2018年09月10日

「自己イメージ」1( ゚ω゚ )

ゴキゲンヨウ(・x・)


「思考」は「私」ではありません

このことを、どうすればすんなりと理解できるか?
それをここ数日間、うーーーーーーん…… と、考えましたが、いくらアレコレ考えても、すんなりとわかる方法など見つかりません。
結局、「私」をコツコツと解体していくしかないのかな。そう感じた次第です。
(´・ω・`)

ということで、コツコツと解体していく作業のヒントを、書いて行こうかな。
「私」が完全になくならなくても、薄ーくなってくれば、「思考」が「私」でないことに気づけると思います。そして、「私」なんてどこにも存在していないと理解できるでしょう。そうなってくると、本当の「自分」に、自ずと目覚めます。「私」がいなくても、この世界も肉体も思考も感情もあるのですから。


んでー、まずですね…… ( ´ー`)
「思考」は「私」ではないのですが、

「私」は、ただの「思考」の寄せ集め

です。

記憶とか知識とか、あと「こだわり」とかの寄せ集めにすぎません。そんないろんな「思考」の断片みたいなものを寄せ集めて、「私」という

イメージ( ゚ω゚ )

が、出来上がってるわけですよ。単なる「イメージ」なんです。「私」って。

驚きでしょ? (´∀`) 
でも、そうなんですよ。そうじゃありませんか?

あなたの脳に書き込まれている、あなたの名前や記憶を、まったく別の人ものと入れ替えたら、その肉体、果たして「私」ですか?
逆にあなたの脳を他人に肉体に入れたら、その誰だかわからない肉体が「私」になっちゃうんでしょうね。
(´∀`)
昔、「転校生」っていう映画がありましたよね。男の子と女の子が階段から落ちて入れ替わっちゃうやつ。男の子の体に女の子の心が、女の子の体に男の子の心が、でしたよね。名画だと思います。
あの映画でも、「私」は肉体ではなく思考の方でしたよね。そう、「私」は肉体の方じゃないんですよ。思考の方にあるんですよ。みんな意識しなくてもそれがわかっているから、映画を見て違和感なくストーリーに入って行けるわけです。


つまり「私」って、単なる「思考」なんです。それも「思考」のすべてではありません。ほんの一部です。だって、
「1+1=2」とか「1192作ろう鎌倉幕府!」という知識や、
「カレーはどうやったらおいしくなるか?」とか考えるののも「思考」です。でも、これは「私」ではありませんよね。
「私」は「思考」の中にしか存在しないもので、それも「思考」のほんの一部が「私」というだけなのです。
だから、

「思考」は「私」ではありません

と、いえるのです。

これだけでも、実は「私」なんて存在しないということに、薄々気づきませんか?
もし、なんかよくわからない恐怖のようなものを感じたら、それ、『真実』の方に歩み寄り始めているということです。「私」が消滅する恐怖です。安心して恐れてください(笑)


さて、「私」は断片的な「思考」を寄せ集めた「イメージ」です。これを

「自己イメージ」

と、呼びます。「私」の解体は、この「自己イメージ」を解体することです。

「自己イメージ」は、あるエネルギーのようなものよって支えられているんです。なかなか説明しにくいのですが、感情のエネルギーとも言えそうですし、感情を伴ったエネルギーとも言えそう。このへんはウリエルにもよくわかりません。
例えば、
「集団の中で孤立しそうで不安になる」
とか、
「時間にルーズな人にイライラする」
とか、人によって様々な性格的な個性がありますよね。そういう個性を生み出すエネルギーです。アイデンティティーのモトといってもいいのかな。
「孤立しそうで不安になる」、その不安を生み出すエネルギーですね。「時間にルーズな人にイライラする」、そのイライラのエネルギーです。
んで、このエネルギーを見つけ出して、深みに行きつつ感じ切ってしまうことが、「自己イメージ」の解体になって行くわけですが、今宵は疲れたので、続きはまた次回に書きまっさ。
(´∀`)


ま、とにかく、今日は、

「私」は、ただの「思考」の寄せ集め

ということに気づいてください。「思考」の中以外に「私」なんてありませんから。


ごきげんよう( ゚ω゚ )


大内宿を散策してみた
IMG_3470.jpg

トンボが頭にとまった(´∀`)
IMG_3477.jpg
@福島県下郷町
posted by 笑うウリエル at 23:04| Comment(45) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする