2018年09月20日

「自己イメージ」3( ゚ω゚ )

サン!ハイ!|。・ω・)ノ (・∀・(・∀・(・∀・*)ゴキゲンヨー♪


「自己イメージ」

は、自分自身でも言葉にすることができない、エネルギーのようなもので、感情といっしょに湧き上ってきます。
例えば、誰か他人に嫌悪感を感じたとき、言葉では「嫌悪感」と、ひと言で済ましてしまうことができますが、実際に胸とか肉体に起こること、そして感情の動きは単純なものじゃありません。

そんな複雑な反応の中に、肩が凝ったときに押す「ツボ」のようなものがあるんですよね。「ああ、ここ、ここ」みたいな。複雑な反応の中心のようなものです。そのツボは、たいてい昔からあって、いつも、ある条件下で、同じパターンで湧き出るように出現しているはずです。それをエネルギーと表現しています。
ツボを発見しましょう。おそらく、いちばん蓋をしておきたい気持ちになるエネルギーがあると思います。

それが「ツボ」です(´∀`)

そのツボを発見して、そして感じてください。できるだけ増幅させて。肩こりのツボを押すようにグリグリと。
そして、
「これはいったい、なんだろう?」
と、問いながら。


さて、「自己イメージ」について、いろんな探究をしているみなさんに、ちょいと気づいておいてほしいことがあります。それをチョイとだけ書いておきますね。
これは、すぐに誰でも気づけます。何かのヒントになったり、役に立つこともあるかもしれませんので、押さえておきませう。
(`・ω・´)

「私」って、とどのつまり、

「私」が「気持ちいい」(゚∀゚)!

を、追い求めているだけなんですよ。ただ単に「気持ちいい」です。それだけ。
すでに、そのことに気づいておられる方もいらっしゃると思います。

一生懸命に働いて家族を幸せにするのも、
世のため人のために奉仕するのも、
社会的に大成功するのも、

ぜーんぶ、最終的に「私」がそれを実現すると、「気持ちいい」からしているわけですよね? 他に何かありますか? 
それ以外の理由なんてないはずですよ(´∀`)

将来の不安とか、大切なものを失う恐怖とか、不快な出来事も、それが消滅したら「気持ちいい」から、なくそうなくそうと、あくせくしているわけですよね。
ケンカをしたらなぜ勝とうとしますか? 勝ったら「気持ちいい」からです。
なぜ人を批判しますか? 「私」が正当だと証明できたら「気持ちいい」からです。
なぜ人に自慢しますか? 認められたら「気持ちいい」からです。

中には肉体にとって重要な「気持ちいい」もあります。お腹がいっぱいになったら気持ちいいとか、暑いところから涼しい部屋に入ったら気持ちいいとか。これは肉体を維持していく上で必要な「気持ちいい」ですよね。
でも、99%の「気持ちいい」はそうじゃありません。

その99%の「気持ちいい」を追求し続けているのが「私」です。そして、「気持ちよくない」を排除しようとしているのが「私」です。

なんだ、それだけのことか……

それだけのことです (´・ω・`)


この世界のありとあらゆることが、ぜーんぶ、どうでもよいことのように思えてくるでしょ?
そう思うと、なんだかもっと「自由」でいられる気がしませんか?

本当の「自分」は、「気持ちいい」は追求しません。
なぜなら、最初からずっと「気持ちいい」ままだからです。「気持ちいい」も「気持ちよくない」も、どっちも「気持ちいい」なのです。

それを『愛』とも言います。

ごきげんよう。

IMG_3524.jpg
キャベツキャベツキャベツキャベツキャベツ
キャベツキャベツキャベツキャベツキャベツ!!!

IMG_3531.jpg
向こうの山までキャベツ!

IMG_3535.jpg
どこまでもキャベツ!
日本人、どんだけキャベツ食うねん……
@群馬県嬬恋村
posted by 笑うウリエル at 22:05| Comment(65) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする