものすごく自己チューでした。権力を思いのままに、とんでもない額のお金を己の懐にいれていました。こういう人を世間はものすごく罵倒します。ものすごく「悪いヤツ」です。なんででしょう? 冷静になんで腹が立つのか、思ってみたことがありますか?

それは、誰もが、

「自分だけ得したい」

という、自己チューな気持ちを、心のどこかに持っているからです。ハイ。
(´∀`)

そして、自分よりもっと自己チューな人を見つけると安心するんです。自分より自己チューな人を批判し罵倒しておけば、自分の内にある自己チューと面と向かわずに済むからです。
「アイツに比べりゃ、オレなんてかわいいもんだ!」
って。これが私たちがついつい、「他人のアラさがし」をしてしまう構造なのですよ。
本当は除夜の鐘の人も、私もあなたも同じです。誰だって「自分だけ得したい」気持ちは持っています。ブッダはそれを隠さず「愛せよ」と言ったのです。

「自分だけ得したい」

そういうものが、自分の内にあることを認めて、それを抑え込まずに「愛せよ」と言ったのです。

「自分だけ得したい」気持ちって、べつに好きで持っているものでもなく、いつのまにか勝手にいるんですからしょーがないといえばしょーがないですよね。じゃあ、こいつも「仲間」だと思ってあげよう。神が要らないものを与えないならば、要るものなのかもしれない。抑圧することなく、その存在を許して認めてあげよう。そして共に人生を歩む仲間として愛してあげよう......

すると除夜の鐘の人にどんな思いが湧いてきますか? 少なくとも罵倒したい気持ちは起こってこないと思います。それどころか「拘置所、寒くないかなー」とか、ちょっとかわいそうになってきたりしません?
(・ω・)

「自分を愛せよ」

とは、そういうことですよ。


人はそれぞれの内に、いろんな感情に固定された「こだわり」を持っています。いまいましい、腹立たしい、恐ろしい...... いろんなものがゴッチャになって「私」の中に詰め込まれています。
日常の中で、私たちはそれを表面に出さないように出さないようにと、抑圧して生きています。ブッダはそれを抑圧せず「愛せよ」と言ったのです。罪悪感、嫉妬、憎しみ、怒り、傲慢、欲望...... こんなのも「愛せよ」と言ったのです。そして、

自分を愛せないと、他人も愛せない。

と、言ったのです。
自分を無視して他人なんか愛せませんよ。それやっちゃうと、いつまでもヘンなとこグルグルまわります。


自分の内にある醜いもの、見たくないものも愛してください。それが『ありのまま』です。『ありのまま』のあなたでいい、とは、そういうことです。感情を隠さずに感じて、感じ切ってくださいとウリエルが言うのも、そういうことです。だから、感情を感じるときは、「愛せよ」でいてくださいね。
(´∀`)


「自分を愛せよ」

これ、ちゃんとしたら、すごいことが起こりまっせ。
(・ω・)ノ


あ、今回が今年最後の記事になりますね。
みなさま、良いお年を。

ごきげんよう。


引き続き大阪中之島(´∀`)
中央公会堂のプロジェクションマッピング見てきた♪
nakanosima1.jpg

nakanosima2.jpg

nakanosima3.jpg
@大阪市中央公会堂
posted by 笑うウリエル at 08:11| Comment(64) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする