2018年09月15日

「自己イメージ」2( ゚ω゚ )

ごきげんよう ⊂^⌒⊃_д_)⊃


前回の記事で、

「私」は、ただの「思考」の寄せ集め

で、それを

「自己イメージ」

と、呼びますと、お話しました。ハイ。


んで、「私」は、この「自己イメージ」で出来上がってるわけですが、その数はものすごい量があるんですよ。膨大な数の「自己イメージ」で、「私」ができあがってると思ってください。
「ワキの下をコチョコチョされるとくすぐったい」なんてのも、経験から出来上がった「自己イメージ」なんですよ。そういう「自己イメージ」があるから、コチョコチョされそうになると、身をよじって逃げようとするのです。
でも、そういう「自己イメージ」は、スピリチュアルの視点からは、これといって重要でもなくどうでもいいものです。大半の「自己イメージ」がそうです。だから、いちいち、ぜんぶの「自己イメージ」に向かい合う必要はありません。

では、スピリチュアルの視点から重要になる「自己イメージ」はどういうものかというと、主に、

優越感、劣等感

不安、恐怖、怒り

被害者意識、罪悪感

などを、伴う「自己イメージ」です。これらは「苦しみ」しか生み出しません。

例えば、
「私は背が高い」
という「自己イメージ」を持っていたとしましょう。これ自体になんの問題もありません。
けれど、背が低い人を見て優越感のようなものを感じているなら、これは解消したほうがよさそうですね。真実、背の高さに優劣なんてありません。ヘンテコな「こだわり」が、「私」になってしまっています。やがて「苦しみ」になります。

「私は貧乏、お金がない」
という「自己イメージ」自体は、どうでもよいものです。けれど、それで毎日、不安を感じたり、ひどい劣等感を抱いているなら、もう「苦しみ」ですね。貧乏でも、ちゃんと毎日生きているので、何も問題ないのです。さらに工夫する喜びや、ちょっとしたことでも豪華に思える豊かさを知っているので、お金持ちよりずっと裕福と言ってもいいのですから。


さて、そういう「苦しみ」になる「自己イメージ」ですが、わかっていてもなかなか消えないもんです。というか、

消そうとしたところで、消えません

(´・ω・`)

なぜなら、消そうとすることは、『ありのまま』の『いま』に抵抗しているからです。
(´∀`)ノ

だから、まずそういう「自己イメージ」も、あっていいのだと受け入れてくださいね。今は「苦しみ」となっているけど、あっていいのです。そして、ウリエルの経験上、気づいて受け入れたものは、いつか必ず消えます。いつになるかはわからないけど、必ず消えます。だから勇気を出して、その「自己イメージ」の存在を許してください。


さて、ここからが、笑ウリ部です。
ある「自己イメージ」の存在を許したら、

隠れた「自己イメージ」を探してください

無意識の「自己イメージ」と言ってもよいです。あまりにも慣れ親しみすぎて、それが「自己イメージ」ともわからなくなってるヤツです。それを発見してください。
ヒントは先に述べた、

優越感、劣等感

不安、恐怖、怒り

被害者意識、罪悪感

です。優越感以外はだいたいネガティブな感情ですね。日常の暮らしの中で、これらを感じるとき、そこに「自己イメージ」が隠れています。だから、「ネガティブな感情を感じてください」と言っています。ネガティブな感情は、そこに「自己イメージ」が潜んでいることを教えてくれているのです。

例えば、ひどいことを言われたら、ネガティブな感情が噴出します。
「当たり前だ、ひどいことを言われたのだから!」
と、「私」はネガティブな感情が湧いた責任を、外側に責任転嫁します。間違いなく。
でも、本当は、ネガティブな感情は内側から湧いてきたのですから、その原因は「私」の中にあるのです。
そこに注目してください。どうしてひどいことを言われたら、ネガティブな感情が湧いて出てくるのか、言われたことの何がいちばんの原因になっているのか、それを探ってみてください。あなたは本当はいったい何に腹を立て、何を恐れ、何に傷ついているのでしょう?

お金がなくなったら不安になります。では、いったい何をいちばん不安に思っているのでしょう?
もちろん飢えや死を恐れているかもしれません。でも、人から憐憫の目で見られることを恐れているのかもしれませんし、プライドのようなものが崩壊するのを恐れているのかもしれません。また、実は、ただ欲しい洋服が買えなくなることがいちばん不安だったりするのかもしれません。

ネガティブな感情が湧き上がってきたら、感じながら、
「なんだろう?」
と、深く探ってみてください。そして、隠れている「自己イメージ」を発見してください。発見した「自己イメージ」は、

いつか必ず消えます (`・ω・´)キリ

ので。見つけるだけ。何もしなくてよいですよ。


結局、「私」って、「自己イメージ」が複雑に絡み合った、わけのわからん妄想なんです。
しかし、複雑に絡み合ってますので、正面から強引にほどこうとすると、余計に絡まっちゃうんですよね。
でも、ぜんぜん関係ないところの一本が抜けたとき、どっしり居座り続けた大きな「自己イメージ」が、あっさり崩れるんです。逆に言うと、無意識の部分を放ったらかしにしたままでは、絶対に崩れない。
意外な「自己イメージ」が、意外な「自己イメージ」を支えあってます。だから、一見、関係のないところからほどいていったほうがいいと思うんですよ。そのほうが、ビックリも大きいですし。


ネガティブな感情は、あなたを『真実』へと導く先生のようなものです。

その出現を感謝して受け取ってください。

ごきげんよう。


bunkui.jpg
「ゼロ磁場」である分杭峠に行ってみた!
すごいパワースポットらしい。

IMG_2721.jpg
こんなところ。というか「ゼロ磁場」って何?

2714.jpg
こうやって座って、「気」を感じるんだって。


IMG_2713.jpg
なにもかんじませんでした(´・ω・`)
@長野県伊那市
posted by 笑うウリエル at 22:47| Comment(61) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする