2018年10月17日

「欲しい」(´ー`)

ごきげんよう ε-(;-ω-`A) フゥ…

秋祭りも終わり、気が抜けたような感じにウリエルも町もなってしまいました。
ここ播磨地方では「祭りが終わると一気に年末になる」と、みな言います。一年って早いですね。

さて、
「結果より過程が大事」
とか、よく言います。でも現実は、本当に「結果より過程が大事」と思っている人はいません(笑)
それもしょうがないのです。「私」は結果をほしがります。あくまでも結果です。どんなに過程が楽しくても、結果が悪けりゃ、これっぽっちも満足しません。なんがなんでも結果です。結果、結果、結果!

「私」というキャラは、そうプログラムされているのです。そうでないと、物語がちっともオモシロくありません。
オリンピックでも、アスリートたちがメダルという結果を追求するから、様々なドラマが生まれて、見ている者もハラハラしたり喜んだりできるのです。
「メダルなんかどうでもイイっす!(´∀`)」
って、選手たちがみんな試合前に言ってしまうと、誰もオリンピック見ません。結果をとことん求めるから、それまでの過程が、より中身の濃いものになるのです。

そこでです。
なーんで「私」はこんなに結果を求めるのか、そんなに「結果が欲しい」がプログラムされているのか、もうおわかりですよね。

そのほうがオモシロイ!(゚∀゚)

からです。
本当の「自分」は、そういう「私」を生み出して楽しんでいるのです。結果ではありません。過程を楽しんでいるのです。過程の中で生まれる様々な体験がしたいので、「私」に結果を欲しがらせます。

お金が欲しい、恋人が欲しい、悟りが欲しい、シアワセが欲しい……!
「私」にあらゆるものを追いかけさせて、その中で生まれる悲喜こもごもが「楽しい」のです。それが見たいがために、わざわざ「私」を創った。
あなたが『いま』している体験がかけがえのないものなのです。「シアワセが欲しい」の「欲しい」のほうの体験
が、

かけがえのない

ものなのですよ。
実際のところ、「シアワセ」のほうはどーでもええねん(´∀`)
たぶん、思い通りのシアワセが実現たら、こんどは「刺激が欲しい」とか言い出したりしまっせ。


「悟りが欲しい」も「お金が欲しい」も、本質は同じです。それは違うと言っているうちは永遠に悟りは来ませんよ(笑)
その「欲しい」をもっとシンプルに味わってください。「欲しい」という感情を。どんなに誤魔化したって、あなたは『いま』、何かが「欲しい」のです。平穏な日常かもしれなしし、強い心かもしれない。そんな何か「欲しい」があるでしょ?
そんな「欲しい」をただ認め、もっと感じてください。とことん感じてください。それを体験したいため「私」がいるんですから。

すると、何かが調和をし始めます。もっとも体験したいのは、ソレなのです。まさに、
「結果より過程が大事」
と言えることが起きるでしょう。あなたが「欲しい」を十分に味わったとき、「私」の役目がまたひとつ終わることでしょう。
『いま』をありのままにと、口を酸っぱく言っているとは、こういうことです。
「悟りが欲しい」も「お金が欲しい」も同じ。本当の「自分」は純粋に「欲しい」を体験したいのです。

「ああ、この欲しいという感情は、こんなんなんだー!」

って、感じてみてください。「欲しい」ってオモシロイですよ。それを体験できる歓びを味わってください。


あ、ちょっとちがいますが、宝くじ、ありますよね。アレって、当たったら何買おう、何しようと、いろいろ思いを巡らすのが楽しいんですよね。その期間がかけがえのないオモシロイ体験なわけです。実際に当たったら、わけわかんなくなるだけなので、当たらん方がいいです(笑)
だから一枚だけ買って、その思いを巡らす体験を思いっきり楽しんだだけで、もう十分にモトがとれてますよ。そういうもんだと思います。
「結果より過程が大事」
です。
それと、とてもよく似ています。

本当は結果が「欲しい」んじゃなくて、「欲しい」が「欲しい」んですよ。
だから「欲しい」を思いっきり味わって体験しましょうよ。「欲しい」が楽しいのですから。

ごきげんよう。


小ネタ・甘いもの(゚∀゚)
IMG_E3650.jpg
ぱんだんご

dango.jpg
@京都市「パンダの散歩」

IMG_3719.jpg
チキンラーメンソフト
@新大阪駅ナカ「チキラーハウス」

posted by 笑うウリエル at 17:13| Comment(63) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする